アウターは何色を選ぶ?シーンに合ったアウターの選び方は?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

意外と簡単!デニムのブリーチ加工を自宅で行う方法を紹介!

デニムには使い古したユーズド感やビンテージ感を表現するために、様々な加工方法があります。本来...

シャツを着こなすために種類と名称をしっかりと覚えよう!

シャツの種類とその名称をいくつ知っていますか?シャツは代表的なインナーの1つなので、毎日のよ...

只今人気のポンチョ!これを使ったコーデが秋冬の注目の的!

カーディガンだと少し不安、でもコートだと少し重たい。そんな時に役に立つ秋冬アイテムに、只今人...

パーカーをカップルで楽しもう!おすすめのブランドをご紹介

パーカーは、カップルで楽しむのにとても適したアウターです。なぜなら男女ともに似合い、販売され...

コートできれいめ狙い!メンズならチェスターコートが定番!

男性女性問わずに、秋冬のお洒落シーズンに欠かせないアイテムにコートがあります。特にメンズの場...

注目のスカート!スリットが前に入ったフロントスリット!

セクシーな表情から男性の視線を釘づけにしてしまうのがスリットスカートですね。実際には「コーデ...

ニットのロングワンピを着こなす!アウターは何を合わせる?

毎年秋冬は、ニットのロングワンピを着ている女性をよく見かけます。カジュアルなのにどこか女性ら...

ジーンズに破れが!プラスに変える裏技でおしゃれになる!

お気に入りのジーンズが破れていたらショックですよね。破れていたから捨てようと考える前に、...

ダメになったコートのファー!どうにか復活させる方法は?

秋冬は寒さが辛いですが、お洒落を楽しめるという点においては楽しい季節でもありますね。この季節...

スカートが似合わないのは体型のせい?スカート選びのコツ!

スカートにはさまざまな丈、形、色などがありますが、似合うスカートばかりではなく、何だかしっく...

部屋の中で着る服ならスウェットがおすすめ!部屋着の選び方

部屋着というと、どんな服装を思い浮かべるでしょうか。人によって、「近所なら部屋着のまま外出し...

再びレギンスファッションが人気!秋冬お洒落に要チェック!

最近のファッションシーンにおいて、再びのレギンスブームが来ています。以前にレギンスが大ブーム...

メンズコーデでジーンズと合う靴の種類!色味はどうする?

カジュアルの代表と言えば、真っ先にジーンズを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。トップ...

デニムは夏に履くと暑い!暑くない夏向きデニムについて解説

デニムというと、ジーンズとほぼ同じ意味合いで使われている、非常にポピュラーな言葉です。...

人気のチェスターコート!学生向けの有名プチプラブランド!

シンプルなデザインが多いチェスターコートですが、カジュアルからビジネス使用まで幅広く使えることか...

スポンサーリンク

アウターの種類

アウターは、衣類の一番外側に着るもの全般を指します。

アウターと聞いて、どのようなアイテムが思い浮かびますか?

