セーターの洗濯頻度はどれくらい?洗濯の目安や洗濯方法は?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スカート丈を短くしたい!裾上げ方法とウエストの関係は?

長いスカートを短くして履きたいとき、どうしていますか?裾の縫い代を増やして、短くしますか...

セーターが虫食いなどにより穴が開いた!その修理方法は?

衣替えの時に、久しぶりにお気に入りのセーターを出したものの、虫食いやその他の理由によって「穴が開...

ニットで編む手作りバッグ!オシャレな持ち手をつけよう

手編みのニットバッグ。優しい印象で可愛らしいニットバッグは、コーディネートの重要なアクセント...

スカートのウエストがきつい!簡単な出し方で鍵ホックを調節

最近はウエストがゴムのものや、伸びる生地を使ったものもたくさんあります。ゴムのスカートはウエ...

黒く染めた服で新しいオシャレ!お気に入りの服をリメイク!

お気に入りの服も、何度も着れば飽きてしまいます。まだまだ着ていたい服も、シミ汚れで着られなく...

ジーンズの破れは自分で補修できる!リペアのやり方を知ろう

ジーンズは使い勝手がよいので、普段から愛用する人の多いファッションアイテムのひとつです。本来...

ありがとうをストールで!プレゼントに合う素敵な色は?

いつもお世話になっている人達へ、特別な日には感謝を込めてプレゼントしたいものです。寒い時期に...

セーターの収納に困ったら圧縮袋でコンパクトにしよう!

セーターは冬の間に活躍する衣類ですが、オフシーズンに収納しようと思ってもかさ張るため、場所に困っ...

原型から作るシャツの身頃の型紙とダーツの入れ方をご紹介

皆さんはダーツというものをご存知ですか。最近は、スカートやジャケットの生地の素材が変わり、身...

シャツのたたみ方!旅行のときも困らないたたみワザを活用!

シャツを旅行用のスーツケースにしまおうとすると、思っていた以上にかさばっていたということはよくあ...

スカートのプリーツにアイロンをきれいにかけるための方法

皆さんは、スカートにアイロンをかけますか。最近は化学繊維のスカートが増えているため、アイロン...

ジーンズのボタンが取れた!大丈夫、修理できるんです!

ジーンズのボタンが取れたという経験をお持ちの方も少なくないでしょう。ボタンが取れたジーンズは...

ライダースをお洒落に着こなしたい!本革のお手入れ方法とは

ライダースは男性的なイメージが強いですが、女性に人気の高いファッションアイテムでもあります。...

コートのポケットは必要か?縫い付けてあるポケットのお話

コートにポケットが付いているのは当たり前、ですが時々ポケットがないコートもあります。デザイン...

ニットベレー帽の編み方を覚える!サイズもデザインも自在!

ベレー帽は以前からじわじわと人気が出てきており、特に女性に愛されている帽子です。市販されてい...

スポンサーリンク

セーターに洗濯は必要?頻度はどれくらいがおすすめ?

セーターは、服の性質から直接肌につけて着る方は少なく、セーターの下に何らかの下着やTシャツやシャツなどを着て対応している方がほとんどかと思います。

そして、セーターは外からの刺激がなければ、あまり汚れが目立ってしまうものではありません。

そのため、セーターは着るたびに毎回洗濯する必要はないでしょう。

セーターは、「1シーズンに1~2回」が洗濯の頻度として適当なようです。

ただ、下着類などのように着たものを毎日洗うことが定着している人にとっては、セーターが1シーズンで1~2回の洗濯頻度で良いことに戸惑いを感じるかもしれません。

しかし、セーターは元々汚れにくいものですし、洗濯することによって生地が傷んでしまうことも考えられます。

せっかくのお気に入りのセーターが、洗濯によって縮んでしまったり、シワシワになってしまったりすることもあるでしょう。

セーターの生地を守る意味でも、洗濯はそれほど頻繁に行わなくても良いのです。

セーターを洗濯する頻度は1シーズンに1~2回!洗濯する目安は?

