かさばるニットセーターの収納術!タンスにすっきり整理整頓

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ジーンズは洗濯の仕方を工夫すれば色落ち防止もできる!

ジーンズの醍醐味の一つに「色落ち」があります。しかし、せっかく探し当てたお気に入りのジーンズ...

お気に入りのTシャツが色あせで台無しに…復活はできる?

お気に入りだったTシャツがいつの間にか色あせてしまっていた。実はこれ、意外とよくあるお悩みの...

Tシャツを自作するメンズが増加中!作り方のポイントとは?

近年、Tシャツを自作するメンズが増えています。意外に感じられるかもしれませんが、DIYを趣味...

ニットに刺繍するのは難しい!簡単な刺繍のやり方をご紹介!

一針一針こつこつと進めてゆく刺繍は根気のいる作業ですが、その分、でき上がったときの感動も大きいで...

デニムのボタンを付け替えて自分らしさを表現してみよう!

使い古しのデニムには、他のパンツやズボンには無い味わいがあります。少々のダメージなら、デ...

ニットベレー帽の編み方を覚える!サイズもデザインも自在!

ベレー帽は以前からじわじわと人気が出てきており、特に女性に愛されている帽子です。市販されてい...

着なくなったニットをリメイク!簡単で手軽なその方法とは?

着なくなったニットや、愛着はあるけれど傷んで着られなくなってしまったニットなど、クローゼットの隅...

スカートを手作りする時一番面倒なウエストの縫製方法を紹介

季節が変わると、以前履いていたスカートが突然きつくなる、ということが起こりますよね。そん...

セーターに虫食い!初心者でもできる直し方や対策法をご紹介

冬が近づいてくると、長くしまってあったセーターなどを出して準備をしますよね。その際に、ふとセ...

大切なコートに毛玉が!最適な取り方でコートを長持ちに!

冬になると欠かせないのがコート。何気なくふとコートを見ると、「毛玉だらけ…」なんて経験ありま...

セーターの襟が伸びた!元に戻すのにはどうしたらいいの?

寒い季節に暖かくて重宝してくれるのが、フカフカのセーターですよね。あの暖かさは、一度袖を通し...

シャツの基本のたたみ方は半袖から!たたむことは奥が深い!

普段、シャツをどのようにたたんでいるでしょうか?たたみ方にこだわりを持っている方も、そう...

【セーターの縮みを直す方法】ウールやカシミアの場合!

ご自宅でウールのセーターを洗濯したら、生地が縮んでしまったことはありませんか?お気に入りのセ...

シャツの袖丈の直し方を知って自分でジャストサイズに直そう

人の体型は千差万別です。既製品のシャツを購入した時、「首回りや胸回りなどに合わせると袖丈が長...

セーターの洗濯頻度はどれくらい?洗濯の目安や洗濯方法は?

冬にお気に入りのセーターを着ると、体だけでなく心も暖かくなりますよね。そんなセーターで気にな...

