スカートを魅力的に履きたい方へ!しわを防ぐ座り方や対処法

スカートは、身につけるだけで女性らしさが演出でき、魅力的なアイテムですよね。その一方で、座り方によってはしわができやすいなどの難点から、スカートを好まない方もいます。しかし、スカートの魅力を改めて知ることで、普段履かない方も、スカートをより身近に感じることができるのではないでしょうか。あるいは、ファッションの新たな可能性が広がるかもしれません。そこで今回は、スカートのしわを防ぐ方法に加え、その魅力にも迫っていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ジャケットをミリタリー調に!ワイルドメンズコーデが人気!

近年はタフな印象に無骨な雰囲気がお洒落と、男女問わずにミリタリールックのコーデが注目されています...

レギンスは冬にこそ穿くべき!「寒い」はコーディネート次第

レギンスはあたたかく、楽ちんですし、おしゃれなものも多いです。「冬は、レギンスよりタイツやパ...

デニムをプチプラでゲット!美脚に見えるおすすめをご紹介!

デニムは普段使いにお出かけにと、使い勝手のいいアイテムなので、だれでも1本は持っているのではない...

このアウターがおすすめ!冬に人気のメンズ向けジャケット!

冬は重ね着をすることが多く、アウターがコーディネートの中心となります。メンズ向けの冬用アウタ...

ニットの可愛いレディースブランドは?おすすめブランド6選

木枯らしの秋や、かじかむ冬では、あたたかいファッションアイテムが欲しくなりますね。寒い季節に...

デニムスカートで春をお出迎え!種類別の着こなし一覧

暖かな春の季節がやってくれば、穏やかな青空の下、お散歩やピクニック、ショッピングと、どこへ出かけ...

シャツの誠実とジーンズのゆるさ!両方の特徴が整うコーデ!

トップスの代表のシャツは、インナーにもなればアウターとしても使われます。しかし、インナー使い...

ジーンズの股下が破れた!こんな時補修はどうするのがいい?

ジーンズは年齢、性別問わず多くの人々に愛されています。また、ジーンズは長く付き合ってこそ味が...

トップスの色選びがレディースコーデの鍵に!おすすめは赤!

レディースコーデの場合に、トップスの色選びは多くの女子たちが頭を悩ませるようですね。レディー...

パーカーをカップルで楽しもう!おすすめのブランドをご紹介

パーカーは、カップルで楽しむのにとても適したアウターです。なぜなら男女ともに似合い、販売され...

スカートに合わせたアウター選び!冬のコーデはこれで完璧!

冬の到来と共に人によっては一年で最もお洒落を楽しめる季節が訪れることにもなります。この季節を...

シャツをタックインでおしゃれに着こなすには?【メンズ編】

皆さんは「タックイン」というワードをご存知ですか。メンズファッションにおいては、シャツなどの...

ニット素材の特徴を知ろう!もうセーター選びで失敗しない!

寒い冬に心地よい暖かさで包んでくれるのが、ニット素材で作られたモフモフのセーターですよね。同...

コートにキャップはおかしい?先入観を捨ててコーデを見直す

コートとキャップ、一見おかしい組み合わせと思いがちですよね。色やかぶり方によっては、違和感を...

ジーンズにローファーを合わせるメンズコーデが流行の兆し!

ジーンズに合わせる靴の定番といえば、スニーカーですね。一方、あまりにもカジュアル過ぎること、...

スポンサーリンク

スカートが与える女性へのメリット

スカートは、好みは別としても、女性であれはほとんどの方が1着は持っているアイテムではないでしょうか。

スカートを履く目的は人それぞれですが、ここでは女性がスカートを履くことによる利点を挙げてみましょう。

・女性らしさが増す

スカートは一般に「女性」としての記号として捉えられるため、スカートを履くことで、より女性らしさを表すことができます。

普段ズボンを履いている方がスカートを履くと、自分の中でも女性としての意識が高まるでしょう。

また、ズボンを履いている場合に比べ、スカートの方が座り方も優雅になるなどの変化もあるようです。

・異性からの評判が良い

男性から見て、スカートを履いた女性は魅力的に映る傾向があるようです。

特にデートの際など、女性がスカートを履いている場合は男性が喜ぶでしょう。

・身体のラインを隠せる

ズボンでもゆったりとした形状であればあまり気になりませんが、タイトなものでは身体のラインがでやすいです。

スカートであれば、足は見えますが身体のラインは隠すことができます。

このように、女性がスカートを履くことによる利点には様々なものがあります。

しかし、スカートはしわができやすいというような難点もあります。

次項では、スカートの難点についてご説明していきましょう。

女性がスカートを敬遠する理由

先述の通り、スカートを女性が履くことは様々な利点があります。

しかし、女性の中にはスカートを履くことをあまり好まない方が多いのも事実です。

では、どのような理由でスカートを履くことを好まないのか、以下でご説明しましょう。

・足が見えてしまう

スカートは、タイトなデニムなどと比べれば身体のラインがでにくいのは述べた通りですが、それでも足が見えてしまうことに抵抗を感じる女性も多いです。

また、スカートを履いている女性は、足の綺麗さに自信があるように思われてしまうということもあるようです。

本人はそのような意識はなくとも、人によっては感じ方にも違いがあるということですね。

そのため、男性がいるような場所ではあえてスカートではなくズボンを履く女性も多いです。

・めくれなどが気になる

スカートはその形状ゆえ、風の強い日などはめくれないようにスカートを押さえなければならず、歩くことさえも困難になることがあります。

風などによるスカートのめくれが心配な方は、キュロットタイプのスカートを履くのもおすすめです。

・静電気による足への貼りつき

冬などの乾燥している時期には、静電気が起きやすいものです。

素材にもよりますが、スカートは静電気により足に貼りつき、しわのような見た目になりやすいです。

静電気によって取れないほどの深いしわになることはありませんが、座り方に注意するなどしても防ぐことは難しいため、気になる方は静電気防止スプレーなどをスカートにかけておくと安心です。

