ジーンズとヒールの合わせ方!ださいと言われないポイント

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

冬はコートに帽子をプラスしたコーデでおしゃれに防寒しよう

冬の防寒対策と言えば、コートとマフラー、手袋などが挙げられますね。帽子も防寒グッズな...

ダサくはない!スカートにパンプスと靴下を合わせてみよう!

女性の場合には、靴下を合わせるコーデが意外と難しいと思われているようです。特にスカートの場合...

コートとロングスカートを合わせるコーデはバランスが大切!

秋冬になると、一段とお洒落を楽しむことができる季節になります。この時期のコーデの主役となるの...

アウターをお揃いにするペアルックがカップルに人気!

目次 1 アウターをお揃いにするカップルが増えている理由とは2 ペアルック初心者カップルにはパーカー...

トップスインが苦手でもOK!メリハリコーデに役立つアイテム

トレンドは風のように素早く通り過ぎ、常識だと思っていたことが非常識になり、置いてきぼりをくらった...

スカートと靴下でおしゃれコーデ!靴下の長さはどのくらい?

近年ではパンプスを履くときにも、ストッキングやタイツではなく靴下を履くなど、おしゃれ女子の間で靴...

デニム生地の特徴!それは染料のインディゴと生地の綾織!

気軽に穿けて、丈夫で便利なデニム地のジーンズ。しかし一方で、生地の表と裏で色が違っていたり、...

シャツで清潔感をプラス!レディースのオフィスカジュアル

今回は、レディースの「オフィスカジュアル」についてお話ししていきます。オフィスカジュアルの定...

キーワードは【トラッド】大人のメンズファッション講座!

近年人気の「トラッドファッション」をご存知ですか?英国紳士のような気品あふれるスタイルで、2...

ストールで素敵な春コーデ!華やかなレディースの装いに

春の足音が聞こえてくると軽やかな装いで街へお出かけしたくなりますね。そんな時には、ふわりとし...

ダウンジャケットのインナーは場面に合わせ選ぶのがおすすめ

ダウンジャケットは、冬の定番アウターです。保温力が高いうえに軽く、特に寒い時期には欠...

シャツの知識を深める!メンズシャツの種類を詳しくご紹介!

男性の方で、普段からシャツを愛用しているという人は多いでしょう。仕事でスーツの下に着るワイシ...

シャツを洗濯してできるシワを防ぎたい!簡単にできる予防法

パリッと綺麗なシャツを着るだけで、気分がシャキッとして仕事や勉強に身が入る方も多いことでしょう。...

ニットの素材で暖かいものはどれ?冬の暮らしをぽかぽかに

寒い冬を乗り切るために、ニットのセーターは手放せませんよね。しかし、ニットの種類は幅広く、ど...

おすすめのカラーはグレー!グラデーションコーデに注目!

コーデで頭を悩まされるものの一つに、色使いがあります。そんな中、女子の間で人気となるのが...

