パーカーのチャックがよれよれに…長く着るためのコツ

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

セーターにできる毛玉を簡単に取りたい!カミソリで取れる?

衣類に毛玉ができてしまうと、残念な気持ちになってしまいますよね。お気に入りのセーター...

制服&セーターでおしゃれに!学生に人気のブランドをご紹介

中学生や高校生は、ルールを守っておしゃれに制服を着こなしてスクールライフを楽しみたいですよね。...

人気のストールブランド一挙公開!おすすめはカシミア素材

肌寒くなってくると活躍するのがストール。ストールは防寒のみならず、ファッションアイテムとして...

シャツを贈るならオーダー!大切な人のプレゼントにおすすめ

大切な人へのプレゼントは、何を贈ろうか悩むことが多いですよね。思い出に残る贈り物がしたければ...

パーカー×ジーンズは男の子っぽい?女性らしく着こなすには

パーカーは、カジュアルコーデにおける定番のアイテムと言えます。また、ジーンズも同じく、カジュ...

プレゼントに!メンズアウター別おすすめブランドをご紹介!

少々お疲れ気味のご主人や彼氏に、日頃の感謝を込めて、アウターをプレゼントしてみてはいかがでしょう...

ダウンの季節が来たら!メンズがおしゃれに着こなすポイント

ダウンは、メンズがちょっとした買い物に行く時にも気軽に着やすいアイテムです。また、防寒性に高...

デニムのダメージ加工は裾にも!流行りのカットオフ!

デニムというアイテムは、非常に特殊なアイテムになります。他では考えられない、破れや擦り切れ汚...

ジャケットにスラックスを合わせる!お洒落な組み合わせは?

メンズのビジネスコーデで注目を集めているのが、ジャケットにスラックスを組み合わせるジャケパン!...

パーカーはおすすめのアウター!冬のコーデに取り入れよう!

冬はアウターが、コーデの中心アイテムとなります。なぜなら、アウターはとても目につきや...

自分らしいコートを選ぼう!高校生のファッションの楽しみ方

高校生のコート選びは校則があるため、自分好みのファッションを楽しめないと思っていませんか?...

デニム素材でポーチをハンドメイド!個性を活かして作ろう!

使い古したデニムは、リペアすることで蘇らせることが可能です。リペアしたデニムには独特な風合い...

ジーンズ、ブーツカットはもう古い?着こなし次第で新鮮に!

ジーンズは、一本も持っていないという方を探し出すのが困難なほどポピュラーなアイテムですね。...

シャツコーデにスカーフをプラス!メンズの必須アイテムに?

メンズコーデにおいて、シャツコーデにスカーフをプラスするスタイルがお洒落と人気を集めています。...

デニム浴衣でメンズならではの浴衣ファッションを楽しもう

夏になると、お祭りや花火大会などで浴衣姿をよく見かけます。一時期、浴衣などの着物は下火になり...

スポンサーリンク

パーカーのチャックがよれよれになる原因とは?

パーカーには、頭からすっぽりと被るプルオーバータイプと、フロント部分にチャックがついていて開閉できるジップアップタイプの2種類があります。

ジップアップタイプのパーカーは襟を開いたりする着こなしができる反面、チャック部分がよれよれになってうまく開閉できなくなってしまうことがありますよね。

乱暴に扱ったつもりはなくても、日頃のケアができていなければその寿命を早めてしまいます。

チャックは金属や樹脂といった素材でできているため、洗濯などにより形状が変化することはありませんが、パーカーに使われている生地は縮んだりしてしまいます。

よれを生む原因は、この伸縮率の違いです。

生地が縮むことで、生地とチャックの接続面にずれが生じて変形してしまうため、チャックが波をうったり丸まったような状態になってしまいます。

せっかく買ったパーカー、できるだけ長く使いたいですよね。

長持ちさせるために、普段気をつけることを考えてみましょう。

パーカーを長持ちさせるための収納テクニック

パーカーを長く使うためには、普段どのようなお手入れをするのが好ましいでしょうか?

もちろん衣類である以上、湿った状態で放置したり力ずくでチャックを引っ張ったりすれば、すぐよれよれになって駄目にしてしまいます。

そんな方は是非普段から丁寧に扱って欲しいのですが、長持ちさせるにはたたみ方や収納スペースを意識することがコツです。

まずパーカーをたたむときは型崩れを防ぐため、チャック部分は必ず全て閉め切ってください。

そして背中にあたる面を表にして、しっかりとシワを伸ばして、左右の袖を内側に向かって折りたたみます。

フードについても同様に内側に折りたたんで、全体の形が綺麗な長方形になるようにします。

収納スペースの大きさによってはそこから更に折りたたんでもらえれば、とてもコンパクトに皺にならず収納することができます。

また単に重ねて収納すると下にあるものが取り出しにくいので、奥から敷き詰めるように入れてあげると取り出しがラクになります。

最後ですが、湿気は生地がよれる大敵ですので、市販の除湿剤を入れて対策を行ってください。

どうでしょう、簡単ですよね。

着ていないときこそしっかり休ませてあげて、パーカーを長く着られるようにしましょう。

チャックがよれよれになりにくい洗濯とは?

