シャツとパーカーに合わせるジャケットコーデの基本を知ろう!

ジャケットは、秋から春にかけてとても役立つアウターです。

また、サマージャケットのような夏に着られるジャケットもあります。

メンズコーデは、目にとまりやすいジャケットを中心に考えるのがおすすめです。

ジャケットに合うインナーとしては、シャツとパーカーが挙げられます。

シャツとパーカーに合うジャケットコーデの基本を知り、自分のファッションに活かしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メンズコーデ!セーターからシャツの襟を出すのがお洒落?

セーターとシャツを重ね着するコーデは防寒性も高まるうえに非常にお洒落と、機能性にファッション性を...

コートと合わせて使いたい!おしゃれなストールの巻き方

ストールと言うと、ちょっとしたアクセントとして首に巻く他、少し肌寒い日に着る巻き方があります。 ...

ライダースとスカートで軽快に!春のライダースコーデご紹介

ライダースジャケットはその名の通り、バイクに乗るライダーを想像させるハードな雰囲気のジャケットで...

トップスはレディースコーデの要!40代向けトップスご紹介

毎日のコーデに欠かせない主役級アイテムといえば、トップスではないでしょうか。 顔の近く...

コートはおしゃれなキャメルに決める!マフラーは何色?

冬はチェスターコートやダッフルコートなど、アウターが活躍する季節です。 女性に人気の高い「キャ...

ストールでおしゃれなメンズに!おすすめブランドや選び方は

近年ストールは、メンズファッションでも欠かせないアイテムとなりつつあります。 しかし、中にはス...

ジーンズとスニーカーのコーデをお洒落に仕上げる冬の装い!

ジーンズとスニーカーと言えば、カジュアルコーデにおいては相性抜群の名コンビです。 季節を問わず...

ジーンズを自分で加工するならダメージを与える方法が簡単!

デニム生地は、使えば使うほど風合いが増すので、そのジーンズだけの個性を作り上げることができま...

コート丈によって印象が変わる?身長別コートの選び方

寒い冬、コートは毎日着るアイテムです。 どうせ毎日着るなら「可愛い」「かっこいい」や「流行って...

プレゼントに!メンズアウター別おすすめブランドをご紹介!

少々お疲れ気味のご主人や彼氏に、日頃の感謝を込めて、アウターをプレゼントしてみてはいかがでしょう...

ジーンズを買おう!アパレル店やブランド店でおすすめは?

普段着の定番として多くの世代に愛されているジーンズですが、新しく購入しようと考えている方もいるの...

素敵なレオタードやカシュクールでバレエキッズを応援!

バレエキッズは発表会やコンクールに向けて、日々努力を重ねています。 そんなキッズに素敵なレオタ...

アメカジファッションの「スニーカー」定番ブランドはどれ?

メンズファッションの定番テイスト「アメカジ」では、スニーカーを合わせることが多いでしょう。 そ...

お洒落なコート選びのポイントとして男性からの人気も大切!

秋冬になるとファッションの主役になるのはコートですよね。 コート選びの基準はどうされていますか...

おすすめのコートはノーカラーコート!お洒落なコーデは?

秋冬はお洒落の定番、コートが活躍する時期になります。 人気を集め、おすすめとなるコートは女...

