ありがとうをストールで!プレゼントに合う素敵な色は?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

なぜスウェットに毛玉はできるの?毛玉の取り方を教えて!

スウェットは、部屋着に普段着にスポーツにパジャマ代わりにと大活躍をしてくれるウェアーですよね。...

Tシャツを自作するメンズが増加中!作り方のポイントとは?

近年、Tシャツを自作するメンズが増えています。意外に感じられるかもしれませんが、DIYを趣味...

履けなくなったスカートのリメイクに挑戦して簡単エコ活動

古くなったものを、違うものに作り直すことをリメイクと言います。最近は、環境問題を考慮し、ゴミ...

スカートを簡単リメイク!おしゃれなレースの付け方をご紹介

シンプルなスカートにレースを付けて、イメージを変えてみたいと思ったことはありませんか。古くな...

ニットの洗濯頻度ってどの程度?目安や身につけたい習慣とは

寒い時期に活躍するニットは、ときに毎日のように着ることもありますね。そんな便利アイテムのニッ...

流行に合わせたジャケット!1980年代の肩パットを薄く調整

皆さんは肩パットというものをご存知でしょうか。ジャケットやコートの肩に、形良く着るためにつけ...

セーターが縮むのはなぜ?元の形に直す方法と縮まない洗い方

冬のファッションを楽しむには、セーターは欠かせないアイテムですね。もしかしたらセーターの洗い...

コートのポケットは必要か?縫い付けてあるポケットのお話

コートにポケットが付いているのは当たり前、ですが時々ポケットがないコートもあります。デザイン...

ダウンのベンチコートは自宅で洗濯できる?クリーニング店?

寒い冬に大活躍してくれるのがダウン素材のベンチコートですね。しかし、一転春になれば保管場所に...

シャツのボタンの付け方は簡単!遊び心を加えてみよう!

ワイシャツやポロシャツ、タンガリーシャツなど、シャツと言っても色々な種類があります。こう...

セーターの洗濯頻度はどれくらい?洗濯の目安や洗濯方法は?

冬にお気に入りのセーターを着ると、体だけでなく心も暖かくなりますよね。そんなセーターで気にな...

ゆるいスカートを詰めるには?ウエストの直し方とリサイクル

お気に入りのスカートのウエストがゆるくなってしまったとき、皆さんはどうしていますか?諦めて処...

シャツの黄ばみの取り方!シャツをキレイに復活させる!

オシャレをするためにシャツを着る方もいることでしょう。そのシャツに黄ばみがあったら、せっかく...

困った!お気に入りのニットが虫食い?!修繕方法のご紹介!

お気に入りのニットに見慣れない「穴」を発見したらショックですよね。その穴の原因は「虫食い」か...

ニットのお手入れには洋服ブラシが最適!使い方とおすすめ!

ニットアイテムを長持ちさせるには日頃のケアが大切です。簡単にケアといってもいったい何をどうす...

スポンサーリンク

ストールをプレゼントする際のエチケット

お世話になっている人達へプレゼントとしてストールを贈る前にあなたとの関係をよく考えて、せっかくのプレゼントが相手への押し付けにならないような気配りが少し必要になります。

身につけるものなので、とても親しい人でないと喜んでいただけるとは限りません。

いくら親しくても色の好みや好みの雰囲気など知らないことも多いからです。

中にはせっかくの好意をあまり快く思わない人もいるでしょう。

ストールをプレゼントとして贈ること自体は、マナーから外れているということにはならない品物になりますが、装うものになるので身近な人に贈るのがベターではないでしょうか?

あなたの「ありがとう」の気持ちをプレゼントにして喜んでいただくことは、あなたにとっても最高のプレゼントになりますね。

大切なお父様へストールのプレゼント!ダンディな色をチョイス

「いつも家族の為にありがとう」の気持ちはいつもありますが、面と向かってはなかなか口にできない難しい言葉ですが、大切な言葉です。

お父様世代の方は、ストールといえばやはり秋口から春先までの寒い時期に使われることが多いかと思います。

通勤にもウールやカシミヤなどの柔らかく暖かい素材のストールは断然欠かすことのできない、寒い時期の必需品と言えます。

今お持ちのストールもあるかと思いますが、あなたからのストールのプレゼントがあれば、毎日の寒い通勤時にも心が癒され暖かくほんわかとした気持ちで出勤されることでしょう。

特別な一枚に元気づけられること請け合いです。

毎日の通勤のご苦労を思い浮かべながら、元気を出してもらえる色を探してプレゼントしましょう。

最近は二色使い、三色使いのストールも多いです。

ブルー、紺、白などは冬向きの定番カラーです。

これらの多色使いのストールは、白がよくアピールします。

ブラウンもウールやカシミアの素材をアピールする温かみのある色になります。

デザインとしてチェック柄や鹿の子模様、ブロック柄になったストールはモダンな中にも新鮮さを感じさせるデザインになります。

お忙しいお母様へ、優しい色のストールをプレゼント

いつも絶え間なく家のことがあり、お忙しいお母様へのストールのプレゼントは、毎日の装いからイメージを考えてみましょう。

日頃の洋服に合わせやすいストールなら、プレゼントしても出番は多いはずです。

合わせやすい馴染み色は安心感がありますが、思い切って表情を明るく見せる、明るめのストールをプレゼントするのも家族ならではの心遣いになります。

女性用にはデザインも色彩もよりどりみどり、目移りするほど多彩に揃っています。

冬の人気色はグレー、ブルー、モカブラウン、パステルピンクなどでしょうか。

冬以外にはパステルカラーのレースをふんだんに使ったものやパープル、マスタード、レンガ色などのエスニック調な雰囲気のあるストールなど、目を奪われてしまうほどたくさんあります。