パーカーに使われている素材は綿やポリエステル、ナイロンやニットなど様々な種類があります。

綿やポリエステルなどはもちろん家庭で洗濯することが可能ですし、実際に洗っている方もいらっしゃると思いますが、その際には注意が必要です。

パーカーを脱いだそのままの状態で無造作に洗濯機に放り込んでしまうと、チャック部分を傷めてしまい型崩れしてしまう恐れがあるからです。

洗濯する際は、まず服が絡まないように襟や袖口を表に向けて一度形を整えて、チャックを空けたままではなく、上までしっかり上げて閉めた状態にしてください。

洗う準備ができたらパーカーを洗濯用のニットに入れることをオススメします。

ニットを使うことで型崩れが緩和され、よれよれの状態になりにくくなります。

またチャックの金属部分の引っかかりをより抑えるため、可能であれば手洗いをオススメします。

それでは次に、パーカーを干して乾かす際の注意点を見ていきましょう。

パーカーを乾かす際の注意点

家庭でパーカーを洗濯した後、乾かす際に注意すべき点です。

パーカーを洗濯するときはチャックを閉めた状態にしましたが、干す場合はチャックはすべて開けた状態にしてください。

チャックを閉めた状態で干すと通気性が悪く、乾燥するまでに時間がかかってしまい、長時間水分を含んでしまってパーカーがよれよれの状態になる可能性があります。

また乾燥時間をより早めることがよれの防止につながるため、パーカーをただぶら下げて干すのではなく、ピンチハンガーなどを使って立体的に干すと良いでしょう。

事前に天気を確認し、日当たりの良い日を選んで洗濯することももちろん重要になります。

パーカーは干し方ひとつであっという間に縮んだり型崩れを起こしてしまうので、洗濯の際は充分に注意ください。

ここまでパーカーが長く使っていくための扱い方に触れてきましたが、もしもよれてしまった場合にどうすれば良いか、次に見ていきましょう。

よれよれのチャックは良くなる?

愛用しているパーカー。

ある日突然チャックが動かなくなったり、噛み合わせが悪く外れてしまったり。

どれだけ大切にしていても消耗してしまうのは仕方がないですが、お気に入りであれば尚更ショックは大きいですよね。

チャック部分がよれよれになってきたかなと感じたら、それはチャックと縫い合わせた箇所の生地が縮んできている可能性が高いです。

チャックは基本的に金属でできていますから、生地側を伸ばして元の形に近づけることを検討してみてください。

まず付いているタグを見て、アイロンがけが可能か、その場合に当て布が必要かを確認してください。

アイロンはスチームが使用できるものがオススメですが、霧吹きなどでも代用は可能です。

パーカーにプリントがされている場合、直接アイロンをあてると色落ちしたりしますので、生地の裏側からあまり押さえつけずに伸ばしましょう。

シワ伸ばしスプレーが市販で販売されていますので、それを活用してみるのも良いですね。

全体のシワを伸ばした後、チャック周辺の生地を入念に伸ばしてみてください。

もしアイロンがけが難しいようでしたら、自ら手を加えることでさらに状態が悪化してしまう恐れがあるので、一度、クリーニング屋さんに相談することをオススメします。

最初から諦めずに、まずは家庭でできる範囲で試してみてください。

快適なパーカー生活を送りましょう

パーカーは比較的手頃な価格で購入できますが、その割にとても利便性の高い衣類ですよね。

春夏の時期に肌寒いなと感じたときはライトアウターとして、秋冬はもちろん定番のインナーとしてシーズンレスで活躍してくれるアイテムです。

もし年中着こなすつもりで購入を検討されている方には、チャックのついたジップアップタイプやダブルジップタイプのパーカーがオススメです。

チャックを開閉することで体温調節ができますし、ファッション性も高く色々なコーディネートが楽しめるはずです。

またフードで雨風を少ししのいだり、寝る時に枕の代わりにできたりと、旅行先で着る服としても人気があるんですよ。

機能性でも優れているパーカー。

ケアを怠ってよれよれにしてしまったりせずに、いつも快適で最大限に活用できる状態に保ちましょう。

パーカーを大切に使ってオシャレ度アップ!

気楽に着ることができるパーカー。

だからこそ、よれたり縮んでだらしなくなってしまったものではなく、いつも良い状態で着たいですよね。

そのためには日頃のケアをしっかりと認識して、適切に使ってあげることが必要です。

清潔感のある身だしなみは、あなたの見た目も気持ちもきっと明るく豊かにしてくれるはずです。

パーカーを大切に扱って、周りと身だしなみに差をつけちゃいましょう。