シャツとパーカーに合わせるジャケットコーデの基本を知ろう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ストールの巻き方で差を付けよう!冬のオシャレに大活躍!

防寒対策としてはもちろん、最近では冬のオシャレのマストアイテムとなっているマフラーやストール。...

コートにかける値段は?お金を無駄にできない40代の選択

皆さんは、コートを何着くらい持ち、そしてコートにどれくらいの値段をかけますか。また、季節や用...

ジーンズを格好良く穿きたい!股下が短い人のお悩みを解決!

股下が短いことで、「格好良くジーンズが穿きこなせない!」と悩んでいる男性は多いでしょう。...

日本ジーンズのメッカ倉敷デニム!そのブランドと魅力とは?

ジーニストであれば、ジーンズの聖地と言えば岡山県、というのは常識かもしれません。ジーニストの...

クールビズでのジャケットは何を選ぶ?夏のビジネスシーン

昨今、夏にクールビズを取り入れる企業が増えてきています。クールビズでは、ノーネクタイや通気性...

ストールはレディースの春コーデに不可欠!活用法をご紹介!

ストールは、レディースコーデのワンポイントとして欠かせないアイテムのひとつですね。特...

ロング丈スカートと靴のお洒落な合わせ方でコーデを決める!

ロングスカートを着用するレディースコーデをバランス良く仕上げるには、靴の合わせ方が重要なポイント...

コートのインナーにベスト!?万能かつ使いやすい冬の味方!

アウターの中に着る衣類をインナーと呼びますが、今インナーダウンベストが登場しています。コート...

ジャケットを着こなそう!冬のビジネス用を着こなすコツは?

メンズジャケットは、冬の代表的なアウターです。防寒性に優れているだけではなく、ファッションの...

ジーンズはステッチも色も様々!オリジナルジーンズも可能

買い物や部屋着、山登りやハイキングなど、色々な場面で気軽に履けるのがジーンズです。ジーンズに...

注目のスカート!スリットが前に入ったフロントスリット!

セクシーな表情から男性の視線を釘づけにしてしまうのがスリットスカートですね。実際には「コーデ...

スカートに緑地+チェック柄を!コーデの注目アイテムに

スカートにおいて人気が高まりつつあるのが、チェック柄です。お洒落な雰囲気が爽やかで、どことな...

ニット帽をコーデに取り入れる!春のコーデにどう合わせる?

ニット帽は、季節を問わず使うことができるファッションアイテムのひとつです。ニット帽を上手に取...

人気のストールブランド一挙公開!おすすめはカシミア素材

肌寒くなってくると活躍するのがストール。ストールは防寒のみならず、ファッションアイテムとして...

コートとスカートが同じ色ってあり?それともなし?

何となく好きな色が決まっていて、インナーにアウター、スカートにパンツのボトムスまで、気が付くと「...

