スカートのウエストが緩い!ウエストを詰めたい時の方法は?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スカートのホックが取れた!お気に入りを復活させる直し方!

スカートのホックが取れてしまったとき、皆さんはどうしていますか?「お気に入りだったのに!」と...

セーターに毛玉ができるのはなぜ?洗濯や日常の予防法を伝授

買ったばかりのセーターに毛玉ができてしまっては、せっかくの楽しい気持ちが台無しですよね。セー...

セーターが縮むのはなぜ?元の形に直す方法と縮まない洗い方

冬のファッションを楽しむには、セーターは欠かせないアイテムですね。もしかしたらセーターの洗い...

かさばるニットセーターの収納術!タンスにすっきり整理整頓

冬の定番ファッションに欠かせないニットのセーターは、かさばる衣類であると同時に何着も増えがちなア...

ニットのお手入れには洋服ブラシが最適!使い方とおすすめ!

ニットアイテムを長持ちさせるには日頃のケアが大切です。簡単にケアといってもいったい何をどうす...

大切なセーターがほつれてしまったら!簡単な縫い方とは?

お気に入りのセーターが、気付かないうちにほつれてしまっていることはありませんか。せっ...

セーターに色移りさせてしまったら?落とし方を徹底解説!

お気に入りの衣類に色移りさせてしまい、失敗してしまったことはありませんか?色移りしてしまった...

ブランドものストールをプレゼント!男性の心をキャッチ!

女性のアイテムと思われがちなストールですが、男性のお洒落アイテムとしても定番です。いつものフ...

ストールを気になる男性に!心を込めたプレゼントを贈ろう

ストールを送ること自体、気になる身近な男性であるということを表しています。・お父様に心をこめ...

ジーンズは洗濯の仕方を工夫すれば色落ち防止もできる!

ジーンズの醍醐味の一つに「色落ち」があります。しかし、せっかく探し当てたお気に入りのジーンズ...

スカートを手作りする時一番面倒なウエストの縫製方法を紹介

季節が変わると、以前履いていたスカートが突然きつくなる、ということが起こりますよね。そん...

こんなアイデアがあった!ニットトートバッグの編み方!

編み物好きな方でしたら、自分だけのニットトートバッグを編んでみたいと思うことでしょう。編み物...

シャツの袖丈の直し方を知って自分でジャストサイズに直そう

人の体型は千差万別です。既製品のシャツを購入した時、「首回りや胸回りなどに合わせると袖丈が長...

ニット小物に囲まれて心も豊かに!簡単な編み方をご紹介!

手編みのニット小物は作った人のぬくもりが感じられて、心がほかほかと温かくなります。手編みのコ...

Tシャツを自作するメンズが増加中!作り方のポイントとは?

近年、Tシャツを自作するメンズが増えています。意外に感じられるかもしれませんが、DIYを趣味...

