ストールがカーディガン風にもなる!色々な巻き方を楽しもう

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ライダースジャケットは冬寒い?!あたたかく着るための方法

男らしさを求める男性や、メンズライクを好む女性から人気のアウターがあります。それは、ライダー...

「ジレ」って何?着こなし方は?メンズの疑問にお答えします

メンズファッション雑誌などで、「ジレ」という単語を目にする機会が増えてきました。果たして、こ...

ストールでコーデを華やかに!夏のストール活用法をご紹介!

ストールは、ファッションアイテムとしてお手元にお持ちの方がおそらく多いでしょう。スト...

コートの裏地にはどんな生地が使われる?その種類や目的とは

コートやジャケット、スカートなどの衣服には裏地のついたものがありますよね。裏地があることの目...

ストールを扱う人気ブランド紹介!イギリスの奥深いデザイン

伝統とロックの国、イギリス。イギリスブランドの高品質なストールを身にまとうと、やわらかな肌触...

パーカーはデートで着ても大丈夫?パーカー女子の着こなし術

デートの予定があると、当日はどんなコーディネートにしようか悩みますよね。特に屋外でデ...

コートの色は紺・ネイビーで決まり!冬のレディースコーデ!

秋冬はお洒落の季節。そんな秋冬レディースファッションにおいて、最もお洒落を輝かせてくれるアイ...

スカートにトップスインしたいけど似合わない!どうしよう?

近頃は、スカートやパンツのボトムスにトップスをインするコーデが流行ですよね。店頭に並ぶアイテ...

ジーンズの股下が長いのは微妙!?きっちり採寸で最適な丈に

国民的なボトムスともなっているジーンズ。老若男女問わず、ほとんどの方が一つはお持ちなのではな...

シャツでのレディースコーデ!春に映える種類や合わせ方は?

春は、シャツを合わせたレディースコーデが最も映える季節かもしれません。春らしいふんわりとした...

シャツの知識を深める!メンズシャツの種類を詳しくご紹介!

男性の方で、普段からシャツを愛用しているという人は多いでしょう。仕事でスーツの下に着るワイシ...

ニットの着ぶくれ感はオフショルで解消!着方もお洒落に!

オフショルはセクシーで色香も漂い、女性に人気の高いファッションです。季節は秋冬、「もうオフシ...

春の装い!スカートに花柄を取り入れるなら冬のうちから!

女性の定番ともいえる花柄のスカート。これを取り入れるのであれば、もうすぐ春を迎える冬のうちか...

ボリューム袖ニットに適したコート!着用がきつい悩みを解消

寒い季節になると欠かせないアイテムがニットですよね。可愛い洋服が大好きなオシャレ女子の間で、...

パーカーを愛するメンズ必見!おしゃれなコーディネート術

「ほとんどの方が1枚は持っている」と言っても過言ではないアイテムの中に、メンズパーカーがあります...

スポンサーリンク

大判ストールの巻き方を覚えればカーディガンいらず!

大判ストールは通常のストールよりも名前の通り、大きいという特徴があります。

長さだけでなく、ストールそのものの幅も広いため、巻き方も通常のストールとは少し変わります。

大判ストールの大きさを活かした巻き方が多く、工夫次第で上着代わりにすることも可能です。

例えば、薄手のカーディガンやポンチョ、ボレロ代わりにも使うことができるようになりますよ。

女性が愛用している印象が強い大判ストールですが、もちろん男性も同様に使用できます。

店舗では、女性向けの色合いや大きさを重視したストールがまだ多いのが現状ではあります。

しかし一方では、男性向けの大判ストールの使用方法も多く紹介され、需要も伸びているのです。

誰もが手軽に使える大判ストールは、他にもシンプルなファッションのアクセントとしても重宝します。

コートの上からもゆったりと着る方法もあるため、ちょっとした色を入れたい場合にも使えますよ。

大判ストールのカラーはベーシックな黒から、明るいパステルカラーまで。

柄もシンプルな1色だけではなく、人気のアーガイル柄からヒョウ柄までと共に充実しています。

大判ストールを使って、新しいカーディガンやボレロ、コートなどのファッションを楽しみましょう。

まずは基本の巻き方から!大判ストールを首に巻いてみよう!

まずは大判のストールの巻き方の基本となる、首への巻き方を見ていきます。

コートやカーディガンといった巻き方の前に、基本となる部分を覚えると、応用しやすくなりますよ。

通常言われるストールは、首に巻きつけることが前提です。

そのため首への巻き方も多数用意されています。

大判ストールの巻き方も、余る丈は異なるものの、通常のストールと同じ巻き方なのです。

ストールの巻き方と合わせて、大判ストールの基本の巻き方は全部で4種類です。

まずは基本となるループ巻きは、横に2つ折りにして首の後ろに回し、輪の中に端を通します。

2つ目のミラノ巻きは、ストールを1周巻いた後、2回輪を作って端を通す方法です。

3つ目のポット巻きは、ストールをねじって輪に通す方法、いずれも結ぶことを念頭に置いています。

最後は、大判ストールの基本ともなる巻き方ですが、まずは肩にストールをかけて、両端を持ちます。

2回結んで、結んだ輪を首の後ろにかけてできあがりです。

最後の巻き方は、大判ストールの大きさを活かした、着る方法に近い巻き方であることが特徴です。

まだまだ巻き方だけでも4種類以上ありますので、自分の巻き方も見つけてみましょう。

大判ストールは着ることも!カーディガン風の巻き方も可能!

