ジャケットは秋コーデの主役!メンズにおすすめトップス5選

暑い夏が終わると、一年の中でも過ごしやすい秋がやってきます。

秋はスポーツや、行楽にとても適している季節です。

秋はコーディネートの幅が広がるので、ファッション的にも楽しめます。

メンズの秋のコーディネートは、ジャケットを中心に考えましょう。

というのもジャケットは種類が多いので、TPOに合わせたコーディネートができるからです。

では秋には、どのようなジャケットがおすすめとなるのでしょうか。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大人が着るパーカー!色で異なるオススメレディースコーデ!

肌触りや着心地が非常に良いパーカー。 メンズ・レディース問わず、誰でも一着はお持ちなのではない...

ニットの襟元はハイネックの重ね着で上品に生まれ変わる

カーディガンやVネック、クルーネックのニットの襟元から出た首筋。 素肌をそのまま出すのも魅...

ジーンズを染め直してリメイク!黒ジーンズの活用術!

現在、黒いジーンズに人気が集まっています。 黒いジーンズはどんな服装でもコーディネートしやすい...

ライダース選びに悩む方必見!メンズのおすすめ商品もご紹介

メンズライダースは価格が幅広く、どれを選んだら良いのか分からないという声も多いです。 また、メ...

驚くほどあるスカートの種類!生地の違いを加えると無限大!

スカートには驚くほど種類があるのをご存知ですか? スカートの種類に加え、生地やデザインの違いを...

爽やかなトップスがおすすめ!メンズの夏向けコーディネート

メンズの夏コーデは、トップスにこだわりたいものです。 というのは、夏コーデは秋や冬、春と比較す...

可愛いコートを着たい!ピンクも年齢関係なく着こなしたい!

冬は毎日のようにコートを着るという方が多いでしょう。 どんなコーディネートにも合うように、無難...

ジャンパーのプリントの剥がし方!綺麗に剥がして素敵に変身

あなたが今お持ちのジャンパーですが、プリントの部分を剥がしたいと思ったことはありませんか? ジ...

ジレとスーツの色違いコーデ!おしゃれな着こなしのコツは?

スーツとジレは、同じ色でも色違いでも合わせて活用できるコーデです。 少し改まった印象になるため...

ニットアイテムを上手に使った大人女性の上品な色気コーデ!

「色気のある○○」と形容される言葉を耳にしますが、抽象的でイメージのわきにくい印象ですよね。 ...

ジーンズに靴下、スニーカーはカジュアルコーデ三種の神器!

いつもお洒落に気を配る女性も、たまには息抜きでラフな着こなしを楽しみたいですよね。 そこで便利...

ニットの素材で暖かいものはどれ?冬の暮らしをぽかぽかに

寒い冬を乗り切るために、ニットのセーターは手放せませんよね。 しかし、ニットの種類は幅広く、ど...

アウターにトップスの組み合わせ!同じ色にトレンドを入れて

アウターとは、コートやジャケット、ジャンパーなど服の一番外側に着るもののことをさします。 トッ...

このアウターがおすすめ!メンズ向け冬物のコーディネート

冬物のファッションアイテムは種類が豊富で、いろいろな組み合わせ方ができるため、コーディネート...

ライダースジャケットが欲しい!人気レディースブランドは?

ライダースジャケットは、レディースアウターの定番となりつつあるので、手に入れたいと思っている人も...

スポンサーリンク

秋はこのメンズ向けジャケットできめよう!