スポンサーリンク

スカートのウエストを簡単に詰めたい時

スカートがあまりにも緩すぎると簡単な方法では直せませんが、ほんの少し緩いというくらいなら簡単に直すことができます。

ほんの少しだけウエストを詰めたいということなら、鍵ホックの位置を直すだけで十分です。

スカートのウエストには、ベルト芯の位置に鍵ホックが付いているものがあります。

鍵ホックを付けることで、スカートのウエスト部分をピッタリと合わせて止めてくれます。

ところが、痩せてウエストが細くなると、この部分が余ってしまいウエストが落ちてしまいます。

そこで、鍵ホックの位置を内側にずらして、ウエストを詰めるのです。

鍵ホックを取ってずらして縫い直すのは、鍵ホックの曲がっている方ではなく、まっすぐに鍵状のホックを受けとめる前カンの部分を付け直します。

前カンだけを1~2cmくらいずらすだけで、簡単にウエストを詰めることができます。

3cm以上ずらすと、ウエストベルトの位置でスカートが重なってしまうので、3cm以上緩い時はこの方法で直すことは難しくなります。

鍵ホックの曲がったホック側をずらすと、ベルト芯が飛び出してしまうため、前カンを外して直す詰め方にしましょう。

ほんの少し、ウエストを詰めたいという時は、まずこの方法を試してみてください。

ゴムスカートのウエストを詰めたい

ウエストがゴムのスカートはどうでしょうか。

最近、ウエストがゴムのスカートも増えていますね。

ゴムなのだから少しくらいきつくても、あるいは緩くても履くことはできますが、あまりにも緩いとゴムが機能を果たさないことがあります。

また、ゴムそのものが緩くなってしまい、ウエストを詰めたいと思うこともあります。

いくらゴムのスカートがサイズフリーと言っても、長年履いていると、ゴムそのものが劣化してしまうことがありますよね。

もちろん、痩せてしまったために、緩くなってしまいウエストを詰めたいと思うこともあります。

痩せると、スカートが落ちてしまうこともあります。

もし、ゴムを入れる口がある場合は、ウエストのゴムを取りかえましょう。

まずは、スカートのウエストとほぼ同じくらいの幅のゴムを購入します。

ウエストのゴムの入り口から、緩くなってしまったゴムを抜きます。

代わりに用意したゴムを入れ替えます。

痩せてしまってウエストが緩い場合は、ウエスト用に用意したゴムを自分のウエストに一度合わせてピッタリの長さで切ります。

ゴムをウエストのゴムの入り口から入れて、一周させます。

一周させたゴムを、合わせて、1cmくらいの縫い代で縫います。

元々ウエストピッタリで切っていますので、縫い代分が少しきつめになります。

しかし、ゴムの伸縮性で伸びますので、履くとちょうどピッタリになります。

ゴムを入れたら、入り口を縫い合わせておくと良いでしょう。

外出先で気が付いた!ウエストの緩いスカートを詰めたい

お気に入りのスカートを履いて慌てて外出をしたらスカートが緩いことに気がついた、という時、どうしますか?

