ジーンズとヒールの合わせ方!ださいと言われないポイント

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ジーンズの股下が長いのは微妙!?きっちり採寸で最適な丈に

国民的なボトムスともなっているジーンズ。老若男女問わず、ほとんどの方が一つはお持ちなのではな...

万能アイテム・スウェット!無地を選べばキッズの魅力アップ

キッズが着ていることの多いアイテムとして、スウェットが挙げられます。また、その中でも無地のも...

オシャレ上級者編!コートと靴を同じ色で合わせてみよう

寒い冬は暖かさを求めて身に着けるアイテムが増えるので、オシャレを楽しむには最適な季節。鏡...

デニムをハイターで脱色アレンジ!そんなお洒落もありかも!

デニムは様々なお洒落感を楽しめる応用のできるアイテムです。そんなデニムのお洒落の一つが、...

メンズコーデ!セーターからシャツの襟を出すのがお洒落?

セーターとシャツを重ね着するコーデは防寒性も高まるうえに非常にお洒落と、機能性にファッション性を...

ミモレ丈スカートの着こなし!トップスとのバランスが大切

女性的な雰囲気が魅力のミモレ丈スカートですが、着こなしが難しいと合わせることに躊躇する女性が意外...

トップスの色選びがレディースコーデの鍵に!おすすめは赤!

レディースコーデの場合に、トップスの色選びは多くの女子たちが頭を悩ませるようですね。レディー...

ボトムス一つで印象大違い!おすすめメンズおしゃれボトムス

ファッションではどうしてもトップスに目が行きがちですが、ボトムスを変えるだけで印象はがらりと変わ...

ポンチョはメンズも着ていい?おすすめアウトドアブランド!

みなさんは、普段どのようなレイングッズを使っていますか?傘やカッパなど、定番のものがいくつか...

パーカーとアウターの組み合わせ、フードの取り回し

おしゃれアイテムとしてのニーズよりも、気軽さや便利さで受け入れられているパーカー。パーカーと...

ジャケット風ボレロでフォーマルな場にふさわしい着こなしを

結婚式などのフォーマルな場には、それに合った服装が求められます。定番の結婚式のお呼ばれファッ...

ジムに通うならレギンス!お洒落スポーツコーデの魅力とは!

健康志向が注目される中、ジムやランニングなどで汗を流す健康女子も急増中のようです。そうなると...

メンズアウターはダウンジャケットが人気!おすすめブランド

男性の皆さんは、今年の冬はどのようなアウターを着るかもうお決まりですか。今回おすすめするダウ...

知らぬ間にスカートが回る原因は骨盤の歪みに有り?対策方法

スカートを堂々と履くことができるのは、女性の特権ともいえますね。しかし、スカートを履いて歩い...

「アメカジ」でおしゃれ女子になろう!〈シーズン別コーデ〉

今回は、ラフなのにかわいい「アメカジファッション」を特集します。メンズではなく女子が着こなす...

