ボリューム袖ニットに適したコート!着用がきつい悩みを解消

寒い季節になると欠かせないアイテムがニットですよね。可愛い洋服が大好きなオシャレ女子の間で、すでにトレンドになっているのが「ボリューム袖ニット」です。しかし、アウター選びに困ってしまったことはありませんか。コートの種類によっては、中の袖がぐしゃぐしゃになってきつい、なんてこともありますよね。そこで今回は、ボリューム袖ニットに適したコートの選び方をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ジレがあればレディースコーデで手抜き!勿論難しい秋もOK!

秋のレディースコーデは頭を悩ませますよね。昼間暖かいと思っていたら夕方以降急に寒くなったり。...

スカートに裏地がない!透けて見えないためにペチコートを

スカートには裏地がついたものとないものがあることをご存知ですか?最近は、制服のスカートは...

ダウンのレディースコーデはダサい?女性らしく着るためには

ダウンジャケットは女性が着ると、「ダサい」「おばさんっぽい」と思われることもあるようです。そ...

ジャケットで決まる!?フォーマルな場でのキッズを好印象に

フォーマルな場にキッズを連れていく時には、どのような服装をさせるべきか迷うものです。また、フ...

ニットにも種類がある!自然繊維の生地は取扱いに注意しよう

特に寒い冬では、ニットは欠かせない存在ともいえるでしょう。そんなニットの生地には種類があり、...

スカートと黒タイツをおしゃれに着こなすには靴もポイント!

秋冬のスカートコーデで欠かせないアイテムが「タイツ」です。定番の黒タイツであれば引き...

アメカジファッションを楽しもう!おすすめブランドをご紹介

目次 1 アメカジってどんなファッションなの?2 代表的なアメカジファッションブランド!「GAP」と...

ジャケットとキャップを合わせるメンズファッションが人気!

ある調査によると、女性の4割がデートの時には、メンズにジャケットを着て貰いたいと答えています。...

ダウンから羽毛が飛び出る!そんな場合の対策方法はこれ!

寒い冬場には、暖かくて軽いダウンがとても有り難いものです。すでに愛用している人や、これから購...

レギンスは夏コーデの味方!夏におすすめの柄や素材をご紹介

暑い夏、少しでも涼しく過ごしたいものですね。冷房を使ったり冷たいものを飲食するなど、涼を取る...

おすすめのコートはノーカラーコート!お洒落なコーデは?

秋冬はお洒落の定番、コートが活躍する時期になります。人気を集め、おすすめとなるコートは女...

メンズ必見!ジーンズに合わせるベルト選びでは色味も大切!

Yシャツにネクタイをするとお洒落が映えるように、ジーンズにおいてもベルトが大切な役割を果たしてく...

デニムなどのショートパンツは30代でもお洒落に穿きこなせ!

「30代だってお洒落にショートパンツを穿きこなしたい!」このような切実な願いをお持ちの大人女...

ダウンのコーディネートを決める!レディース選びの注目点!

ダウンは、真冬のコーデには欠かせないアイテムですよね。そんなダウンですが、自分に合うものをき...

ジーンズのダメージを活かして、カッコよく補修しよう!

ダメージジーンズを履いて、カジュアルなファッションを楽しみたい方!履いているうちにダメージが...

スポンサーリンク

キレイ&華奢見えを叶えるボリューム袖ニットが熱い!

