寒い時期に活用したいセーターのおすすめメンズコーデは?

寒い時期には、できるだけ暖かい格好で過ごしたいものです。

しかし、寒くてもおしゃれに関する意識は持ち続けたいですね。

防寒性に優れていて、しかもファッショナブルなものとしておすすめなのがメンズセーターを使ったコーデです。

なぜなら、セーターは見た目にも暖かいものですし、柄やカラーが豊富で個性を出しやすいからです。

この記事でご紹介する、3つのコーデは特におすすめなので活用してみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ジーンズの加工は上手な専門店にオーダーするのがおすすめ!

ジーンズは、とても人気のあるファッションアイテムです。 男女どちらにも似合いますし、着...

アウターをお揃いにするペアルックがカップルに人気!

目次 1 アウターをお揃いにするカップルが増えている理由とは2 ペアルック初心者カップルにはパーカー...

服の上に着るアウターをお揃いにして冬のデートを楽しもう!

「恋人とデートするなら、ペアルックで楽しみたい!」 そう考えているカップルも多いことでしょう。...

意外と迷いがち?シャツの重ね着コーデの基本テクを知ろう!

シャツの重ね着やコーデは、日常よく使うものですが、だからこそ迷いがちです。 手元にあるシャ...

コートはどう選んだら良い?女性向けコートの種類と特徴は?

寒い季節に欠かせないコートは、防寒着としての機能もさることながら、女性にとってはファッション...

カーディガンのインナーにレースでもババシャツに見せない!

ナチュラルコーデやガーリーコーデが好きな方は、カーディガンやセーターのインナーとして、レーストッ...

ジーンズに合わせるローファーがレディースコーデでも活躍!

ジーンズはオールシーズン活躍してくれる優秀なアイテムになりますが、足元に合わせる靴はどうされてい...

ジーンズを格好良く穿きたい!股下が短い人のお悩みを解決!

股下が短いことで、「格好良くジーンズが穿きこなせない!」と悩んでいる男性は多いでしょう。 ...

おしゃれなコートでお出かけ!ふんわり軽いレディースコーデ

四季それぞれにぴったりと合う色のコートがあれば、コーデのバリエーションに幅をもたせることができま...

セーターをおしゃれに着こなしたい女性におすすめのコーデ!

寒い冬には、暖かいセーターが欲しくなる女性は多いでしょう。 セーターをおしゃれに着こなすことが...

メンズ向けアウターにはコートとダウンのどっちがおすすめ?

寒い冬には、暖かいアウターが必要です。 冬のメンズ向けアウターは種類が豊富なので、選ぶのに困る...

ニットのロングワンピを着こなす!アウターは何を合わせる?

毎年秋冬は、ニットのロングワンピを着ている女性をよく見かけます。 カジュアルなのにどこか女性ら...

ワンピースを上品に着るコツ!40代向けワンピースをご紹介!

ワンピースは、オフィスやカジュアル、どちらの場面でも大活躍してくれる優秀アイテムですね。 ...

ジャケットを夏コーデに取り入れよう!おすすめ素材もご紹介

コーデがいまいち決まらない、という時に大活躍なのがジャケットではないでしょうか。 さっと羽織る...

デニムを古着で楽しもう! 東京の古着専門店をご紹介

東京には古着を扱うお店が数多くあります。 今回は、古着屋の多い街や、デニムに特化した古着屋をご...