秋のメンズ向けジャケットには、いろいろな種類があります。

フォーマルなジャケットがある一方で、タフでワイルドなジャケットも存在します。

それらの中から数着選び、自分の生活の場に合わせたコーディネートを考えましょう。

多種多様なジャケットの中でも、特におすすめとなるのが次の5つです。

・フリースジャケット
・ソフトシェルジャケット
・テーラードジャケット
・デニムジャケット
・ミリタリージャケット

これらはどれも扱いやすいジャケットで、コーディネートに困りません。

フリースジャケットは保温力が高く、野外での活動に適しています。

ソフトシェルジャケットは撥水性に優れているので、天候の変わりやすい秋にぴったりのアウターです。

テーラードジャケットはジャケットの定番なので、1着は用意しておくことをおすすめします。

デニムジャケットは丈夫にできており、少々乱暴に扱っても大丈夫です。

ミリタリージャケットはアウトドアに最適で、活動的なメンズにマッチしています。

これら5種類のジャケットを中心に、秋のコーディネートを組み立てましょう。

しっかりと着こなせれば、他のメンズに差をつけられることでしょう。

フリースジャケットは手軽に着られる秋向けトップス

ジャケットの新しい潮流として注目を集めているのが、フリースジャケットです。

フリースジャケットの素材は起毛されているので、保温力と共に吸汗性にも優れています。

そのため、アウトドアでのスポーツにも重宝するジャケットなのです。

フリースの毛の長さには色々あり、短めのものはスポーティですし、長めのものは見た目も暖かく感じます。

ただし、サイズが合わない大きめのフリースジャケットは、部屋着に見えることもあるので注意しましょう。

フリースジャケットを取り入れた秋のメンズ向けコーディネートで気をつけたいのは、大きな柄が入ったものは避けたいということです。

というのは、柄の大きいフリースジャケットはカジュアルになり過ぎるので、コーディネートが難しくなるからです。

大人のメンズを演出するなら、落ち着いた色合いのフリースジャケットを選ぶようにしましょう。

白系統のフリースジャケットは上品に見えますし、深いブルーやグリーンなら、精悍ながらどこか穏やかな雰囲気を醸し出します。

フリース素材なら、濃いバイオレットやパープルでも違和感がありません。

ベージュ系のパンツと合わせると、シックでおしゃれな着こなしとなります。

ソフトシェルジャケットで秋の街中を闊歩しよう

ソフトシェルジャケットは、柔らかくてストレッチ性のある素材でできたジャケットです。

特に防風性と吸湿性が高く、秋のストリートを歩くのにとても適しています。

撥水性にも優れていますが、ハードシェルジャケットのようにゴワゴワしていないので、動きやすいのも大きなメリットです。

少々の雨ならソフトシェルジャケットだけでも対応できるため、キャップをかぶれば傘も不要になります。

ただし、完全撥水ではないので過信は禁物です。

秋に着用するだけなら、薄手のソフトシェルジャケットでも大丈夫ですが、冬も着るなら少し厚めのものを選ぶとよいでしょう。

ソフトシェルジャケットはアウトドアで着ることも多いジャケットなので、身体の動きを邪魔しないよう、きつめのサイズは避けるのが賢明です。

特にトレッキングや軽い登山を楽しむメンズなら、背中や腰から風が入らないサイズのものがおすすめとなります。

フードがついているタイプなら、首まわりも暖かいので最適です。

ソフトシェルジャケットはアクティブなイメージがあるので、どのようなカラーでも似合います。

明るいレッドや鮮やかなブルーのソフトシェルジャケットで、颯爽と街を闊歩するのもよいものです。

テーラードジャケットは秋コーデの定番

テーラードジャケットは、秋を装うメンズにとってとても使い勝手の良いジャケットです。

シルエットがスーツに似ているので、着用するだけでフォーマル感を演出できます。

余計なものが付属していないのも、テーラードジャケットのよい点です。

とてもスッキリして見えますし、大人の余裕というものを感じさせてくれるジャケットです。

このテーラードジャケットの特徴を活かすためには、色と着丈に注意する必要があります。

テーラードジャケットには、あまり奇抜な色は似合いません。

オーソドックスな黒やグレー、ネイビーがコーディネートしやすいのでおすすめです。

チェック柄やストライプ柄は、上級者向けとなります。

また、テーラードジャケットを着こなすうえで大事なのが着丈の長さです。

長過ぎると野暮ったく見えますし、短すぎると太って見えることがあります。

後ろから見て、お尻が少し見えるくらいがベストです。

テーラードジャケットはきれいめのアウターなので、ボトムスはスラックスなどが合います。

とはいえ、あまり決めすぎると固く見えてしまうので、適度にカジュアルなアイテムを取り入れるとよいでしょう。

たとえば、インナーをデニムシャツにしたり、ボトムスをスキニーにしたりということです。

タフなメンズにはデニムジャケットが似合う

デニムジャケットは、着るだけでタフに見えるアウターです。

というのは、デニム生地自体にタフなイメージがあるからです。

そのためデニムジャケットを着ていると、とても活発でタフなメンズだという印象を与えます。

また、デニム生地はあまり伸びたりしないので、どこか硬派な感じも伴います。

デニムジャケットを選ぶときには、この硬派なイメージを活かせるものを選択するようにしましょう。

たとえばダメージ加工されていたり、適度に色落ちしていたりすると、タフな印象というものが高まります。

ただしあまりやり過ぎると、かえってダサく見えることがあるので注意が必要です。

また、ワンポイントでワッペンを加えると個性が増しますが、これもやり過ぎると子供っぽく見えてしまいます。

デニム生地が本来持っているイメージを損なわないよう、シンプルにきめるのが最適です。

ショート丈のデニムジャケットというものは、脚が長くてスタイルのよい人によく似合います。

もしスタイルに自信が無いのなら、インナーを工夫しましょう。

ロング丈のTシャツを合わせると、スタイルがよく見えるのでおすすめです。

また、インナーをきれいめのシャツにすれば、秋らしいおしゃれなコーディネートになります。

ミリタリージャケットはワイルドなメンズにぴったり

ミリタリージャケットは、もともと米軍用に作られたアウターです。

米軍の中に空軍や陸軍、海軍があるように、ミリタリージャケットにも様々なタイプがあります。

それらの中でも特に人気が高いのが、次の3タイプです。

・M51
・M65
・MA-1

M51は、別名モッズコートと呼ばれているものです。

夜戦用パーカーなので、少し大きめに作られておりジャケットの上から羽織ることもできます。

動きやすくするため、薄い生地のものが多かったのですが、これ1枚でも大丈夫なように防寒性能を高めたものが登場しています。

M65はフィールドジャケットのことで、米軍の野戦用ジャケットです。

M51から変更された点はいくつかありますが、デザイン的には胸についたポケットが大きな特徴となっています。

そしてこのポケットが、ワイルド感を高めていると人気なのです。

MA-1は、米軍のフライトジャケットです。

ミリタリージャケットといえば、MA-1を思い浮かべる人も多いことでしょう。

MA-1はとてもスタイリッシュなジャケットなので、秋の装いにはぴったりです。

ミリタリージャケットは実用的にも優れ、またワイルドなイメージもあるので活動的なメンズに特におすすめのアウターとなっています。

秋は旬のジャケットを着こなしそう

秋は涼しくなる季節なので、上に羽織るアウターが必要になります。

また、秋は天気が変わりやすいため、素早く着脱できるアウターが必要です。

そのため、気軽に羽織れてしかもファッション性の高いジャケットが、秋には旬のアウターだといえます。

秋にふさわしいジャケットを何着か用意して着こなし、ストリートで、アウトドアで、思う存分秋を楽しみましょう。