スカートがキツイ!伸ばし方を知っておしゃれ対策に!

「ある日スカートを身に付けたら予想以上にキツイと感じて辛い…」なんてことが起こる可能性もあります。スカートがキツイ場合には苦しいですし、オシャレに着こなすどころではなくなってしまいますよね。オシャレを豊富に楽しむためにも、何とかしてスカートのキツさを解消したいものです。そこで、当記事ではスカートがキツイと感じたときに試してほしいゴム部分の伸ばし方についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コートに虫食い!直し方を知っていれば虫食いも怖くない!?

季節も変わり、寒くなってきたらコートを着てお出掛けしたくなりますよね。来年も着ようと大事に収...

可愛いスカートを手作り!子供服は手作りで思い出に残そう

可愛い我が子のために、手作りの子供服を作ろうとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。...

Tシャツを自作するメンズが増加中!作り方のポイントとは?

近年、Tシャツを自作するメンズが増えています。意外に感じられるかもしれませんが、DIYを趣味...

シャツの袖丈の直し方を知って自分でジャストサイズに直そう

人の体型は千差万別です。既製品のシャツを購入した時、「首回りや胸回りなどに合わせると袖丈が長...

履かないデニムは簡単なハンドメイドでおしゃれな小物に!

古くてもう履かないデニムや、サイズが合わずタンスにしまったままのデニムはありませんか?履くこ...

スカート作りはハンドメイドの基本!生地を選んで楽しく製作

皆さんはスカートを自分で縫ったことがありますか?ハンドメイドのスカートは、ほかの誰も持ってい...

ジーンズにカビが!はえてしまった白カビ黒カビの落とし方

ジーンズをこよなく愛する方からすると、色落ちや風合いを楽しむために洗濯をしないという方も多いです...

ニットのお手入れには洋服ブラシが最適!使い方とおすすめ!

ニットアイテムを長持ちさせるには日頃のケアが大切です。簡単にケアといってもいったい何をどうす...

黒く染めた服で新しいオシャレ!お気に入りの服をリメイク!

お気に入りの服も、何度も着れば飽きてしまいます。まだまだ着ていたい服も、シミ汚れで着られなく...

アメカジのメンズコーデ向け冬のおすすめアイテムは?

目次 1 アメカジとはどんなコーデ?2 スタジアムジャンパーは冬のアメカジ定番アウター3 冬のアウト...

ニットの収納によるしわを防ぎたい!しわが寄らないたたみ方

ニットは冬の間にお世話になる暖かアイテムですが、シーズンが過ぎれば、かさ張って邪魔ですよね。...

スウェット愛用のレディースへ!お洒落部屋着に替えません?

レディースの方々は、お部屋ではどのようなスタイルで過ごされていますか?この質問に対して多いの...

スカートを簡単リメイク!おしゃれなレースの付け方をご紹介

シンプルなスカートにレースを付けて、イメージを変えてみたいと思ったことはありませんか。古くな...

コートのポケットは必要か?縫い付けてあるポケットのお話

コートにポケットが付いているのは当たり前、ですが時々ポケットがないコートもあります。デザイン...

アメカジファッションって?メンズのマストアイテムをご紹介

目次 1 メンズのアメカジファッションにおすすめのトップスからご紹介2 軽く羽織れるアイテムをアメカ...

スポンサーリンク

スカートがキツイという非常事態に困った…

「ある日スカートを履いたら予想以上にキツイ…」という事態に陥ってしまった経験はありませんか?

筆者もよくスカートを身に着けるタイプなので、「あれ?こんなにキツイスカートだったかな…」と焦ってしまった経験があります。

体型というのは案外変わりやすかったりしますよね。

「1年前に購入したスカートがキツイ!」というケースなどそこまで年月が経っていない場合にでもスカートがキツイと感じてしまう可能性はあります。

または、過食してしまったことが引き金となって一時的にスカートにゆとりがなくなってしまったケースも。

さらにもっと残念なパターンでいうと、「スカート購入前にしっかりと試着して履き心地を確認した」という安心感があったのにも関わらず、日が経たないうちにもうキツイと感じるようになったというパターンです。

筆者を含めて意外とスカートがキツイという非常事態にお困りになった経験がある女性の方は少なくないようですよ。

では、そんなときにはどうしたら良いものかといいますと、スカートのウエスト箇所の伸ばし方を知っておくと活用できそうです。

スカートがキツイならアイロンでの伸ばし方を試す!

