トラッドスタイルの靴!本格的なレディースファッションに

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

鮮やかパーカーのオレンジを着こなしたい!トレンドコーデ!

今トレンドになっているパーカーの中でも、オレンジ色のパーカーが話題になっています。鮮やかな色...

ダウンジャケットのインナーは場面に合わせ選ぶのがおすすめ

ダウンジャケットは、冬の定番アウターです。保温力が高いうえに軽く、特に寒い時期には欠...

ジャケットをオーダーメイドで!東京近郊でオススメのお店

ジャケットが欲しいけれど、自分の体型に合う気に入ったものがなかったら、どうしますか。スーツ専...

季節にあわせたアウターでキッズのおしゃれを楽しもう!

アウターは、春夏秋冬で使うアイテムです。アウターというと上着というイメージから、冬や秋、春と...

スカートの花柄は幼見えが心配?ロング丈にすれば心配なし!

花柄のスカートは女性らしい雰囲気を醸し出すことができ、上手に合わせることができれば大人女子でも着...

スカートに花柄を合わせるなら黒地!大人お洒落感がグッド!

「花柄は可愛いけども、甘すぎた感じになるから苦手…」このように考える大人女子は意外と多いのだ...

レギンスを穿いてメンズも「防寒+おしゃれ」に決めよう!

レギンスと聞くと、レディースのファッションアイテムだと思う方も多いでしょう。しかし、今ではレ...

手持ちジーンズをペイントで魅力的にリペア!やり方はこれ!

古くなったり、色が中途半端に落ちたりして、穿かなくなったジーンズはありませんか?もし、タンス...

おしゃれなペンドルトン!ネイティブアメリカン柄が人気!

「ペンドルトン」というブランドをご存知でしょうか。ペンドルトンはアメリカのオレゴン州で19世...

ジャケットは黒!お洒落な着こなしでいかしたメンズコーデ!

トレンドとなりつつある黒のジャケットは、フォーマル色が強いアイテムです。黒のジャケパンスタイ...

ジャケットでも涼しく!夏向きレディースジャケットをご紹介

温暖化対策の一環としてのクールビズが、近年浸透してきていますね。ジャケット不要といわれるクー...

メンズジャケットを着こなすためには着丈と身長に注意しよう

ジャケットは、メンズファッションになくてはならないものです。秋から春にかけてのアウターの定番...

ジレを取り入れておしゃれなレディースコーデに仕上げよう!

毎日のコーデがワンパターンになってしまう方も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめなの...

ジャケットをミリタリー調に!ワイルドメンズコーデが人気!

近年はタフな印象に無骨な雰囲気がお洒落と、男女問わずにミリタリールックのコーデが注目されています...

ストールは夏の必須アイテム!使いやすい素材や色などご紹介

夏は気温の上昇に加え、紫外線の量の増加も気になる季節です。紫外線や温度変化などによる肌や体へ...

スポンサーリンク

トラッドってどんなスタイル?

レディースファッションに合わせるトラッドシューズについてご説明する前に、まずは「トラッド」についておさらいしましょう。

トラッドは、「トラディショナル(伝統的な)」という言葉から生まれた和製英語です。

英国のダンディなおじさまのようなファッションで、上品かつ伝統的な雰囲気があります。

落ち着いた色合いのチェック柄アウターや、かっちりとしたきれいめシャツ、ニット帽に眼鏡など、マニッシュにコーディネートすることが多いですね。

ベージュやグレーのスラックス、ベレー帽、ニットのベスト、ポロシャツなども定番のアイテムです。

全体的に直線的なラインを意識したコーディネートで、清潔感があります。

小柄な女性がトラッドスタイルを選ぶと、渋いアイテムとのギャップがかわいらしいですね。

編み込みヘアとも、相性がいいスタイルです。

すべて伝統的なイメージのアイテムにしてしまうと、わざとらしく見えてしまったり、古くさく見えてしまったりするので、どこかに「抜け」をつくるのがポイントです。

シャツをカットソーにしたり、足元を革靴ではなくスニーカーにしたりするのも、コーディネートの引き算として有効です。

トラッドスタイルに合う靴とは

トラッドスタイルにぴったり合うのは、クラシカルな靴です。

「おじ靴」とも呼ばれるレトロな靴は、マニッシュで中性的なデザインですが、足首を華奢に見せてくれるものも多いです。

それでは、種類別にいくつかご紹介します。

●オックスフォード(プレーントゥ)

つま先に飾りのついていない靴です。

紐が付いていますが、シンプルなデザインです。

●ウィングチップ

つま先寄りの足の甲側に、「W」のような切り替えラインが見えるタイプです。

伝統的なイメージが強くなりますが、レディースファッションでスカートとも合わせることができます。

●オペラ

足の甲が見えるオペラシューズは、昔の紳士がオペラを鑑賞する際にはいていた靴です。

バレエシューズとも似ています。

●ローファー

学校でローファーをはいていた方も多いのではないでしょうか。

学生風のまじめなイメージがありますが、あえてボーイフレンドデニムのようなダボっとしたシルエットのボトムスを合わせることもできます。

タッセルシューズもトラッドシューズの一つですね。

レディースのトラッドスタイルは抜けを意識してかわいく!