スポンサーリンク

冬のメンズ向けセーターならミドルとローゲージがおすすめ

セーターコーデの場合、まずセーターの編み方について再確認しておくのはとても大事です。

なぜなら基本的なことを知っていないと、ちぐはぐなコーデになってしまう可能性があるからです。

セーターの編み方は大きく分けて、ハイゲージとローゲージ、そしてミドルゲージの3つがあります。

ゲージとは、編み機の針の密度のことです。

ゲージによってセーターの質感がかなり変わります。

ハイゲージは細い毛糸を使用する、針が密集した状態の編み方です。

ハイゲージはすっきりとして見えるのできれいめコーデにぴったりですが、生地が薄いので防寒性能はあまり高くありません。

冬のメンズ向けセーターとして使うなら、アウターを選ぶ必要があります。

ミドルゲージは、ほどよい生地の厚さとなめらかさを兼ね備えた編み方です。

ミドルゲージで編んだセーターは、秋や冬にはとても重宝します。

ローゲージは太い毛糸を使用して、ざっくりした感じに仕上げる編み方です。

毛糸が太いので生地が厚くなりますし、糸の間に空気の層ができるので防寒性能に優れています。

ローゲージのセーターは冬向けのアウターとして使えますし、ミドルゲージのセーターは冬用のインナーにぴったりです。

冬にはローゲージか、ミドルゲージのセーターがおすすめです。

カウチンセーターコーデはカジュアルシーンにぴったり

ローゲージのメンズセーターにもいろいろとありますが、特におすすめなのがカウチンセーターです。

カウチンセーターは、カナダの先住民族である「カウチン族」が愛用していたセーターがもとになっています。

本来のカウチンセーターは羊毛と、アメリカ杉の皮繊維を混ぜ合わせた糸を使用して編んであり、防寒性だけではなく撥水性や防水性も優れています。

近年はウールを使用したものが増えてきており、手に入れやすくなりました。

カウチンセーターは柄にも特徴があり、鷲やトナカイ、幾何学模様などを編みこんであるのが主流です。

フロントにジッパーがついているタイプのものは、アウターとしても使えます。

小さな襟がおしゃれですし、とても暖かいセーターだと評判です。

カウチンセーターは可愛らしいフォルムをしているので、カジュアルシーンにぴったりです。

カウチンセーターコーデをする場合は、セーターのサイズに気をつけましょう。

サイズの大き過ぎるものは野暮ったく見えますし、生地が厚いので重く感じる場合があります。

ジャストサイズのものを選び、コーデに合わせてパンツを選ぶのがおすすめです。

コーデュロイのパンツは全体的に暖かいイメージのコーデになり、チノパンとのコーデはアメカジスタイルとなります。

個性を出したい場合におすすめなのがペルーセーターコーデ

冬のセーターコーデで個性を出したいなら、ペルーセーターを使うのがおすすめです。

ペルーセーターは別名アルパカセーターとも呼ばれるように、南米アンデスに生息するアルパカの毛で編んだセーターです。

アルパカの毛は軽くて防寒性に優れており、ミドルゲージのセーターにとてもよく合います。

カウチンセーターのようにアウターとして着用するのではなく、インナーとして使うのに向いています。

特徴的なインナーなのでコーデすることによって、個性を出しやすいのがペルーセーターです。

リャマやアルパカ柄、鳥の羽のような柄が目を引きますし、毛玉になりにくいので長く愛用できるのもペルーセーターの魅力です

ペルーセーターコーデには、細身のパンツが合います。

ペルーセーターの上にジャケットをはおり、スリムなパンツを合わせることでカジュアルでありながら、大人っぽいコーデになるのでおすすめです。

デニムやチノパンとの相性もよく、コーデをあまり選ばないのもペルーセーターのよい点です。

ローゲージで編んだペルーセーターは、ざっくりと着こなすのがよいでしょう。

アウターとして用いて、おしゃれなメンズを演出してみましょう。

チルデンセーターコーデでスポーティにきめよう!

スポーティなコーデにしたいときにおすすめなのが、チルデンセーターを使った方法です。

チルデンセーターは、アメリカの伝説的なテニスプレーヤー、ウィリアム・チルデンが愛用していたセーターとして知られています。

ウィリアム・チルデンはアメリカのスポーツ界を代表する名プレーヤーの1人で、その影響力には大きなものがあります。

そのため、チルデンセーターにはスポーティなイメージが植え付けられました。

Vネックの首回りや裾に施された、赤や紺の目立つラインがチルデンセーターの大きな特徴です。

ミドルゲージのものが多く、下に着るシャツによって様々なコーデを楽しめます。

チルデンセーターはトラッド寄りのアイテムなので、ドレスシャツと合わせればきれいめなコーデになります。

ジャケットとの相性もよく、スポーティでありながら大人っぽい印象を与えることが可能です。

白いシャツの上からチルデンセーターを着こみ、白いパンツを合わせるとスポーティなイメージがより強調されます。

おしゃれなコーデにするのなら、クレリックシャツとのコーデがおすすめです。

ファッショナブルに見えますし、しかもスポーティな、とても魅力的なメンズを演出できます。

3つのメンズセーターのおすすめブランドを知っておこう

ここまでご紹介したメンズセーターはどれも特徴的なものばかりで、着用するととても目立ちます。

目を引きやすいセーターだからこそ、上質で見た目のよいブランドものがおすすめです。

カウチンセーターのおすすめブランドは、「Kanata」と「granted」です。

Kanataはカウチンセーターの代表的なブランドで、カナダ本国はもちろん、日本でも人気が高いです。

伝統的なものから、ドクロをモチーフにした大胆なものまで、様々なカウチンセーターを製造・販売しています。

grantedは、細身なカウチンセーターで知られているブランドです。

女性にも似合うので、ペアで着るのもよいでしょう。

ペルーセーターなら、「IFER Knitwear」が要注目ブランドです。

細かい柄のものが多く、どこか懐かしさのあるデザインがIFER Knitwearの特徴です。

20,000円ほどで購入できる点も、おすすめする理由です。

ベストも扱っているので、コーデに取り入れるのもよいでしょう。

チルデンセーターは取り扱っているブランドが多く、好みによって選べます。

よりスポーティなイメージのブランドとしては、「Munsingwear」が挙げられます。

ゴルフをする際などには、Munsingwearのチルデンベストできめましょう。

メンズセーターコーデを学ぶには

今回ご紹介したセーターに限らず、メンズセーターのコーデはいろいろあります。

カジュアルシーンに向いたコーデもありますし、フォーマルな場面に適したコーデもあります。

そういったシーンごとのコーデを知るには、ネットを活用するとよいでしょう。

様々なファッションブログが開設されていて、有益な情報にあふれています。

特に寒い冬は、着用するアイテムが増える季節です。

ちぐはぐなセーターコーデにならないよう、ファッションブログをチェックしてみましょう。

また、近年はネットで手軽に映画やドラマを視聴することが可能です。

そういったものを見て、スターたちの着こなし方を学ぶのもおすすめです。

同じくらいの年齢のスター着こなしを参考にして、自分のコーデに取り入れましょう。

定番のコーデから少しずらした、個性的で魅力のある着こなし方を学べます。

その年のトレンドを取り入れるなら、写真投稿サイトがおすすめです。

毎日更新されているサイトが多く、最新のトレンドを知ることができます。

カウチンセーターやペルーセーターを、現代風に着こなす方法やチルデンセーターをストリートテイストにコーデするやり方なども、チェックできます。

寒い日にはメンズセーターを上手に着こなそう!

寒い日には、どうしても着るものが増えてしまいがちです。

ごたごたしたコーデになったり、野暮ったいコーデになったりすることもあるでしょう。

特にセーターは、着ぶくれしてしまう可能性のあるファッションアイテムです。

すっきりと上手に着こなし、おしゃれなメンズであることをアピールしてみましょう。

今回の記事を参考にして、冬のセーターコーデを楽しんでくださいね。