定番スカートは膝丈が無難!?膝から何センチがお洒落?

年齢を重ねるごとに「なんとなくスカートが似合わなくなった」と感じる人も多いのではないでしょうか。そうなると、できる限り足を見せないように努力したくなりますよね。しかし、スカートが似合わなくなる原因の一つに、スカートの丈の長さや、デザイン、形が大きく影響している可能性があります。そのため、これらについてよく知れば、いくつになってもスカートを履くことを楽しめるでしょう。そこで、スーツなどでも定番の膝丈のスカートから、膝を中心に何センチかスカート丈が変わるだけでどれだけ印象が変わるのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メンズコーデにおけるトップスとボトムスの理想的な色使い!

世のお洒落メンズの方々は、コーデにおけるトップスとボトムスの色使いをどのようにされていますか?...

シャツを着こなすために種類と名称をしっかりと覚えよう!

シャツの種類とその名称をいくつ知っていますか?シャツは代表的なインナーの1つなので、毎日のよ...

ジーンズのウエストがゆるいので何とかしたい!良い方法は?

「痩せたせいか、ジーンズのウエストがゆるい…」このようなことは多々あるようです。...

春に女性へストールを贈ろう!シルクのブランドものが理想的

愛する奥様や彼女、気になる女性へのプレゼントでお悩みならば、ストールはいかがでしょうか。...

デニムのダメージ加工は裾にも!流行りのカットオフ!

デニムというアイテムは、非常に特殊なアイテムになります。他では考えられない、破れや擦り切れ汚...

ジャケットとパンツは色の組み合わせ次第でお洒落が決まる!

ジャケットとパンツを組み合わせるジャケパンスタイル。カジュアル感が強いですが、最近ではビジネ...

ストール使いのコートスタイルでコーディネートの幅をUP!

秋冬のお洒落の定番となるコートですが、自然とヘビーローテーションとなってしまいます。これによ...

レギンスは冬にこそ穿くべき!「寒い」はコーディネート次第

レギンスはあたたかく、楽ちんですし、おしゃれなものも多いです。「冬は、レギンスよりタイツやパ...

アウターの色選びがメンズコーデの雰囲気をがらりと変える!

新しくアウターを購入しようと思いながらも、その色選びに悩んでしまうメンズが多いようです。どの...

レギンスを穿いてメンズも「防寒+おしゃれ」に決めよう!

レギンスと聞くと、レディースのファッションアイテムだと思う方も多いでしょう。しかし、今ではレ...

パーカーとマフラーによるレディースコーデで秋冬を楽しもう

レディースコーデとして、パーカーとマフラーはどちらも使いやすいアイテムですが、パーカーにはフード...

カーディガンやボレロで仕上げるおすすめキッズフォーマル

入園式・卒園式・入学式・卒業式・発表会など、子供でもフォーマルな服装が求められるシーンがあります...

寒い時期に活用したいセーターのおすすめメンズコーデは?

寒い時期には、できるだけ暖かい格好で過ごしたいものです。しかし、寒くてもおしゃれに関する意識...

ブルゾンは季節に合ったものを選ぶべき?いつ着てもいい?

おしゃれには季節感が大事、と言われることが多いです。「このブルゾン、来週のデートに着ると変か...

ストールの色は何が良い?季節ごとのおすすめ商品もご紹介!

昨今多く見かける女性のファッションアイテムの1つに、ストールがあります。人により選ぶ色にも違...

スポンサーリンク

まずは膝丈スカートの魅力を知ろう

みなさんは「スタイル美人」という言葉をご存知ですか。

身に着けるアイテムによって、スタイルを良く見せるというバランスの魔法があり、そのポイントは「トップスとボトムが1:1になるように着こなすこと」です。

この比率が、女性をスタイル良く見せるためのコツになります。

そしてこれにうってつけなのが、膝丈スカートなのです。

女性の体のラインをカバーしてくれるガウチョパンツなども人気ですが、着こなすには少々レベルが高く、逆にボリューム感を感じさせてしまうこともあります。

しかし、膝丈スカートは体型カバーだけでなく、全体的にすっきりと見せてくれる効果もあり、落ち着いた印象だけでなく、若い方にも取り入れやすい可愛らしさも感じられ、幅広い年齢層に支持されています。

また、スカートの丈は何センチか変わるだけでもだいぶ印象が変わってくるので、もしスカートが似合わなくなったかもしれないと自信をなくしてしまった方は、膝丈スカートに挑戦してみると、新たな自分に出会えるかもしれません。

