1枚で決まるコート!ノーカラーのファーコートがおすすめ!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

デニムは夏に履くと暑い!暑くない夏向きデニムについて解説

デニムというと、ジーンズとほぼ同じ意味合いで使われている、非常にポピュラーな言葉です。...

カットソーでおしゃれに!レディースの半袖カットソーコーデ

使いやすくデザイン豊富なカットソーは、誰もが一度は着たことのあるアイテムなのではないでしょうか。...

スカートにフレアーをチョイス!オシャレ見えなのはロング丈

スカートはレディースならではのオシャレアイテムです。そのスカートも種類がたくさんあって、選ぶ...

スカートを履く女性の心理とスカートを好む男性の心理の違い

初デートのときに女性がスカートを履いてきたら、「自分に気があるのでは?」と思う男性は多いよう...

サロペットがアツい!着こなしに一工夫して秋こそお洒落に!

サロペットはオーバーオールのイメージからか、可愛らしさやユニセックス感が強いアイテムです。し...

足を細く見せるレギンス!夏は白でおしゃれにコーディネート

夏場、ふわっとしたロングTシャツの下に何を履きますか。ジーンズは暑い、スパッツは短すぎる、ス...

コスパgoodなダウン!安い&おしゃれなダウンブランドご紹介

ダウンジャケットは、高級品で頻繁に買うことができないイメージがあります。しかし、中には機能性...

シャツにネイビー使いがお洒落と話題!着こなし術のポイント

レディースコーデにおいて、トップスとなるシャツにネイビーを合わせるコーデが注目されています。...

ジャケットにスニーカーを合わせるメンズのオシャレコーデ!

休みの日は、スーツを脱いでオシャレに出かけたい。そんな時は「ジャケットの出番!」とは思うもの...

ライダースとスカートで軽快に!春のライダースコーデご紹介

ライダースジャケットはその名の通り、バイクに乗るライダーを想像させるハードな雰囲気のジャケットで...

ジーンズのペイントを自作してプラスに!楽しんだもん勝ち!

1点物のオリジナルのジーンズが欲しいと思ったことはありませんか。ダメージ加工をするのも良いけ...

パーカーコーデが映える秋!レディースコーデに上手に活用!

重ね着のスタイルが少しずつ増えてくる秋の季節には、コーデも様変わりします。そんな秋の季節に活...

ダウンから中綿が出てくる!その原因とは?対策はあるの?

ダウンジャケットは、ほかのコート類と比べても非常に暖かく、防寒アイテムとして優秀です。そして...

ジーンズの股下が長いのは微妙!?きっちり採寸で最適な丈に

国民的なボトムスともなっているジーンズ。老若男女問わず、ほとんどの方が一つはお持ちなのではな...

セーターは「サイズ大きめ」が良い?コーディネートもご紹介

昨今では、女性用男性用に限らず「セーターは大きめがおしゃれ」と言われています。しかし、それを...

スポンサーリンク

冬の定番・ファーコートの魅力とは?

コートには、ウールやカシミア、ノーカラーなどさまざまな種類がありますが、定番と化しているものに「ファーコート」があげられます。

ファーコートとは、モコモコとした見た目が印象的で、思わず触りたくなる肌触りの良さが特徴です。

とても暖かいので、防寒に適したコートです。

また、1枚羽織るだけでゴージャスな印象にすることができ、ハイファッションのイメージが強いという人も多いでしょう。

しかし、昨今ではデニムパンツやスキニーパンツなどと合わせて、カジュアルな着こなしをする女性を多く見かけるようになりました。

ファッションの多様化により、着こなしにくいイメージの強いファーコートは、さまざまなコーディネートに使えるようになってきたのです。

また、昨今では安価なファーコートが増えたことにより、若い女性が着用することも多くなってきました。

ファーコートはさまざまなコーディネートに使えるものなので、一着は持ってことをおすすめします。

ファーコートには「フェイクファー」と「リアルファー」がある!

ファーコートには「フェイクファー」と「リアルファー」があります。

ファーコートはものによって値段の開きが大きいですが、上記のどちらかにより金額は左右されます。

それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

●リアルファー

リアルファーは動物の毛皮を利用したものを指します。

ミンク・フォックス・キャット・ラビット・ラムなどの種類が一般的で、1枚羽織っただけでとても暖かいのが特徴です。

高額なコートが多く、こまめにお手入れして長く愛用することが良いとされています。

●フェイクファー

フェイクは「偽」を意味するため、動物の毛皮を利用していないファーを指します。

主に化学繊維などの毛を使用しています。

安価なものが多く、リアルファーと比べると見た目の質感が少し劣ります。

しかし、リアルファーよりもボリューム感が薄いことで、着ぶくれしないでファッションを楽しめます。

さらにノーカラータイプのコートを選べば、スッキリと着こなすことができるでしょう。

次項では、ノーカラーコートについて詳しく見ていきます。

形がきれい!ノーカラーコートとは?

