大切なコートに毛玉が!最適な取り方でコートを長持ちに!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

地味なパーカーでもワッペンでアレンジすればお洒落に変身!

普段着に部屋着にと様々な活用方法で便利なパーカーですが、いかんせん地味目なものになりがちです。...

セーターが虫食いなどにより穴が開いた!その修理方法は?

衣替えの時に、久しぶりにお気に入りのセーターを出したものの、虫食いやその他の理由によって「穴が開...

黒く染めた服で新しいオシャレ!お気に入りの服をリメイク!

お気に入りの服も、何度も着れば飽きてしまいます。まだまだ着ていたい服も、シミ汚れで着られなく...

セーターが縮むのはなぜ?元の形に直す方法と縮まない洗い方

冬のファッションを楽しむには、セーターは欠かせないアイテムですね。もしかしたらセーターの洗い...

原型から作るシャツの身頃の型紙とダーツの入れ方をご紹介

皆さんはダーツというものをご存知ですか。最近は、スカートやジャケットの生地の素材が変わり、身...

シャツの基本のたたみ方は半袖から!たたむことは奥が深い!

普段、シャツをどのようにたたんでいるでしょうか?たたみ方にこだわりを持っている方も、そう...

ジーンズは洗濯の仕方を工夫すれば色落ち防止もできる!

ジーンズの醍醐味の一つに「色落ち」があります。しかし、せっかく探し当てたお気に入りのジーンズ...

ニットを手洗いしたい!洗う水の温度や洗い方・干し方を解説

皆さんはお気に入りのニットを、ご自宅で手洗いなどで洗濯したことがあるでしょうか。場合によって...

セーターの収納に困ったら圧縮袋でコンパクトにしよう!

セーターは冬の間に活躍する衣類ですが、オフシーズンに収納しようと思ってもかさ張るため、場所に困っ...

ジーンズの破れは自分で補修できる!リペアのやり方を知ろう

ジーンズは使い勝手がよいので、普段から愛用する人の多いファッションアイテムのひとつです。本来...

ジーンズのボタンが取れた!大丈夫、修理できるんです!

ジーンズのボタンが取れたという経験をお持ちの方も少なくないでしょう。ボタンが取れたジーンズは...

ダウンを圧縮袋で保管したら潰れてシワシワ…復活できる?

冬に暖かさをくれるダウンジャケット。しかし、冬が終わると一転かさばって邪魔になることがありま...

お気に入りのスウェットの色褪せを自分で直すための方法!

肌触りがよく、着心地がいいスウェットは、同じものを長年愛用する人も多いのではないでしょうか。...

ジーンズにカビが!はえてしまった白カビ黒カビの落とし方

ジーンズをこよなく愛する方からすると、色落ちや風合いを楽しむために洗濯をしないという方も多いです...

スカートのほつれの直し方!ミシンで難しい時は手縫いで直す

皆さんはスカートがほつれた時、どうしますか。手で縫って直す人もいれば、お直し専門のお店にお願...

スポンサーリンク

そもそも毛玉はなぜできるの?

ある日気づくと、お気に入りのコートやニットに毛玉ができていた経験は誰にでもありますよね。

コートやニットなど衣類に発生する毛玉の正体をご存知でしょうか?

毛玉の原因は大きく分けて2つあります。

1つ目は「摩擦」

コートは生地の表面の繊維が擦れたりこすれたりすると毛羽立ってしまいます。

その毛羽だった部分の繊維が飛び出してしまったものが、毛玉の元です。

2つ目は「静電気」

摩擦でできてしまった毛羽だった部分に、さらに他の繊維が集まってきます。

それがくるくると丸まって絡まったものが毛玉です。

毛玉の正体は摩擦と静電気が原因で集まった繊維なのですね。

つまり、コートの毛玉はコートの生地からできているという訳です。

ではこの毛玉は、実際にどのような取り方をすればいいのでしょう。

絶対にやってはいけないコートの毛玉の取り方

コートに毛玉を見つけたら、つい毛玉を手でむしり取ってしまいたくなりませんか?