スカートのしわを防ぐ座り方

前項で述べたようなスカートの難点とも言われるものの中には、しわができやすいことも含まれます。

そこでここからは、スカートを履く際にしわができないようにするポイントをご説明していきましょう。

まずご説明するのは、しわができにくい座り方です。

しわは、座っている状態にできやすいものです。

そのため、座り方によってしわのできやすさが大きく変わります。

座り方のポイントとしては、座る際にスカートの生地がおしりの下でもたつかないよう、ピンと手で生地を伸ばすようにすることです。

座った状態は、全体重が椅子などにかかるため、おしりの下に生地がもたついているとその重量で深いしわができやすくなります。

また、座っている際は何度も足を組んだりぶらぶらさせるなどしないようにしてください。

せっかく生地を伸ばして座ったとしても、足が動くことで生地がよれてしわができやすくなってしまいますので注意しましょう。

そして、スカートの生地を手で伸ばして座ることは、見た目的にも印象をよくする効果が期待できます。

細やかな配慮ができるようにも見られ、面接などのさりげない行動をチェックされやすい場においても、きちんとした印象を相手に与えることができるでしょう。

スカートのしわが気になる方は素材に注目しよう

スカートにしわができないようにするためには、選ぶ素材にも注意することが大切です。

しわができやすい素材とできにくい素材に分けてご紹介しましょう。

・しわができやすい素材

綿などの自然素材は、しわができやすいとされています。

綿だけを使用した綿100%のスカートなどは、自然素材ゆえ肌にも優しく安心な素材の1つと言えますよね。

しかし、しわができやすいという点もあることを覚えておくと良いでしょう。

また、上品な印象でスカートの素材としても人気のレーヨンも、しわができやすい素材です。

スカートだけでなく、ドレスなどにも映えるレーヨンは、正式な場にもふさわしい素材とも言えます。

しかし、そのやわらかさゆえにしわができやすい上、熱に弱いためしわができてもアイロンをかけることができません。

しわができてしまった場合には、クリーニングに出しましょう。

・しわができにくい素材

素材の中でも、扱いやすいのが特徴のポリエステルは、しわができにくいです。

しかし、しわができにくい素材であっても、座り方などに注意しないとしわができてしまうことも考えられますので注意しましょう。

座り方に注意してもできてしまったしわにおすすめアイテム

座り方などに注意してもしわができてしまった場合には、以下のような便利アイテムを利用するのもおすすめです。

【アイメディア 衣類のシワ伸ばしスプレー業務用 300ml】

スカートなどの衣類にしわができてしまった際に使用するスプレーは多くのものがありますが、中でもこのアイテムがおすすめです。

取り扱っている店舗にもよりますが、800円~1000円ほどで売られています。

しわ取りスプレーの中には、使ってもしわが綺麗に取れないものもあるようですが、このアイテムはシリコン入りのため、より高い効果が期待できます。

できてしまったしわを取るだけでなく、しわをできにくくするという特徴があるのも嬉しいですね。

なお、使用する際にはポイントもあります。

スプレーをかけた際には10分ほど放置し、その後軽く生地を伸ばしてください。

繊維の奥まで浸透し、よりしわが取りやすくなります。

しわや座り方を気にしたくないならズボンも

ファッションの観点からすると、男性より女性の方が選べるアイテムが多いということが言えます。

例えば、男性であればズボンを履くことはありますが、スカートを履くことはほぼありませんよね。

しかし、ズボンは男性だけでなく女性も普段から履いている方がいるのをよく見かけます。

ズボンは、スカートに比べ足にフィットするものも多く、運動などの活動的な行動もしやすいという特徴があります。

それに加え、しわもできにくいです。

ズボンは足のラインに沿った形状であるものが多く、その際生地がもたつく心配があまりありません。

また、ズボンを履いている場合は座り方を気にするということもあまりないでしょう。

そのため、スカートは女性らしさを際立たせ、より魅力的に見せられますが、「やはり気楽が一番」とすればズボンの方が勝っているかもしれません。

もちろんファッションは楽しむことが一番ですので、女性だからと無理にスカートを履く必要はありませんが、せっかくの広い選択肢を最初から捨ててしまってはもったいないです。

どちらもそれぞれ活かしていける女性が、もっとも魅力的な女性かもしれませんね。

シワ対策も万全に!スカートを魅力的に履こう

女性が身につける衣服は、男性に比べ種類も多いため、選ぶ楽しさもあるでしょう。

男性が女性をうらやましく思う理由として、スカートを身につけることができることもその内の1つであると聞きます。

そのため、女性は特権とも言えるスカートを魅力的に履きこなしたいものです。

それには、清潔感をだすためにお手入れをしたりすることに加え、しわへの対策も必要です。

せっかくのスカートも、しわができてしまっては魅力も半減してしまうというものです。

しわは座った状態でできてしまうことが多いため、しわができにくい座り方はもちろん、スカートの素材にも気を配ることが大切です。

普段スカートを履かないという方も、この機会にスカートを履いてみてはいかがでしょうか。