ダウンの季節が来たら!メンズがおしゃれに着こなすポイント

ダウンは、メンズがちょっとした買い物に行く時にも気軽に着やすいアイテムです。

また、防寒性に高い評価があり、あらゆる場面でダウンが1着あると便利です。

しかし一方で、選び方やコーディネートによっては、おしゃれに見えなくなってしまうアイテムでもあります。

そこで今回は、メンズのおしゃれなダウンの選び方やコーディネートはもちろん、おすすめアイテムについてもご説明していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ジーンズに靴下、スニーカーはカジュアルコーデ三種の神器!

いつもお洒落に気を配る女性も、たまには息抜きでラフな着こなしを楽しみたいですよね。 そこで便利...

デニムをハイターで脱色アレンジ!そんなお洒落もありかも!

デニムは様々なお洒落感を楽しめる応用のできるアイテムです。 そんなデニムのお洒落の一つが、...

春に女性へストールを贈ろう!シルクのブランドものが理想的

愛する奥様や彼女、気になる女性へのプレゼントでお悩みならば、ストールはいかがでしょうか。 ...

デニムにボアがついたジャケットのおしゃれコーデをご紹介!

デニムジャケットの内側にボアがついた「ボアデニムジャケット」をご存知でしょうか。 見た目にも暖...

メンズジャケットを着こなすためには着丈と身長に注意しよう

ジャケットは、メンズファッションになくてはならないものです。 秋から春にかけてのアウターの定番...

スカートにピッタリの緑はどんな色?明るく爽やかな春を演出

春・夏・秋・冬と季節に合わせて、色鮮やかな服が街を彩ります。 秋はモスグリーンや濃いベージュと...

ミモレ丈スカートの着こなし!トップスとのバランスが大切

女性的な雰囲気が魅力のミモレ丈スカートですが、着こなしが難しいと合わせることに躊躇する女性が意外...

ビジネスコートは薄手でも暖かい理由を理解してオシャレに!

寒い季節には、暖かいコートの出番です。 暖かいのは、なんと言ってもダウンですが、ダウンはモコモ...

ジャケットをオーダーメイドで!東京近郊でオススメのお店

ジャケットが欲しいけれど、自分の体型に合う気に入ったものがなかったら、どうしますか。 スーツ専...

冬の必需品!ダウンで迷ったら?キッズにおすすめのブランド

真冬の寒さでもキッズは元気いっぱいですよね。 キッズが外の寒さに負けないためにも、暖か...

秋冬の定番コート、おすすめの種類!【メンズバージョン】

秋冬の定番アイテムといえばコートですね。 男性の場合には、お洒落を楽しめる女性とは少々事情が異...

デニムから色移り!?キャンバス地トートバック色移り予防策

「ふと気が付くと、お気に入りのキャンバス地のトートバックにデニムの色移りがしていた!」このような...

No Image

オーバーオールをベビーに着せておしゃれにコーディネート!

よちよちと歩き出した赤ちゃんは、好奇心が旺盛です。 だんだんとアクティブに動くようにな...

クールビズはYシャツで決まる!快適な素材で夏を爽やかに!

夏に向け気温が上昇してくると、各企業や団体ではクールビズが始まりますね。 仕事上、一年中Yシャ...

ライダースとスカートで軽快に!春のライダースコーデご紹介

ライダースジャケットはその名の通り、バイクに乗るライダーを想像させるハードな雰囲気のジャケットで...

