賢く選ぼう!ダウンジャケットの暖かさは何で違いが出る?

冬などの寒い時期、多くの洋服販売店などで見かけるのがダウンジャケットです。

着易さなどもあるダウンジャケットは、冬のファッションアイテムとして1着は所有しておきたいものですよね。

その際、より暖かさを感じるためにどのようなダウンジャケットを選ぼうか迷うことがあります。

それには、ダウンジャケットに入っているダウンによっても違いがあるのです。

今回は、暖かいダウンジャケットの選び方を中心にご説明していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

おすすめのニットブランドは?質の良いメンズニットはこれ!

質の良いメンズニットは、大人のたしなみとして1枚は持っていたいものですよね。 しかし、どのよう...

女子度を格段にアップ!スカートに白花柄をチョイス!

白の花柄スカートはお持ちでしょうか。 「可愛らしい」「美しい」「清楚」といった印象をプラスし、...

メンズのテーラードジャケットコーデ!ネイビーが知的で上品

メンズのテーラードジャケットは着回しができるため、おすすめです。 カジュアルコーデであっても、...

デニムの上下で決めたメンズスタイルをお洒落に魅せるコツ!

デニムは永遠の男の憧れかもしれません。 そのようなデニムを上下で決める「デニムオンデニム」、憧...

ジャケットの大きめな着こなしが旬なレディースコーデに!

最近レディースコーデにおいてトレンドとなっているのが、大きめジャケットの着こなしです。 実はこ...

シャツとネクタイのおしゃれな組み合わせとは?選び方を解説

ビジネススタイルに欠かせないシャツとネクタイ。 スーツとの相性や、柄や色、素材によってその組み...

ライダースジャケットでも冬は寒くない!冬コーデをご紹介!

ライダースジャケットは、薄手で気軽に着ることができるジャケットの1つです。 しかし薄手という面...

ダウンを活用したメンズコーディネート!色合わせがポイント

最近の流行りとして、身軽で動きやすいダウンコートがメンズに好まれています。 色も明るいものから...

ダウンの季節が来たら!メンズがおしゃれに着こなすポイント

ダウンは、メンズがちょっとした買い物に行く時にも気軽に着やすいアイテムです。 また、防寒性に高...

テーラードジャケットを取り入れておしゃれレディースに!

おしゃれにジャケットを着こなしたいと思っても、「難しい」と感じる女性は少なくないでしょう。 自...

ニットアイテムとキャミソールの重ね着コーデ!お洒落のコツ

可愛らしいイメージのキャミソール、どのように着こなしていますか? インナーとして着るのも良いで...

テーラードジャケットとパーカーのメンズコーデはダサい?

代表的なジャケットの一つに、テーラードジャケットがあります。 そのシルエットの美しさから人気と...

ジーンズが臭い!新品でも臭う理由と、臭いを楽に取る方法!

新しく買った新品のジーンズを家で開封してみたら、臭かったということがあります。 新品なのに服が...

スカート&靴下を大人っぽく決める!40代におすすめのコーデ

最近、スカートに靴下を合わせるコーデが、大人女性の間でも流行しています。 スカート&靴下コーデ...

お手軽簡単!デニムのダメージ加工をセルフでやってみよう!

「着古したデニムに飽きてしまった…」「もっと個性的でおしゃれなデニムが履きたい!」という方には、...