スポンサーリンク

ジャケットはメンズコーデの基本アイテム

メンズコーデの基本アイテムにはいろいろなものがありますが、アウターとして重宝するのがジャケットです。

ジャケットについて再確認をし、上手に着こなしましょう。

ジャケットには様々な種類があり、着用する場面に応じて選ぶのが賢明です。

セミフォーマルなシーンでも着られるのが、テーラードジャケットです。

スーツに似たシルエットをしており、きれいめなコーデには特におすすめです。

また、コーデ次第ではカジュアルシーンで使えるのも、テーラードジャケットのメリットの1つです。

ミリタリージャケットは、寒い時期の屋外でとても役立つアウターです。

防寒性能に優れていますし、タフな男のイメージを演出することもできます。

女性にも人気の冬用ジャケットといえば、ダウンジャケットです。

内部には羽毛が封入されていて、とても軽くて暖かいです。

また、ダウンジャケットはファッショナブルなものが多く、おしゃれの面でもおすすめです。

ストリートに合うのは、コーチジャケットです。

カラフルなものも多く、着るだけでも楽しくなるアウターです。

これらのジャケットと相性のよいシャツやパーカーを知り、メンズコーデに取り入れましょう。

テーラードジャケットにおすすめのシャツ

テーラードジャケットはシンプルなシルエットのアウターで、どのようなシャツも合わせやすいという特徴があります。

きれいめなコーデにするなら、白いシャツがおすすめです。

特に白いドレスシャツとの組み合わせは、テーラードジャケットコーデの王道とも呼べるでしょう。

清潔感がありますし、大人っぽいイメージもあります。

ボタンダウンの白シャツとのコーデは、少しカジュアル寄りの組み合わせです。

白シャツ以外でおしゃれにきめるなら、クレリックシャツがよいでしょう。

クレリックシャツは襟に特徴があり、テーラードジャケットとの相性もぴったりです。

薄い青のクレリックシャツを合わせた、爽やかコーデは春にとてもよく似合います。

上品なイメージのコーデにしたいなら、サテンのシャツやヘリンボーンシャツを合わせてみましょう。

どちらも生地に特徴があり、高級感をかもしだしてくれます。

デニムシャツは、少しラフにきめたい場合に重宝するシャツです。

ボトムスに黒スキニーやデニムを選べば、活動的な印象を与えることができます。

また、テーラードジャケットはシャツだけではなく、パーカーとも合わせやすいアウターです。

カジュアルなシーンに似合うコーデなので、上手に取り入れましょう。

ミリタリージャケットとパーカーを合わせるなら

ミリタリージャケットは、米軍の軍用ジャケットだったものが原型です。

そのため、とても機能的で丈夫にできています。

見た目がタフなものが多く、活動的なメンズにぴったりです。

MA-1は、米軍用のフライトジャケットです。

丈が腰までと短く、精悍なイメージがあります。

MA-1にパーカーを合わせれば、アメカジ風コーデになります。

少し大きめのパーカーを合わせ、裾からはみ出させるのがおすすめです。

はみ出た分がちょうどよいアクセントとなり、コーデを引き立ててくれます。

カーキ色のMA-1には、グレーのパーカーを合わせてみましょう。

ボトムスはテーパードタイプのものにして、足元はボリュームのあるブーツを履けば、無骨なイメージのコーデになります。

M-65は、防寒に適した野戦用ジャケットです。

迷彩柄のM-65には、黒いパーカーが似合います。

黒はスタイリッシュに見せてくれる色なので、ワイルドながらファッショナブルなコーデです。

カーキ色のM-65には、白い色のパーカーがよいでしょう。

ボトムスを黒のスキニーにすれば、シャープですっきりとしたコーデになるのでおすすめです。

また、パーカーだけではなく、白シャツもM-65と合わせてみましょう。

ネクタイをしめれば、意外性のあるコーデを楽しめます。

ダウンジャケットのインナーに合うシャツとは

ダウンジャケットは、冬の定番アウターの1つで、防寒性能に優れており、独特な見た目も魅力です。

丈の長さによって、ダウンジャケットはテイストが変化します。

丈の短いものはスポーティですし、丈の長いものはエレガントです。

このどちらにも合うのが、チェックのシャツです。

ダウンジャケットは柄の無いものが多く、チェックシャツがほどよいアクセントになります。

ショート丈のものにはロング丈のチェックシャツを合わせ、裾から出しましょう。

ロング丈のダウンジャケットを着る場合は、スラックスとチェックシャツを合わせるのがおすすめです。

大人っぽい組み合わせとなり、エレガントなコートタイプのダウンジャケットととてもよく似合います。

ダウンジャケットは、白シャツとの相性もよいアウターです。

白シャツと黒っぽいダウンジャケットのモノトーンの組み合わせは、スタイリッシュですっきりとしたコーデです。

また、白シャツと薄いチルデンセーターを合わせ、上からダウンジャケットを羽織るのは、スポーティなイメージのコーデになります。

雪が降るような日には、シャツよりもパーカーを合わせるのがよいでしょう。

フードが雪を防いでくれますし、カジュアルよりのコーデとなるのでおすすめです。

コーチジャケットとパーカーは相性のよい組み合わせ

コーチジャケットはナイロン製のものがほとんどで、防風性能が高く、風の強い日にはとても重宝します。

ただし防寒性能はそれほどでもないので、冬にはインナーとして生地の厚めのパーカーを着るのがおすすめです。

また、コーチジャケットは首もとが寒くなりやすいので、フードのあるパーカーが寒さをカバーしてくれるのもおすすめの理由です。

コーチジャケットとパーカーの組み合わせも、アメカジコーデの1つです。

ストリートテイストにあふれ、活動的なイメージを与えることができます。

コーチジャケットにはカラフルなものが多いので、パーカーは白やグレー、黒などのモノトーンがよいでしょう。

ごちゃごちゃとした見た目にならないよう、配色に気を使うのが大事です。

コーチジャケットとパーカーの組み合わせは重ね着スタイルとなるので、ボトムスは細身のものが合います。

ボリュームのあるトップスとスリムなボトムスのコーデは、とてもバランスがよいです。

コーチジャケットにシャツを合わせるのなら、ストライプやチェックのシャツを選びましょう。

無地のコーチジャケットが多いので、シャツの柄がよく映えるからです。

特に寒い日にはシャツとパーカーを重ね着しよう

ジャケットは冬に適したアウターですが、特に寒い日には暖かいインナーが必要です。

パーカーが合うジャケットの場合には、パーカーとシャツの重ね着がおすすめです。

その場合は、ジップアップタイプのパーカーよりも、プルオーバータイプのパーカーとの重ね着がよいでしょう。

というのは、プルオーバータイプとの組み合わせの方が、すっきりとした見た目の重ね着となるからです。

ただし、シャツの柄を見せたい場合にはジッパータイプが適しています。

コーデに合わせ、パーカーのタイプを選ぶようにしましょう。

無地のパーカーには、柄もののシャツが合います。

また、モノトーンでまとめるのも定番のコーデです。

シャツはカラー(襟)のタイプでだいぶ印象が変わります。

スタンダードなレギュラーカラーは無難で、ボタンダウンはトラッドなテイスト、イタリアンカラーはおしゃれで、ホリゾンタルカラーは個性的です。

最近のトレンドはバンドカラーですが、すっきりとして見えて清潔感があるのがメリットです。

コーデに取り入れ、スマートさをアピールしてみましょう

TPOに合わせたジャケットコーデを楽しもう

ジャケットとシャツやパーカーのコーデはいろいろあります。

ジャケットを着用するシーンによって、シャツやパーカーを選びましょう。

組み合わせ次第で、セミフォーマルな場面からカジュアル寄りの場面まで使えます。

ジャケットとパーカーのコーデの中には、アメカジテイストのものもあります。

自分の好みとTPOに合わせ、ジャケットコーデを楽しみましょう。