セーターの洗濯頻度はどれくらい?洗濯の目安や洗濯方法は?

冬にお気に入りのセーターを着ると、体だけでなく心も暖かくなりますよね。

そんなセーターで気になるのは、着た後の洗濯です。

綿素材などの洗濯しやすいものとは違い、セーターを着るたびに洗濯する人は少ないでしょう。

お気に入りのセーターですので、できれば長持ちして着続けたいですよね。

そこで、こちらではセーターはどれくらいの頻度で洗濯したほうが良いのかをお伝えします。

大切なセーターの洗濯の目安や洗濯方法もご紹介しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コートにできた生地の毛玉!適切な処理方法で長持ちさせよう

コートにはさまざまな生地が使われています。 しかし、共通して悩みの種となるのが毛玉の処理方...

ニットにできたシミは落とせる?簡単にできるシミの取り方!

寒い冬の季節になると、冬の定番アイテムであるおしゃれなニットは欠かせませんよね。 しかし、着る...

ストールをプレゼントしたい!女性に喜ばれる選び方

様々な素材や柄があるストール。 冬は防寒用、夏は日差しよけやひざ掛けなど、季節を問わずに使えま...

ゆるいスカートを詰めるには?ウエストの直し方とリサイクル

お気に入りのスカートのウエストがゆるくなってしまったとき、皆さんはどうしていますか? 諦めて処...

Tシャツを自作するメンズが増加中!作り方のポイントとは?

近年、Tシャツを自作するメンズが増えています。 意外に感じられるかもしれませんが、DIYを趣味...

シャツのたたみ方!旅行のときも困らないたたみワザを活用!

シャツを旅行用のスーツケースにしまおうとすると、思っていた以上にかさばっていたということはよくあ...

セーターの縮みをアイロンで簡単元通り!生活のお役立ち情報

寒い季節には、定番アイテムのウールのセーターが活躍します。 しかし、自宅で洗濯したら縮んでしま...

ジャケットのボタンの付け方は意外と簡単!玉止めいらず

学生服やスーツのジャケットのボタンが取れた時、皆さんはどうしますか。 学生の時は、家に持ち帰っ...

針と糸があればできるニットの裾上げ!手縫いで簡単お直し!

ニットの裾上げは、針と糸があれば、なんと手縫いで簡単にお直しできますよ。 ミシンを引っ張り出す...

お気に入りのパーカーが色落ち!これって復活できるの!?

気がつくと、お気に入りのパーカーが変色・色落ちしている! 多くの方がこのような経験をしてい...

デニムのボタンを付け替えて自分らしさを表現してみよう!

使い古しのデニムには、他のパンツやズボンには無い味わいがあります。 少々のダメージなら、デ...

スカートを子供服にリメイクしよう!手順やアイディアご紹介

サイズが変わった、穴があいたり傷がついたりしてしまった、汚れてしまったなど、さまざまな理由で履か...

ジーンズの破れは自分で補修できる!リペアのやり方を知ろう

ジーンズは使い勝手がよいので、普段から愛用する人の多いファッションアイテムのひとつです。 本来...

スカートを簡単リメイク!おしゃれなレースの付け方をご紹介

シンプルなスカートにレースを付けて、イメージを変えてみたいと思ったことはありませんか。 古くな...

スカートのアイロンがけ!きれいなひだを復活させる方法

皆さんはアイロンがけを習慣付けていますか。 アイロンは熱くて面倒という人もいるでしょう。 特...

スポンサーリンク

セーターに洗濯は必要?頻度はどれくらいがおすすめ?

セーターは、服の性質から直接肌につけて着る方は少なく、セーターの下に何らかの下着やTシャツやシャツなどを着て対応している方がほとんどかと思います。

そして、セーターは外からの刺激がなければ、あまり汚れが目立ってしまうものではありません。

そのため、セーターは着るたびに毎回洗濯する必要はないでしょう。

セーターは、「1シーズンに1~2回」が洗濯の頻度として適当なようです。

ただ、下着類などのように着たものを毎日洗うことが定着している人にとっては、セーターが1シーズンで1~2回の洗濯頻度で良いことに戸惑いを感じるかもしれません。

しかし、セーターは元々汚れにくいものですし、洗濯することによって生地が傷んでしまうことも考えられます。

せっかくのお気に入りのセーターが、洗濯によって縮んでしまったり、シワシワになってしまったりすることもあるでしょう。

セーターの生地を守る意味でも、洗濯はそれほど頻繁に行わなくても良いのです。

セーターを洗濯する頻度は1シーズンに1~2回!洗濯する目安は?