ここからは、着る大判ストールの巻き方を見ていきます。

人気のカーディガン風アレンジは、幅が65センチ以上のストールでできるアレンジです。

またカーディガン風の巻き方は、ボレロ風にもアレンジすることができる巻き方です。

最初に、大判のストールを広げて肩を覆うように羽織った後、手前に角と角を手に持ちます。

この時、同じ横の辺の端を持たないと、失敗してしまうので注意してください。

角同士を背中に回し、そのまま固結びをしたら、結び目を隠すように上からストールをかぶせます。

これで大判ストールで着る、カーディガンのできあがりです。

非常に大判のストールを使う方法ですので、ストール自体を選ぶアレンジ方法となっています。

しかし手軽にできる方法で温かさも大きいため、寒いと感じた時にすぐできます。

普通サイズのストールや、65センチ以下の幅の大判ストールでこの方法を使うとボレロになります。

厚手のストールよりも薄手のストールのほうが羽織りやすく、見た目も華やかになりますよ。

カーディガンだけじゃない!ジレも!着る大判ストール応用編

ジレとはベストを意味する言葉で、ベストの背中部分が無く、背中はエプロンに近いイメージです。

ジレ風と言われると、スヌードで使われるというイメージが強い巻き方かもしれませんね。

大判ストール、ロングストールといわれるストールでできる方法で、手軽な装飾に向いています。

巻き方は、まず使うストールを広げて肩にかけ、前側に両端を垂らして体の外の角を手に持ちます。

持ち方はカーディガンのときの巻き方と同じく、同じ辺の角と角を手に持ちましょう。

手に持った角二箇所を、背中に持っていって腰のあたりで固結びすれば完成です。

この使い方は、薄手の生地で作られたストールや、春や夏用の軽いストールが向いています。

色は濃淡問わないため、日常で色を取り入れたい時に手軽にできる巻き方としても使えます。

ジレ風の巻き方はメンズでも気軽にできる巻き方ですし、男女問わず手軽に巻くことが可能です。

カーディガン風の巻き方よりも、使えるストールの幅や大きさを問わない点がうれしいですね。

男性も大判ストールを楽しもう!覚えたい巻き方は全3種類!

男性にも大判ストールを使いこなせる巻き方があります。

女性で言うカーディガン風の巻き方はできないのですが、先程のジレ風の他にも巻き方はあります。

覚えておきたい男性の大判ストールの巻き方は、全部で3種類です。

ストールの巻き方となるワンループ巻きに加え、ぐるぐる巻きとたらし巻きになります。

ワンループ巻きは先程もご紹介した通りですが、ぐるぐる巻きとたらし巻きは聞き馴染みがないかもしれません。

しかし2つとも、とてもシンプルな方法ですので、すぐに覚えて実践することができますよ。

ぐるぐる巻きは無造作に大判ストールを首に巻き付ける方法です。

首元にボリュームを付ける巻き方で、できるだけ顔の方にストールを寄せるときれいにまとまります。

たらし巻きは、そのまま大判ストールを首にかける方法です。

シンプルですが、温かさよりも見た目を重視している巻き方ですので、おしゃれに使いたい巻き方です。

縦長に見える特徴があるので、背を高めに見せたい場合に便利な巻き方ですよ。

どうしてもストールが落ちゃう?巻き方とピンを併用しよう!

大判のストールを巻いていても、どうしても落ちてしまうときがあります。

そのような場合には、まず巻き方を改めてみましょう。

大判のストールは全体的に重みが中心にかかると落ちやすくなります。

できるだけ背中の中央に、大判ストールの中心が来るようにすると、落ちにくくなりますよ。

カーディガン風やジレ風といった巻き方をしている場合は、結び目を大きくします。

結び目が小さいと、ストールそのものを支えることができなくなっている状態になります。

そこで結び目を大きくすることで、しっかりとストールを支えることができるようになるのです。

どうしても落ちてしまう場合は、ストールそのものをピンで固定してしまいましょう。

なで肩であったり、大判ストール自体や下に来ている布が滑りやすいなど、理由はさまざまです。

自分でどうすることもできない理由でストールが落ちてしまう場合は、一工夫すると落ちません。

ストールをカーディガンに!巻き方次第で手軽におしゃれを!

大判ストールは、巻き方次第で手軽にカーディガンやジレを楽しむことができるアイテムです。

日常の生活ではもちろん、結婚式やちょっとした式典などでも応用できます。

女性だけでなく、男性も使える巻き方もありますので、性別問わずに大判ストールを楽しめます。

使い方や巻き方に応じて雰囲気も変わります。

さまざまな方法を試して、多くの場面とストールで、おしゃれを楽しみましょう!