ニット生地のマフラーの編み方をマスター!応用もさまざま!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

覚えてデニム生活のプラスに!ワンウォッシュの洗濯の仕方!

デニムを買ってから悩むことで、洗濯の仕方があるのではないでしょうか。毎日、着ている私服と同じ...

スカートのプリーツをキレイに復活させるにはアイロンを活用

ふんわりと軽いシルエットと上品な印象を与えてくれるプリーツが、女性らしい魅力を最大限に引き出して...

針と糸があればできるニットの裾上げ!手縫いで簡単お直し!

ニットの裾上げは、針と糸があれば、なんと手縫いで簡単にお直しできますよ。ミシンを引っ張り出す...

購入したデニムが臭い!新品・中古それぞれの対処法を伝授!

まだ一度も着用していないのに、デニム特有のニオイが気になることってありますよね?また、古着屋...

アメカジにチャレンジ!30代レディースにおすすめのブランド

目次 1 30代にもおすすめ!アメカジファッションとは2 30代女性がアメカジを着こなすときのポイン...

スカートを子供に手作りするのは簡単で楽しいですよ

子供は日に日に大きくなります。数カ月前に買ったばかりの洋服も、気がつけばあっという間に着れな...

セーターに毛玉ができるのはなぜ?洗濯や日常の予防法を伝授

買ったばかりのセーターに毛玉ができてしまっては、せっかくの楽しい気持ちが台無しですよね。セー...

こんなアイデアがあった!ニットトートバッグの編み方!

編み物好きな方でしたら、自分だけのニットトートバッグを編んでみたいと思うことでしょう。編み物...

ニットベレー帽の編み方を覚える!サイズもデザインも自在!

ベレー帽は以前からじわじわと人気が出てきており、特に女性に愛されている帽子です。市販されてい...

パーカーの袖が思ったより長い!リメイク次第でまだ使える!

パーカーを購入すると、裾の部分と袖口の長さが思ったものと違うことがありませんか。試着した...

困った!お気に入りのニットが虫食い?!修繕方法のご紹介!

お気に入りのニットに見慣れない「穴」を発見したらショックですよね。その穴の原因は「虫食い」か...

原型から作るシャツの身頃の型紙とダーツの入れ方をご紹介

皆さんはダーツというものをご存知ですか。最近は、スカートやジャケットの生地の素材が変わり、身...

自分好みのニットバッグが基本の編み方で簡単に作れる!

自分で可愛いニットバッグを作ってみたいと思っていても、「バッグって難しそう」「自分には無理!」と...

ありがとうをストールで!プレゼントに合う素敵な色は?

いつもお世話になっている人達へ、特別な日には感謝を込めてプレゼントしたいものです。寒い時期に...

ライダースをお洒落に着こなしたい!本革のお手入れ方法とは

ライダースは男性的なイメージが強いですが、女性に人気の高いファッションアイテムでもあります。...