スポンサーリンク

暖かさだけじゃない!ダウンジャケットの魅力

「寒い日にはダウンジャケット」と言うほど、寒さを防ぐアイテムとしてダウンジャケットを重宝している方も多いのではないでしょうか。

そこで、ダウンジャケットのどのような点が私たちにとって魅力となるのかを以下でご説明しましょう。

・暖かさ

述べた通り、何といってもダウンジャケットはその暖かさが特徴です。

また、ダウンジャケットの魅力は、中に入っているダウンの量により暖かさを調節できるという点もあります。

ダウンの量が多いものは寒さが厳しい時期におすすめですが、量が少ないものも秋や春などの肌寒い時期に活躍します。

ダウンの量により暖かさを調節し、時期に合ったおしゃれが楽しめるということです。

・軽さ

ダウンジャケットは、その暖かさのわりに軽くて着易いという特徴もあります。

ただでさえ、寒い時期は身体の筋肉が緊張し硬くなりやすいのに、重い衣服を着ていてはより身体が硬くなり疲れの原因にもなります。

ダウンジャケットの軽さは、大きな魅力と言えるでしょう。

・通気性の良さ

寒い時期に着ている衣服は、衣服の外と中で温度に大きく違いがあります。

しかし、それゆえに衣服の中に湿気がこもりやすいのです。

ダウンは通気性に優れた素材のため、衣服にこもりがちな湿気を調節し、常に快適に保つことができます。

ファッションの取り入れ方にも違いが!新しいダウンアイテム

昨今では、様々なダウンアイテムが登場しています。

ダウンをより身近に感じるためにも、ここではどのようなダウンアイテムがあるのかを以下で見ていきましょう。

・薄型ダウンベスト

ダウンベストは、アウタータイプであれば以前から見かけることがありました。

しかしジャケットやスーツなどの中に着る薄型のものが登場し、ファッションとしてのダウンジャケットの取り入れ方に違いが出てきました。

薄型のため着ぶくれすることもなく、スーツなどからはみ出さないように長けの短いものが主流です。

ダウンベストと聞くとスポーティーなイメージがありますが、薄型のダウンベストであればビジネスなどのきちんとした印象を与えたい場面でも活躍します。

・ダウンスカート

ダウンの暖かさを活かし、スカートに取り入れるのもおすすめです。

女性は、寒い時期に下半身の冷えなどが気になるものです。

雑貨店や洋服販売店などでも、下半身を暖める腹巻などが販売されていますよね。

その需要の高さからしても、寒い時期に女性が下半身の暖かさを求めているのが伺えます。

ダウンスカートであれば、下半身の冷えを防ぐのにも役立ちます。

・ダウンレッグウォーマー

ダウンスカート同様、下半身の冷え対策としておすすめなのがダウンレッグウォーマーです。

身体の暖かさを保つには、「首」とつく身体の部分を暖めると良いと聞いたことはないでしょうか。

ダウンレッグウォーマーは、その中でも足首を暖めることで下半身の冷えを防ぎます。

毛糸などで作られたレッグウォーマーもありますが、毛玉ができたり生地が伸びてしまうこともあります。

一方ダウンレッグウォーマーであれば、そのような心配もありません。

シックなデザインのものも販売されているため、女性だけでなく男性にもおすすめのアイテムです。

ファッションに合わせて、色違いを所有しておくのも良いですね。

ダウンじゃない?暖かさの違いは中身にあり

ダウンジャケットと言っても、商品により暖かさにも違いがあるものです。

ここからは、その暖かさの違いには何が関係しているのかをご説明していきます。

一般的にダウンジャケットと呼ばれるものには、当然ダウンが入っていると思う方もいるでしょう。

しかし、ダウンジャケットとして販売されているものの中には、ダウンが入っていないものもあるのです。

そのような場合、何が入っているのかというと、ダウンの代わりにポリエステルなどが入っていることが多いです。

ポリエステルは人工素材のため製造がしやすく、価格が安い傾向があります。

また、汎用性の高い素材のため、ダウンのようなボリュームや柔らかさを出すことができます。

一見、ボリュームのあるダウンジャケットはそれだけで暖かいのではないかと思いがちですが、中身の量よりも素材が重要であることが言えます。

価格の安さはとても魅力的ですが、暖かさという点で見ると、ポリエステルではなくダウンが入っているものを選ぶことが望ましいでしょう。