ファーコートを着るのなら、ノーカラータイプを選ぶのがおすすめです。

ノーカラーコートとは、どのような形をしたコートなのかご存知でしょうか。

近年では着用する女性が多くなり、コートの定番と化してきた印象を受けます。

ノーカラーコートとは、「襟がない」コートのことを指します。

襟がないことで、すっきりとした見た目の印象となり、着やせ効果が期待できます。

また、襟がないので「タートルネック」をきれいに着こなせたり、「パーカーのフード」を外に出して着こなすなど、コートのインナーを際立たせて着用することが可能です。

シンプルでもカジュアルでも、どのようなコーディネートにも合わせることができる、きれい目コートの代表なのです。

さらに丈の長さやカラーによって印象が異なるため、ショートとロングでカラーを変えて揃えておくのもおすすめです。

すっきり着こなせる形のコートだからこそ、ボリュームのあるファーコートとの相性が良いのです。

次項では、ノーカラーファーコートを使ったおすすめのコーディネートをご紹介していきましょう。

ノーカラーファーコートのおすすめコーディネート【ロング丈】

ここからは、ノーカラーファーコートのおすすめコーディネートをご紹介していきます。

ファーコートはゴージャスな印象が強いですが、ここでは街でラフに着こなせるよう、カジュアルなコーディネートに絞ってご紹介しています。

まずは「ロング丈」から見ていきましょう。

●レースでフェミニンなコーディネート

・ノーカラーファーコート/ブラウン
・レースワンピース/ホワイト
・スニーカー/ピンク
・バッグ/ブラック

ブラウンのファーコートは上品なイメージが強いですが、インナーにレースのワンピースを合わせることで、フェミニンな着こなしができます。

また、足元をスニーカーで崩すことでカジュアル寄りになり、若い女性でも着こなしやすくなります。

●海外セレブ風コーディネート

・ノーカラーファーコート/ライトブラウン
・トレーナー/パープル
・デニムパンツ/ライトブルー
・スニーカー/グリーン

ファーコートをカジュアルに着こなす、海外セレブ風のコーディネートです。

ポイントは、大き目なファーコートを選ぶことです。

ビッグシルエットのアウターにすることで、カジュアルだけど洗練されたコーディネートに見えます。

カジュアルな着こなし!ノーカラーファーコートのコーディネート【ショート丈】

続いても、ノーカラーファーコートのカジュアルなコーディネート例をご紹介していきます。

ここでは「ショート丈」を詳しく見ていきましょう。

●デートにおすすめ!カジュアルコーディネート

・ノーカラーファーコート/ブラウン
・ワンピース/グレー
・ブーツ/ブラック
・バッグ/グレー

ファーコートはモコモコするため、ショート丈だとメリハリを出しやすくなります。

ファーコートにグレーのワンピースとブラックのブーツを合わせることで、カジュアル感が少し薄くなり、デートなどにおすすめのコーディネートになります。

ショート丈のファーコートは面積が少ないため、着こなしやすくなるのでおすすめです。

●おしゃれ!目を引くビビッドコーディネート

・ノーカラーファーコート/オレンジ
・トレーナー/グレー
・パンツ/ブラック
・ブーツ/ブラウン
・バッグ/ブラウン

インナーはブラックなどでシックにまとめていますが、ファーコートをオレンジにすることで、まとまりのあるおしゃれな印象にすることができます。

コートのオレンジはビビッドカラーにするのがおすすめです。

インナーをすべてタイトなサイズで選ぶことも、コーディネートのポイントです。

おしゃれ上級者に!ノーカラーコートと相性の良いおすすめの小物

ここまで、ノーカラーファーコートについて魅力や特徴、コーディネート術などをご紹介してきました。

最後に、ノーカラーコートと相性の良いファッションアイテムをご紹介していきます。

ぜひ取り入れて、おしゃれ上級者を目指しましょう。

●マフラー・ストール

ノーカラーコートは首元が寂しくなりがちなので、マフラーやストールを巻くのがおすすめです。

ボリュームのあるマフラーやストールをふんわり巻くと、コートとのバランスが良くなります。

コートがダークカラー系なら、差し色となる明るい色のマフラーを選びましょう。

逆にコートの色が明るければ、ダーク系のマフラーを選びます。

コートのカラーとのバランスを見て決めることが重要ですよ。

●ショルダーバッグ

ショルダーバッグは、肩にかけて使用することで、コーディネートで重要なポイントになります。

ひもの部分が金具でできているものなら、ファッションのポイントになるためおすすめです。

小さめのショルダーバッグはノーカラーコートとの相性が良いため、1つは持っておくことをおすすめします。

ノーカラーファーコートで冬のファッションを楽しもう!

ファーコートはゴージャスな印象が強いため、コーディネートが難しいと感じる女性は多いでしょう。

しかし昨今では、カジュアルな着こなしをする人が多く、また安価なフェイクファーが人気なことから、街でも着用している人を多く見かけるようになりました。

ファーコートを着るなら、すっきりと見せる効果があるノーカラーコートがおすすめです。

1枚羽織るだけでコーディネートのポイントとなるため、冬に大活躍することでしょう。