スポンサーリンク

さまざまな編み方ができることの利点

マフラーの編み方1つを学んだところで、特に大きな意味はないと思われがちです。

しかしニットのマフラーの編み方を1つ知っておくと、意外にもさまざまな場所で役に立ちます。

なによりもマフラー作りは編み物の基本ですので、型紙やテクニックを新たに学べば、セーターやニット帽も作れるようになっていきます。

もちろん、柄やサイズも思う通りにできるようになりますので、作れるデザインも豊富になっていくでしょう。

親しい人へのプレゼントとして、マフラーやセーターだけでなく、アクセサリーを贈ることもできます。

編み方と取り扱いを学んだ後は、ニットはアイテムを作ること以外にも利点があります。

編み物は指先と頭を使う作業です。

脳トレの代わりにもなり、想像力の助けにもなります。

1つ編み方を知ったら、2つ目の編み方も、3つ目の編み方も知りたくなるでしょう。

まずは1つ目の編み方を知り、実際にマフラーを編んでみてください。

思っていた以上に、広く深い、編み物の世界をみつけることができますよ。

ニットでマフラーを編むための道具と種類

まずは編み方よりも先に知っておかなくてはならない、手編みに用いられる道具や種類を見ていきます。

ニットの手編みに使う道具は種類が非常に豊富です。

まずは「棒針」と言われる、最も編み物のイメージとして身近な「棒針編み」。

棒針といわれる、緩やかな針のような棒を2本使った編み方です。

編み棒という呼び方のほうが、馴染み深い呼び方という方もいらっしゃるでしょう。

2つ目は「かぎ針編み」、レース編みともいいます。

かぎ針編みは編み棒の先端がフックのようになっており、針自体が鉛筆くらいの大きさです。

こちらは1本で編み物を進めることになります。

3つ目は「指編み」といわれるもので、道具は特に使いません。

では、どのように編んでいくのかというと、自分の指や腕を活用していくのです。

大きな完成品が多くなりますが、短時間かつ簡単に編めるというのが最大の特徴といえます。

ほかにもヘアピン編み器を使ったヘアピンレース編みや、アフガン針を使ったアフガン編みなど、さまざまな編み方があります。

ここでは最初にご紹介した3種類の編み方で、ニットのマフラーを編む方法を見ていきます。

ニットのマフラーの編み方・棒針編み編

ニットのマフラーの編み方として、最もポピュラーな編み方は「棒針編み」です。

表目と裏目を基準にして、左右、縦に一段ずつニットを編み込んでいくことで完成します。

編み方の応用が豊富なので、柄がつけやすいという特徴があります。

完成品は伸縮性も高く、一枚を薄く作成できるほか、肌触りも良くなる編み方です。

ここでは基本となるメリヤス編みをご紹介します。

メリヤス編みは裏表で網目が変わるのが特徴です。

まず編みたい横幅の3倍の長さの毛糸を出して輪を作り、輪の中に指を入れて糸の端の方の糸の一部を引き出します。

この引き出した糸のほうに2本の棒針を通したあとに、糸の端のほうを引っ張って、輪を締めてください。

できたら糸の端を親指、球のほうの糸を人差し指にかけ、糸の端・親指にかけた糸に針を織り込みます。

そして人差し指の糸の下をくぐり、親指の下の糸をくぐらせます。

潜ったら糸を引っ張って目を締めましょう。

こうして作りたい幅だけ同じことを繰り返し、完成したところから、いよいよ本番の編みとなります。

すでに混乱してしまう工程ですが、図入りの編み方を手元に置くとわかりやすくなるでしょう。

編み方は棒の手前に棒針を入れ、毛糸玉から出ている糸を引っ掛けます。

引っ掛けた糸を引き出して、引っかかっていた目を針から外せば出来上がりです。

この工程を繰り返し、端まで行ったら、左右を反対にして同じことを繰り返します。

ニットのマフラーの編み方・かぎ針編み編

かぎ針編みでは厚みがある1枚に仕上がりますが、完成品を触った時の感触が豊富で、固くも柔らかくもなります。

基本となる鎖編み、細編み、長編みといった編み方を覚えられれば、模様が棒針よりも簡単につけることができます。

初心者には、棒針編みよりもわかりやすい方法です。

1目の作り方が棒針編みよりも単純かつ明快なので、手芸そのものが苦手な初心者でもスムーズに取り掛かれます。

かぎ針編みでのニットのマフラーの編み方は、基本となる「鎖編み」を繰り返す方法です。

鎖編みは、まず針を糸の裏から当てて、手前に一つねじります。

できた輪の中から糸を引き出して、まずは作り目の完成です。

この作り目に糸を編み込んでいくので、針に刺したまま、次の工程に進みます。

針の先の部分に新しい糸をかけて、できている作り目から糸を引き出せば、まず1目が完成となります。

1目作るのに時間はほとんどかかりません。

ニットのマフラーの編み方・指編み編

指編みでのニットのマフラーの編み方は、目そのものが大きいため、慣れれば10分ちょっとでマフラーくらいの大きさのものが作れてしまいます。

練習も毛糸1玉100円からはじめることができます。

まずは毛糸の端のほうに小さい輪を作り、さらに輪の中に右手の親指と人差指を入れて、輪を作ります。

結び目がついた輪ができますので、輪を左手の親指にかければ準備は完了です。

利き手に応じて左右を入れ替えても問題ありません。

親指に輪をかけたまま、長いほうの毛糸を人差し指の前・中指の後ろ・薬指の前・小指の後ろに通します。

毛糸を通せたら、今度は小指の前・薬指の後ろ・中指の前・人差し指の後ろに毛糸を通します。

あとは人差し指にかかっている長い毛糸を引き出して、人差し指の後ろに回しましょう。

この往復で1段が完成です。

同じ工程を繰り返して終わりにする場合は、糸を人差し指に絡んでいる毛糸の下から通し、全ての指で同じように通します。

全て通すことができたら指から外して締めれば完成です。

ニットのマフラーの編み方・応用編

ニットのマフラーの編み方を覚えたら、今度は毛糸の選び方も知っておきましょう。

特に毛糸の太さと、それぞれの適合針については、非常に太さの幅が大きいのが特徴です。

基本的には毛糸が太いほど、針も数字が大きいものを使用します。

最初のうちは棒針4号、かぎ針5号にあった「並太」の太さの毛糸がおすすめです。

毛糸の種類は、ストレート・モヘア・ツィード・スラブなどさまざまな種類があります。

最初はストレートがおすすめですが、編みやすさや完成の見た目から見た場合は、スラブという毛糸がおすすめです。

スラブには不規則な筋があり、太さが均一ではありません。

別の考え方をすれば、失敗がめだちにくいという特徴にもなるためです。

動物の繊維では、初心者はウールが最も扱いやすいものとなります。

こだわり始めると、動物繊維や食物繊維、化学繊維と選択肢が広くなっていきます。

ニットのマフラーの編み方は、こだわりを持ってからが楽しい!

ニットのマフラー一つ取っても、さまざまな編み方だけでなく、太さや素材といったような、個々のこだわりを表せます。

こだわりを持つ人は、この素材や編み方選びをする時間も、楽しい時間です。

最初に覚えるべき内容は多いですが、相応の楽しみ方が待っている世界です。

こだわりの、そして自分だけの編み物を作って、生活のアクセントにしたり、大切な誰かへのプレゼントに贈ってみてください。