ダウンの種類によっても暖かさに違いがある

ダウンジャケットの場合、ダウンの量により暖かさに違いがあることは述べたまでですが、暖かさを求めるにはダウンの種類にも注目することが大切です。

ダウンには、大きく分けて以下のような2つの種類があります。

・ダック

その名から分かる通り、アヒルの羽を素材としています。

暖かさを考えると量の多いものを選びたいところですが、量に比例して重さが増えるという特徴があります。

・グース

グースはダチョウの羽で、ダックに比べ希少価値があります。

少ない量でも暖かさが感じられ、ダウン特有のもこもことした形状があまり好きではない方にもおすすめです。

しかし、それゆえダックに比べ価格が高い傾向があります。

このように、ダウンジャケットの中に入ったダウンの種類によっても暖かさに違いがあります。

暖かさをダウンジャケットに求めるなら!この表示に注目

皆さんがダウンジャケットを選ぶ際、品質表示にフィルパワーという言葉を見かけたことはないでしょうか。

そのフィルパワーも、ダウンジャケットの暖かさを表す重要な表示です。

例えば、入っているダウンの種類と量が同じダウンジャケットが2つあったとします。

1つは500フィルパワー、もう1つは600フィルパワーと表示されていた場合、後者の600フィルパワーと表示されているダウンジャケットの方が暖かさがあるということになります。

つまり、フィルパワーの数値が高ければ高いほど暖かさを感じることができると言うことです。

このフィルパワーとは、ダウンの膨らみ具合を数値で表したものです。

寒い時期に着るダウンジャケットの場合、極寒地などでない限りは600フィルパワー以上のものであれば暖かさを感じることができるでしょう。

また、寒い時期にアウトドアなどをする方には、700フィルパワー以上のものもおすすめです。

しかし、この700フィルパワーを超えると価格がぐんと上がってきますので、購入の際はよく考えて決めるようにしてください。

フィルパワーは、わずかな数値の違いで、暖かさや価格に違いがあるということを覚えておくと良いでしょう。

暖かいダウンジャケットをおしゃれに着こなす!着ぶくれを防ごう

ここまでは、ダウンジャケットに関する暖かさのポイントについてご説明してきました。

しかし、ダウンジャケットに求めるのは暖かさだけではありません。

ファッションアイテムとしてダウンジャケットを着こなすには、着ぶくれを防ぐことが大切です。

これによっておしゃれ度に違いが出てくるでしょう。

では、ダウンジャケットの着ぶくれを防ぐにはどうすれば良いのか、以下で見ていきましょう。

・ベルトがあるダウンジャケットを選ぶ

ダウンジャケットの着ぶくれの原因として、ボリュームのある形状も関係しています。

ベルトをしてそのボリュームにメリハリをつけることで、身体のラインに合ったきれいなシルエットを作ることができます。

特に、太めのベルトがあるものであれば、ウエスト部分がより引き締まって見えます。

・スカートやズボンとのバランスに注意する

ダウンジャケットは、選ぶ長さによっても合う組み合わせが違います。

長さのあるものであれば、タイトなズボンやスカートとの組み合わせがおすすめです。

また、短いダウンジャケットであれば、ワイドタイプのズボンなどもかっこいいですね。

その際、ダウンジャケットのジッパーを開けて着ると、全体的にすっきりして見えるのでおすすめです。

暖かいダウンジャケットを選ぶために!品質に注目しよう

ダウンジャケットは、その暖かさや軽さなどから、寒い時期に人気のアイテムです。

洋服販売店などでは、カラーやデザインなどの違うダウンジャケットが多く売られていますよね。

それを見ても分かる通り、寒さを防ぐということに加え、ファッションアイテムとしてダウンジャケットを楽しむという部分もあります。

また、ダウンジャケットが私たちにとって身近な存在となっているのは良いことですが、選ぶ際にはその中に入っているダウンの種類などについてもよく確認することが大切です。

まれに、高価なものであってもあまり暖かさを感じないというものもあるようです。

そのようなことのないように、価格よりも品質に目を向けることが大切と言えるでしょう。