ニットを収納するには?たたみ方や収納方法を伝授!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

シャツのボタンの付け方は簡単!遊び心を加えてみよう!

ワイシャツやポロシャツ、タンガリーシャツなど、シャツと言っても色々な種類があります。こう...

着なくなったデニムをリメイク!オリジナルスカートを作ろう

デニム素材のパンツはたくさん販売されていますが、スカートの種類はそれほど多くはないようです。...

お気に入りのパーカーが色落ち!これって復活できるの!?

気がつくと、お気に入りのパーカーが変色・色落ちしている!多くの方がこのような経験をしてい...

大切なコートに毛玉が!最適な取り方でコートを長持ちに!

冬になると欠かせないのがコート。何気なくふとコートを見ると、「毛玉だらけ…」なんて経験ありま...

デニムのボタンを付け替えて自分らしさを表現してみよう!

使い古しのデニムには、他のパンツやズボンには無い味わいがあります。少々のダメージなら、デ...

スカートを手作りするなら生地選びを楽しみましょう!

自分が持っているトップスに合うスカートのイメージは、頭の中でできているのに、それに近いスカートが...

シャツの袖丈の直し方を知って自分でジャストサイズに直そう

人の体型は千差万別です。既製品のシャツを購入した時、「首回りや胸回りなどに合わせると袖丈が長...

セーターの洗濯頻度はどれくらい?洗濯の目安や洗濯方法は?

冬にお気に入りのセーターを着ると、体だけでなく心も暖かくなりますよね。そんなセーターで気にな...

コートにできた生地の毛玉!適切な処理方法で長持ちさせよう

コートにはさまざまな生地が使われています。しかし、共通して悩みの種となるのが毛玉の処理方...

セーターに毛玉ができるのはなぜ?洗濯や日常の予防法を伝授

買ったばかりのセーターに毛玉ができてしまっては、せっかくの楽しい気持ちが台無しですよね。セー...

黒いコートにほこりが付くのを防止する方法とは!?

黒いコートを着ていると、表面に付着する「ほこり」が気になることはありませんか?ほこりが目...

ダウンを圧縮袋で保管したら潰れてシワシワ…復活できる?

冬に暖かさをくれるダウンジャケット。しかし、冬が終わると一転かさばって邪魔になることがありま...

原型から作るシャツの身頃の型紙とダーツの入れ方をご紹介

皆さんはダーツというものをご存知ですか。最近は、スカートやジャケットの生地の素材が変わり、身...

セーターに毛玉ができる理由!毛玉ができやすい素材がある?

ニットセーターは暖かいうえにおしゃれな着こなしも叶うアイテムで、毎日のように着ているという方も多...

ニットに毛玉ができるのはなぜ?原因・予防法・対処法とは

ニットは暖かく、秋冬のコーディネートには必須のアイテムですね。しかし、ニットは毛玉ができやす...

スポンサーリンク

ニットはハンガー収納はNGなの?

衣類の収納は「たたむ」か「かける」が基本です。

その種類によって収納方法を使い分ける必要があり、そうすることで衣類の持ちを左右することにもつながります。

その衣類の中でもニットは、厚手になればなるほどアウターのようにかさばり、ハンガーにかけたくなりますよね。

しかし、アウターと違って、ニットはデリケートでハンガーにかけるのは向いていないアイテムといえます。

仮に店頭でたくさんニットがハンガーにかけられて販売されていても、自宅では基本的にたたんで収納するほうがいいのです。

とはいえ、厚手のニットはどうやってたたんだらいいのか、その正しいたたみ方をマスターしている人は少ないかもしれません。

こちらで、おすすめの収納方法や、詳しいニットのたたみ方をお伝えしていきますので、その方法を覚えてみてはいかがでしょうか。

どうやったらニットを上手く収納できる?コツは?

ニットのたたみ方を詳しくお伝えしていく前に、上手くニットを収納する方法のコツをお話しします。

◯立てて収納する

ニットは引き出しや収納ケース内で積み上げて収納するより、引き出しやケースの高さに合わせたたたみ方をして、立てて収納するほうがおすすめです。

そうすることで一目で何が収納されているか分かり、取り出しやすく見た目もきれいです。

もしも立てて収納するのが難しく積み上げて収納する場合は、厚手のしっかりした織りのニットや、素材が化学繊維のものを下にして、湿気に弱い天然繊維のニットは上になるように意識するといいでしょう。