オシャレに興味がある人なら誰でも知っているボリューム袖ニット。

デザインの好みは人それぞれ違いますが、人気を呼んでいるファッションアイテムの一つです。

ボリューム袖ニットにも、袖の形状によってタイプがあります。

まず、袖の部分のみが大きく広がっている「ベルスリーブ」です。

大きな袖が印象的で目を引くため、例えシンプルなスタイリングでもオシャレに見えます。

このデザインは、好みの人と苦手な人に分かれるでしょう。

次は、フリルが女性らしくて可愛い「フリル袖」です。

袖にいくつもあしらわれたフリルが、華やかな印象にしてくれます。

オシャレ女子は1枚は持っているであろうトレンドニットですが、問題点もあります。

それは、いかにもきつい雰囲気が残念な、着膨れです。

少しでも細く見られたい女性にとっては、無視できないことですよね。

ボリューム袖ニットのみであれば、ゆったりした袖の効果で華奢見えや、フェミニンな雰囲気を作り出すことができます。

しかし、コートを着た際に、中のニットの袖がぐちゃっとなってきつくなってしまうのです。

それを解消するには、どんなコートの種類を選べばいいのでしょうか。

きついを解消!ボリューム袖ニットに合わせるコートはオーバーサイズが◎

寒くなる秋冬に店頭に並ぶトップスは、ボリューミーな袖のデザインのものがたくさんあります。

その中でも、ニットは暖かくて重宝しますよね。

ボリューム袖ニットを着る際の大きな悩みとなるのが、かさばってきつい袖部分ではないでしょうか。

コート選びにも頭を悩ませます。

スタイリッシュに袖を通さずに着る着こなしも魅力的ですが、寒さ厳しい真冬はきついですよね。

ここからは、ボリューム袖ニットに適したコートの選び方をご紹介していきます。

最初のおすすめは、オーバーサイズのコートです。

インナーのニットのボリューム感もしっかりカバーしつつ、ゆるっとしたぬけ感を演出できます。

今っぽいオシャレ女子に見えますよ。

ボリューミーなビッグシルエットのコートには、足元をスッキリとさせるのがおすすめです。

例えば、黒いパンプスにショート丈のジーンズで、足首を見せたコーディネートなどはいかがでしょうか。

スタイリッシュにきまりますよ。

また、コートの色選びにも気を使ってみましょう。

明るい色を選ぶことで、重たく見えがちなところを軽やかに見せることができますよ。

かさばってきついボリューム袖ニットにおすすめのコート

引き続き、かさばってきついボリューム袖ニットにおすすめのコートをご紹介していきます。

●ワイドスリーブのコート

ワイドスリーブデザインは、袖口に向かって大きく広がっていくのが特徴です。

ボリューム袖ニットと同じように、コートも袖部分にボリューム感のあるものを選ぶのも一つの方法です。

袖が太いコートは、どうしても太って見えがちです。

それを回避するためにも、ボトムスは必ずすっきりとまとめましょう。

細身のパンツやスカートがおすすめです。

●ファースリーブのコート

ファーが使用されているだけで、エレガントな雰囲気がでますよね。

ファーアイテムは、寒い季節にはかかせないものとなっています。

袖にボリューミーなファーがついているコートであれば、華やかに袖のきつさをカモフラージュできますよ。

●ポンチョ、ケープコート

ポンチョやケープコートは、元々がフレアな作りになっています。

そのため、ボリューム袖も楽にカバーすることができます。

楽に羽織れるだけでなく、大人っぽさも演出してくれます。

ボーイッシュなコートも、かさばってきついボリューム袖ニットの悩み解消に効果的

かさばる袖部分を、いかにキレイに見せるかがポイントです。

実は袖広で、ボリューム袖ニットにもおすすめなのがモッズコートです。

モッズコートというと、カジュアルでボーイッシュなイメージですよね。

モッズコートは見た目以上に袖広なため、インナーの袖がかさばってきつい悩みを解消してくれます。

寒い季節においては、アウターの色はどうしても暗いものを選びがちですよね。

しかし、モッズコートのイメージカラーでもあるカーキをさし色としてコーディネートすれば、こなれ感も簡単に出せます。

