シャツの知識を深める!メンズシャツの種類を詳しくご紹介!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

爽やかと誠実のジャケット!青でまとめた夏の着こなし!

日差しが暑いシーズン、爽やかで涼し気なオシャレを楽しみたい季節です。涼し気な青のジャケットに...

ニットの着ぶくれ感はオフショルで解消!着方もお洒落に!

オフショルはセクシーで色香も漂い、女性に人気の高いファッションです。季節は秋冬、「もうオフシ...

ジーンズで太めパーツをカバー!細見え狙いレディースコーデ

丈夫で使いやすくく、カジュアルコーデには欠かせないジーンズは、いくつでも欲しくなるアイテムですね...

セレカジがレディースに人気!コーデのポイントを掴もう!

昨今、「セレカジコーデ」というワードを耳にすることが多くなりました。しかし、実際にどのような...

コートとマフラーが同色でも大丈夫!もやっとしない方法とは

マフラーを新調した後に、家にしまってあったコートと色が同色になった経験はありませんか。コート...

ジムに通うならレギンス!お洒落スポーツコーデの魅力とは!

健康志向が注目される中、ジムやランニングなどで汗を流す健康女子も急増中のようです。そうなると...

コートとスカートが同じ色ってあり?それともなし?

何となく好きな色が決まっていて、インナーにアウター、スカートにパンツのボトムスまで、気が付くと「...

デニムの上下で決めたメンズスタイルをお洒落に魅せるコツ!

デニムは永遠の男の憧れかもしれません。そのようなデニムを上下で決める「デニムオンデニム」、憧...

デニムのブリーチは漂白剤でできる!お手軽脱色テクニック!

デニムにはさまざまな楽しみ方があり、ジーンズかジャケットかでも楽しみ方は変わってきます。特に...

カーディガンやボレロで仕上げるおすすめキッズフォーマル

入園式・卒園式・入学式・卒業式・発表会など、子供でもフォーマルな服装が求められるシーンがあります...

コスパgoodなダウン!安い&おしゃれなダウンブランドご紹介

ダウンジャケットは、高級品で頻繁に買うことができないイメージがあります。しかし、中には機能性...

大人気デニム着物を着こなす!街歩きが楽しくなるコーデ術!

近頃話題にあがっているおしゃれに、デニム着物があります。近年では着物を愛用する若い人も、少し...

スカートが静電気でまとわりつく!静電気対策で快適な休日を

寒い冬の季節は着るものが多くなり、外出時はファッションにも気合が入りますよね。しかし、せっか...

パーカータイプのスポーツウエアで手軽なメンズファッション

スポーツをする時、試合を観戦する時、持っていると便利なものがパーカーです。パーカーは半袖や薄...

ダッフルコートを大学生男子が大人っぽく着る秘訣とは!?

大学生男子は、おしゃれに精通している方も多く、コーディネートを見ているだけでも参考になりますよね...

スポンサーリンク

メンズシャツには種類がたくさんある!

シャツとは、上半身に着用する前開きの洋服のことを言います。

もともとは、上着の汚れが肌につかないように「肌着」として着用されていましたが、昨今では仕事着や普段着として広く愛用されるようになってきました。

メンズシャツは大きく分けて、「ワイシャツ」と「カジュアルシャツ」の2つに分類できます。

ワイシャツはスーツや作業着の中などに仕事着として着られることが多く、アイロンがけがしやすくなるよう「ポリエステル」を混紡したものを多く見かけます。

張りのある生地が多く、襟の形もしっかりとしています。

一方カジュアルシャツは、綿や麻、ウールなど、さまざまな素材を使用したものが多く、基本的にアイロンがけを必要しないものが多いです。

柔らかく着やすい生地が多く、襟はありますがくたっとしてしています。

ワイシャツとカジュアルシャツの違いは、「きちんと感のあるシャツ」か「リラックスできるシャツ」かといった点でしょう。

メンズシャツと一口で言っても、その種類は膨大です。

ワイシャツとカジュアルシャツの2つに分類しても、その中にもたくさんの種類が存在しています。

次項から詳しく見ていきましょう。

種類豊富!メンズシャツのデザインを知ろう

ここからは、メンズシャツの種類や特徴について知識を深めていきましょう。

まずはデザインからご紹介していきます。

定番のシャツにはさまざまなデザインがありますが、その特徴を押さえておきましょう。

●ワイシャツ・ドレスシャツ

前項でもご紹介した、スーツの下に着るためのシャツです。

胸ポケットが付いていないものが一般的で、カッターシャツと呼ばれることもあるようです。

●クレリックシャツ

襟が白く、それ以外の部分が柄や色がついているおしゃれなシャツです。

ビジネス用としても、カジュアル用としても使うことができ、知的な印象を醸し出せます。

●ワークシャツ

デニム・ダンガリー・シャンブレーなどの丈夫な生地でできているカジュアルシャツです。

もともと作業用のシャツとして着用されていたもので、昨今ではストリートファッションなどでの定番アイテムになっています。

●ミリタリーシャツ

こちらもデニムやダンガリーなどの丈夫な素材で作られたシャツです。

軍隊で着用されていたため、カーキや深緑などの落ち着いた色が多く、男性らしい無骨でおしゃれなデザインが多いです。

●ウエスタンシャツ

アメリカ西部のカウボーイが着用していたもので、デザイン性のあるポケットが特徴的なシャツです。

明るい色合いが多く、おしゃれなデザインが多いため、人気が高くなっています。

メンズシャツの生地にはたくさんの種類がある!その特徴は?

