覚えてデニム生活のプラスに!ワンウォッシュの洗濯の仕方!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

セーターの襟が伸びた!元に戻すのにはどうしたらいいの?

寒い季節に暖かくて重宝してくれるのが、フカフカのセーターですよね。あの暖かさは、一度袖を通し...

新しく買ったスカートが「裏地なし」だった!その対策とは?

おしゃれなスカートのなかには、裏地なしのスカートもあります。購入する際に、裏地の有無を確認し...

スカートを子供服にリメイクしよう!手順やアイディアご紹介

サイズが変わった、穴があいたり傷がついたりしてしまった、汚れてしまったなど、さまざまな理由で履か...

履けなくなったスカートのリメイクに挑戦して簡単エコ活動

古くなったものを、違うものに作り直すことをリメイクと言います。最近は、環境問題を考慮し、ゴミ...

シャツの袖丈の直し方を知って自分でジャストサイズに直そう

人の体型は千差万別です。既製品のシャツを購入した時、「首回りや胸回りなどに合わせると袖丈が長...

セーターに色移りさせてしまったら?落とし方を徹底解説!

お気に入りの衣類に色移りさせてしまい、失敗してしまったことはありませんか?色移りしてしまった...

シャツのボタンの付け方は簡単!遊び心を加えてみよう!

ワイシャツやポロシャツ、タンガリーシャツなど、シャツと言っても色々な種類があります。こう...

購入したデニムが臭い!新品・中古それぞれの対処法を伝授!

まだ一度も着用していないのに、デニム特有のニオイが気になることってありますよね?また、古着屋...

コートのシワ防止はたたみ方とスーツケースの入れ方が重要!

寒い場所へ旅行にいく際は、コートを持参することもあるでしょう。そのとき、多くの方がス...

ゆるいスカートを詰めるには?ウエストの直し方とリサイクル

お気に入りのスカートのウエストがゆるくなってしまったとき、皆さんはどうしていますか?諦めて処...

デニム地バッグに変身!ハンドメイドでジーンズをリメイク

デニムのジーンズが破れてしまったら、どうしますか?ひざや足首が破れたら、ダメージジーンズ...

大切な洋服をリメイク!黒に染めると布地がよみがえる!?

まだまだ着られるけれど、黄ばみや色あせが目立ってしまい、着るのをためらうような洋服はありませんか...

セーターの収納に困ったら圧縮袋でコンパクトにしよう!

セーターは冬の間に活躍する衣類ですが、オフシーズンに収納しようと思ってもかさ張るため、場所に困っ...

誰でも簡単!スカートに手作りで裏地をつけられる方法!

気に入って購入したスカートを家であらためて履いてみると、スカートの生地や裏地が薄く、中が透けて見...

ライダースをお洒落に着こなしたい!本革のお手入れ方法とは

ライダースは男性的なイメージが強いですが、女性に人気の高いファッションアイテムでもあります。...

スポンサーリンク

デニムのワンウォッシュとは?洗濯の仕方を覚える前に知ろう

ワンウォッシュのデニムの洗濯の仕方をご紹介する前に、ワンウォッシュについてご紹介します。

デニムには、ノンウォッシュやワンウォッシュのデニムがあります。

ノンウォッシュは洗濯がされていないデニムのこと、ワンウォッシュは洗濯が一度されたデニムのことを言います。

洗濯をされてからお店に並びますので、デニムを買ってから家庭で洗ったデニムをワンウォッシュとは言いません。

ワンウォッシュのデニムは、ノンウォッシュのデニムと比べると生地が柔らかいことが特徴です。

一度メーカー側が洗濯をしていますから、洗濯をして縮んでしまうこともないでしょう。

丁度良いサイズのデニムを買ったのに洗濯して、サイズが合わなくなったということもありません。

そのため、デニムを初めて選ぶ人はワンウォッシュが良いでしょう。

しかし、デニムを穿き続けることによって色落ちなどをさせていく、その過程を楽しみたい方もいらっしゃいます。

デニムを長年と穿き続けることで、自分だけの個性があるデニムができます。

デニムの色落ちなどの過程を楽しみたい人は、ノンウォッシュがおすすめです。

デニムって洗濯しないほうが良い?知らないと損をする!?

ワンウォッシュについてのご紹介をしましたが、そもそもデニムを洗濯したほうが良いのか、悩む人もいるのではないでしょうか。

普段、着ている私服なら洗濯するのが日課ですよね。

デニムを洗濯すると「デニムの生地が型崩れや色落ちがしそうで洗濯ができない」という人もいるのではないでしょうか。

そのため、デニムを洗濯しないほうが良いと言う人もいるでしょう。

しかし、結論を言うなら洗濯をしても問題はありません。

デニムはノンウォッシュやワンウォッシュに限らず、洗濯をしたほうが良いのです。

洗濯をしないままだと衛生面的にも問題が出てきます。

穿き続けていれば、どんな生地でも傷んでしまいますよね。

とても良いデニムを買って穿き続けようとしていても、洗濯をしないままだと逆効果になってしまいます。

洗濯の仕方や洗う頻度に注意していれば、デニムを長持ちさせることができるでしょう。

お気に入りのデニムだからこそ、きれいに洗濯をして長持ちさせたいところです。

デニムのワンウォッシュの洗濯!その結果はどうなるの?