スポンサーリンク

ださいと言われないジーンズの選び方

季節を問わずに着まわせるジーンズは万能アイテムです。

そんな万能アイテムだからこそ、自分に合ったジーンズをワードローブに加えましょう。

ジーンズ選びのポイントは、「ウエストがあっている」ということ、「太ももに少しのゆとりがある」ことです。

身長や体型によって、似合うジーンズの形も変わってくるというわけですね。

◯低身長で太ももが太めタイプ

コンプレックスを隠そうと、ゆったりとしたジーンズを選んでしまうと、よけい太って見えてしまいます。

低身長で太ももが太めの方には、ストレッチの効いたクロップドスキニーがおすすめです。

アンクルレングスであれば丈直しをしなくても穿けますよ。

◯低身長で下半身が太めタイプ

ださいと言われないジーンズの選び方は、肉感を拾わないジーンズです。

低身長で下半身が太めの方には、ストレートジーンズがおすすめ。

ただし、下半身を隠すために太すぎるデニムを選んでしまうとバランスがよくないため、細すぎず太すぎない絶妙なジーンズを探してみましょう。

◯高身長で痩せタイプ

スラッとした身長と体型を強調するスキニージーンズがおすすめです。

フルレングスタイプですっきりと見せましょう。

◯高身長で下半身が太めタイプ

ヒップと太ももがピッタリの、フレアジーンズがおすすめです。

太ももから膝まわりがシェイプしているため、たくましく見えてしまうのを防ぎます。

続いて、ジーンズに合わせたいヒールのある靴の選び方を見ていきましょう。

ヒールの高さより疲れない靴を選ぼう

ジーンズで大人カジュアルコーデを完成させるためには、ヒールのある靴がポイントになってきます。

しかし、ヒールといっても高さがいろいろです。

ここで誤解をしてほしくないのが、高いヒールを履けば全ての方の脚がキレイに見えるわけではないということです。

低身長の方が7cmヒールを履いたときのバランスと、高身長の方が7cmヒールを履いたときのバランスはイコールではありませんよね。

ヒールの高さよりも、履いていて疲れない靴を選びましょう。

◯安定感

3~5cm程度のヒールであれば安定感があり、脚に負担がかかりません。

ヒールを5cm以上にしたいときは、ヒールが太いチャンキーヒールなどを選んでみましょう。

◯かかとが合っている

かかとが合っていないカパカパの靴を履いているとださく見えてしまいます。

ださいどころか靴ズレの原因にもなりますので、チェックしてみましょう。

◯つま先にゆとり

指先の狭い靴は、長い時間履いていると脚が痛くなってしまいます。

足の指が少し動かせる、ややゆとりのある靴がおすすめです。

◯インソール

それでも靴が履きにくいという場合は、クッション性のあるインソールで調整してみてください。

滑りにくくすることで脚への負担を軽減してくれるはずです。

ださいはずがない!クロップドスキニージーンズ×ヒールのコーディネート

ジーンズの選び方とヒールのある靴の選び方はマスターできたでしょうか。

それでは、ジーンズとヒールを合わせた大人カジュアルコーデをご紹介します。

まずは、低身長さんにおすすめなクロップドスキニージーンズとヒールのコーディネートです。

▼足首を見せてメリハリコーデ

・トップス ボーダーのフリル袖
・ボトムス クロップドスキニージーンズ
・シューズ イエローカラーのパンプス

カットオフデザインのジーンズであれば、よりおしゃれです。

足首を見せることで、スッキリきまります。

イエローのカラーパンプスで目を惹きましょう。

▼ショートブーツと靴下で足元ポカポカコーデ

・トップス ホワイトカラーのニット
・ボトムス クロップドスキニージーンズ
・シューズ ブラックショートブーツ

足元が寒くなってきたら、ショートブーツとコーディネートしてみましょう。

ジーンズとブーツの間に素肌が見える場合は、ブーツと同色の靴下を履けば暖かくバランスもとれます。

「見えないところだから」とださい靴下を履くのではなく、おしゃれな靴下を履いてトータルコーディネートしましょう。

ヒールのあるブーツだとスタイルアップ効果も期待できますよ。

低身長さんにおすすめ!ストレートジーンズとヒールのコーディネート

続いて、低身長さんにおすすめなストレートジーンズとヒールのコーディネートをご紹介します。

▼ロールアップでスタイルアップ

・トップス 黒のカットソー
・ボトムス ストレートジーンズ
・シューズ 黒のパンプス

黒のカットソーとパンプスを合わせた大人カジュアルコーデです。

ストレートジーンズはロールアップして、スタイルアップに見せましょう。

足元が冷える季節はホワイトカラーのソックスを履いて、キュートに仕上げるのもおすすめです。

▼シルバーパンプスでクラシカルコーデ

・トップス パープルニット
・ボトムス ストレートジーンズ
・シューズ シルバーカラーのパンプス

上質な素材感のあるパープルニットに、ネイビーカラーのストレートジーンズを合わせます。

足元は、シルバーカラーのパンプスでとことんクラシカルに攻めてみましょう。

ださいファッションとは無縁な、大人のコーディネートです。

スタイルをいかしたスキニージーンズとヒールのコーディネート

3つめは、高身長さんにおすすめなスキニージーンズとヒールのコーディネートです。

▼ヒールで辛口コーデ

・トップス ボーダー七分丈
・ボトムス スキニージーンズ
・シューズ レッドカラーのパンプス

ブラックラインのボーダーをトップスに、黒のスキニージーンズのコーディネートです。

とてもシンプルなコーディネートですが、レッドカラーのパンプスを合わせて大人カジュアルに仕上げていきましょう。

コーディネート次第ではださいと言われてしまうメンズライクなコーデでも、ビビットカラーのヒールを合わせることで女性らしさを引き出してくれます。

▼ショートブーツにインして細見え効果

・トップス イエローカットソー
・ボトムス スキニージーンズ
・シューズ ベージュのピンヒールショートブーツ

鮮やかなイエローカットソーに長めのスキニーを合わせます。

そして、ベージュのピンヒールショートブーツを履き、スキニージーンズの裾をブーツインしてみましょう。

足首が引き締まり、脚長効果が期待できます。

重くないコーディネートなので、ロングコートとの相性も抜群です。

重心を下にするとださい?!フレアジーンズとヒールのコーディネート

最後は、高身長さんにおすすめなフレアジーンズとヒールのコーディネートです。

▼カラーパンプスで春コーデ

・トップス ホワイトカラーのブラウス
・ボトムス フレアジーンズ
・シューズ パープルのパンプス

重心が下にいくとださい印象になってしまうため、ハイライズのフレアジーンズがおすすめです。

ホワイトカラーのブラウスを合わせ、ジーンズにインしましょう。

フレアジーンズは足元をキレイに見せてくれるカットのため、パープルカラーのパンプスを合わせます。

春にとり入れたいコーディネートです。

▼ウエストマークでアクセント

・アウター ミルクティーベージュのショートカーディガン
・トップス ホワイトカラーのカットソー
・ボトムス フレアジーンズ
・シューズ ベージュのパンプス

ハイライズではないフレアジーンズは、ウエストマークできるトップスとコーディネートしてみましょう。

カシュクールのような前合わせのショートカーディガンを羽織り、おへそよりも上のラインで紐を結びます。

重心を上にすることで、スタイルアップ効果が期待できるコーディネートです。

ジーンズとヒールで大人のおしゃれ

足元をヒールのある靴にするだけで、ジーンズスタイルが一気に大人カジュアルになります。

普段、スニーカーやヒールのない靴をコーディネートしている方は、思い切ってヒールのある靴を合わせてみてはいかがでしょうか。

女性の魅力を引き出し、スタイルアップ効果も期待できますよ。

自分に似合うジーンズと履き心地のいい靴で、大人おしゃれライフを楽しんでみてください。