ニットの種類を知ろう!「ふわふわ」なニットとは?

ふわふわ、モコモコのニットに包まれると、優しい気持ちになりますよね。

ニットには、ふんわりと見えるタイプと、体にそうタイプがあり、編み方や糸によって質感が変わります。

女性らしく見える種類のニットを選んで、寒い冬をかわいく乗り切りましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コート×ストールのコーディネート方法!巻き方がポイント

寒い冬になると、マフラーやストールなどを身につけるでしょう。 しかしいざコートと合わせ...

ライダースは黒?茶?ネイビー?さまざまな着こなしをご紹介

ライダースジャケットは、その名の通り、もともとはバイクに乗る人のために作られた特徴的なジャケ...

ジーンズの人気アイテムと人気レディースブランドをご紹介!

ジーンズは老若男女問わず、誰しも所有する人気のファッションアイテムです。 今では国民的なアイテ...

寒い時期アウターはカジュアルでラフに!メンズ必見

秋風が冷たく感じると温かいアウターが急に恋しくなりますね。 メンズのカジュアルなアウターは色々...

毎日履きたいおしゃれで快適なジーンズ!何インチが平均?

性別や世代を問わず、子供から大人まで履くことができるのがジーンズです。 カジュアルな装...

爽やかなシャツが1番!メンズの夏コーデはここに注目しよう

日本の夏は蒸し暑いので、それに合わせてファッションを選ぶ必要があります。 メンズ向け夏コーデと...

デニム素材でポーチをハンドメイド!個性を活かして作ろう!

使い古したデニムは、リペアすることで蘇らせることが可能です。 リペアしたデニムには独特な風合い...

ダウンは薄手でも暖かいの?選び方や使い方を知ろう!

薄手のダウンでも暖かく着るためには、どんなことに気を付けたらいいのでしょうか。 実はダウンには...

ストールのピンの使い方!留め方を工夫してよりおしゃれに!

まだ肌寒い春先にサッと羽織って首周りを冷えから守ってくれるストール。 機能面だけでなく、ファッ...

白シャツ×ジーンズで大人レディースコーデにしてみよう!

大人カジュアルコーデの定番ともいわれる「白シャツ×ジーンズ」のコーディネート。 万能なコーディ...

アウターは黒がいい?紺がいい?どちらも効果的に使う方法!

衣類を購入する際、地味な色を選んでいませんか。 特に男性の場合は、黒か紺のアウターが多くなりが...

子供のアメカジコーディネート!わんぱくキッズにぴったり!

定番のファッションスタイル「アメカジ(アメリカンカジュアル)」は、子供にもおすすめです。 この...

スカート?ワンピース?どっちを買おうか迷った時には!

女性は、いくつになっても女性らしさを心がけていたいものです。 そのため、自身の体型、服装、お化...

レギンスに再びブーム到来!コーデを豊かに楽しむ冬が来た!

「レギンスはもう古い!」実は、その概念は覆りつつあります。 確かにレギンスは、一時の圧倒的なブ...

コートからスカートがはみ出る場合にお洒落な基準はあるの?

秋冬のお洒落の定番で欠かすことができないのがアウターとして活用するコートですね。 ただ、このコ...

スポンサーリンク

ふわふわ系ニットで女性らしく!ニットの種類

ニットの種類をご紹介します。

●アンゴラ(モヘア)

