ダウンの季節が来たら!メンズがおしゃれに着こなすポイント

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ニットアイテムは白のワンピースがお洒落見えのモテコーデ!

白のニットワンピースは、お洒落女性の王道モテアイテムになります。清楚な白に可愛らしいニット、...

【メンズコーデ】「スウェットシャツ」は重ね着してみよう!

メンズファッションの万能アイテム「スウェットシャツ(トレーナー)」は、いろいろな組み合わせで「重...

可愛いサロペットはレディースコーデの夏の定番アイテムに!

女性らしさを充分に引き出してくれる可愛らしいサロペットは、夏のレディースコーデではテッパンとなる...

ライダースジャケットの肩掛けコーデ!落ちない方法はある?

ライダースジャケットは着るだけでなく、現在は肩掛けにして魅せるコーデが主流です。ライダースジ...

シャツに緑色を選ぶ!レディースコーデのアクセントに!

「あまり派手なスタイリングは望まないけど、程よいアクセントをレディースコーデに施したい!」といっ...

ワイシャツについている後ろタックの種類と必要性をご紹介

皆さんは、ワイシャツやシャツブラウスの後ろにタックがあることをご存知ですか?タックには、背中...

ストールの色は何が良い?季節ごとのおすすめ商品もご紹介!

昨今多く見かける女性のファッションアイテムの1つに、ストールがあります。人により選ぶ色にも違...

ひと手間でおしゃれに変身!ジーンズのブリーチのやり方!

ジーンズが好きな方のなかには「自分で好きなようにブリーチをしてみたい」と思う方がいるのではないで...

ストールは夏の必須アイテム!使いやすい素材や色などご紹介

夏は気温の上昇に加え、紫外線の量の増加も気になる季節です。紫外線や温度変化などによる肌や体へ...

コートとスカートが同じ色ってあり?それともなし?

何となく好きな色が決まっていて、インナーにアウター、スカートにパンツのボトムスまで、気が付くと「...

大注目のオーバーオール!夏の暑い季節もお洒落に着こなそう

オーバーオールは可愛らしい印象を与えてくれるうえに履きやすいのですが、どうしても夏のような暑い季...

セーターにできる毛玉を簡単に取りたい!カミソリで取れる?

衣類に毛玉ができてしまうと、残念な気持ちになってしまいますよね。お気に入りのセーターに毛玉が...

コートの色は定番の黒!お洒落なレディースコーデをご紹介!

秋冬のお洒落アイテムと言えばコートを挙げる方も多いですよね。コートには様々なカラーがあります...

ライダースを着るメンズファッションは本革にこだわる

ジャケットといえばテーラードジャケット、コーチジャケットといった、ライトなものを思い浮かべるかも...

ニットのロングワンピを着こなす!アウターは何を合わせる?

毎年秋冬は、ニットのロングワンピを着ている女性をよく見かけます。カジュアルなのにどこか女性ら...