メンズシャツのデザインの種類を知ったところで、次は生地について詳しく見ていきましょう。

シャツにはさまざまな生地が使われていますが、ここでは代表的なものをご紹介していきます。

●ブロード

綿とポリエステルの混紡です。

ワイシャツやドレスシャツに用いられる、光沢のある肌触りの良い生地のことを言います。

●オックスフォード

こちらも綿とポリエステルの混紡です。

丈夫でシワがつきにくく、通気性が良い生地で、カジュアルシャツなどに使用されています。

●シャンブレー

綿・麻・レーヨンなどで編んだ生地です。

さらっとした着心地の生地で、春夏などの暖かい季節に着るシャツにおすすめです。

●デニム

デニムは綿を使用した生地です。

耐久性の高い丈夫な生地で、シャツに使用する場合はインディゴブルーなどが定番です。

●フランネル

綿・ウールなどで編んだ生地です。

動物の毛を使用しているため保温効果が高く、秋冬におすすめの柔らかくて着やすい生地です。

●リネン

麻で作られている生地です。

シャンブレーよりもさらっとした肌触りで、吸水性が高く、丈夫で通気性も良いため、夏に着るシャツにおすすめです。

メンズシャツは襟によって印象が変わる!襟の形に注目しよう

メンズシャツは、襟の形によって見た目の印象がかなり変わります。

フォーマルな場にふさわしい襟、ふさわしくない襟などがあるため、シャツを選ぶ際に重要視するポイントでもあります。

以下で代表的な襟の種類を詳しくご紹介しましょう。

●レギュラーカラー

基本的なワイシャツの襟の形です。

ビジネスシーンや正装として選ばれることが多い、標準的な大きさの襟です。

●ワイドスプレッドカラー

レギュラーカラーよりも開きが大きい襟のことを言います。

イギリスでは一般的な襟になり、ビジネスシーンや正装としても着用可能です。

●ボタンダウン

襟にボタンがついているタイプです。

おしゃれでカジュアル色が強いため、フォーマルな場では使用を控える傾向があります。

●バンドカラー

首に沿って襟があるため、折り返しをしないタイプです。

カジュアルな印象が強く、ボタンを締めずにゆったりと着用するのがおすすめです。

●ラウンドカラー

襟の先が丸くなっているタイプです。

遊び心のあるおしゃれなデザインで、結婚式などの華やかな場に向いています。

おしゃれなメンズシャツが欲しい!おすすめの柄は?

ここでは、メンズシャツの柄について見ていきましょう。

よく見かける定番の柄の種類として、「ストライプ」「チェック」「ドット」などがあげられます。

それぞれの特徴を以下で詳しく見ていきましょう。

●ストライプ

ストライプシャツは、フォーマルでもカジュアルでも着用できる、おしゃれな柄の1つです。

選ぶストライプの線の太さによって、見た目の印象は変わります。

太めのストライプは優しくふんわりとした印象で、細めのストライプは知的でクールな印象を受けます。

ストライプには視覚による縦長効果が期待できるため、スリムに見えるというメリットもあります。

●チェック

アメリカンカジュアルとして人気が高いのがチェックのシャツです。

チェックと一口で言っても、ギンガムチェックやアーガイルなどさまざまなチェックがあります。

1枚でおしゃれに着こなせるため、カジュアルシャツとして人気が高いです。

●ドット

ドットとは水玉模様のことを指します。

大きなドットは子供っぽい印象を受けるため、シャツに選ぶなら小さめのドットにしましょう。

ワンランク上のおしゃれを楽しみたい方におすすめの柄です。

メンズシャツの選び方のポイントとは?

ここまで、メンズシャツの種類や特徴について詳しくご紹介してきました。

最後に、メンズシャツを選ぶ際に注意すべきポイントをお伝えしていきます。

シャツ選びで重要なのは、「自分に合ったサイズを選ぶ」ということです。

シャツは自分のサイズに合ったものを着ないと、肩が落ちたりしてだらしない印象になってしまいます。

シャツは体のラインに沿うような、少し細めのサイズがおすすめです。

そのため、自分の「肩幅」と「着丈」をあらかじめ測っておき、ジャストサイズのシャツを購入しましょう。

着丈に関しては、ウエストの少し下くらいの位置がちょうど良いとされています。

あまり長すぎると、余った裾が腰回りでもたついてしまう可能性があるため、注意してください。

以上のことを頭に入れてから、自分に合ったシャツを探すようにしましょう。

メンズシャツの種類は豊富!シーンに合ったシャツを選ぼう

メンズシャツと一口で言っても、その種類はとても豊富です。

シャツのデザインや生地によっては、ビジネス・フォーマル・カジュアルなどの用途が異なります。

着用する際は、それぞれのシーンにふさわしいシャツを選ぶようにしましょう。

そしてシャツは自分に合ったサイズを選ぶことが重要です。

購入する前に、肩幅・着丈などのサイズを測り、ジャストサイズのシャツを選んでくださいね。