コートとスカートを綺麗に着こなす!バランスのいい丈とは?

秋冬の寒い時期でも、スカートをはいておしゃれを楽しみたいですよね。

そこで気になってくるのが、コートとスカートの丈のバランスではないでしょうか。

コートとスカートそれぞれ素敵なものを選んでも、丈次第ではバランスが悪いコーディネートになりかねません。

この記事では、コートやスカートの丈の種類やバランスの良い丈の組み合わせなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ジーンズはステッチも色も様々!オリジナルジーンズも可能

買い物や部屋着、山登りやハイキングなど、色々な場面で気軽に履けるのがジーンズです。 ジーンズに...

ストールは夏にも大活躍!羽織る・巻くなどで冷房やUV対策!

ストールといえば、防寒や日よけ、コーディネイトのワンポイントとして首回りを彩るファッション小物と...

トップスとボトムスを同じ色に合わせる!これはあり?なし?

毎日の服装コーディネート、お洒落女子には非常に頭を悩ませる問題になります。 中でも最も悩むのが...

スカートに悩む春夏!ロングスカートで大人女子コーデに挑戦

レディースコーデにおいて、頭を悩ませるものの一つが、春夏の暖かい季節のスカート選びかもしれません...

パーカーは大きめを選ぼう!パーカー女子におすすめコーデ!

パーカーを愛用している女子を「パーカー女子」と呼びますが、近年ではパーカーを上手に着こなしている...

レギンスをはきこなすメンズはおしゃれで注目の的!

昨今、「メンズレギンス」をはきこなすおしゃれな男性が増えてきています。 メンズレギンスはハード...

ニットのインナーはタートルネックでOK?失敗しないコツとは

ニットの下にタートルネックを着ると、暖かくてホッとすることも多いと思います。 しかし、タートル...

ライダースジャケットでも冬は寒くない!冬コーデをご紹介!

ライダースジャケットは、薄手で気軽に着ることができるジャケットの1つです。 しかし薄手という面...

ストールがカーディガン風にもなる!色々な巻き方を楽しもう

ストールというと、首に巻くだけだと思いがちですよね。 しかし、実際のストールの巻き方はさまざま...

パーカータイプのスポーツウエアで手軽なメンズファッション

スポーツをする時、試合を観戦する時、持っていると便利なものがパーカーです。 パーカーは半袖や薄...

コートは冬の定番アイテム!男性にはブランドものがおすすめ

冬は着用するファッションアイテムが多いので、コーディネートの幅も広がる季節です。 冬の...

スクールセーターはレディースブランド!学生におすすめ6選

学生服は、中学生や高校生がほぼ毎日、学校へ行くときに着用しています。 中学生や高校生は、おしゃ...

シャツを着こなすために種類と名称をしっかりと覚えよう!

シャツの種類とその名称をいくつ知っていますか? シャツは代表的なインナーの1つなので、毎日のよ...

カーディガンで暖かく!キッズフォーマルコーデ(男の子)

小学校の入学式で、男の子に何を着せるか悩むママさんも多いのではないでしょうか。 スーツでビシッ...

意外と悩んでしまうデニムに合わせる上手なベルトの色使い!

お洒落に敏感なメンズの方々は、デニムのコーデの場合にベルトはどうされていますか? 意外と多いの...

スポンサーリンク

コートとスカートのバランスを見る前にスカートの種類を丈別にご紹介!

コートとスカートのバランスの良い丈の組み合わせをご紹介する前に、まずは丈別に種類をご紹介します。

まずはコートの中に着るスカートから見てみましょう。

●ミニスカート(マイクロミニスカート)

ひざ上10センチ以上のスカートです。

脚の半分以上を露出するタイプで、太ももが見えるもっと短いスカートはマイクロミニスカートといいます。

●ひざ丈スカート

ひざが半分くらい隠れるくらいの丈のスカートです。

ミニスカートと比べると、肌の露出が減ります。

●ミディアム丈スカート

ひざが隠れるくらいの丈のスカートです。

ひざが隠れて上品に見えるので、世代を問わず着られる丈ですね。

●ミモレ丈スカート

ふくらはぎくらいまでの着丈のスカートです。

スカートとブーツの間の肌を少しだけ見せると、バランスが良いです。

●ロングスカート

総丈が70センチ以上で足首が見えるくらいの丈のスカートです。

こちらも大人の女性にも取り入れやすいスカートですね。

●マキシ丈スカート

くるぶしが隠れるくらいの丈のスカートです。

色々なトップスと合わせやすいので、1つ持っているとオシャレの幅が広がります。

シンプルにすっきりまとまる!ショート丈の定番コート!

スカートの種類を丈別にご紹介しました。

続いて、コート丈についてご紹介します。

コート丈は大きく分けて3種類で、ショート丈・ミディアム丈・ロング丈に分けられます。

では、それぞれの丈別の定番コートの種類をお伝えしていきます。

まずはショート丈の定番コートです。

ショート丈のコートは、カジュアルなコーディネートにも合わせやすいコートです。

着丈が短くコンパクトにまとまるため、スタイル良くすっきりとまとめることができます。

●Pコート

元々は船乗りや海軍が防寒用に着ていたコートです。

シンプルなデザインなので、色々な着回しができます。

●ダウンジャケット

中綿にダウンを入れた防寒性の高いジャケットです

カジュアルの中にも上品さもあり、軽量で着やすいのでスポーツをするときにもおすすめです。

●ダッフルコート

元々は漁師が防寒着として着ていたものです。

ボタンではなくトグルでとめるのが特徴で、漁師が手袋をはめたままでも着脱がしやすいようにデザインされています。

ショート丈ダッフルが可愛らしいスタイルにもぴったりです。

色々なスタイルに取り入れやすい!ミディアム丈のコート!

