シャツをタックインでおしゃれに着こなすには?【メンズ編】

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

パープルはグレーとの相性は良いの?他の色との相性はどう?

秋冬は勿論、トレンドカラーとして注目を集めるパープル。非常に鮮やかな色彩ゆえ、初めての場合に...

おしゃれなコートで冬を楽しみたい!おすすめの色とは?

「新しいコートが欲しい」と思っても、どんな色を選べばいいか迷ってしまうといった方は多いでしょう。...

レディースコートブランド特集!人気の高級ブランドはどれ?

秋冬のレディースファッションにおける主役となるのは、コートです。防寒などの機能性はもちろん、...

トレンチコートでかっこよく!定番レディース防寒コーデは?

かっこいい女性の定番と聞いて思い浮かぶコートと言えば、トレンチコートですよね。しかし、そのイ...

フレア&タイトスカートが似合わない原因と対処の仕方!

スカートは周囲に女性らしい印象を抱かせてくれるアイテムで、毎日のようにスカートを身に着けているな...

ジーンズに革靴を合わせるのがお洒落!特に茶色がおすすめ!

カジュアルを代表するアイテムといえば「ジーンズ」が真っ先にあげられるかと思います。それ程まで...

自分だけのデニムのワッペンを手作り!どんな生地でもOK!

ワッペンは、無地のカバンやシャツにつけても使えますし、柄のあるものにつけても使えます。しかし...

男性受け抜群のデニムのデートコーデ!夏コーデを楽しもう!

夏のデートコーデは、女性にとって悩みどころですよね。男性に意外と人気なのは、デニムを合わせた...

コートは軽い素材なら疲れにくいかも!素材別の特徴を紹介

おしゃれでも重たいコートは、毎日のように長時間着ていると疲れてきてしまいますよね。軽いコート...

パーカーを腰巻きして作るメンズのカジュアルファッション

かつて、公園や山道で見かけた腰巻きスタイルを、ストリートでもみかけるようになってきました。...

ジャケットを着こなそう!冬のビジネス用を着こなすコツは?

メンズジャケットは、冬の代表的なアウターです。防寒性に優れているだけではなく、ファッションの...

セーターでもタートルネックなら首の折り方でアレンジ自在!

秋冬のお洒落シーズン到来と共に、一躍存在感が増してくるのがタートルネックセーターです。様々な...

コート選びに迷っちゃう!素材から見るおすすめポイント

コートは春、秋、冬とお世話になる必須アイテムです。頻繁に買い替えをしないアイテムのため、コー...

上質なニットのおすすめレディースブランドをご紹介!

Tシャツやジーンズなど、いつの時代でも流行に左右されない定番アイテムがあります。ニットセータ...

コート選びのポイントは「着丈」身長とのバランスが大切

寒い季節になると活躍するコートですが、きれいに着こなすにはどのくらいの着丈が良いのでしょうか。...

スポンサーリンク

ファッションでタックインとはどんな意味?

そもそもファッションにおける「タックイン」とは、どのような着こなしのことをいうのか、まずは簡単におさらいしていきましょう。

タックイン(tuck in)とは、英語で「押し込む」という意味です。

ファッションで使用される場合は、シャツやカットソーなどのトップスの裾を、ボトムスの中に入れて着こなすことを意味しています。

昨今、ゆとりのあるボトムスが人気なこともあり、メンズウィメンズにかかわらず、トップスをタイトめにしてタックインしたり、シャツをタックインしたりするコーディネートは定番といってもよいでしょう。

しかし、タックインのやり方を間違ってしまうと、一気に野暮ったく見えてしまう可能性もはらんでいます。

そこで、タックインの基本をこの記事で知っていただき、普段のコーディネートに役立ててみましょう。

メンズがシャツをタックインするなら?着こなしのコツ

では、実際におしゃれ初心者のメンズが、シャツをタックインするならどのような点に注目するとよいのでしょうか。

以下でコツを見ていきましょう。

○裾を適度にたるませる

シャツなどのトップスの裾を、ボトムスにきっちり入れてしまうタックインは、どこか野暮ったく感じる印象を与えてしまいがちです。

そこで、シャツなどの裾は適度にたるませることがおすすめです。

簡単に緩みを持たせるためには、ボトムスにタックインさせたら背伸びをすると程よいゆるみが出て、自然な仕上がりになります。

○ボトムスはルーズなシルエットにする

ボトムスがタイトすぎるシルエットだと、タックインをしてしまうと野暮ったく見えてしまう可能性が高くなりがちです。

そこで、ウエストに少しゆとりのあるルーズなシルエットのボトムスを選ぶと、タックインがおしゃれに決まるでしょう。

○全体のバランスを見る

タックインをメンズがするときには、トップスとボトムスの比率を4:6ぐらいになるように意識してみてください。

タックインはその性質上、どうしてもウエストの位置が見えやすいので、この比率を意識しないと足が短く見えてしまうので注意が必要です。

また、タックインをおしゃれに見せるには、トップスとボトムスのカラーを合わせるのもおすすめですよ。

マスターしておきたい!基本のタックイン方法を知っておこう!