スポンサーリンク

メンズがダウンをおしゃれに着こなすにはボトム選びが重要

メンズがダウンをおしゃれに着こなすためには、いくつかのポイントがあります。

中でもまず挙げられるのが、ダウンと合わせるボトムに注意するということです。

ダウンは、カジュアルな印象の強いアイテムのため、選ぶボトムによってはそれが強調されすぎてしまいます。

例えば、ダウンにカジュアルな印象の強い、幅が太めなデニムをボトムとして選んだとしましょう。

このようなコーディネートは、特にダウンが流行り始めた頃に多く見られましたが、昨今ではおしゃれとは判断されないようです。

カジュアルすぎるゆえ、部屋着のような印象を持たれてしまうことも否定できません。

仲の良い友達と会う時であればまだ良いですが、デートなどには避けるのが望ましいコーディネートと言えるでしょう。

そこでおすすめなのが、ダウンのカジュアルさをほど良く引き立ててくれる、きれいめのボトムを選ぶことです。

そうすることで、ダウンの持つカジュアルさがうまく調和され、あか抜けた印象になります。

ダウンにはIラインシルエットを!メンズのスタイルも良く見える

ダウンは、着た時にボリュームが目立つのも大きな特徴です。

それは、おしゃれさを引き立たせることもある一方、場合により着ぶくれにも繋がりやすいと言えます。

そのため、ダウンをメンズが着る場合にはシルエットに注意しましょう。

おしゃれに見えるシルエットはいくつかありますが、ボリュームのあるダウンにはIラインシルエットを取り入れるのがおすすめです。

Iラインシルエットで縦の長さを強調することにより、着ぶくれを防ぐことはもちろん、スタイルも良く見えます。

ダウンのボリュームにより視線が上に集中しやすいため、足長効果も期待できるでしょう。

それだけでなく、デザインによっては幼く見えがちなダウンを、大人っぽく着こなすことにも繋がります。

また、それには合わせるボトムに細身のものを選ぶことが大切です。

そうすることで、簡単にIラインシルエットが生まれます。

それから、Iラインシルエットをよりきれいに見せるために、細身のボトムの裾は長くしすぎないようにしてください。

ボトムの裾が長いとダボっとしてしまい、せっかくのIラインシルエットが崩れてしまいます。

裾の長さに注意すれば、簡単にスタイル良く見えるダウンコーディネートが完成するでしょう。

メンズのダウンはテカリや装飾の少ないものを選んで

述べた通り、ダウンをおしゃれにコーディネートするには、ボトムの選び方やシルエットに注意することが大切です。

しかし、それらに注意しても「なぜか周りからおしゃれに見られない」というメンズの声も聞かれます。

それには、どのような原因があるのでしょうか。

まず挙げられる原因として、ダウン表面の素材がテカリの強すぎるものであることです。

そのようなメンズのダウンは、一般的に価格が安いものに多く見られます。

テカリが強いと、それだけで安っぽい印象が強くなり、せっかくコーディネートしてもおしゃれに見えないことがあります。

また、ダウン表面の素材がテカリの強いものは、装飾が華美であることも多い印象です。

ダウンは装飾が華美だと、場合によりあか抜けない印象になりがちです。

そのため、ボタンやチェーン、ジッパーなどの装飾があまりにも目立つようなメンズのダウンは、避けるのが望ましいでしょう。

日本のメンズは特に注意!?ダウンはジャストサイズを選んで

前の項で述べた通り、ダウンはボリュームが出やすいのも特徴の1つです。

そのため、自分のサイズに合っていない大きなものを選ぶと、ダウンに着られているような印象になってしまうため注意が必要です。

それがロングダウンであると、正面から見た時に大きすぎる印象がさらに強くなります。

特に、日本のメンズは低身長の方も多いため、サイズの合っていない大きなダウンを着ることで、よりそれを強調させてしまうことも考えられます。

そのため、メンズがダウンを選ぶ時にはジャストサイズを心掛けるようにしてください。

また、反対に自分のサイズに合っていない小さなダウンを選ぶのも避けましょう。

窮屈に感じるだけでなく、しわもできやすいため、おしゃれに見えなくなってしまいます。

おしゃれなメンズなら持っておきたい!「一生ものダウン」

ここからは、メンズにおすすめなダウンをご紹介します。

まずご紹介するのは、おしゃれなメンズの中でもファンの多い、ピレネックスのダウンです。

【ピレネックス メンズ ランスジャケット】

取り扱い店:ARKnets

参考価格:99,000円(税込)

価格は、メンズのダウンの中でも高いと言えますが、それが気にならないほどの品質の良さが魅力です。

素材にストレッチ性を持たせることで、軽さや動きやすさを叶え、ダウンにありがちな窮屈さを感じさせません。

大きめのフードで小顔効果も期待でき、取り外せばビジネスなどきちんとした場にも使える万能さも魅力です。

センスの良い装飾で、コーディネートにより、かわいくも大人っぽくも着こなせるデザインに仕上げているのはさすがです。

ショート丈のため、コーディネートをしやすいのも嬉しいですよね。

また、サイズ展開が幅広いのも特徴で、メンズの身長や体形に合わせて選べるのも特徴です。

「一生もののダウンが欲しい!」と考えているメンズにおすすめなアイテムです。

メンズを寒さから守る!おしゃれなロングのダウン

先ほどもお伝えした通り、ダウンの中でもロングは、場合により着られているような見た目になってしまうことがあります。

しかし、丈が長いことで防寒性も高く、寒さが厳しい時期にはロングのダウンが欲しくなるものですよね。

そこで最後に、メンズにおすすめのロングのダウンをご紹介しましょう。

【HOYUKI メンズダウンコート】

取り扱い店:48hours

参考価格:16,092円(税込)

メンズの身長にもよりますが、膝が隠れるほどの丈で寒さから身体を守ってくれます。

カラーも3色と豊富で、自分の好みに合わせて選べるのも良いです。

実際購入した方からも、「軽くて暖かい」と高評価を得ています。

ウエストが締まったようなデザインにより、スタイルをすっきりと見せてくれます。

袖口には隠しリブがついていて、着ていてもダボっとした見た目になりにくいです。

フードはもちろん、それについているファーも取り外しができるため、コーディネートの幅も広がりやすいでしょう。

また、汚れたら自宅で手洗いできるのも特徴です。

ダウンは長期間着続けていると、中身がへたってきたり表面が汚れてきたりしますよね。

小まめに自宅で手洗いすることで、いつでも状態の良いダウンをおしゃれに着こなすことができるでしょう。

ダウンは中身の品質も要チェック!

寒さが本格的になると、巷でもダウンを着ているメンズが多くなってきます。

軽くて暖かく、寒さにより身体がこわばりやすい時期には、必需品とも言えるアイテムですよね。

しかし、ダウンであってもボリュームがあるわりに暖かくないものもあります。

ダウンは、中身の品質により暖かさに違いが出やすく、ボリュームがあるから暖かい、薄いから寒いとは言い切れません。

そのため、メンズがダウンを購入する場合は、中身の品質にも注目するようにしてください。