スポンサーリンク

ださいと言われないジーンズの選び方

季節を問わずに着まわせるジーンズは万能アイテムです。

そんな万能アイテムだからこそ、自分に合ったジーンズをワードローブに加えましょう。

ジーンズ選びのポイントは、「ウエストがあっている」ということ、「太ももに少しのゆとりがある」ことです。

身長や体型によって、似合うジーンズの形も変わってくるというわけですね。

◯低身長で太ももが太めタイプ

コンプレックスを隠そうと、ゆったりとしたジーンズを選んでしまうと、よけい太って見えてしまいます。

低身長で太ももが太めの方には、ストレッチの効いたクロップドスキニーがおすすめです。

アンクルレングスであれば丈直しをしなくても穿けますよ。

◯低身長で下半身が太めタイプ

ださいと言われないジーンズの選び方は、肉感を拾わないジーンズです。

低身長で下半身が太めの方には、ストレートジーンズがおすすめ。

ただし、下半身を隠すために太すぎるデニムを選んでしまうとバランスがよくないため、細すぎず太すぎない絶妙なジーンズを探してみましょう。

◯高身長で痩せタイプ

スラッとした身長と体型を強調するスキニージーンズがおすすめです。

フルレングスタイプですっきりと見せましょう。

◯高身長で下半身が太めタイプ

ヒップと太ももがピッタリの、フレアジーンズがおすすめです。

太ももから膝まわりがシェイプしているため、たくましく見えてしまうのを防ぎます。

続いて、ジーンズに合わせたいヒールのある靴の選び方を見ていきましょう。

ヒールの高さより疲れない靴を選ぼう

ジーンズで大人カジュアルコーデを完成させるためには、ヒールのある靴がポイントになってきます。

しかし、ヒールといっても高さがいろいろです。

ここで誤解をしてほしくないのが、高いヒールを履けば全ての方の脚がキレイに見えるわけではないということです。

低身長の方が7cmヒールを履いたときのバランスと、高身長の方が7cmヒールを履いたときのバランスはイコールではありませんよね。

ヒールの高さよりも、履いていて疲れない靴を選びましょう。

◯安定感

3~5cm程度のヒールであれば安定感があり、脚に負担がかかりません。

ヒールを5cm以上にしたいときは、ヒールが太いチャンキーヒールなどを選んでみましょう。

◯かかとが合っている

かかとが合っていないカパカパの靴を履いているとださく見えてしまいます。

ださいどころか靴ズレの原因にもなりますので、チェックしてみましょう。

◯つま先にゆとり

指先の狭い靴は、長い時間履いていると脚が痛くなってしまいます。

足の指が少し動かせる、ややゆとりのある靴がおすすめです。

◯インソール

それでも靴が履きにくいという場合は、クッション性のあるインソールで調整してみてください。

滑りにくくすることで脚への負担を軽減してくれるはずです。

ださいはずがない!クロップドスキニージーンズ×ヒールのコーディネート

ジーンズの選び方とヒールのある靴の選び方はマスターできたでしょうか。

それでは、ジーンズとヒールを合わせた大人カジュアルコーデをご紹介します。

まずは、低身長さんにおすすめなクロップドスキニージーンズとヒールのコーディネートです。

▼足首を見せてメリハリコーデ

・トップス ボーダーのフリル袖
・ボトムス クロップドスキニージーンズ
・シューズ イエローカラーのパンプス

カットオフデザインのジーンズであれば、よりおしゃれです。

足首を見せることで、スッキリきまります。

イエローのカラーパンプスで目を惹きましょう。

▼ショートブーツと靴下で足元ポカポカコーデ

・トップス ホワイトカラーのニット
・ボトムス クロップドスキニージーンズ
・シューズ ブラックショートブーツ

足元が寒くなってきたら、ショートブーツとコーディネートしてみましょう。

ジーンズとブーツの間に素肌が見える場合は、ブーツと同色の靴下を履けば暖かくバランスもとれます。

「見えないところだから」とださい靴下を履くのではなく、おしゃれな靴下を履いてトータルコーディネートしましょう。

ヒールのあるブーツだとスタイルアップ効果も期待できますよ。

低身長さんにおすすめ!ストレートジーンズとヒールのコーディネート

続いて、低身長さんにおすすめなストレートジーンズとヒールのコーディネートをご紹介します。

▼ロールアップでスタイルアップ

・トップス 黒のカットソー
・ボトムス ストレートジーンズ
・シューズ 黒のパンプス

黒のカットソーとパンプスを合わせた大人カジュアルコーデです。

ストレートジーンズはロールアップして、スタイルアップに見せましょう。

足元が冷える季節はホワイトカラーのソックスを履いて、キュートに仕上げるのもおすすめです。

▼シルバーパンプスでクラシカルコーデ

・トップス パープルニット
・ボトムス ストレートジーンズ
・シューズ シルバーカラーのパンプス

上質な素材感のあるパープルニットに、ネイビーカラーのストレートジーンズを合わせます。

足元は、シルバーカラーのパンプスでとことんクラシカルに攻めてみましょう。

ださいファッションとは無縁な、大人のコーディネートです。

スタイルをいかしたスキニージーンズとヒールのコーディネート

3つめは、高身長さんにおすすめなスキニージーンズとヒールのコーディネートです。

▼ヒールで辛口コーデ

・トップス ボーダー七分丈
・ボトムス スキニージーンズ
・シューズ レッドカラーのパンプス

ブラックラインのボーダーをトップスに、黒のスキニージーンズのコーディネートです。

とてもシンプルなコーディネートですが、レッドカラーのパンプスを合わせて大人カジュアルに仕上げていきましょう。

コーディネート次第ではださいと言われてしまうメンズライクなコーデでも、ビビットカラーのヒールを合わせることで女性らしさを引き出してくれます。

▼ショートブーツにインして細見え効果

・トップス イエローカットソー
・ボトムス スキニージーンズ
・シューズ ベージュのピンヒールショートブーツ

鮮やかなイエローカットソーに長めのスキニーを合わせます。

そして、ベージュのピンヒールショートブーツを履き、スキニージーンズの裾をブーツインしてみましょう。

足首が引き締まり、脚長効果が期待できます。

重くないコーディネートなので、ロングコートとの相性も抜群です。

重心を下にするとださい?!フレアジーンズとヒールのコーディネート

最後は、高身長さんにおすすめなフレアジーンズとヒールのコーディネートです。

▼カラーパンプスで春コーデ

・トップス ホワイトカラーのブラウス
・ボトムス フレアジーンズ
・シューズ パープルのパンプス

重心が下にいくとださい印象になってしまうため、ハイライズのフレアジーンズがおすすめです。

ホワイトカラーのブラウスを合わせ、ジーンズにインしましょう。

フレアジーンズは足元をキレイに見せてくれるカットのため、パープルカラーのパンプスを合わせます。

春にとり入れたいコーディネートです。

▼ウエストマークでアクセント

・アウター ミルクティーベージュのショートカーディガン
・トップス ホワイトカラーのカットソー
・ボトムス フレアジーンズ
・シューズ ベージュのパンプス

ハイライズではないフレアジーンズは、ウエストマークできるトップスとコーディネートしてみましょう。

カシュクールのような前合わせのショートカーディガンを羽織り、おへそよりも上のラインで紐を結びます。

重心を上にすることで、スタイルアップ効果が期待できるコーディネートです。

ジーンズとヒールで大人のおしゃれ

足元をヒールのある靴にするだけで、ジーンズスタイルが一気に大人カジュアルになります。

普段、スニーカーやヒールのない靴をコーディネートしている方は、思い切ってヒールのある靴を合わせてみてはいかがでしょうか。

女性の魅力を引き出し、スタイルアップ効果も期待できますよ。

自分に似合うジーンズと履き心地のいい靴で、大人おしゃれライフを楽しんでみてください。