冬に活躍するニット!袖が伸びてしまう原因と直し方をご紹介

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

シャツの黄ばみの取り方!シャツをキレイに復活させる!

オシャレをするためにシャツを着る方もいることでしょう。そのシャツに黄ばみがあったら、せっかく...

セーターに色移りさせてしまったら?落とし方を徹底解説!

お気に入りの衣類に色移りさせてしまい、失敗してしまったことはありませんか?色移りしてしまった...

スカートを簡単リメイク!おしゃれなレースの付け方をご紹介

シンプルなスカートにレースを付けて、イメージを変えてみたいと思ったことはありませんか。古くな...

原型から作るシャツの身頃の型紙とダーツの入れ方をご紹介

皆さんはダーツというものをご存知ですか。最近は、スカートやジャケットの生地の素材が変わり、身...

ガウンや部屋着を充実させるおすすめのレディースブランド!

毎日外出先から疲れて帰ってくる。そんな日々を少しでも快適に過ごすなら、プライベートタイムを心...

パーカーの袖が思ったより長い!リメイク次第でまだ使える!

パーカーを購入すると、裾の部分と袖口の長さが思ったものと違うことがありませんか。試着した...

スカートを手作りする時一番面倒なウエストの縫製方法を紹介

季節が変わると、以前履いていたスカートが突然きつくなる、ということが起こりますよね。そん...

スウェット?モコモコ系?女子の部屋着は何がおすすめ?

多くの時間を過ごす自分の部屋では、少しでもリラックスしたいものです。リラックスタイムには、着...

スカート作りはハンドメイドの基本!生地を選んで楽しく製作

皆さんはスカートを自分で縫ったことがありますか?ハンドメイドのスカートは、ほかの誰も持ってい...

ジーンズは洗濯の仕方を工夫すれば色落ち防止もできる!

ジーンズの醍醐味の一つに「色落ち」があります。しかし、せっかく探し当てたお気に入りのジーンズ...

Tシャツ一枚でオシャレにキメる!おすすめのブランドは?

目次 1 オシャレ上級者のヘビロテアイテムTシャツ!2 オシャレで安いコスパ最強ブランド!UNIQL...

スカートを作りたい!子供サイズの簡単な作り方をご紹介!

スカートなどの子供服を、「ハンドメイドで作りたい」と考えている方も多いのではないでしょうか。...

ありがとうをストールで!プレゼントに合う素敵な色は?

いつもお世話になっている人達へ、特別な日には感謝を込めてプレゼントしたいものです。寒い時期に...

インナーで快適さが左右!?冬スポーツにおすすめのインナー

目次 1 冬スポーツのインナーは機能性の高さが重要2 冬スポーツで着用するインナーに欠かせない「保温...

スカートを手作りするなら生地選びを楽しみましょう!

自分が持っているトップスに合うスカートのイメージは、頭の中でできているのに、それに近いスカートが...

スポンサーリンク

ニットの袖が伸びてしまう主な原因とは?

ニットは冬場に着用する機会が増えますが、気が付くと袖が伸びてしまっていることがあります。

手のひらを覆うくらい伸びてしまうと、全体のバランスが崩れ、おしゃれが台無しになってしまいます。

ニットの袖が伸びてしまう、主な原因は何なのでしょうか。

それはニットの「伸縮性」によって起こることなのです。

何度も頻繁に同じニットの着用を続けると、袖や襟元はだんだん伸びてしまいます。

また、よく伸びが見受けられるのが、ニットを洗濯した場合です。

ニットを洗濯すると、水分を含んでずっしりと重くなりますよね。

それをハンガーに吊るし、干して乾かすとしましょう。

すると、重力の関係で下へ下へと伸びていき、結果として袖や襟元が伸びてしまうのです。

以上のことから、ニットを乾かすにはハンガーは使用せず、「平干し」にして干すように心掛けましょう。

こうすることで、型崩れを起こすことなく乾かすことが可能です。

平干しが難しい場合は、物干し竿にニットを縦半分に折るようにして、引っ掛けて干してみましょう。

こうすることで、ニットの伸びは最小限で済ますことができるでしょう。

頻繁な着用を避け、洗濯をした際は工夫して干すことで、ニットの伸びは起こりにくくなるでしょう。

ニットは縮んでしまうことも多い!その原因は?