セーターを洗濯する頻度は、1シーズンに1~2回ということでした。

それなら、今度はセーターを洗濯する目安がいつなのか、ということが気になるところでしょう。

セーターを洗濯する目安としては、「汚れが気になるかどうか」ということが挙げられます。

具体的には、肌が触れる袖口と襟元を確認してみると良いです。

袖口と襟元が汚れで茶色っぽくなっていないか確認してみてください。

もう一つの目安として、「臭いを嗅いでみる」ということが挙げられます。

セーターの汚れが気にならなくても、臭いが気になる場合があります。

これは、汗などが酸化して臭いを発生しているのですが、一度ついた臭いは洗濯して洗い流す必要があるでしょう。

あとは、「セーターが伸びていないか」ということを目安に入れても良いです。

セーターは着続けると、袖口や襟元・肘の部分が伸びてきてしまう場合があります。

一度伸びてしまったものは、洗濯することによって形を整え直すことができるでしょう。

洗濯頻度が分かったら!セーターが洗濯できるか確認しよう

セーターの洗濯頻度も気になるところですが、そのセーターが自宅で洗濯できるかどうかも確認してみましょう。

それには、セーターの洗濯表示を見ます。

自宅で洗濯できるかは、水洗いができるかどうかによって決まってきます。

もし、自宅で洗濯できない場合、セーターはクリーニングに出す必要があります。

クリーニングに出すと、クリーニングに出しに行く手間がかかりますし、出来上がったら取りに行く必要もあります。

また、クリーニングに出している期間は、しばらくは着ることができません。

お気に入りのセーターがしばらく着られないのは寂しいですよね。

時間や手間だけでなく費用もかかることから、できればセーターをクリーニングに出すことは避けたいところです。

そのため、セーターは購入前に洗濯表示を確認し、洗濯できるものを最初から選んでも良いかもしれません。

今は手洗いでセーターを洗っているご家庭も多いようですので、手洗い専用の洗剤なども活用し、洗えるセーターは自宅で洗ってみましょう。

セーターを自宅で洗濯したい!洗濯機で洗う方法

セーターの洗濯の頻度や目安をお伝えしましたので、こちらでは洗濯機での洗濯方法をお伝えします。

①セーターを洗濯ネットに入れる

セーターを洗濯ネットに入れる際、袖口・襟元・肘・胸の部分が表になるように畳んで入れましょう。

汚れが落ちやすくなります。

②洗濯機を手洗い(ドライコース)にし、ニットなどお洒落着専用洗剤などを投入してスタートする

洗剤は、必ずニットなど専用の洗剤を使ってください。

なお、他のセーターなどと洗う場合、色落ちの心配があります。

セーターの目立たない部分に洗剤を5分程つけ、色落ちしないか確認しましょう。

色落ちがある場合は、単独で洗ってください。

セーターをふんわり仕上げたいのであれば、柔軟剤を入れてもOKです。

柔軟剤はセーターがふわふわになるだけでなく静電気も防ぐと言われています。

静電気に悩まされている方は、柔軟剤を試してみると良いでしょう。

あと、普段乾燥機を使って洗濯物を乾かしている方もいるかと思いますが、毛玉や縮み・型崩れの恐れがありますので、セーターへの使用は避けてください。

セーターは手洗いで!その方法とは?

セーターの表示の中には、手洗いを推奨しているものもあります。

洗濯機で使用しても大丈夫な場合もありますが、生地の傷みが心配な方は手洗いをおすすめします。

手洗いは少し大変な気がしますが、洗濯頻度を考えればそれほど頻繁に行うものではありません。

大切なセーターを再び綺麗に着るためにも、少しの手間をかけてあげましょう。

【セーターを手洗いで洗濯する方法】

①バケツなどに専用洗剤を入れ、水に溶かす

水と洗剤の割合は、表示に従ってください。

②畳んだセーターをバケツに入れて押し洗いする

セーターは洗濯機の時と同様に汚れている部分が表に出るように畳んでください。

押し洗いする時は、優しく何度も行います。

③セーターを脱水する

セーターの汚れが浮いてきたらバケツの水を捨て、軽く押して水気を絞ります。

④セーターを水ですすぐ

セーターの洗剤が取れるまで、すすぎと脱水を繰り返してください。

⑤最後に柔軟剤を入れる

最後のすすぎの段階で、柔軟剤を入れます。

⑥バスタオルで脱水する

手で軽く押して水分を取ったら、バスタオルで包んで水分を取り除きます。

洗濯機で30秒くらい脱水することも可能です。

セーターを自宅で洗濯!注意したい干し方

セーターを自宅で洗濯する場合、洗濯の方法だけでなく干し方にも注意が必要でしょう。

セーターは洗濯の頻度は少ないものの、干すときに注意しないとせっかくの洗濯したにもかかわらず、形が崩れてしまう可能性があります。

こちらでは、セーターを干す時のポイントをご紹介します。

◯形を整えてから干す

洗い終えたままのセーターはシワが寄ってしまっている場合があります。

シワをそのままで干すと、その跡がついてしまう可能性がありますので、しっかりとシワは伸ばしてから干しましょう。

◯平干しする

セーターはハンガーなどに干すと、肩の部分が伸びて形が崩れてしまうかもしれません。

平干しすることによって、形を綺麗に保ちましょう。

◯日陰に干す

セーターを直射日光が当たる外に干すと、変色してしまう可能性があります。

必ず日陰で干すようにしましょう。

セーターの洗濯頻度は1シーズン1~2回

セーターの洗濯頻度は、1シーズン1~2回でOKです。

また、洗濯は汚れが目立ってきたり臭いが気になる時がおすすめです。

セーターを洗濯したい場合は洗濯表示を確認し、自宅で洗濯する場合は洗濯機か手洗いかを決めましょう。

干し方の注意も忘れないようにしてください。

お気に入りのセーターで過ごす時間が少しでも長く続くよう、洗濯のタイミングは逃さないようにしましょう。