トラッドスタイルには、上記のようなデザインの革靴が一般的ですが、さきほども書いたようにスニーカーでも問題ありません。

レディースファッションでは、革のブーツや、かかとの無いデザインの靴も選ばる傾向が強いです。

スニーカーを合わせるときには、ホワイトやブラウンなどコーディネートに合った目立たない色合いがいいですね。

なかでも、真っ白なキャンパスのような白スニーカーは使いやすいアイテムです。

スポーティすぎないデザインのものを選んでください。

そして、短め靴下をはくのもポイントです。

タイツや素足に靴をはくよりも、短い靴下にトラッドシューズやスニーカーを合わせるほうが、かわいい雰囲気に見えます。

ホワイトやレッドなど目を引く明るい色の靴下でもいいですし、ブラックやグレーなど暗い色味の靴下も使いやすいですよ。

薄手の靴下を、足首あたりでクシュっと皺をつくってはくのもおすすめです。

また、おしゃれ上級者なら、柄のある靴下にチャレンジしてみましょう。

チェックやストライプなら、トラッドスタイルのイメージを壊しすぎませんが、レース素材で足元だけガーリーにするのも素敵なアイディアです。

「これぞトラッド」なアイテム!靴・小物

「ザ・トラッド」なアイテムをご紹介します。

●ストレートチップシューズ

フォーマルなストレートチップの革靴には、洗練された雰囲気があります。

一目見て、メンズのビジネスシューズを思い浮かべる方も多いでしょう。

上品な光沢感、歩きやすいやわらかさのある靴を選んでください。

●カフリンクス(カフス)

ドレスシャツなどの袖口をとめるための装飾品で、チェーン式やスウィヴル式、スナップ式などさまざまな種類があります。

女性が使う場合は、なるべく繊細なデザインのものがいいでしょう。

ギャップを感じさせて魅力的です。

●サスペンダー(ブレイシス)

ボトムスを肩のところで吊るアイテムで、レディースファッションでも取り入れられています。

背中は、2本の紐が一つになるX型が多いですが、H型もあります。

●ハット

中折れタイプの、形がしっかりしたフェルトハットは紳士風コーディネートの必需品ともいえます。

トラッドスタイルの基本のアイテム!レディースでもおしゃれ

●ジャケット

きっちりトラッドスタイルを決めたいなら、テーラードジャケットは外せません。

特にダブルブレストは、クラシックな印象に見せてくれます。

ダブルブレストというのは、ボタンが2列になっているジャケットで、前身ごろの両側が大きく重なっています。

レディースのジャケットではなく、メンズのジャケットをラフに羽織るのもかっこいいですね。

●トレンチコート

トレンチコートは、英国生まれのスマートなアウターです。

機能的で洗練されていて、スタイルをよく見せてくれますよね。

トラッドスタイルが好きなら、1着は持っておきたいアイテムです。

●チェックスカート

ラップデザインのチェックスカートも、トラッドスタイルの基本のアイテムといえます。

明るいカラーのチェックスカートは、シャツだけでなくパーカーのようなラフなトップスや、スニーカーなどの靴とも相性がいいですよ。

レディースシューズも豊富!トラッドな革靴ブランド

最後に、レディースでもクールに決まるトラッドシューズを扱うブランドをご紹介します。

○ドクターマーチン

3ホールで上質なレザー、黄色いステッチの靴が人気です。

歩きやすくて通気性もよく、長時間はいても疲れにくいのがうれしいですね。

王道カラーといえば黒ですが、チェリーレッドなども渋くておすすめです。

少しゴツゴツとした印象が強いので、好みが分かれるかもしれません。

○サンダース

イギリスの老舗ブランド、サンダース。

上質でエレガントな靴で、高級感たっぷりの光沢があります。

ミリタリーダービーシューズが定番のアイテムです。

○エンチャンテッド

レディースブランドのエンチャンテッドは、比較的安く購入できる革靴が多いのでおすすめです。

本革を使っていても2万円以下のレースアップシューズなど、気軽に買える靴が選べます。

まずは基本を知ってから外していこう

トラッドスタイルは、すべて伝統的なアイテムでそろえるとコスチュームのような印象が強くなってしまいます。

どこかに、自分らしさやトレンドを意識して「抜け感」を出すといいですね。

しかし、まずは基本のスタイルを知っておくことで、ちぐはぐでおかしな格好になるのを避けられます。

全体的な雰囲気は統一しつつ、上手に外してみてください。