ふわふわ系ニットの代表的な存在といえばアンゴラです。

とても細い糸が使われていて、手触りが心地よく、空気をしっかり含むので温かさにも優れています。

着たときに、体の輪郭がぼやけて見えるニットです。

シルエットを大きく見せるため、やや着ぶくれしてしまいますが、独特のかわいらしい雰囲気があります。

デザインがシンプルでも、地味に見えないのがアンゴラニットの魅力です。

パンツやスカートにインして、バランスを調整するといいですね。

発色のいいレッドやブルーなど、華やかなカラーのアンゴラニットも人気ですが、グレーやブラックなどクールなカラーのニットもおすすめです。

●シャギー

毛足の長いファーのような雰囲気のニットです。

外からは網目は見えず、やわらかい肌触りです。

アンゴラと同じく、シンプルなデザインでもインパクトがあります。

ピンクやパープル、水色など、個性的なカラーのシャギーニットもおすすめです。

種類によってイメージが激変!さまざまなニット

引き続き、ニットの種類をお伝えします。

●プードルニット

愛くるしい小型犬、プードルのような雰囲気のニットです。

モコモコの糸を繊細に編んで作られるニットで、帽子やマフラーにも使われています。

癒される小動物のように見せてくれるので、女性にとっては見逃せないアイテムですね。

●ループニット

糸を輪を描くように編んでいくニットです。

袖や襟など部分的にアクセントとして使用されることも多いです。

触り心地もふわふわで、近年人気が高まってきているニットです。

●ケーブルニット

ケーブルには、「縄」という意味があります。

その言葉通り、縄が編まれたようなデザインのニットで、ホッとするようなあたたかみがあります。

きちんとした上品なイメージがあるため、老若男女問わず選ばれています。

見た目のふわふわ感ではアンゴラやシャギーに劣りますが、オーバーサイズで萌え袖ニットなどを選ぶとキュートな雰囲気を強調できますよ。

ふわふわしないニットの種類

上記の他にも、ざっくりと編まれる「ローゲージニット」や、毛糸ではなく布のように見える「ハイゲージニット」などがあります。

ローゲージニットはボリューム感があり、華奢に見せてくれるものが多いです。

そのため、体型のコンプレックス隠しにも便利なアイテムです。

一方、ハイゲージニットは網目がとても細かく、透け感がありません。

薄手で体のラインにそっているのに、防寒機能が高いものもあります。

着ぶくれしたくないときにおすすめのアイテムです。

薄手のニットの中では、リブニットとワッフルニットも人気の種類です。

リブニットは、よく伸びるニットで体にフィットします。

キャミソールやカーディガン、ワンピースの素材としても使われます。

そしてワッフルニットは、小さくポコポコとした網目が特徴のニットです。

縦と横、交互に編まれているさまが、スイーツのワッフルに似ています。

ナチュラルな触り心地で、スポーティなコーディネートとも合います。

ニットではありますが、クールでシンプルなイメージがあります。

こうした薄手ニットはふわふわした印象はないですが、春夏でも着ることができて便利です。

ふわふわ系ニットを上手に着こなすコツ

ふわふわ系ニットと、薄手ニットの種類をご紹介しました。

アンゴラなど、ふんわりとしたシルエットのニットには「着ぶくれさせないコーデ」という課題があります。

実際よりも太って見えたり、スタイルが悪く見えたりしないために、これからご紹介するポイントを参考にしてコーディネートしてみてください。

●デコルテを見せる

Vネックなどで首もとのラインを見せると、肩や胸のあたりが膨張していてもすっきりと見せられます。

鎖骨がきれいに出ているなら特に、デコルテを見せるニットがおすすめです。

●下半身のシルエットをタイトにする

上半身をふんわりとしたシルエットにしたら、下半身はコンパクトに引き締めるようにしましょう。

タイトスカートやスキニーデニム、ロングブーツなど、「縦」のラインを強調するアイテムが使えます。

●ニットをボトムスにインする

ニットをスカートやパンツにしまうことで、脚を長く見せる効果が期待できます。

重心が上に行くとトレンド感のあるコーディネートにできますよ。

ウエストがはっきり分かってしまうことに抵抗があるなら、「前だけイン」や「アウターで隠す」などのコーデもおすすめです。

ふわふわ系ニットを洗練された印象に!

●甘辛ミックスコーデにする

ふわふわしたニットには、女の子らしい甘い雰囲気があります。

合わせるスカートや靴、バッグ、アクセサリーもすべて女性らしい種類だと、甘さが強調されすぎてしまうかもしれません。

洗練された大人コーデにするためには、辛口のアイテムと合わせて甘辛ミックスコーデにするといいでしょう。

例えば、ふわふわ系ニットにボーイフレンドデニム、萌え袖ニットに黒のスキニーパンツなど、クールなアイテムを組み合わせてみてください。

ストライプやレオパード柄の小物にも引き締め効果が期待できますよ。

●ヒールの高い靴をはく

シルエットが横に広がって見えるニットには、ヒールの高い靴が似合います。

春や秋など、寒さが本格的ではない季節には、ピンヒールのパンプスもいいかもしれません。

ニットのほっこりとしたイメージと真逆のイメージを持つアイテムはコーディネートのスパイスとして活躍します。

アンゴラニットの洗い方!

ニットの種類の中で、ふわふわ感が強いのはアンゴラニットなのですが、「どうやって洗濯するの?」と疑問に思う方も多いようです。

アンゴラは、毛が抜けやすくデリケートなニットです。

洗濯機の通常モードで、タオルなどと一緒に洗ってはいけません。

まずはニットのタグを見て、洗濯表示を確認してみましょう。

アンゴラの繊維が少なければ自宅で手洗いもできます。

生地を傷めないように注意して洗ってください。

【アンゴラニットの基本の洗い方】

●必要なもの

・中性洗剤
・柔軟剤
・洗面器
・洗濯用ネット

●洗い方

1.洗面器にぬるま湯をくみ、洗剤を少し溶かす

2.ニットをたたみ、洗浄液につける(5分くらい)

3.洗浄液の中でニットを揺らすようにやさしく洗う

こすったり、もんだり、引っ張ったりしないでください。

4.水を交換してニットをすすぎ洗いする(3回くらい)

5.ニットを洗面器から取り出して、今度は柔軟剤液を作る

6.水に少量柔軟剤を溶かし、そこにニットをつける

7.ニットをたたんで洗濯用のネットに入れて洗濯機で脱水(1分くらい)

8.ニットの形をととのえて平干し

●注意すること

・手早く洗う
・ハンガーに吊るさない

※特にお気に入りのニットでしたら、クリーニングに出してプロにおまかせすることをおすすめします。

モコモコのやわらかいニットを着よう!

ニットの種類や、コーデのポイントなどをご紹介しました。

ふんわりとしたニットは、女性をかわいらしく見せますよね。

かわいい服を着ていると自然と、仕草や口調まで優しくなるかもしれません。

着ぶくれして見えないコーディネートもありますので、好きな色のふわふわ系ニットでおしゃれを楽しんでください。