デニムの「サルエルパンツ」大人のメンズの穿きこなし方

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ライダースとスカートで軽快に!春のライダースコーデご紹介

ライダースジャケットはその名の通り、バイクに乗るライダーを想像させるハードな雰囲気のジャケットで...

トップスの色選びがレディースコーデの鍵に!おすすめは赤!

レディースコーデの場合に、トップスの色選びは多くの女子たちが頭を悩ませるようですね。レディー...

デニムは日本製が人気!レディース向け国内ブランドをご紹介

デニムは毎日のコーデに欠かせない、超定番アイテムのひとつですね。もともと海外発祥のデニムです...

「アメカジ」でおしゃれ女子になろう!〈シーズン別コーデ〉

今回は、ラフなのにかわいい「アメカジファッション」を特集します。メンズではなく女子が着こなす...

シャツは種類が豊富!秋のメンズコーデにおすすめのものは?

秋はとても過ごしやすい季節で、スポーツや行楽にとても適しています。また、芸術の秋とも言われよ...

スカートは膝丈のフレアで決まり!大人女子力を見せつける!

膝丈のフレアスカートと聞くと、どのような印象をお持ちでしょうか。多くの方が、可愛らしい印象と...

【ニット帽のかぶり方】ロングヘアのポイントをご紹介

寒い季節に防寒とおしゃれを一緒に楽しむには、ニット帽は欠かせないファッションアイテムのひとつでし...

シャツは爽やかな水色でコーデをお洒落に楽しもう!

シャツはファッションになくてはならないアイテムの一つです。シャツにはさまざまな色がありますが...

パーカーとアウターの組み合わせ、フードの取り回し

おしゃれアイテムとしてのニーズよりも、気軽さや便利さで受け入れられているパーカー。パーカーと...

ガウンや部屋着をプレゼント!ブランドものなら嬉しいはず!

大切な奥様や彼女へのプレゼントには、ブランドもののガウンや部屋着がおすすめです。何と言っ...

ジレとスーツの色違いコーデ!おしゃれな着こなしのコツは?

スーツとジレは、同じ色でも色違いでも合わせて活用できるコーデです。少し改まった印象になるため...

ジーンズの色落ちを復活!様々な方法でプラスにして楽しむ!

ジーンズが好きで穿いている方は、ジーンズが色落ちしたことがあるのではないでしょうか。ジーンズ...

テーラードジャケットの着こなし術が知りたい!~メンズ編~

メンズファッションの定番アイテムとしては、「テーラードジャケット」が挙げられます。大人のキレ...

デニムガウチョは優秀!夏におすすめの着こなしをご紹介

デニムは春夏秋冬問わず、一年中で活躍する素材です。なかでも夏はレジャーを楽しむ機会が...

ダメになったコートのファー!どうにか復活させる方法は?

秋冬は寒さが辛いですが、お洒落を楽しめるという点においては楽しい季節でもありますね。この季節...

スポンサーリンク

メンズが好むサルエルパンツの魅力とは?

メンズと言っても、特に若者から支持されているサムエルパンツの魅力とは、一体どんなものなのでしょうか。

デニムパンツと比べると、股下がかなりゆったりとしたデザインなので、穿いていてとても楽ですが、「脚が短く見えてしまう」というデメリットがあります。

しかし、実際には脚の長さを隠せるので、脚の長さや形にコンプレックスがある方にはおすすめのファッションアイテムなのです。

また、デザイン性もさることながら、本来のサルエルパンツの魅力は、そのシルエットです。

股上が深く、股下にボリュームがあり、裾にかけて細くなるサルエルパンツは、Aラインのシルエットが出しやすいというメリットがあります。

Aラインとは、アルファベットの「A」のように、上半身をすっきりさせ、下半身を太くしっかり見せるシルエットのことです。

全体のシルエットをAラインにすることで、男らしいがっしりとしたイメージになります。

しかし、サルエルパンツそのものは女性的なアイテムでもあるので、やわらかい、しなやかな雰囲気も持っています。

そのため、男らしさだけでなく、しなやかさも加わり、穿きこなしの幅が広いというのも魅力のひとつです。

大人のメンズがサルエルパンツを穿くときのポイント

サルエルパンツのルーツは、イスラム文化圏の民族衣装「サルール」です。

1977年のパリコレクションに登場したことがきっかけで、ファッションアイテムのひとつとして一般化しはじめました。

日本では2002年頃から、定番アイテムとして扱われるようになっています。

今までにはない、インパクトのあるデザインのサルエルパンツは、股下のボリュームがポイントです。

股下がボリュームたっぷりであれば、民族衣装のテイストが高くなり、エスニックファッションによく合いますが、相当おしゃれに自信がある方でないと穿きこなせないでしょう。