セーターを洗濯する頻度は、1シーズンに1~2回ということでした。

それなら、今度はセーターを洗濯する目安がいつなのか、ということが気になるところでしょう。

セーターを洗濯する目安としては、「汚れが気になるかどうか」ということが挙げられます。

具体的には、肌が触れる袖口と襟元を確認してみると良いです。

袖口と襟元が汚れで茶色っぽくなっていないか確認してみてください。

もう一つの目安として、「臭いを嗅いでみる」ということが挙げられます。

セーターの汚れが気にならなくても、臭いが気になる場合があります。

これは、汗などが酸化して臭いを発生しているのですが、一度ついた臭いは洗濯して洗い流す必要があるでしょう。

あとは、「セーターが伸びていないか」ということを目安に入れても良いです。

セーターは着続けると、袖口や襟元・肘の部分が伸びてきてしまう場合があります。

一度伸びてしまったものは、洗濯することによって形を整え直すことができるでしょう。

洗濯頻度が分かったら!セーターが洗濯できるか確認しよう

セーターの洗濯頻度も気になるところですが、そのセーターが自宅で洗濯できるかどうかも確認してみましょう。

それには、セーターの洗濯表示を見ます。

自宅で洗濯できるかは、水洗いができるかどうかによって決まってきます。

もし、自宅で洗濯できない場合、セーターはクリーニングに出す必要があります。

クリーニングに出すと、クリーニングに出しに行く手間がかかりますし、出来上がったら取りに行く必要もあります。

また、クリーニングに出している期間は、しばらくは着ることができません。

お気に入りのセーターがしばらく着られないのは寂しいですよね。

時間や手間だけでなく費用もかかることから、できればセーターをクリーニングに出すことは避けたいところです。

そのため、セーターは購入前に洗濯表示を確認し、洗濯できるものを最初から選んでも良いかもしれません。

今は手洗いでセーターを洗っているご家庭も多いようですので、手洗い専用の洗剤なども活用し、洗えるセーターは自宅で洗ってみましょう。

セーターを自宅で洗濯したい!洗濯機で洗う方法

セーターの洗濯の頻度や目安をお伝えしましたので、こちらでは洗濯機での洗濯方法をお伝えします。

①セーターを洗濯ネットに入れる

セーターを洗濯ネットに入れる際、袖口・襟元・肘・胸の部分が表になるように畳んで入れましょう。

汚れが落ちやすくなります。

②洗濯機を手洗い(ドライコース)にし、ニットなどお洒落着専用洗剤などを投入してスタートする

洗剤は、必ずニットなど専用の洗剤を使ってください。

なお、他のセーターなどと洗う場合、色落ちの心配があります。

セーターの目立たない部分に洗剤を5分程つけ、色落ちしないか確認しましょう。

色落ちがある場合は、単独で洗ってください。

セーターをふんわり仕上げたいのであれば、柔軟剤を入れてもOKです。

柔軟剤はセーターがふわふわになるだけでなく静電気も防ぐと言われています。

静電気に悩まされている方は、柔軟剤を試してみると良いでしょう。

あと、普段乾燥機を使って洗濯物を乾かしている方もいるかと思いますが、毛玉や縮み・型崩れの恐れがありますので、セーターへの使用は避けてください。

セーターは手洗いで!その方法とは?

セーターの表示の中には、手洗いを推奨しているものもあります。

洗濯機で使用しても大丈夫な場合もありますが、生地の傷みが心配な方は手洗いをおすすめします。

手洗いは少し大変な気がしますが、洗濯頻度を考えればそれほど頻繁に行うものではありません。

大切なセーターを再び綺麗に着るためにも、少しの手間をかけてあげましょう。

【セーターを手洗いで洗濯する方法】

①バケツなどに専用洗剤を入れ、水に溶かす

水と洗剤の割合は、表示に従ってください。

②畳んだセーターをバケツに入れて押し洗いする

セーターは洗濯機の時と同様に汚れている部分が表に出るように畳んでください。

押し洗いする時は、優しく何度も行います。

③セーターを脱水する

セーターの汚れが浮いてきたらバケツの水を捨て、軽く押して水気を絞ります。

④セーターを水ですすぐ

セーターの洗剤が取れるまで、すすぎと脱水を繰り返してください。

⑤最後に柔軟剤を入れる

最後のすすぎの段階で、柔軟剤を入れます。

⑥バスタオルで脱水する

手で軽く押して水分を取ったら、バスタオルで包んで水分を取り除きます。

洗濯機で30秒くらい脱水することも可能です。

セーターを自宅で洗濯!注意したい干し方

セーターを自宅で洗濯する場合、洗濯の方法だけでなく干し方にも注意が必要でしょう。

セーターは洗濯の頻度は少ないものの、干すときに注意しないとせっかくの洗濯したにもかかわらず、形が崩れてしまう可能性があります。

こちらでは、セーターを干す時のポイントをご紹介します。

◯形を整えてから干す

洗い終えたままのセーターはシワが寄ってしまっている場合があります。

シワをそのままで干すと、その跡がついてしまう可能性がありますので、しっかりとシワは伸ばしてから干しましょう。

◯平干しする

セーターはハンガーなどに干すと、肩の部分が伸びて形が崩れてしまうかもしれません。

平干しすることによって、形を綺麗に保ちましょう。

◯日陰に干す

セーターを直射日光が当たる外に干すと、変色してしまう可能性があります。

必ず日陰で干すようにしましょう。

セーターの洗濯頻度は1シーズン1~2回

セーターの洗濯頻度は、1シーズン1~2回でOKです。

また、洗濯は汚れが目立ってきたり臭いが気になる時がおすすめです。

セーターを洗濯したい場合は洗濯表示を確認し、自宅で洗濯する場合は洗濯機か手洗いかを決めましょう。

干し方の注意も忘れないようにしてください。

お気に入りのセーターで過ごす時間が少しでも長く続くよう、洗濯のタイミングは逃さないようにしましょう。