膝丈スカートのデザインの種類を知ろう

膝丈スカートには、さまざまなデザインがあるので、どれを選んだら良いのか迷ってしまう方もいるかもしれません。

いくつかおすすめのデザインの種類を見てみましょう。

まず、膝丈スカートの定番としては、タイトスカートがあげられます。

タイトスカートは、スーツの時に身に着けることが多いので、誰でも一着は持っているかもしれませんね。

フォーマルな式典などでは、膝丈のタイトスカートがふさわしいでしょう。

また、女性らしいふんわりとした雰囲気でウェストを引き締めて見せる効果のあるフレア膝丈スカートは、普段使いでも、特別なお出かけでも活躍します。

他にも、上品なイメージを印象付けたい場合は、膝丈のボックススカートもおすすめです。

あるいは、少しレトロな雰囲気を出したい時は、膝丈のボックスプリーツも良いでしょう。

そして、もっともフェミニンな印象を出したい方には、ペンシルスカートがおすすめです。

このペンシルスカートは身体のラインを強調するため、セクシーさを感じる人も多いようです。

また、足長効果も絶大なので嬉しいですね。

このように、膝丈スカートには数多くの種類があり、形によってだいぶ雰囲気が変わってきます。

では、膝丈より何センチか長いスカートは、どのような印象と効果があるのでしょうか。

ふくらはぎにかかる丈の長さには要注意

膝丈スカートでは、座った時に膝が見えてしまうことがあります。

膝を出すのが嫌な人は、さらにそれより長い丈のスカートを選ぶことも多いでしょう。

そこで注意が必要なのは、ミモレ丈といって、スカートの裾がふくらはぎにかかる長さのものは、中途半端な重心バランスになってしまい、足が太く見えてしまう場合があることです。

ミモレの由来は、もともとフランス語でふくらはぎの真ん中を意味しており、着こなし方が非常に難しいスカートです。

それには、自身の身長も深く関係してきます。

身長が低い方は、どうしてもロングスカートやミモレ丈のスカートを履くのに躊躇してしまいますよね。

では、膝下何センチくらいがおすすめかというと、長くても、膝下1~2センチくらいにしておくのが無難です。

もしくは、膝丈のスカートで留めておきましょう。

膝丈の長さのスカートは流行に流されず、魅力的なデザインなうえに、体型もカバーしてくれる形が多いので、スカートに自信がない方でも安心して履くことができます。

膝より短いスカートの丈は何センチまでOKなの?

では、今度が膝上よりも短いデザインのスカートはどのような雰囲気を与えるでしょうか。

日本では、膝上スカートのことを総称してミニスカートと呼びます。

ある程度の年齢を重ねた女性は、膝上スカートを履くことに抵抗を感じる方も少なくないでしょう。

ちなみに、男性側の意見としては、膝上のスカートはセクシーさを感じ、膝丈、膝下のスカートには大人っぽい上品さを感じるようです。

しかし、女性にしてみると、アラサーと呼ばれる年代頃から膝上のスカートを履くことに抵抗を感じるという人も多いのが現状です。

あまり丈が短いと「無理をしている」「年相応ではない」という見方をされてしまうこともあるようです。

せっかくお洒落をしたつもりが、若作りと言われたらなんだか悲しいですよね。

それでは、膝より何センチ短いスカートがNGなのでしょうか。

一般的には、30代に突入したらミニスカートは封印し、アラフォーに近づくにつれて、膝上5センチ短いスカートでも抵抗があるようです。

もちろん、これは個々の体型や好みなどにもよってくることなので、一概には言えませんが、このように認識されているというのが実際のところです。

スカートの丈によるイメージや雰囲気を探ってきると、いかに膝丈のスカートが万能であるかがわかってきましたね。

膝丈のスカートに似合うヒールは何センチ?

膝丈スカートの魅力が改めてわかってきたところで、さらに女らしさをアップできるアイテムといえば、ヒールです。

膝丈のスカートに上品なパンプスを合わせたら、ワンランクアップした自分に出会えることでしょう。

では、上品に見えるヒールは何センチのものがおすすめでしょうか。

これも、身長によってきますが、だいたい5~8センチ位が一番美しく見える高さです。

10センチを超えると、派手に見えて品がなく見えてしまったり、低すぎるとカジュアルになり過ぎて、足元が子どもっぽくなってしまいます。

しかし、女性でも背が高い方は、極力ヒールを履きたくない方もいるでしょう。

そのような場合は、3~4センチ位のものが無難です。

ヒールを履くと、自然と背筋がスッと伸び、自ずと姿勢が良くなるので、膝丈スカートとの相乗効果でかっこ良いデキる女性に大変身することでしょう。

スカートは年齢に合わせたセレクトを!膝から何センチかが重要

スカートの丈についてお伝えしてきましたが、スカートのもつ雰囲気と丈の長さによって、だいぶ印象が変わってくることがわかりましたね。

そして、年齢に応じて似合うデザインも変わってくることがわかりました。

年より老けて見えるものは避けたいものですよね。

それには、やはり膝から何センチ長いか、短いかというのは、基本の確認事項であると言えます。

ある程度、年を重ねた方が、膝より20センチ短いものを身に着けてしまうと、どうしても顔や体型とのバランスに違和感を感じてしまいます。

また、ロングスカートやミモレ丈のスカートは、実年齢よりも老けて見える可能性の高いスカートでもあるため、若い方が着こなす時は、アウターや小物などで変化をつけて、老けて見られないように注意しましょう。

どんな年代でも、迷った時は、膝丈のスカートをセレクトすることで問題は解決しそうです。

スカート丈を知り尽くして女性らしいお洒落を楽しもう

スカートの長さは、自分の印象をイメージ付ける大きなポイントであることがわかりました。

それには、自分自身のことを知り、自分がどのような魅力的な女性になりたいか意識をすることが大切です。

どのような年代の女性にも扱いやすい、膝丈のスカートを使いこなして、日々のお洒落を楽しんでください。