スポンサーリンク

ニットセーターの収納法には気を付けて!ハンガー収納の注意点

私たちが通年で着用するTシャツやインナーなどと違い、冬に重宝するニットのセーターはタンスへの収納に少し気を使う必要があります。

なぜなら、ニットのセーターは伸びやすく型崩れしやすいデリケートな編み物だからです。

ひとくちにニットと言っても、使用されている毛糸の種類は様々ですが、いずれも繊細で扱い方次第では本来の形を維持することができなくなるでしょう。

特に、ニットのセーターが型崩れしやすいのは、他の衣類と同じようにそのままハンガーにかけて収納する方法です。

確かに、ショップではハンガーに吊り下げてディスプレイしている光景を目にしますし、コーディネートのしやすさから見てもハンガーにかけて収納したほうが便利です。

また、タンスを圧迫することもないので、ついついやってしまいがちなニットの収納方法ではないでしょうか。

しかし、編み物というニットの性質上、そのままハンガーにかけてしまうと自重に耐えることができず、ハンガーの跡ができたり、下に伸びて変形したりしてしまいます。

そのため、ニットのセーターをそのままハンガーにかけて収納するのは、収納法としてあまり適していないと言えるでしょう。

ニットのセーターはたたんでタンスに収納!しわを防ぐたたみ方

まず、ニットのセーターの基本的な収納法は、型崩れを防ぐために「たたんで」収納することです。

しかし、ただたためば良いというわけではなく、胸元がしわにならないようにコツを押さえてたたむことがポイントです。

では、具体的なたたみ方の手順を詳しく見ていきましょう。

①背中側を上にして広げ、肩部分から裾にかけて内側に折る

②折り込んだ身幅に合わせて、袖を折りたたむ

両袖を身頃側に、はみ出さないようにコンパクトにたたみます。

空気をなるべく逃がしながら、手で押さえるようにたたむのがコツです。

ただし、力任せに押さえつけないように注意してください。

③半分に折り返す

だいたい半分ほどの位置で折り返したら完成です。

ショップでたたまれてディスプレイされた衣類をイメージしてたたむと良いでしょう。

仕上がりが正方形に近い状態なので、胸元にしわができませんし、タンスにもきれいに整理収納することができます。

ニットセーターをタンスにきれいに収納!やさしく丸めてコンパクトに

前項では、ニットのセーターのたたみ方についてご説明しましたが、肝心なのはタンスへの収納の仕方ですよね。

せっかくきれいにたたんでも、ぎゅうぎゅうに無理やり詰めて収納しては意味がありません。

そこでおすすめなのは、浅い引き出しのタンスに丸めるように収納する方法です。

前項の手順で正方形に完成したニットを、さらにぐるっとやさしく丸め、引き出しに立てるように収納していきます。

ぎゅうぎゅうに詰めることはせずに、ある程度の余裕を持って収納することが大切です。

正方形のままタンスに平積みして収納するよりも、縦にかさばらず、一目瞭然の見やすい収納をすることができるはずです。

また、平積みにすると下のニットを取り出す際に上のニットをどけなければいけませんが、この収納方法ならその手間もありませんね。

これまで平積みで収納していた方も、ぜひご紹介した丸めて収納するやり方をトライしてみてください。

型崩れしない工夫したハンガーへのかけ方も!

ニットのセーター以外にも、タンスに収まりきらないニットのロングカーディガンやコートの収納にお困りの方もいると思います。

それらは、ハンガーにかけて収納しましょう。

ただし、前述したように、そのままハンガーに吊り下げると型崩れしてしまうので、伸びやすいニットに負担をかけずに工夫してハンガーにかける必要があります。

では、型崩れしないハンガーのかけ方を詳しくご紹介していきましょう。

①ニットを、両袖を合わせるように縦半分にたたむ

②V字になったニットの脇部分に、ハンガーのフックが頭を出す形で置く

③両袖ごとハンガーの肩を抱き込むように折り返す

④身頃部分も同様に折り返す

上記の方法であれば、肩や襟ぐりが自重で伸びることはありませんし、タンスのスペースにも余裕ができるでしょう。

ただし、しわになりそうな薄手のニットは、ハンガーにかけるのは避け、たたんで収納するのが良いでしょう。

なお、ハンガーは通常の三角形タイプでもできますが、ニット用の丸みを帯びたハンガーがあればそちらを使うことをおすすめします。

タンスだけじゃ足りない!空間のデッドスペースを活用しよう

ニットのセーターのたたみ方やハンガーへのかけ方を工夫しても、かさばるニットにはどうしてもスペースをとられてしまい、タンス収納も手狭になりがちです。

そんなお困りの方におすすめしたいのは、空間のデッドスペースを活用した吊り収納です。

●吊り収納プレッソ(5段)

取り扱い店:ニトリ

参考価格:1,212円(税込み)

こちらは、クローゼットのポールに吊り下げて使うコンパクトな収納で、限られた空間をすっきり無駄なく活用することができます。

正方形にたたんだニットを1段ごとに2~3枚程度、計5段にまとめて収納できるので、冬のニット専用スペースとしてぴったりと言えます。

ニットが型崩れせず、どこにしまったか一目でわかってコーディネートもしやすいので、大変魅力的な収納アイテムではないでしょうか。

また、ニットの季節が終わっても他の衣類を収納することもできるので、クローゼットにひとつあると便利でしょう。

洗濯後の干し方にも注目!ニットセーターを長持ちさせるには

これまでに、ニットのセーターをコンパクトに収納する方法について詳しくご紹介してきました。

最後に、デリケートなニットのお手入れに関わる、洗濯後の干し方についてお話ししていきます。

いくらニットのセーターをタンスにきれいに収納していても、洗濯後の干し方が間違っていれば意味がありません。

例えば、他の衣類と同じように通常のハンガーに干してしまうと、水分を含んだニットは重さに耐えきれず、伸びや型崩れの原因になるでしょう。

そのため、洗濯後のニットのセーターは、平らに広げて干す「平干し」をすることが基本です。

接地面があることで、生地にかかる負担を分散することができ、ハンガー干しのような生地の型崩れを防ぐことができます。

専用の平干しネットを使用し、直射日光を避けた日陰干し、あるいは室内干しをすると良いでしょう。

また、ニット用の丸みを帯びたハンガーがあれば、乾燥時だけ使用するのもおすすめです。

肩がゆるやかな丸みを帯びているので、重力による負担をある程度軽減することができます。

収納のために長時間かけておくのには向いていないので、あくまでも洗濯後の乾燥時にだけ使用するようにしましょう。

型崩れさせない工夫した収納を

かさばる冬のニットは、型崩れさせないことを前提に工夫して収納することが大切です。

タンス以外にも、ハンガーや便利な補助的アイテムを使うことで、クローゼットに余裕ができて整頓しやすくなるはずです。

今回の記事を参考に、ニットの収納法を見直してみてくださいね。