シャツをタックインでおしゃれに着こなすには?【メンズ編】

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

オーバーオールのおしゃれな着方はこれ!肩ひもを外す手も!

もともとオーバーオールは作業着として開発されましたが、その独特の形状が受け、老若男女を問わずに愛...

パーカーとマフラーによるレディースコーデで秋冬を楽しもう

レディースコーデとして、パーカーとマフラーはどちらも使いやすいアイテムですが、パーカーにはフード...

手軽に利用できるパーカー!コーデ次第で肌寒い春を楽しめる

寒い冬が終わり、春になるとコートを脱いで軽やかな服装になります。しかし、そんな日々の中でも、...

大人女性コーデのジーンズは太めタイプで上手な着こなしを!

大人女性のジーンズは、スリムも良いのですが断然太めのストレートタイプをおすすめします。脚のラ...

シャツの種類を把握してメンズコーデに活用しよう!

シャツは、とても重宝するファッションアイテムです。取り扱っている店舗が多いので入手が容易です...

流行のスカートコーデはフレアスカートにミモレ丈で決まり!

今注目したいのが、ミモレ丈のフレアスカートです。ふくらはぎあたりまで隠れるミモレ丈は、一番細...

スカートがブルーの場合のおしゃれな全身コーディネート!

スカートを穿きたいけど、いつもパンツばかり穿いているのでどんなスカートを選んでコーディネートした...

シャツのアイロンがけを簡単にする!洗濯や干し方のポイント

アイロンがけしたシャツはパリッとして気持ちが引き締まる方も多いと思いますが、アイロンがけはできれ...

デニムなどのショートパンツは30代でもお洒落に穿きこなせ!

「30代だってお洒落にショートパンツを穿きこなしたい!」このような切実な願いをお持ちの大人女...

パーカー×ジーンズは男の子っぽい?女性らしく着こなすには

パーカーは、カジュアルコーデにおける定番のアイテムと言えます。また、ジーンズも同じく、カジュ...

ブルゾンを合わせるレディースコーデなら黒の色味が大活躍!

男性が着ている印象が強いブルゾンですが、レディースコーデにおいても人気が高いアイテムです。パ...

スカートに靴下を合わせても自然!30代に合うコーディネート

スカート着用時に履くのはストッキングですか、それとも靴下ですか。寒い時にはタイツを履くことも...

オシャレ上級者編!コートと靴を同じ色で合わせてみよう

寒い冬は暖かさを求めて身に着けるアイテムが増えるので、オシャレを楽しむには最適な季節。鏡...

レディースアウターはお洒落で可愛いのが一番!ブランドは?

秋冬は、世の女性にとっては楽しみな季節かもしれませんね。何と言ってもお洒落の幅を楽しめる季節...

ダウンは薄手でも暖かいの?選び方や使い方を知ろう!

薄手のダウンでも暖かく着るためには、どんなことに気を付けたらいいのでしょうか。実はダウンには...

スポンサーリンク

ファッションでタックインとはどんな意味?

そもそもファッションにおける「タックイン」とは、どのような着こなしのことをいうのか、まずは簡単におさらいしていきましょう。

タックイン(tuck in)とは、英語で「押し込む」という意味です。

ファッションで使用される場合は、シャツやカットソーなどのトップスの裾を、ボトムスの中に入れて着こなすことを意味しています。

昨今、ゆとりのあるボトムスが人気なこともあり、メンズウィメンズにかかわらず、トップスをタイトめにしてタックインしたり、シャツをタックインしたりするコーディネートは定番といってもよいでしょう。

しかし、タックインのやり方を間違ってしまうと、一気に野暮ったく見えてしまう可能性もはらんでいます。

そこで、タックインの基本をこの記事で知っていただき、普段のコーディネートに役立ててみましょう。

メンズがシャツをタックインするなら?着こなしのコツ

では、実際におしゃれ初心者のメンズが、シャツをタックインするならどのような点に注目するとよいのでしょうか。

以下でコツを見ていきましょう。

○裾を適度にたるませる

シャツなどのトップスの裾を、ボトムスにきっちり入れてしまうタックインは、どこか野暮ったく感じる印象を与えてしまいがちです。

そこで、シャツなどの裾は適度にたるませることがおすすめです。

簡単に緩みを持たせるためには、ボトムスにタックインさせたら背伸びをすると程よいゆるみが出て、自然な仕上がりになります。

○ボトムスはルーズなシルエットにする

ボトムスがタイトすぎるシルエットだと、タックインをしてしまうと野暮ったく見えてしまう可能性が高くなりがちです。

そこで、ウエストに少しゆとりのあるルーズなシルエットのボトムスを選ぶと、タックインがおしゃれに決まるでしょう。

○全体のバランスを見る

タックインをメンズがするときには、トップスとボトムスの比率を4:6ぐらいになるように意識してみてください。

タックインはその性質上、どうしてもウエストの位置が見えやすいので、この比率を意識しないと足が短く見えてしまうので注意が必要です。

また、タックインをおしゃれに見せるには、トップスとボトムスのカラーを合わせるのもおすすめですよ。

マスターしておきたい!基本のタックイン方法を知っておこう!