デニムを洗濯したほうが良いのはお伝えした通りですが、洗濯したことによってどうなるのかもご紹介していきます。

まず、洗濯をすることによって、デニムの色落ちが生じることがあります。

色落ちを楽しむ方もいますが、色落ちをさせたくないときは洗濯の仕方に注意してください。

またノンウォッシュのデニムは、洗濯したことによって微々たるものですが縮んでしまいます。

縮んでいく過程も楽しみながらデニムを穿いている方もいるでしょう。

縮んでしまってサイズを変えたくないときは、ワンウォッシュのデニムが良いですね。

しかし、洗濯による色落ちや縮みは、ワンウォッシュのデニムにおいても起こります。

ただ、洗濯の仕方や洗濯の回数を変えるだけで色落ちなどを減らすことができるので、目的に合わせた工夫が必要です。

ワンウォッシュの洗濯のタイミング

デニムを洗濯するとしても、毎日の私服の洗濯とは違って、どのくらい経ってから洗濯をしたら良いのか悩みどころです。

色落ちや縮んでしまうことを気にしないのであれば、普段の私服と同じように洗濯するのも経済面では負担にならないかもしれません。

しかし、デニムが縮んだりして欲しくない方もいるのではないでしょうか。

デニムがノンウォッシュでもワンウォッシュでも、洗濯をする回数に決まりはありません。

どちらにおいても洗濯をしたほうが良いことには変わりませんので、穿き続けていて特にニオイが気になったときに洗濯をしましょう。

また、洗濯をすることによってデニムの個性が出てきます。

洗濯の回数や洗濯の仕方によって、オリジナルのデニムに仕上がるのです。

したがって、デニムの洗濯に正解もありません。

好きなように穿いて気になったときに洗濯をして、自分だけのデニムを作っていくこともデニムの楽しみ方ではないでしょうか。

どんなデニムでもOK!変わっても洗濯の仕方は同じ!

「いざ洗濯!」とデニムの洗濯に取り掛かろうとするものの、洗濯自体の仕方が気になるところ。

ワンウォッシュのデニムの洗濯と言っても、どんな洗い方をすれば良いのか悩みますよね。

手洗いをするべきなのでしょうか、それとも洗濯機を使ったほうが良いのでしょうか。

また洗剤を使うとしてもどれを選んだほうが良いのでしょうか。

間違った洗い方は、極力したくないですよね。

ワンウォッシュされているデニムといっても、ノンウォッシュのデニムと洗濯の仕方は同じです。

そのため買ったデニムがワンウォッシュだから、ノンウォッシュだからと洗濯の仕方を変える必要がありません。

はじめに、普段の洗濯をしている衣類と同じように洗濯表示を確認しましょう。

デニムに限らず衣類においては、洗濯表示を確認すれば洗濯の仕方が分かります。

洗濯機でも洗えるデニムもありますので、確認を忘れずにしてください。

デニムは色落ちをしてしまいますので、他の洗濯物に色移りすることがあります。

他の衣類への色移りはデニムを個別に洗濯することで防ぐことができますが、デニムを裏返したり、洗濯ネットに入れておくことでもある程度予防できます。

手洗いでは、洗剤が溶けた水の中にデニムを入れてつけ置きや押し洗いをします。

デニム専用の洗剤もありますが、漂白剤や蛍光増白剤が入っていないのを選びましょう。

干すときも裏返しのままで陰干しで干します。

乾燥機を使うとデニムの生地が縮んだりしてしまう原因になりますので、使わないでください。

どうしても急ぎで穿きたいという場合には、洗濯機同様裏返して、乾燥時間は短めに設定します。

気を付けて欲しい!洗濯の仕方を間違えない為のポイント

ワンウォッシュのデニムの洗濯の仕方をご紹介しましたが、気を付けて欲しいポイントがあります。

通常、洗剤を使って洗濯をしますが、あまり汚れが酷くないときは使わなくても問題はありません。

洗剤を使わなくても落ちる汚れもあります。

また、手洗いで洗濯をするときは水洗いでしましょう。

お湯で洗濯をすると生地の縮みや色落ちが激しくなる場合があります。

さらに、ボタンなどが開いたままで洗濯をすると型崩れになってしまったり、生地に当たって色落ちの原因になってしまいます。

したがって、洗濯するときにちゃんとボタンなどを閉じてから洗濯をしてください。

手洗いではなく、洗濯機で洗濯をするときはドライモードや手洗いモードがあったら選びましょう。

晴れていると洗濯物が早く乾きますが、太陽に直接当たるような干し方ではデニムが色落ちしてしまいます。

わざと色落ちや縮ませたりしないのであれば、洗濯の仕方と干し方などにも注意しましょう。

自分だけのデニムを作る為に!洗濯の仕方を工夫しよう

ワンウォッシュとノンウォッシュのデニムの違いが分かっても、洗濯の仕方まで同じか考えてしまいますよね。

デニムを洗濯をしたほうが良いのか、悩むこともあるでしょう。

洗濯しないほうが味が出るという話もありますが、定期的に洗濯をしたほうが吉です。

そして、洗濯をするときに気を付けたいことを踏まえて、自分のお気に入りのデニムへと仕上げていきましょう。