タックインの方法には、いくつか種類があります。

こちらではその種類について見ていきましょう。

○フロントタックイン

昨今ウィメンズファッションで人気の着こなし方です。

シャツなどのトップスの全面だけボトムスに入れて、後ろは出します。

メンズにはあまり馴染みがないかもしれませんが、ウィメンズだとトップスそのものがタックインを目的とした着丈となっているものもあるといいます。

○フルタックイン

シャツなどのトップスの裾を全部入れる方法で、メンズの皆さんは馴染みがあるかもしれませんね。

取り入れやすいのはシャツのタックインですが、慣れてきたらカットソーなどのトップスでチャレンジしてみましょう。

○ハーフタックイン

このタックインは、シャツで着こなす際に可能な方法です。

一見入れ忘れのように見えたり、だらしなく見えたりするので、この方法をマスターしたらおしゃれ上級者といえるのではないでしょうか。

メンズがタックインするなら?シャツの選び方も大事

メンズがタックインするのであれば、シャツが着こなしに取り入れやすいとお伝えしました。

こちらでは、タックインをするメンズシャツの選び方をご紹介していきます。

○シャツのシルエットはジャストサイズかタイトめを選ぶ

タックインしたときに、上半身のシルエットが大きすぎるとおしゃれ度が下がってしまいます。

そうならないように、選ぶシャツのサイズはジャストサイズか、上半身のシルエットが細めに見えるものを選ぶようにしましょう。

○シャツの裾はラウンド型がおすすめ

シャツの裾の形には大きく分けて2種類あり、ラウンド型と直線型です。

裾が直線型のシャツは裾がまくり上がりやすく、タックインには不向きな形なため、裾がラウンド型のシャツを選ぶようにしましょう。

○シャツの生地は厚すぎない

シャツの生地が厚いと、タックインをしたときにシルエットが大きく見えがちです。

デニムシャツやネルシャツは避けるようにし、薄手のシャツを選びましょう。

○シャツのカラーやデザインは無地がおすすめ

派手に見えるカラーシャツや、チェックシャツといったカジュアルな印象を与えるものは、避けるのが無難です。

選び方に迷ったときは、無難なカラーの無地シャツを選ぶとよいでしょう。

シャツのタックインがしっくりこないときはこれも原因かも

いざ、メンズシャツのタックインにチャレンジしてみても、どことなく違和感があってしっくりこないと感じるときは何らかの原因が考えられます。

○シャツとその他のアイテムジャンルは統一感があるか

シャツをタックインするなら、シャツ、インナー、パンツなどのコーデに統一感を出すのが大事です。

例えば、チェックシャツをデニムにタックインしてしまうと、全体的にカジュアルなために一歩間違うとオタクのような印象を与えてしまうかもしれません。

おしゃれに見えるコーデを目指すなら、カジュアルすぎるチョイスは避けるほうが無難です。

○ウエスト周りに問題がある

股上の深いパンツをタックインに合わせると、どうしてもウエスト周りが大きく見えがちです。

さらに、ウエストの位置が必然的に高くなってしまうため、野暮ったく見えてしまうのです。

前述でルーズなシルエットのパンツがおすすめとお伝えしましたが、足が太く腰回りも大きく見えてしまうシルエットは注意が必要です。

ご自身の年代や、スタイルに合ったパンツ選びをするとよいでしょう。

メンズにおすすめ!シャツを使った簡単タックインコーデ

こちらでは、メンズシャツで簡単にできるタックインコーデについてご紹介していきましょう。

○ブラックシャツ×ホワイトワイドパンツ

色選びなどに迷ったら、まずはモノトーンのコーデでまとめてみましょう。

モノトーンの色合いがすっきりとして、大人メンズのタックインに合わせやすいはずです。

シャツの袖は長袖でも半袖でも合わせやすいでしょう。

シューズは黒いローファーや革靴でまとめてみてください。

ウエスト周りのシャツの裾を、前述の通り少しゆるませることがポイントです。

○オープンカラーシャツ×デニムーパンツ

オープンカラーシャツに細身のデニムパンツをあわせましょう。

パンツの色合いは濃いめのノンウォッシュや、ブラックデニムがおすすめです。

合わせるシャツは基本的には何色でも合わせられますが、はじめは薄い色や無難な色から合わせるのがよいでしょう。

初心者で細身のパンツとのタックインスタイルに抵抗を感じるのであれば、パンツをノータックのすっきりしたシルエットにすると違和感なく着こなせるでしょう。

初めてタックインするならシャツから試すのがおすすめ

タックインは、メンズウィメンズにかかわらず、近年では流行りの着こなしです。

こちらの記事を参考に、まずはシャツでタックインするのが簡単にできておすすめです。

シャツのタックインに慣れてきたら、カットソーやアウターと合わせた着こなしにもチャレンジしてみてください。

コツを掴めば、普段の着こなしの幅がさらに広がるのではないでしょうか。