タックインの方法には、いくつか種類があります。

こちらではその種類について見ていきましょう。

○フロントタックイン

昨今ウィメンズファッションで人気の着こなし方です。

シャツなどのトップスの全面だけボトムスに入れて、後ろは出します。

メンズにはあまり馴染みがないかもしれませんが、ウィメンズだとトップスそのものがタックインを目的とした着丈となっているものもあるといいます。

○フルタックイン

シャツなどのトップスの裾を全部入れる方法で、メンズの皆さんは馴染みがあるかもしれませんね。

取り入れやすいのはシャツのタックインですが、慣れてきたらカットソーなどのトップスでチャレンジしてみましょう。

○ハーフタックイン

このタックインは、シャツで着こなす際に可能な方法です。

一見入れ忘れのように見えたり、だらしなく見えたりするので、この方法をマスターしたらおしゃれ上級者といえるのではないでしょうか。

メンズがタックインするなら?シャツの選び方も大事

メンズがタックインするのであれば、シャツが着こなしに取り入れやすいとお伝えしました。

こちらでは、タックインをするメンズシャツの選び方をご紹介していきます。

○シャツのシルエットはジャストサイズかタイトめを選ぶ

タックインしたときに、上半身のシルエットが大きすぎるとおしゃれ度が下がってしまいます。

そうならないように、選ぶシャツのサイズはジャストサイズか、上半身のシルエットが細めに見えるものを選ぶようにしましょう。

○シャツの裾はラウンド型がおすすめ

シャツの裾の形には大きく分けて2種類あり、ラウンド型と直線型です。

裾が直線型のシャツは裾がまくり上がりやすく、タックインには不向きな形なため、裾がラウンド型のシャツを選ぶようにしましょう。

○シャツの生地は厚すぎない

シャツの生地が厚いと、タックインをしたときにシルエットが大きく見えがちです。

デニムシャツやネルシャツは避けるようにし、薄手のシャツを選びましょう。

○シャツのカラーやデザインは無地がおすすめ

派手に見えるカラーシャツや、チェックシャツといったカジュアルな印象を与えるものは、避けるのが無難です。

選び方に迷ったときは、無難なカラーの無地シャツを選ぶとよいでしょう。

シャツのタックインがしっくりこないときはこれも原因かも

いざ、メンズシャツのタックインにチャレンジしてみても、どことなく違和感があってしっくりこないと感じるときは何らかの原因が考えられます。

○シャツとその他のアイテムジャンルは統一感があるか

シャツをタックインするなら、シャツ、インナー、パンツなどのコーデに統一感を出すのが大事です。

例えば、チェックシャツをデニムにタックインしてしまうと、全体的にカジュアルなために一歩間違うとオタクのような印象を与えてしまうかもしれません。

おしゃれに見えるコーデを目指すなら、カジュアルすぎるチョイスは避けるほうが無難です。

○ウエスト周りに問題がある

股上の深いパンツをタックインに合わせると、どうしてもウエスト周りが大きく見えがちです。

さらに、ウエストの位置が必然的に高くなってしまうため、野暮ったく見えてしまうのです。

前述でルーズなシルエットのパンツがおすすめとお伝えしましたが、足が太く腰回りも大きく見えてしまうシルエットは注意が必要です。

ご自身の年代や、スタイルに合ったパンツ選びをするとよいでしょう。

メンズにおすすめ!シャツを使った簡単タックインコーデ

こちらでは、メンズシャツで簡単にできるタックインコーデについてご紹介していきましょう。

○ブラックシャツ×ホワイトワイドパンツ

色選びなどに迷ったら、まずはモノトーンのコーデでまとめてみましょう。

モノトーンの色合いがすっきりとして、大人メンズのタックインに合わせやすいはずです。

シャツの袖は長袖でも半袖でも合わせやすいでしょう。

シューズは黒いローファーや革靴でまとめてみてください。

ウエスト周りのシャツの裾を、前述の通り少しゆるませることがポイントです。

○オープンカラーシャツ×デニムーパンツ

オープンカラーシャツに細身のデニムパンツをあわせましょう。

パンツの色合いは濃いめのノンウォッシュや、ブラックデニムがおすすめです。

合わせるシャツは基本的には何色でも合わせられますが、はじめは薄い色や無難な色から合わせるのがよいでしょう。

初心者で細身のパンツとのタックインスタイルに抵抗を感じるのであれば、パンツをノータックのすっきりしたシルエットにすると違和感なく着こなせるでしょう。

初めてタックインするならシャツから試すのがおすすめ

タックインは、メンズウィメンズにかかわらず、近年では流行りの着こなしです。

こちらの記事を参考に、まずはシャツでタックインするのが簡単にできておすすめです。

シャツのタックインに慣れてきたら、カットソーやアウターと合わせた着こなしにもチャレンジしてみてください。

コツを掴めば、普段の着こなしの幅がさらに広がるのではないでしょうか。