続いて、ミディアム丈の定番コートです。

ミディアム丈はカジュアルすぎず、上品すぎずといったアイテムが多く取り入れやすい丈です。

色々なスタイルと合わせて楽しむことができますよ。

コートによって、パンツにもスカートにも合わせることができます。

●ステンカラーコート

こちらは、もともと男性の防寒用コートとして販売されていて、「バルカラーコート」とも呼ばれています。

カジュアルなデザインが多く、若い人たちの間で人気がありおしゃれに着こなされています。

●フードコート

フードを取り外しができるので、気分次第で違うスタイルが楽しめますね。

●ファーコート

一見着こなしが難しそうなファー素材のコートやジャケットでも、ミドル丈のものを選べばバランスがとれることが多いです。

長身を活かしてかっこよく決めよう!ロング丈のコート!

次にご紹介するのが、ロング丈の定番コートです。

一見重くなりがちなのがロング丈のコートですが、スタイリッシュなアイテムで体型カバーの役割もはたします。

長身の方には、身長を活かしたかっこいいコーディネートになるでしょう。

パンツスタイルや短めのスカートと合わせてもバランスがとれますね。

●チェスターコート

元々は、正装の時に着用するためのコートとして販売されてきました。

品があるので、今でも高級ブランドからも愛されるデザインとして知られています。

現在ではリーズナブルな価格で手に入るものもあり、普段使いとしても人気です。

●トレンチコート

元々はイギリスの軍隊が防寒・防水用として着用していました。

レインコートとして開発されたものなので、ロング丈のものが主流ですね。

ウェストが絞れるようにベルトが付いてあるものもあり、女性にも人気があります。

●ノーカラーコート

襟がないコートのことです。

首元がすっきりしているので、マフラーやストールが巻きやすいデザインです。

デザインは大変シンプルですが、女性らしく綺麗に着こなすことができます。

ロングコートに合うスカートの丈感とは?

スカート丈の種類や、コート丈別の定番アイテムなどについてご紹介してきました。

ここからは、コートの丈にあったスカートの丈についてお伝えします。

まず、ロングコートの場合です。

ロングコートは、意外にロングスカートとの相性がいいです。

丈感ですが、コートの裾から10センチから15センチほどスカートをのぞかせましょう。

スカートは中途半端に出すよりも、ある程度見せてコートとの色のコントラストをポイントにするのがおすすめですよ。

人気色であるベージュのロングコートには、ダークグリーンのロングスカートを少し見せれば大人っぽい雰囲気を作り上げることができます。

他にロングコートにマッチするスカート丈は、ミニスカートです。

90年代ファッション人気の再来もあり、若い人を中心にミニスカートを着る機会も増えていますね。

ロングスカートとミニスカートを合わせるなら、足元はスニーカーや重めのシューズでバランスをとるのがおすすめです。

ガーリーになりすぎてしまうミニスカートも、足元をスニーカーで外せばスタイリッシュなコーディネートに仕上がります。

次の項では、ショート丈・ミディアム丈のコートに合うスカートの丈をご紹介します。

ショート丈コートにはロング丈スカート!ミディ丈コートにはひざ下スカート!

ショート丈のコートにはロング丈スカートがおすすめです。

どんなショート丈のコートを選んだとしてもロング丈のスカートを合わせれば、着こなしがきまります。

MA-1のようなルーズなシルエットでカジュアルなアウターの場合は、体にフィットするタイプのロングスカートがマッチします。

スカートのおすすめ素材は、コーデュロイです。

女性らしいラインのスカートには、あえてコーデュロイ素材を選ぶことでMA-1とのバランスもとれますよ。

ショート丈のボアジャケットを選んだ場合、ロング丈のプリーツスカートで合わせるのも素敵です。

可愛く女性らしいプリーツスカートと、流行りのボアジャケットの組み合わせは新鮮ですがしっくりきます。

最後にご紹介するのが、ミディアム丈のコートに合うスカート丈です。

ミディアム丈のコートには、ひざ下スカート(ミディ丈スカート)がおすすめです。

例えば、黒と白を基調としたモノトーンコーデで全体をコーディネートした場合、丈感をずらしコートからスカートを見せるだけで立体感が生まれますね。

さし色で、ポイントとなるカラーを取り入れれば一気にオシャレ度が上がりますよ。

ぜひ、トライしてみてください。

丈感の合ったコートとスカートの組み合わせで冬のオシャレを楽しもう!

コートやスカートの丈などを中心に色々とご紹介しました。

コートに合わせるスカートの丈感が難しいために、ついついパンツをはいてしまう方も多いかもしれません。

ちょうどいい丈感が分かれば、簡単にスカートを選ぶことができますよね。

この記事を参考に、ご自身のコート丈にぴったりの丈感のスカートを見つけて、寒い季節もおしゃれを楽しみましょう!