草木染めの、お肌に優しいストールも柔らかい色合いがたくさん揃っています。

お買い物などの日常使いでは、UVカットの働きを持つストールもあり嬉しいストールのひとつです。

お母さまの喜んでくれる顔を思い浮かべながら選ぶ時間も、楽しみのひとつです。

いつまでも元気で明るいお母様でいていただくように、心を込めて選び「ありがとう」の一言を添えてプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

大切なおじいさまおばあさまへ心を込めてプレゼント!ストールの色選びのポイント

幼い頃にかわいがっていただいたおじいさま、おばあさまにも心を込めてストールのプレゼントをしてみましょう。

おじいさまには、やはり寒い冬にかけてのストールのプレゼントが適しています。

保温性に優れたウールやカシミヤのストールが相応しいプレゼントの一つになります。

普段着にも背広でのお出かけでも合うような色合いにすると、いつも身につけていただけますね。

サークルなどの集会のお出かけにも、シルバーグレーの髪の色に合うような色のストールを選ぶと、表情も明るく若々しく見えること間違いありません。

色調を抑えたブルー、黒とグレーを合わせたチェック柄、おとなしめのパープルなどがさわやかにお顔に映え、元気なおじいさまをより一層フレッシュアップさせてくれます。

優しいおばあさまには、穏やかなパステル調の少し大きめのストールなんてどうでしょう。

暖かさをキープしてくれるため、きっと喜んでくれるプレゼントになります。

寒い時期には大きめのストールであれば、洋服感覚で羽織ることができます。

色としてはうすいピンク、抑えた色調のレンガ色、パープル、明るめのブルーなどが顔映りが良く、表情が健康的に見える色になります。

可愛らしいポンポンのついたストールもお似合いですね。

親友にも送りたい!シチュエーションに合わせたストールのプレゼント

いつも身近にいて元気づけてくれる大切な友人にも「ありがとう」のしるしとして、ストールのプレゼントを選択肢に入れてみましょう。

若い人ならパーティーなどの出席の機会も多いはずです。

ドレスアップして出席するパーティーは、心に残る思い出になることも多いでしょう。

ドレスにピッタリ合うストールをプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

華やかなドレスには、繊細なレース使いのストールがぴったりです。

友人を思い浮かべながら選んだストールは、きっとドレスを引き立て友人を優雅に見せてくれるはずです。

また、淡い色のストールを選べばフォーマルな洋服にも合わせることができます。

ストールの色とデザインが持つイメージを友人にうまく重ねることができたなら、永い間あなたを思い出しながら装ってくれることでしょう。

プレゼントにこんなストールも

一口にストールと言っても、中にはアイデアを凝らしたものがたくさんあります。

たとえば、さりげない模様の中にスパンコールが添えられてあるストールが特徴的です。

キラキラと光るスパンコールが、プチゴージャス感を演出します。

また、まるで洋服のようにさらに大きく、大胆な柄をあしらったストールもあります。

手触り優しいタオルストール、ガーゼストールは肌触り抜群です。

色も多彩で、視界から楽しくなるものが勢揃いしています。

既に少し触れましたが、天然自然の草木染めした優しい色と風合いのストールもあります。

タオルストール、ガーゼストール、草木染めストールのどちらも、肌触りのやさしいストールになります。

敏感肌な方に限らず、お肌に優しいのも思いやりになりますね。

絵画鑑賞が趣味の人にはうってつけのような、有名な画家の絵画をプリントしたストールもあります。

有名な絵画を身につけている、贅沢な気分に浸れるはずです。

和柄が好きな方には、日本の古典的な柄のストールもあります。

モダンアートが現代にストールに使われていて年代を問わず、新しい感覚で身に着けることができます。

贈る相手の雰囲気や趣味に合わせたプレゼントを贈ることができれば、「わかってるじゃん!」と距離が縮まることでしょう。

ストールのプレゼントは相手の雰囲気に合わせた色を

ストールにはあたたかい機能性はもちろんですが、色に迷うほどきれいな色が揃っています。

単色・多色使い、多色が溶け合ったような色彩などいろいろですが、ストールは本来洋服の引き立て役なので、ほぼどのメーカーも淡い色が大半を占めます。

プレゼントする人を思い浮かべ数ある中から選んだストール。

似合う色のストールを選びプレゼントするということは、その人に思いを馳せた時間も「ありがとう」の気持ちとあわせプレゼントすることになります。

プレゼントしたものを見につけてくれる姿は嬉しいものですし、その気持ちは尊いものです。