実はこれ、最もやってはいけない毛玉の取り方なのです。

毛玉を無理にむしり取ってしまうと、飛び出していない正常な部分の繊維までちぎれてしまいます。

コート自体が傷んでしまう原因になってしまうのですね。

また、キッチン用スポンジや紙やすりでこするのもやってはいけません。

生地をこすることで摩擦をおこしてしまい毛玉を削ってしまいます。

生地が毛羽立ってしまうのですね。

一時的に毛玉が取れてきれいな状態になっても、すぐにまた毛玉ができてしまうことに。

コートの毛玉は絶対にこすらない、削らないが鉄則です。

では、次にコートについた毛玉の正しい取り方についてご紹介していきます。

自宅で簡単!意外なケア用品を使った毛玉の取り方

それでは早速、コートについた毛玉の取り方を見ていきます。

●カミソリ

実は、コートの毛玉を取るのにカミソリが大活躍します。

特に顔用のストレートタイプのカミソリがおすすめです。

もちろん使い捨てのお安いものでかまいません。

まずカミソリを手元に準備したら、

1.生地を切ってしまわないように、コートを硬く平らな場所に広げてしっかりと生地を伸ばします。

2.産毛を剃るように優しく丁寧に毛玉のついた部分をカミソリでなでてあげてください。

すると、コートの表面に絡みついた毛玉が、嘘みたいに取れてきます。

この時、力を入れて剃ってしまうとコートの繊維を傷つけてしまうことがありますので、くれぐれもご注意ください。

力を入れずに生地の上を優しくすべらせるのがポイントです。

縫い目やボタンの部分は特に注意してください。

カミソリの刃をひっかけて、縫い目を切ってしまうと大変です。

また、柔らかい場所やでこぼこのある場所で行ってしまうと、生地にカミソリの刃が当たってしまいます。

生地自体に穴を開いてしまうことのないよう気をつけましょう。

コートの下が硬く平らか場所どうか、よく確認してから始めてくださいね。

●毛玉取り機

メーカーが販売している毛玉取り機の中には、繊維を引っ張らずに切り取ってくれるものがあります。

値段はいろいろありますが、だいたい2,000円前後です。

注意点は100円ショップで売られているようなものは使わないようにすること。

毛玉を擦って取るものが多く、摩擦で生地を傷めてしまう危険があります。

毛玉取り機を使う場合は、

1.毛玉がある箇所を片手で押さえて機械をあてる。

2.くるくると優しく回しながら毛玉を取り除く。

といった手順です。

いずれの方法でも、「力を入れずに優しく」がポイントです。

コートの細かな毛玉は丁寧に処理!はさみを活用した取り方も

量の少ない毛玉には化粧用眉ばさみがおすすめです。

「はさみで切り取るなんて、何だか面倒だなあ」

なんて声が聞こえてきそうです。

しかし、実はこれがコートの毛玉の取り方としては一番安全で簡単な方法なのです。

ちょっと意外ですよね。

やり方はとても簡単です。

まず、コートは必ず平らな場所に置きます。

コートにはさみがひっかかって、コート自体を切ってしまっては元も子もありません。

コートを置く場所は、よくよくチェックしてくださいね。

そして、くれぐれもコート自体を切ることのないよう、毛玉を1つ1つ丁寧に切り取っていきます。

この時、コートの生地から飛び出した繊維がなるべく残らないよう、毛玉の根本からカットするのがコツです。

毛玉は元から切り取る、という訳です。

毛玉の原因となる飛びだした繊維がすっかりなくなることで、同じ場所に再び毛玉が発生するのを防ぐことができますよ。

では、大量についたコートの毛玉はどうしましょう?

眉ばさみで全部切るのはちょっと難しいですよね。

そこで次は、大量の毛玉のおすすめの取り方をご紹介いたします。

大量についたコートの毛玉は専門家の取り方に頼ってみては?

「自分で毛玉を取るのはちょっと怖い…」「面倒くさい」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

手間も時間もかかるので、できればもっと簡単にと思ってしまいますよね。

そんな時は、思い切って毛玉取りのプロにお任せしてみるというのも一つの選択肢です。

専用の機械を使う取り方なので、生地が傷んでしまう心配がありません。

新品のようになって手元に返ってきます。

毛玉取り代行業と呼ばれる特別な店舗もありますが、多くのクリーニング店で受け付けてくれるようです。

コートを預けたついでに毛玉まで取ってくれるなんで、まさに一石二鳥ですよね。

クリーニングサービスとして無料のクリーニング店もありませすが、有料のところもあるようです。

詳細はクリーニング店で確認してから利用してみてください。

また、宅配クリーニングで毛玉を取ってもらえるサービスもあります。

インターネットで申し込みをすると配達業者が引き取り、配達をしてくれます。

コートをクリーニング店まで持ち込む必要がないので、忙しくて時間のない方に人気のサービスです。

興味のある方はぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか。

普段から毛玉の予防を心がけて

コートに毛玉ができる理由は、普段の摩擦からくる毛羽立ち。

コートの繊維自体が、毛玉の正体なのです。

つまり、コートの毛玉を取るということは、大切なコートの生地をすり減らしていくこと。

どんなに取り方を気をつけても、コートにとってかなり負担の大きなことです。

大切なコートを長く楽しんでいただくためにも、ぜひ「毛玉の予防」をおすすめします。

普段簡単にできる方法としては、

・同じコートを続けて着ないようにする

・着用後は、軽くブラッシングをしておく

・静電気防止スプレーをかけておく

などが効果的です。

静電気防止スプレーは、吹きかけるだけでコートの静電気を防いでくれるスプレーです。

だいたい500~1,000円前後で購入できます。

お手軽なので、外出先でも簡単にコートのケアができます。

また、意外にもバッグ類が触れることで摩擦が起こって毛玉ができてしまうパターンも。

日によってバッグの種類や持ち方を変えてみることも効果的です。

触れる面積の広いリュックよりショルダーバッグの方がおすすめです。

日常のちょっとした工夫で毛玉を防止することができるのでぜひお試しください。

できてしまった毛玉を取ることは、手間や時間がかかってけっこう大変です。

コートの毛玉はできるだけできないよう日常のケアで防止しつつ、できてしまった毛玉は生地へのダメージが少ない方法で取り除いであげましょう。

また、天然の毛繊維素材のコートは化学繊維のものより毛玉になりにくいようです。

購入の段階から毛玉ができにくい素材のコートを選ぶというのも防止策かもしれません。

自分に合ったコートの毛玉対策で冬のおしゃれを楽しみましょう

今回は、コートにできた毛玉の取り方をご紹介しました。

コートにできた毛玉の取り方は、「こすらずに切り取る」がポイントです。

また、お気に入りのコートを長く愛用するためには、毛玉の防止も大切です。

日頃からなるべく毛玉を作らない工夫を心がけましょう。

自分に合った毛玉対策をして、思う存分冬のおしゃれを楽しみましょう。