本当に焦ってしまいますね。

そんな時は、まず安全ピンを用意しましょう。

常にミニの裁縫セットを持っていれば、その中に入っていることがあります。

しかし、持っていない時は近くのコンビニエンスストアや駅の売店に行ってみましょう。

コンビニエンスストアでは取り扱っていることが多いです。

文具店や手芸店、スーパーマーケットにもあります。

鍵ホックが留まるサイズなら、大きさはどんなものでも良いです。

鍵ホックを受ける、前カンの位置よりも少し内側、横開きのスカートなら後ろスカート側に安全ピンを留めます。

安全ピンのまっすぐの部分が前カンの代わりになります。

一時的ですが、前カンの代わりに安全ピンに鍵ホックを留めることで、スカートが落ちることなく履くことができます。

簡易的にスカートのウエストを詰めたい時は、この方法を試してみてください。

友人のスカートを借りた時にも利用できます。

安全ピンが購入できるお店が近くにない時は、見つけるまで一時的にスカートのウエストを一折りします。

ウエストを折ることで、ウエストをほんの少し詰めることができます。

スカート丈が短くなりますが、一時的ですので気にせずやってみてください。

スカートのダーツを縫い直してウエストを詰めよう

スカートのウエストを本格的に詰めたいと考えた時は、しっかりとした技術が必要です。

ウエストがきついよりは簡単にできますが、それでもウエストベルトを外したり、脇線を縫い直したり、ダーツを縫い直したりします。

セミタイトスカートのウエストを詰める時は、ダーツを直すことが一番簡単です。

まずは、ウエストベルトを外します。

スカートの前と後ろのダーツの部分で、詰める分の1/4の量を多めに縫います。

例えば、全体に4cmウエストを詰めたいなら、ダーツの幅を2cmにします。

ダーツは前後ろ、左右に4か所あります。

4か所のダーツでそれぞれ1cm詰めると全体で4cm細くなります。

ダーツは1か所で2枚の生地をつまんで縫いますので、0.5cmつまむと1cm分の量を詰めたことになります。

ダーツはほどくことなく、縫ってあるダーツの外側を縫うだけで十分です。

裏地が付いている場合は、裏地のダーツも同じように詰めます。

ダーツを詰めたら、そのままウエストベルトを付け直して、鍵ホックを付け直します。

この方法の良いところは、ファスナーをそのまま直す必要がないことと、元のダーツに沿って並行に縫うだけのため意外と簡単にできることです。

同じような方法で、ギャザースカートもギャザーを寄せた部分を詰めることで、ウエストを詰めることができます。

プリーツスカートの場合は、プリーツを1本抜くという方法もありますが、これは難しいのでプロの人にお願いしましょう。

ダーツがないスカートのウエストを詰めたい時は?

ダーツがないスカートの場合は、脇線や後ろ中心線を外して詰めます。

スカートを詰めたいと思った時に、一番面倒な方法です。

フレアースカートやサーキュラースカートは、全体にダーツ部分を散らしてしまうため、ダーツがありません。

その時は、2か所の脇線と後ろ中心線の縫い代とを深くして、ウエストを詰めます。

詰める場所が左右2か所の場合は詰める分を4で割って、その分を深く縫い直します。

4cm詰めるなら、右で1cm、左で1cmとなります。

左右の縫い代を1cm詰めると、脇は前スカートと後ろスカートが重なっているため、2cm詰めることができます。

左右それぞれで2cm詰めれば、全体で4cm分詰めることができます。

後ろ脇線も詰める時は、もっと少ない量にします。

しかし、脇や後ろ中心線を詰める時は、ファスナーを外すことになります。

脇線の縫い代が変わった分、ウエストベルトはもちろん、ファスナーも外してから詰める作業に入ります。

ダーツの部分で詰めるよりも、ファスナーの付け外しという作業が入るため、ダーツがないスカートの方がウエスト詰めは手間がかかる作業となります。

後ろファスナーなら両脇だけを詰めれば良いと思うかもしれませんが、詰める場所は全体に散らした方がきれいに詰めることができます。

6枚剥ぎ、8枚剥ぎといったスカートなら、切り替え線ごとに詰めると綺麗になります。

ファスナーの付け外しは面倒ですが、しっかりと直したいと思ったら、手間を惜しまずに頑張ってみましょう。

スカートのウエストを詰める前に

スカートのウエストが緩い、詰めたいと考えた時に、少しだけ考えてください。

スカートを詰めるのは簡単ですが、一度詰めたスカートをまた元に戻すと、縫った跡が残るとは思いませんか。

ミシンの跡が残ると、なかなか消えません。

痩せたからスカートを詰めて履こうと思うのは、良いことです。

スカートのウエストを詰める場合の、脇線やダーツ・後ろ中心線などをミシンで縫い直す方法をご紹介してきましたね。

縫い直したミシンの針跡は、スカートの生地に残ります。

生地が毛や起毛の素材など、表面がツルツルしていないものなら良いです。

しかし、薄手のスカートやツルツルしたスカートは、跡が残り目立つことがあります。

もちろん体型をそのまま維持して、また元の太さに戻さずに履けるなら良いです。

しかし、また太るかもしれない、詰めたもののきつくて履けなくなったらどうしよう、といった不安があるなら簡易的な詰め方の方がおすすめです。

一時的に詰めたい時は、鍵ホックの位置だけをずらす、安全ピンで鍵ホックの前カンの代わりにすると簡単に詰めることができます。

ウエストを詰める前に、よく考えて作業をしましょう。

スカートが緩い時はまず、簡単に詰めて対処しよう

スカートは上着と違い、簡単な作りでできています。

しかし、自分のサイズに合わせて購入したり、作ってもらったスカートを直すのは面倒です。

どうしてもウエストを詰めたい時は、まず簡単な方法で詰めてみましょう。

その上で、詰めるかそのまま履くかを考えるというのもありです。

その後それでも、緩くて履くことができない場合は、シーンにあわせた対処で乗り切りましょう。