「女子感が足りないのでは…」と思いがちですが、スカートとの相性もバッチリです。

足元にショートブーツを合わせることで、大人っぽさも演出できます。

そして、カジュアル繋がりでMA‐1もおすすすめなアウターです。

MA‐1も、もともとは広い袖が特徴のアウターです。

そのため、インナーにボリューム袖ニットを着ていても、見た目にも響きません。

ハイウエストのパンツにベルト使いをすることで、腰高見せもできて素敵ですよ。

ボリューム袖のトップスにこのアウターは避けたほうがベター

ここまで、ボリューム袖のニットなどの、かさばってきつい悩みを解消してくれるコートをご紹介してきました。

ここでは反対に、ボリューム袖のトップスには合わせないほうがベターなアウターをご紹介します。

●ダッフルコート

ダッフルコートの起源はヨーロッパの漁師の防寒着にあり、昔から根強い人気があります。

トレンドを繰り返すことが多いため、1着持っていれば長期間愛用できます。

黒・ネイビー・グレーなどの定番色を使用した商品が多いため、誰でも使いやすいアイテムです。

カジュアルファッションからきっちりファッションまで、幅広く合わせやすいです。

また、特徴的な大きなボタンは、手袋をはめたままでも留めることができます。

幅広い年齢層の女性に人気のダッフルコートですが、形状的に袖が細いものが多いです。

ですから、ボリューム袖がダッフルコートの袖部分に入らないかもしれません。

仮に無理やり入れても、見た目にもデコボコしてしまいますし、パツパツで腕が動かしづらいです。

●細身のチェスターコート

ダッフルコート同様に、細身ですっきりしたデザインでは、かさばって腕部分の見た目がデコボコしてしまいます。

それでは、せっかくの細身のチェスターコートの良さを打ち消してしまいます。

ニットやコートを長く愛用するためにやっておきたい日頃の手入れ

型崩れも毛玉もない、よくお手入れされているニットを着ている人を見ると、性格もきちんとした人なのだなという印象を持ちます。

「性格は服装に表れる」と聞いたことがありませんか。

実は、どんな洋服を着るのかによって、その人の性格傾向を予測できるそうですよ。

だらしない人と思われないためにも、よく着るニットやコートのお手入れはしっかりしておきましょう。

最後に、日頃やっておきたいお手入れ方法をご紹介します。

●ニットやコートは脱いだらブラッシングする

洋服ブラシを活用しましょう。

洋服に付着したほこりなどのゴミをとって、繊維をほぐして毛並みをそろえてくれるので、毛玉が発生しにくくなります。

ブラッシングのかけ方の基本は、こすらずに払うことです。

手首をうまく使って、払うようにブラッシングしてください。

●ニットの連続着用は避ける

ニットにつきものといったら毛玉ですよね。

毛玉ができる主な原因は摩擦です。

日頃の生活の中には、毛玉ができるきっかけがたくさんあります。

そのため、お気に入りのニットをヘビーローテーションしてしまうと、繊維が摩耗して毛玉だらけになってしまいます。

お気に入りのニットを数点選択してローテーションを組むことで、どのニットも長く楽しめます。

毛玉が目立ってきたら、こまめにとることも忘れずに。

繊維の絡まっている部分から、丁寧に毛玉を切り離してください。

●収納前はハンガーに吊るす

ニットについた湿気や体温を除去するために、収納前にはハンガーに吊るしておきましょう。

ただし、掛けっぱなしは型崩れの原因になるので控えると吉です。

必ず畳んで収納しましょう。

ボリューム袖ニットや、袖がかさばってきつい悩みを解消してくれるコートを長く大切に着てください。

インナーのデザインに合わせたコート選びでオシャレをキープ

あなたが「この人オシャレで素敵だな」と判断するのはどこでしょうか。

その人のファッション、つまり見た目で判断するはずです。

服装にはその人の心理が表れやすいものです。

いくらオシャレなボリューム袖ニットを着ていても、コートが適したものではないとオシャレ度も下がってしまいます。

今回ご紹介した記事を参考に、冬のトレンドファッションを楽しんでくださいね。