スポンサーリンク

メンズがダウンをおしゃれに着こなすにはボトム選びが重要

メンズがダウンをおしゃれに着こなすためには、いくつかのポイントがあります。

中でもまず挙げられるのが、ダウンと合わせるボトムに注意するということです。

ダウンは、カジュアルな印象の強いアイテムのため、選ぶボトムによってはそれが強調されすぎてしまいます。

例えば、ダウンにカジュアルな印象の強い、幅が太めなデニムをボトムとして選んだとしましょう。

このようなコーディネートは、特にダウンが流行り始めた頃に多く見られましたが、昨今ではおしゃれとは判断されないようです。

カジュアルすぎるゆえ、部屋着のような印象を持たれてしまうことも否定できません。

仲の良い友達と会う時であればまだ良いですが、デートなどには避けるのが望ましいコーディネートと言えるでしょう。

そこでおすすめなのが、ダウンのカジュアルさをほど良く引き立ててくれる、きれいめのボトムを選ぶことです。

そうすることで、ダウンの持つカジュアルさがうまく調和され、あか抜けた印象になります。

ダウンにはIラインシルエットを!メンズのスタイルも良く見える

ダウンは、着た時にボリュームが目立つのも大きな特徴です。

それは、おしゃれさを引き立たせることもある一方、場合により着ぶくれにも繋がりやすいと言えます。

そのため、ダウンをメンズが着る場合にはシルエットに注意しましょう。

おしゃれに見えるシルエットはいくつかありますが、ボリュームのあるダウンにはIラインシルエットを取り入れるのがおすすめです。

Iラインシルエットで縦の長さを強調することにより、着ぶくれを防ぐことはもちろん、スタイルも良く見えます。

ダウンのボリュームにより視線が上に集中しやすいため、足長効果も期待できるでしょう。

それだけでなく、デザインによっては幼く見えがちなダウンを、大人っぽく着こなすことにも繋がります。

また、それには合わせるボトムに細身のものを選ぶことが大切です。

そうすることで、簡単にIラインシルエットが生まれます。

それから、Iラインシルエットをよりきれいに見せるために、細身のボトムの裾は長くしすぎないようにしてください。

ボトムの裾が長いとダボっとしてしまい、せっかくのIラインシルエットが崩れてしまいます。

裾の長さに注意すれば、簡単にスタイル良く見えるダウンコーディネートが完成するでしょう。

メンズのダウンはテカリや装飾の少ないものを選んで

述べた通り、ダウンをおしゃれにコーディネートするには、ボトムの選び方やシルエットに注意することが大切です。

しかし、それらに注意しても「なぜか周りからおしゃれに見られない」というメンズの声も聞かれます。

それには、どのような原因があるのでしょうか。

まず挙げられる原因として、ダウン表面の素材がテカリの強すぎるものであることです。

そのようなメンズのダウンは、一般的に価格が安いものに多く見られます。

テカリが強いと、それだけで安っぽい印象が強くなり、せっかくコーディネートしてもおしゃれに見えないことがあります。

また、ダウン表面の素材がテカリの強いものは、装飾が華美であることも多い印象です。

ダウンは装飾が華美だと、場合によりあか抜けない印象になりがちです。

そのため、ボタンやチェーン、ジッパーなどの装飾があまりにも目立つようなメンズのダウンは、避けるのが望ましいでしょう。

日本のメンズは特に注意!?ダウンはジャストサイズを選んで

前の項で述べた通り、ダウンはボリュームが出やすいのも特徴の1つです。

そのため、自分のサイズに合っていない大きなものを選ぶと、ダウンに着られているような印象になってしまうため注意が必要です。

それがロングダウンであると、正面から見た時に大きすぎる印象がさらに強くなります。

特に、日本のメンズは低身長の方も多いため、サイズの合っていない大きなダウンを着ることで、よりそれを強調させてしまうことも考えられます。

そのため、メンズがダウンを選ぶ時にはジャストサイズを心掛けるようにしてください。

また、反対に自分のサイズに合っていない小さなダウンを選ぶのも避けましょう。

窮屈に感じるだけでなく、しわもできやすいため、おしゃれに見えなくなってしまいます。

おしゃれなメンズなら持っておきたい!「一生ものダウン」

ここからは、メンズにおすすめなダウンをご紹介します。

まずご紹介するのは、おしゃれなメンズの中でもファンの多い、ピレネックスのダウンです。

【ピレネックス メンズ ランスジャケット】

取り扱い店:ARKnets

参考価格:99,000円(税込)

価格は、メンズのダウンの中でも高いと言えますが、それが気にならないほどの品質の良さが魅力です。

素材にストレッチ性を持たせることで、軽さや動きやすさを叶え、ダウンにありがちな窮屈さを感じさせません。

大きめのフードで小顔効果も期待でき、取り外せばビジネスなどきちんとした場にも使える万能さも魅力です。

センスの良い装飾で、コーディネートにより、かわいくも大人っぽくも着こなせるデザインに仕上げているのはさすがです。

ショート丈のため、コーディネートをしやすいのも嬉しいですよね。

また、サイズ展開が幅広いのも特徴で、メンズの身長や体形に合わせて選べるのも特徴です。

「一生もののダウンが欲しい!」と考えているメンズにおすすめなアイテムです。

メンズを寒さから守る!おしゃれなロングのダウン

先ほどもお伝えした通り、ダウンの中でもロングは、場合により着られているような見た目になってしまうことがあります。

しかし、丈が長いことで防寒性も高く、寒さが厳しい時期にはロングのダウンが欲しくなるものですよね。

そこで最後に、メンズにおすすめのロングのダウンをご紹介しましょう。

【HOYUKI メンズダウンコート】

取り扱い店:48hours

参考価格:16,092円(税込)

メンズの身長にもよりますが、膝が隠れるほどの丈で寒さから身体を守ってくれます。

カラーも3色と豊富で、自分の好みに合わせて選べるのも良いです。

実際購入した方からも、「軽くて暖かい」と高評価を得ています。

ウエストが締まったようなデザインにより、スタイルをすっきりと見せてくれます。

袖口には隠しリブがついていて、着ていてもダボっとした見た目になりにくいです。

フードはもちろん、それについているファーも取り外しができるため、コーディネートの幅も広がりやすいでしょう。

また、汚れたら自宅で手洗いできるのも特徴です。

ダウンは長期間着続けていると、中身がへたってきたり表面が汚れてきたりしますよね。

小まめに自宅で手洗いすることで、いつでも状態の良いダウンをおしゃれに着こなすことができるでしょう。

ダウンは中身の品質も要チェック!

寒さが本格的になると、巷でもダウンを着ているメンズが多くなってきます。

軽くて暖かく、寒さにより身体がこわばりやすい時期には、必需品とも言えるアイテムですよね。

しかし、ダウンであってもボリュームがあるわりに暖かくないものもあります。

ダウンは、中身の品質により暖かさに違いが出やすく、ボリュームがあるから暖かい、薄いから寒いとは言い切れません。

そのため、メンズがダウンを購入する場合は、中身の品質にも注目するようにしてください。