スポンサーリンク

ジャケットはメンズコーデの基本アイテム

メンズコーデの基本アイテムにはいろいろなものがありますが、アウターとして重宝するのがジャケットです。

ジャケットについて再確認をし、上手に着こなしましょう。

ジャケットには様々な種類があり、着用する場面に応じて選ぶのが賢明です。

セミフォーマルなシーンでも着られるのが、テーラードジャケットです。

スーツに似たシルエットをしており、きれいめなコーデには特におすすめです。

また、コーデ次第ではカジュアルシーンで使えるのも、テーラードジャケットのメリットの1つです。

ミリタリージャケットは、寒い時期の屋外でとても役立つアウターです。

防寒性能に優れていますし、タフな男のイメージを演出することもできます。

女性にも人気の冬用ジャケットといえば、ダウンジャケットです。

内部には羽毛が封入されていて、とても軽くて暖かいです。

また、ダウンジャケットはファッショナブルなものが多く、おしゃれの面でもおすすめです。

ストリートに合うのは、コーチジャケットです。

カラフルなものも多く、着るだけでも楽しくなるアウターです。

これらのジャケットと相性のよいシャツやパーカーを知り、メンズコーデに取り入れましょう。

テーラードジャケットにおすすめのシャツ

テーラードジャケットはシンプルなシルエットのアウターで、どのようなシャツも合わせやすいという特徴があります。

きれいめなコーデにするなら、白いシャツがおすすめです。

特に白いドレスシャツとの組み合わせは、テーラードジャケットコーデの王道とも呼べるでしょう。

清潔感がありますし、大人っぽいイメージもあります。

ボタンダウンの白シャツとのコーデは、少しカジュアル寄りの組み合わせです。

白シャツ以外でおしゃれにきめるなら、クレリックシャツがよいでしょう。

クレリックシャツは襟に特徴があり、テーラードジャケットとの相性もぴったりです。

薄い青のクレリックシャツを合わせた、爽やかコーデは春にとてもよく似合います。

上品なイメージのコーデにしたいなら、サテンのシャツやヘリンボーンシャツを合わせてみましょう。

どちらも生地に特徴があり、高級感をかもしだしてくれます。

デニムシャツは、少しラフにきめたい場合に重宝するシャツです。

ボトムスに黒スキニーやデニムを選べば、活動的な印象を与えることができます。

また、テーラードジャケットはシャツだけではなく、パーカーとも合わせやすいアウターです。

カジュアルなシーンに似合うコーデなので、上手に取り入れましょう。

ミリタリージャケットとパーカーを合わせるなら

ミリタリージャケットは、米軍の軍用ジャケットだったものが原型です。

そのため、とても機能的で丈夫にできています。

見た目がタフなものが多く、活動的なメンズにぴったりです。

MA-1は、米軍用のフライトジャケットです。

丈が腰までと短く、精悍なイメージがあります。

MA-1にパーカーを合わせれば、アメカジ風コーデになります。

少し大きめのパーカーを合わせ、裾からはみ出させるのがおすすめです。

はみ出た分がちょうどよいアクセントとなり、コーデを引き立ててくれます。

カーキ色のMA-1には、グレーのパーカーを合わせてみましょう。

ボトムスはテーパードタイプのものにして、足元はボリュームのあるブーツを履けば、無骨なイメージのコーデになります。

M-65は、防寒に適した野戦用ジャケットです。

迷彩柄のM-65には、黒いパーカーが似合います。

黒はスタイリッシュに見せてくれる色なので、ワイルドながらファッショナブルなコーデです。

カーキ色のM-65には、白い色のパーカーがよいでしょう。

ボトムスを黒のスキニーにすれば、シャープですっきりとしたコーデになるのでおすすめです。

また、パーカーだけではなく、白シャツもM-65と合わせてみましょう。

ネクタイをしめれば、意外性のあるコーデを楽しめます。

ダウンジャケットのインナーに合うシャツとは

ダウンジャケットは、冬の定番アウターの1つで、防寒性能に優れており、独特な見た目も魅力です。

丈の長さによって、ダウンジャケットはテイストが変化します。

丈の短いものはスポーティですし、丈の長いものはエレガントです。

このどちらにも合うのが、チェックのシャツです。

ダウンジャケットは柄の無いものが多く、チェックシャツがほどよいアクセントになります。

ショート丈のものにはロング丈のチェックシャツを合わせ、裾から出しましょう。

ロング丈のダウンジャケットを着る場合は、スラックスとチェックシャツを合わせるのがおすすめです。

大人っぽい組み合わせとなり、エレガントなコートタイプのダウンジャケットととてもよく似合います。

ダウンジャケットは、白シャツとの相性もよいアウターです。

白シャツと黒っぽいダウンジャケットのモノトーンの組み合わせは、スタイリッシュですっきりとしたコーデです。

また、白シャツと薄いチルデンセーターを合わせ、上からダウンジャケットを羽織るのは、スポーティなイメージのコーデになります。

雪が降るような日には、シャツよりもパーカーを合わせるのがよいでしょう。

フードが雪を防いでくれますし、カジュアルよりのコーデとなるのでおすすめです。

コーチジャケットとパーカーは相性のよい組み合わせ

コーチジャケットはナイロン製のものがほとんどで、防風性能が高く、風の強い日にはとても重宝します。

ただし防寒性能はそれほどでもないので、冬にはインナーとして生地の厚めのパーカーを着るのがおすすめです。

また、コーチジャケットは首もとが寒くなりやすいので、フードのあるパーカーが寒さをカバーしてくれるのもおすすめの理由です。

コーチジャケットとパーカーの組み合わせも、アメカジコーデの1つです。

ストリートテイストにあふれ、活動的なイメージを与えることができます。

コーチジャケットにはカラフルなものが多いので、パーカーは白やグレー、黒などのモノトーンがよいでしょう。

ごちゃごちゃとした見た目にならないよう、配色に気を使うのが大事です。

コーチジャケットとパーカーの組み合わせは重ね着スタイルとなるので、ボトムスは細身のものが合います。

ボリュームのあるトップスとスリムなボトムスのコーデは、とてもバランスがよいです。

コーチジャケットにシャツを合わせるのなら、ストライプやチェックのシャツを選びましょう。

無地のコーチジャケットが多いので、シャツの柄がよく映えるからです。

特に寒い日にはシャツとパーカーを重ね着しよう

ジャケットは冬に適したアウターですが、特に寒い日には暖かいインナーが必要です。

パーカーが合うジャケットの場合には、パーカーとシャツの重ね着がおすすめです。

その場合は、ジップアップタイプのパーカーよりも、プルオーバータイプのパーカーとの重ね着がよいでしょう。

というのは、プルオーバータイプとの組み合わせの方が、すっきりとした見た目の重ね着となるからです。

ただし、シャツの柄を見せたい場合にはジッパータイプが適しています。

コーデに合わせ、パーカーのタイプを選ぶようにしましょう。

無地のパーカーには、柄もののシャツが合います。

また、モノトーンでまとめるのも定番のコーデです。

シャツはカラー(襟)のタイプでだいぶ印象が変わります。

スタンダードなレギュラーカラーは無難で、ボタンダウンはトラッドなテイスト、イタリアンカラーはおしゃれで、ホリゾンタルカラーは個性的です。

最近のトレンドはバンドカラーですが、すっきりとして見えて清潔感があるのがメリットです。

コーデに取り入れ、スマートさをアピールしてみましょう

TPOに合わせたジャケットコーデを楽しもう

ジャケットとシャツやパーカーのコーデはいろいろあります。

ジャケットを着用するシーンによって、シャツやパーカーを選びましょう。

組み合わせ次第で、セミフォーマルな場面からカジュアル寄りの場面まで使えます。

ジャケットとパーカーのコーデの中には、アメカジテイストのものもあります。

自分の好みとTPOに合わせ、ジャケットコーデを楽しみましょう。