前項では、ニットを洗濯した際に、吊るして干すことで、袖や襟元が伸びてしまうとお話ししました。

しかし、洗濯することによって、逆にニットが縮んでしまうこともあります。

これはニットの素材が深く関係しています。

ニットの素材の中で代表的なものの中に「ウール」があげられます。

ウールは羊の毛からできている天然素材で、拡大してみるとうろこ状になっていることが確認できます。

このうろこの部分が洗濯機の回転によって絡まりあい、結果としてニットが縮んでしまうのです。

最初はふわふわな手触りだったウールも、フェルトのようなごわごわな感触に変わってしまうでしょう。

ニットの縮みを防ぐには、洗濯表記に従った洗濯をすることが重要です。

表記に「ドライ」マークが記載されている場合はクリーニング店へ、「洗濯機可能」表記があれば洗濯機のドライコースで洗いましょう。

また、ニットは必ずネットへ入れ、おしゃれ着洗いの洗剤を使うことも忘れてはいけません。

「手洗い」マークが表記されている場合は、温度を30度くらいにして、洗剤を溶かし、ニットを押し洗いしていきましょう。

脱水にかける場合は30秒以下にし、干す際は先ほどと同様、物干し竿に縦半分に折るようにして、引っ掛けて干してください。

こうすることで、ニットの縮みも防ぐことができるでしょう。

ニットの袖が伸びてしまった!お湯につけて直す

ここからは、伸びてしまったニットの袖の直し方をご紹介していきましょう。

まず、1つ目におすすめするのは「お湯」を使った方法です。

大き目の桶を用意し、お湯を注いでいきます。

この時、お湯の温度は「50度」くらいに設定しておきましょう。

ニットの袖のみが伸びているようでしたら、袖部分のみをお湯につけていきます。

そのまま、袖のサイズが元通りになるまで待ちます。

30秒~1分ほど待てば元に戻ることが多いので、1度お湯から出して確認しましょう。

また、直ったか確認するためにも、ニットは片腕ずつ浸していった方が分かりやすいです。

ニットが袖だけでなく、全体にわたって延びている場合は、手洗いする際に50度のお湯に浸せば、洗濯と同時に元のサイズに戻すことが可能です。

いずれにしても、お湯の温度が高めなので、やけどなどには注意して行ってください。

なお、ニットの種類によっては色落ちする可能性がありますので、最初は少しだけ浸して様子を見てから行うようにしてください。

時間がないならドライヤーで応急処置

出掛ける前にニットの袖に腕を通したら、いつの間にか伸びていたということもあるでしょう。

前もって考えていたコーディネートを突然変更するのは大変です。

両袖をお湯につけると元に戻りますが、ニットを乾かす時間がない場合はどうしたら良いでしょうか。

その場合は、「ドライヤー」を使用しましょう。

伸びた袖の部分に少しだけお湯をかけ、ドライヤーを当てていきます。

温風を「強」で当てていきましょう。

ただ温風を当てるのではなく、形を整えるようにしながら行うのがポイントです。

袖なら「袖から肩へ向けて」、裾なら「裾から襟元へ向かって」といった具合です。

お湯につけるほどには元に戻りませんが、熱風を当てるだけでも繊維が引き締まり、ある程度はニットを縮ませることができるでしょう。

ニットの袖の伸びはアイロンでも直せる?

お湯やドライヤー以外にも、ニットの袖の伸びを直す方法があります。

それは「アイロン」を使う方法です。

アイロンは、どのご家庭でも1台はあるのではないでしょうか。

このアイロンを使い、ニットの袖の伸びを直していきましょう。

まず、アイロン台の上にニットを広げて置きます。

アイロンを「スチーム」にして、伸びてしまった袖部分を十分に蒸らしていきます。

蒸らし終わった後、袖あたりをぎゅっと手で抑えて、形を整えていきます。

その上から、再度アイロンをかけていくのですが、そっと軽く押し当てる程度にしましょう。

スライドさせながらアイロンがけすると、余計にニットが伸びてしまう原因になるためです。

上から優しく押してアイロンがけするのがポイントとなります。

なお、アイロンがなく、新たに購入する場合は「スチーム付機能き」のタイプを選ぶようにしましょう。

ニット全体の伸びには乾燥機を使おう

日々の着用で、袖だけでなく、ニットの全体が伸びてしまうこともあるでしょう。

その場合は「乾燥機」を使ってニットの伸びを解消することができます。

おすすめの乾燥機は「タンブラー乾燥機」です。

タンブラー乾燥機とは、よくコインランドリーに置いてある、回転式の乾燥機のことです。

熱を加えながら回転して衣服を乾かす乾燥機で、伸びたニットを中に入れて「乾燥させて縮める」といった方法です。

とても簡単に行えますが、注意点があります。

それは、乾燥機にかけられる素材が「綿」や「アクリル」であることです。

ウール素材のニットなどは傷んでしまうため、この方法に向いていません。

また、綿やアクリルにウールが少し混ざっているニットもあり、こちらに関しても乾燥機は使用できません。

乾燥機にかける前に洗濯表示を確認し、乾燥機にかけても大丈夫な素材かどうか確認しましょう。

ニットの袖が伸びてしまっても元に戻せる!

伸びてしまったニットは見栄えが悪いと感じ、捨ててしまう方もいらっしゃるでしょう。

しかし、ニットの伸びは直すことができるのです。

今回ご紹介した方法は自分で試せるものばかりですので、簡単にチャレンジできるものから試してみてはいかがでしょうか。

また、日々の洗濯の中でも、ニットを伸ばしたり、縮めたりしないように、細心の注意をもって洗濯を行ってください。