◯詰め込み過ぎない

引き出しや収納ケースに詰め込み過ぎてしまうと、たたみじわの原因となってしまいます。

全体的に見て、ややゆとりを持たせて収納する量を決めるのも肝心です。

目安としては7~8割程度の利用割合にしておくといいでしょう。

ニットを収納するならたたみで!基本の正しいたたみ方を覚えよう

ではこちらで、基本となるニットのたたみ方についてお伝えしていきましょう。

【手順】

①後ろ側を上にして広げて置く

ネックが見える前面を下にすることで、襟の形が見やすくなります。

広げる際には軽く伸ばして編み目を整えましょう。

②収納したい引き出しやケースの幅に合わせて折りたたみ幅を決め、折りたたむ

折りたたみ幅に合わせて前身ごろを折り、肩から下方向に袖を折って、袖全体を折った前身ごろに沿わせるようにします。

袖口がはみ出ないように調整してください。

③反対側も同様に折りたたむ

両袖が重ならないのが理想ですが、収納したい幅によっては難しいこともあるので、その場合は重なる部分がなるべく少なくなるようにするといいでしょう。

また、収納するニットはなるべくコンパクトにしたいので、手で軽く押さえながら空気を抜くようなたたみ方をして、たたみ上りが四角になるように左右のラインをまっすぐに整えましょう。

④半分に折って完成

ニットの丈や収納スペースに合わせて、半分ではなく三つ折りにしてもいいでしょう。

また、薄手のニットであれば、③で四角に折った後、端から巻いていく収納方法もあります。

巻く場合は、きつく巻かずにゆるく巻くようにすると、しわがつきにくくなるでしょう

たたみ方に注意!薄手や丈の長いニット折りじわ対策を!

薄手のニットやニットワンピースなどは、たたみ方や素材によっては折りじわが目立ってしまうものがあります。

そのようなことを避けるためにおすすめなのが、間にクッションを挟むことです。

クッション材として、手軽に用意できるものにはタオルがあります。

ニットの間にタオルを挟むとしわを減らす効果が期待できます。

選ぶタオルは、ニットの色に合わせてください。

そうすると、ニットの間にタオルを挟んでも、仮にタオルの毛羽がついてしまっても目立ちにくくなるでしょう。

また、たたみ方や収納方法を慎重にしても、折りじわがついてしまうこともあるかもしれません。

そのようなときは、ニットの洗濯表示に従って気になるしわを、スチームアイロンで取り除く方法もあります。

基本的には、しわの部分にアイロンが触れないようにスチームをあて、スチームの蒸気がニットに行きわたったら、乾いたタオルを間に挟んで上から優しくアイロンをあててしわを取ります。

ニットは熱に弱いので、スチームアイロンを使用する場合は十分に注意してください。

ロングカーデやニットコートはハンガー収納もアリ!たたみ方とかけ方は?

はじめに、ニットはハンガーにかけて収納するのはNGであるとお伝えしました。

しかし、長い丈のカーディガンやニットコートは、厚手であったり丈が長かったりしてたたんで収納するのが難しいことが考えられます。

そこで、そのような種類のニットを、ハンガーにかけて収納しても伸びにくくする方法があります。

そのたたみ方とかけ方をご紹介してきましょう。

◯ハンガーにかける収納方法のたたみ方とかけ方

【手順】

①ロングカーディガンを縦に半分にし、左右の身ごろと袖をピッタリ重ねる

②ニット全体をV字になるように向きを変えたら、脇の下部分にハンガーのフックがくるようにして置く

③重なった両袖を、ハンガーフックを中心とし、身ごろ側の斜め方向に折る

④身ごろ部分も袖と同じように、袖側の斜め方向に折り、袖と身ごろが「X」になるようにしたら完成

このように、ニット全体にかかる負荷をなるべく分散するようにすると、ハンガーにかけても型崩れしにくく収納可能です。

長期間の収納にはあまり向いていませんが、少しかけたいときにはおすすめの方法です。

長期収納するときのニットを上手く保管するコツ

衣替えでニットや冬服をしまうときは、収納前にいくつか気をつけたいことがあります。

◯収納前は洗濯かクリーニング

長期間しまうことになるニット類は、自宅での洗濯やクリーニングに出すのが大事です。

自宅で洗える場合はしっかりと汚れを取り除き、洗濯が無理だったりデリケートな素材のニットだったりするならクリーニング店におまかせしましょう。

◯クリーニング後はそのまま収納は厳禁

クリーニングに出すと、ビニールに入って戻ってくることが多いですよね。

しかし、「きれいな状態だから、ホコリ除けになるから」といってそのまま収納してしまうのはNGです。

ビニール内は通気性が悪く、湿気がこもりやすいので長期保存向きではありません。

カビの発生や虫食いを避けるためにも、ビニールは取って前述のたたみ方や収納方法を参考に、適切に保管しましょう。

◯湿気を乾かしてから収納

自宅で洗濯した場合は、しっかりと湿気を取り除いて乾かしてから収納することが大事です。

可能であればアイロンをかけておくと安心でしょう。

クリーニングに出したニットも、ビニールを取ったら数日陰干ししてから収納するといいですよ。

ニットは基本的にたたんで収納しよう!

ニットの収納方法やたたみ方についてお伝えしてきました。

基本的にニットはハンガーにかけずにたたんで収納するほうが無難です。

しかし、ニットの丈や形によっては、たたむとかさばって困ってしまうこともありますよね。

そのようなときは、こちらでご紹介した、ハンガーを使った収納を試してみてもいいかもしれませんよ。