このことから、おしゃれに敏感な若者たちに支持されて広まりましたが、そのルーズなデザインは大人のメンズには向かないと言われていました。

しかし、昨今ではさまざまデザインのものがあり、股下のボリュームを抑えたものを選べば、大人のメンズでも充分穿きこなせます。

デニム地であれば股下がゆるくなり過ぎず、コーディネートの幅も広がり、より気軽にサルエルパンツを楽しめるでしょう。

大人のメンズにデニムのサルエルをすすめる理由

ご紹介しているように、基本的に股下にボリュームがあり、裾にかけて細くなるシルエットのサルエルパンツは、股下のボリュームで印象が大きく違ってきます。

また、同じようなシルエットのサルエルパンツでも、素材によってイメージが変わります。

デニム生地のサルエルパンツは、普段穿いているデニムパンツと同じ感覚で穿けるので、サルエルパンツ初心者にはおすすめです。

最初の1本は、普段の自分からかけ離れないスタイルにすると、上手く穿きこなせるでしょう。

また、いつも穿いているデニム生地ならば、奇抜な印象にならず、デニムパンツとは違ったシルエットが楽しめます。

スウェット素材のサルエルパンツもカジュアルという点ではおすすめですが、穿き方によってはだらしない印象になるので、大人のメンズにはおすすめしません。

デニムのサルエルパンツの穿きこなし方

それでは、大人のメンズにおすすめのコーディネートをご紹介しましょう。

デニムのサルエルパンツは、カジュアルな穿きこなしができますが、若いときのままのイメージで穿いてしまうと、ストリート感が出てしまう場合があるので気を付けてください。

大人のコーデを目指すには、腿の幅と裾の幅にあまり差のない、細身のものを選びましょう。

コートなどを羽織る、秋冬コーデは重くなりがちなので、すっきりしたデザインのサルエルパンツで引き締まった印象にするとバランスが良くなります。

デニムの細身のサルエルパンツなら、腰回りに余裕があるので動きやすく、足元はすっきりまとまるので、厚手のコートを羽織っても重すぎません。

デニムのトップに合わせるのにも、サルエルパンツでしたら、おしゃれに決まります。

このとき、足元はボリュームのあるスニーカーにするとバランスが良いでしょう。

足元をレザーシューズで決めたいときには、トップをTシャツなどですっきりとさせて、股下にボリュームを持たせると、大人の着こなしになります。

ワイルドに決めたいときには、股上が深く少しボリュームのあるサルエルパンツに、シンプルなロングTシャツやハイネックを合わせると良いでしょう。

また、細身のデニムサルエルパンツは、キレカジコーデにおすすめです。

ぴったりサイズのシャツと合わせたり、シンプルなジャケットを合わせると、きれいめなコーデになります。

大人のメンズにはデニムの「ちょいサル」がおすすめ

大人のメンズにおすすめなサルエルパンツは、適度なサルエル感が味わえる「ちょいサル」です。

ルーズ過ぎず、少しゆとりがある「ちょっとだけサルエル」くらいのシルエットが、大人のメンズにはきれいにコーディネイトできます。

股上が深いサルエルパンツは、抵抗がある方もいるかもしれません。

しかし、すっきりとしたデニムの「ちょいサル」のシルエットなら、どんなスタイルにも合わせやすいでしょう。

大人メンズの「ちょいサル」のコーディネイトのポイントは、「シンプル」です。

装飾を抑え、色数を少なくすることで、サルエルパンツのデザイン性が強調され、おしゃれな大人の雰囲気になります。

手持ちの無地のTシャツとスニーカーを合わせても、「ちょいサル」であれば、デニムパンツより断然おしゃれな感じになるでしょう。

手持ちの服をおしゃれに変える、それが「ちょいサル」の魅力です。

メンズのデニムサルエルパンツブランド

最後にメンズのデニムサムエルパンツのブランドをご紹介しましょう。

・EIGHT(エイト)

エイトのサルエルパンツの特徴は、ストレッチ素材を使っているので、とても動きやすいということです。

価格帯もリーズナブルなので、サルエルパンツを試してみたい方にはおすすめです。

・Iroquois(イロコイ)

イロコイのサルエルパンツは、股下だけではなく、全体がゆったりとした作りになっています。

デザインや素材へのこだわりが強く、独創的なデザインが特徴です。

・ovtski(ロフトスキー)

もともとデニムパンツで有名なブランドのロフトスキーの作るサムエルパンツは、アメカジコーデに合うデザインのものが多く揃っています。

・NATAL DESIGN(ネイタルデザイン)

このブランドのサルエルパンツは、股下以外は細く、スキニーのような仕上がりです。

通常のサルエルパンツよりも、やや窮屈さを感じるかもしれませんが、全体のシルエットをスマートに見せてくれます。

・ALDIES(アールディーズ)

アールディーズのサルエルパンツは、デニムの良さを活かしたデザインで、品質が良く、デニムなのにやわらかい穿き心地が癖になると評判です。

大人のメンズにおすすめ!デニムのサルエルパンツ

ゆるりとしたデザインが特徴のサルエルパンツは、穿き方によってはだらしなく見えてしまうので、穿きこなすのが難しいファッションアイテムと言われています。

しかし、デニム素材を選べば、生地がしっかりしているので、きれいに決まります。

また、股下のボリュームを抑えたものであれば、大人のメンズでも充分穿きこなせるでしょう。

下半身にコンプレックスがあったり、腰パンがなかなかやめられなかったりする方は、ぜひサルエルパンツにトライしてみてください。