おそらく、お手持ちのアウターがパッと浮かぶ人が多いでしょう。

その形状や素材、色、デザインなどには特に決まりはなく、種類の多いアイテムです。

そんなアウターを、おおまかに種類分けしてみましょう。

コート、ジャケット、パーカーなど、全てアウターです。

コートの中には、トレンチコート、チェスターコート、ダッフルコートやピーコートなど、さまざまなものがあります。

ジャケットでは、ダウンジャケット、ライダースジャケットなどがあります。

暖かい季節には、カーディガンやパーカーなどの薄手のアイテムがアウターとして使われることもあるでしょう。

次項では、そのアウターの選び方をご紹介します。

アウターの選び方

先にもお伝えしたように、アウターは非常に種類の多いアイテムです。

そのため、アウターの選び方も人それぞれ異なることでしょう。

色、素材、デザインなど、さまざまな観点からアウターを選ぶのではないでしょうか。

アウターを選ぶ際にぜひこだわっていただきたいのが、目的に合った素材の質や厚み、デザインや丈などです。

アウターをどのようなシーンで使用するのかという目的がはっきりしていると、選びやすくなります。

例えば、秋冬の寒い風から体を守るためであれば、保温効果の高いダウンジャケットや風を通しにくい素材のレザージャケットなどがおすすめです。

目の詰まった生地や、保温効果の高いウールなどを使用したコートも適しています。

暖かさが増し、花粉や黄砂などの飛散量が増える春先ならば、合成繊維を使用し表面がつるりとしたスプリングコートが使いやすいでしょう。

雨の多い季節には、撥水効果のある素材を使ったコートやジャケットを取り入れてみましょう。

バイクで移動する習慣のある人には、袖口や裾がタイトで風の侵入を防ぐデザインのライダースジャケットが適しています。

色のイメージを理解することの重要性

アウターとは、いちばん外側に着るものであり、人から見たとき強く印象に残るアイテムであることをお伝えしました。

アウターは面積が大きいため、色の持つイメージがそのままその人の印象に反映されやすいのです。

例えば、真っ白のアウターと真っ黒のアウターを比較してみると、両者の印象は大きく違います。

白には膨張、無垢、清潔、明るいなどのイメージがありますね。

一方、黒といえば、収縮、厳格、強さ、クール、暗いなどのイメージではないでしょうか。

このように、色にはそれぞれ、そこから連想されるイメージがあるのです。

色の選び方を誤ると、全く違うイメージに仕上がる可能性もあるということです。

その色の持つイメージを理解し、それをアウターで表現することは、適したシーンで適したイメージを作り上げるために非常に重要なことなのです。

押さえておきたい!アウターの色の選び方

アウターは、色の選び方が非常に重要な要素であることをお伝えしました。

同じデザイン、素材のアウターを身に付けたとしても、色が異なることでその印象は大きく変わる可能性があるのです。

では、色を選ぶ際、どのようなポイントを押さえて選べばよいのでしょう。

それには、アウターを身に付けるシーンや、自分の印象をどのようなものにしたいかという目的を明確にすることが必要です。

ビジネスとプライベート、お祝いの場とお悔やみの場、友達との時間と恋人との時間など、それぞれ表現したい自分のイメージがおそらく異なることでしょう。

強さ、誠実さ、大人っぽさなどを前面に出したい時には、イメージに合う黒、紺などのアウターを取り入れましょう。

親しみやすさ、優しさなどを表現したい時には、白、ベージュ、グレー、パステルカラーなど柔らかな雰囲気の色をアウターに取り入れてみましょう。

おしゃれ、都会的、個性的など、ひと味違うスパイスの効いた印象を求めたい時には、赤、青、黄、紫、緑などの鮮やかな色を使うことも良いですね。

加えて、自分の肌や髪、瞳や唇などの色味を生かす色を知っておきましょう。

色を生かしたビジネス向きのアウターコーデ例

アウターはその色の選び方によって、着る人の印象が大きく変わることをお伝えしました。

色の力を生かした、ビジネスの場でのアウターコーデをご紹介しましょう。

ビジネスの場で求められるものといえば、誠実、信頼、厳格などのイメージではないでしょうか。

そのようなシーンには、先にもご紹介した黒や紺などが適しています。

これらの色はビジネススーツの色の定番でもあります。

ビジネススーツの上に黒や紺などのダーク系の色味を合わせれば、大人っぽい印象に仕上がります。

グレーやベージュなどの淡色系のアウターも、ビジネスシーンに適した色といえます。

グレーには上品、調和、都会的、落ち着きなどのイメージがあります。

また、ベージュには、穏やかさ、柔らかさ、優しさなどのイメージがあります。

これらは黒や紺に比べ優しい印象であり、合わせる服を選ばない色でもあるため、非常に使いやすいのです。

柔らかな雰囲気を表現したい場や女性などに特におすすめです。

なりたいイメージに合う色や素材の選び方!プライベートのアウターコーデ例

プライベートなシーンでは、カジュアル、リラックス、穏やかなイメージにしたいと思う人も多いのではないでしょうか。

また、規律の多いビジネスシーンでは表現できない、個性的な一面を表現したいという人も多いことでしょう。

プライベートでは、なりたいイメージに合わせてアウターの色や素材、デザインを選んでみましょう。

その選び方の一例をご紹介します。

カジュアルの定番であるジーンズには、どのようなアウターもしっくりと馴染みます。

丈の長いデザインはもちろん、ショート丈、ミディアム丈のものもうまく着こなせます。

ジーンズがタイトなデザイン、ダーク系の色ならば、アウターはふんわりとしたデザインや淡色、パステルカラーなどにしてもバランスよくまとまります。

リラックス感漂うロングスカートやふんわりとしたワンピースなどには、引き締め色である黒などのアウターを合わせてみましょう。

主張が強めな黒は、ショート丈のジャケットなどを選べば全体のバランスが良くなります。

アウターはシーンに合わせて選ぼう!

ここでは、アウターの定義や選び方、色の重要性やコーデのポイントなどをお伝えしました。

衣類の一番外側に着るアウターはその人の印象を大きく左右するアイテムです。

色の持つイメージをよく理解することで、よりシーンに適した雰囲気のアウターを選ぶことができます。

自分を表現するために重要なアイテムであるアウターは、その色やデザイン、素材などを考慮して選びましょう。