さて、スカートがキツイと困ったときにはさまざまな対処法・伸ばし方があるのですが、手軽との声が多いのが「アイロンの使用」です。

スカートのウエストのゴムの部分は熱をプラスさせることでゆるみが出やすくなるのです。

ゴムの性質を上手に利用した対処法ということですね。

ご自宅にアイロンとアイロン台がそろっているという方は是非お試しいただきたい方法です。

ここで注意していただきたいことがあるのですが、アイロンの使用が問題なく行えるスカートなのかチェックを忘れずに行いましょう。

素材によってはアイロンの使用が難しいものもありますから、表示をしっかりと見ておくのは必須です。

それでは、実際のスカートの伸ばし方をお伝えします。

まず最初に、アイロン台にスカートをセットしてください。

このとき、スカートを裏返してから、履かせるようにセットするのがポイントとなります。

次に、スカートのゴムがある箇所に張りがでるように伸ばしておくと作業が行いやすいので、不十分な場合には手で引き伸ばすようにするとベターです。

そして、ゴムのところにアイロンを左右に移動させて熱を加えていきましょう。

目安は5~10分間くらいですが、ゴムの伸ばしすぎを防止するために調整する必要性があります。

お気軽なスカートの伸ばし方!これでキツイのが緩和できるかも

アイロンでスカートのゴムのところをゆるめるという伸ばし方が浸透しているようですが、少し大掛かりな作業になってしまうと躊躇う方もいるのも事実です。

そこで、こちらでご紹介したいキツイゴムの伸ばし方としては「イスに被せる」というものです。

キツイなと思うスカートをイスの背もたれに被せるというなかなか斬新な発想の対処法で面白いですよね。

しかも、この伸ばし方のメリットは何といっても背もたれがあるイスがあれば他の道具が不要である点や、ただ被せるだけなのでかなりお気軽に行えるという点でしょう。

そのまま数日放置してみて様子を確認してみてください。

この方法を試した方のなかには、「スカートが以前よりも履き心地が改善された気がする」という声が見受けられました。

ただし、アイロンの使用のほうがやはり履き心地の改善効果が高いようですし、頑丈なタイプのゴムの場合はその効果が半減しがちという側面もあります。

軽い気持ちで行ってみるくらいがちょうど良いのかもしれませんよね。

ゴム穴が装着されているスカートがキツイ!安心感の高い伸ばし方

もし、キツイと感じているスカートのタイプが、ゴム穴が存在しているタイプだったらラッキーかもしれません。

現在使っているゴムがキツイと感じているわけですから、「他のものにシフトする」というゴムの伸ばし方を行うことで問題解決が図れます。

以前のゴムよりも少し長めにゴムを取り付けるだけでキツさが緩和できるケースがあります。

この場合には「長さ」に注目しがちなのですが、「太さ」にも目を向けてみてください。

もしかしたら以前使用していたゴムの太さがあなたに合っていなかったという可能性もあります。

太さが合っているかどうかという点も考慮して製品の購入を検討する必要性があることがわかります。

このように、ゴム穴が存在するタイプのスカートがキツイ際には、案外容易にキツさからくる苦しさから解放できると思いますので、まずはゴム穴の存在の有無の確認をするのが賢明でしょう。

専門家に相談してキツイスカートを改善する

せっかく購入したお気に入りのスカートやこれからも愛用していきたいスカートは、やっぱりきちんとした伸ばし方でゴムをゆるめてもらうのが安心感が高まりますよね。

そう思って上記のような伸ばし方でキツイと感じるスカートを伸ばしても納得できるような仕上がりにならなかったという人もいるかもしれません。

または、自力で対処を施すのに不安を感じているという場合も可能性としては考えられます。

ここで提案したいのが「専門家に相談をしてスカートのキツイ部分を伸ばしてもらう」ということです。

スカートを始め、あらゆる衣類のお直しを行ってくれる専門店は数多く存在しているため、訪れやすい場所を見つけてみましょう。

さらに、衣類のお直し専門店だけではなく、場合によってはそのスカートを入手した店舗で対処をしてくれることもあります。

店舗での対処が可能か否か問い合わせてみるのも良いでしょう。

衣類に関する知識が豊富な専門家の方の伸ばし方は信頼感が高いと思いますから、選択肢のなかに入れておきましょう。

アイテムを利用する伸ばし方でなんとか乗り切る!

さて、ここまでスカートがキツイと困ったときにゴムのところをゆるめるための伸ばし方について考えてきましたね。

最後にお伝えしていきたいのが市販のアイテムを効果的に利用して、キツイスカートを履きやすくしてしまおうという方法です。

こちらでお伝えしたいアイテムとして、「前カンやボタン部分にセットしてウエスト部分に余裕を持たせる」という目的で作られた製品です。

簡易的にウエストサイズを上げるもので、いろんなものが市販されています。

このような製品は「自然に装着できるのが嬉しい!」「簡単にスカートのキツイ感じが緩和できる!」とひそかに人気が集まっているものでもあります。

存在しているスカートの種類もさまざまで、前カンがあるものでもボタンがあるものでも活用できるのが人気の秘訣なのでしょう。

スカートをきれいにオシャレに着こなすためにも、ひとつ持っておくといざというときに助けてくれることでしょう。

伸ばし方はさまざま!履きやすいスカートに大変身するかも!

今回は、スカートのゴム部分をゆるめるための伸ばし方として、「アイロンを使用する」「イスに被せる」「ゴムを他のものにシフトする」「専門家に相談する」「アイテムを利用する」ことを挙げました。

このように、さまざまな対処の仕方があるため、何かしらの方法を試すことで以前よりも履きやすいスカートに大変身するかもしれませんよ。

スカートが履きやすくなれば、よりオシャレを楽しめること間違い無しです。