ヘアカラーは寒色系で決まり!メンズさわやかカラーは何色?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

人気のヘアアレンジに自分で挑戦!簡単お団子ヘアを手軽に!

お団子ヘアは簡単にまとまって、スッキリとした見た目が特徴です。小さい頃はお団子ヘアをして...

ヘアカラーをシャンプーから守って長持ちさせる方法とは!?

ヘアカラーをした後、お風呂でシャンプーを使って色が落ちていくのを目の当たりにすると、残念な気持ち...

アップスタイルも簡単!?着物に似合うセルフヘアアレンジ!

成人式や結婚式、お呼ばれの場やイベント、お子様の行事など、晴れやかな場ではやっぱり着物を着こなし...

ヘアアレンジ特集!デートにおすすめ5選【ミディアム向け】

恋人とのデートともなれば、「服装だけでなくヘアアレンジも可愛く決めたい」と思う方がほとんどで...

ヘアスタイルアレンジを楽しもう!ウルフがメンズに大人気!

ヘアスタイルの中でも、メンズの間ではウルフの髪型やヘアアレンジが人気となっています。手軽さも...

ヘアスタイルで小顔に見せたい!40代おすすめの髪形は?

年齢を重ねてふと鏡を見たときに、若い頃のままのヘアスタイルに違和感を覚えたことがある方もいらっし...

編み込みを活かしたヘアアレンジで浴衣姿をより華やかに

ショートヘアからロングまで、簡単にできるヘアアレンジが編み込みです。普段は、ブラシの後そのま...

不器用でも自分でできる編み込み!三つ編みも後ろで決める!

三つ編みの中でも、編み込みは難しいですよね。後ろ手で、なおかつ自分一人でするとなると、「かな...

ヘアカラーをグラデーションで!ボブでもそのままかわいい!

通常ヘアカラーというと、髪を1色に染める方法や、1色にまとめて染めることが前提です。しかし、...

編み込みにリボンを活用!子供が喜ぶヘアアレンジを知りたい

大人から子供まで、ずっと使えるヘアスタイルに編み込みがあります。特に子供の場合はリボンを使っ...

どこでも使えるヘアアレンジ!シニヨンを簡単に使いこなす!

シニヨンというのは、束ねた髪を横や後ろにまとめた髪型全般を指す言葉です。日本語のお団子、とい...

ヘアアレンジで着物を楽しもう!セルフアレンジ術もご紹介!

近年はデニム着物といった、老若男女問わず簡単に着られる着物が登場しています。着物は着付けさえ...

ヘアアレンジはセミロングでもできる!結婚式などで大活躍!

ヘアアレンジといえばロングヘアが中心、セミロングやショートではできないと思っていませんか?セ...

ヘアスタイルで丸顔とは言わせない!30代に人気の髪型は?

ヘアスタイルを変えると気分も変わりますし、自分に似合うヘアスタイルならなおのこと自身がつきますよ...

簡単ヘアアレンジ!着物姿に合う自分でできるヘアスタイル

着物、和服の装いを和装と言います。和装はいつものヘアスタイルでは浮いてしまうことから、美...

スポンサーリンク

メンズヘアカラー寒色系はどんな色?ポイントは明るさにあり

メンズもレディースも、ヘアカラーには様々な色がありますが、メンズは特に寒色が一般的です。

暖色系もありますが、ベージュやブラウンが中心で、レッドやオレンジはなかなか街中で見かけません。

またメンズのヘアカラーは、元の地毛の色を中心に活かしたものが中心です。

さてメンズヘアカラーの寒色は、女性のヘアカラーと異なり、色が暗いものが中心となっています。

明るさの面から言えば、メンズヘアカラーは赤よりも青に近く、暗めに見えるのが理由の1つです。

ブルーブラック、アッシュベージュ、マットアッシュグレーなど、色彩も暗めに設定されています。

明るい色を使う場合は、オレンジや赤、思い切った真っ白を使うことがあります。

色の相性を描いたカラーサークルという図で、青と反対側に位置する色です。

配置されている色の左右と、正面の色が相性がいい色、と覚えておくと応用も簡単ですよ。

人気メンズヘアカラーも寒色!グレーやアッシュは失敗しにくい

メンズにオススメの色は寒色系のヘアカラーであるとご紹介しました。

実際にもメンズのヘアカラーで、現在人気が高いのも寒色系の色となっています。

中でも黒と系統が同じであるグレーやアッシュに人気が高まっています。

ほんの少しのイメージチェンジをしたい場合にもハードルが低く、手軽にできることが理由です。

正確にはグレーやアッシュは無彩色という、色味が無い色に分類される色です。

しかし美容師さんやヘアサロンによっては、寒色系として捉えている場合が多くあります。

グレーやアッシュの他に人気があるのが、青系統です。

理由としては日本人は黒髪がほとんどであるため、よほどのことが無い限りは失敗はありません。

またスーツやビジネスシーンに関する事情で、目立たないヘアカラーを楽しみたいことが理由です。

暖色より髪に色が馴染みやすく違和感が無いというのも理由として挙げられます。

日常使う服装や、実際に持っている服との兼ね合いを考えると、ほとんどの人が寒色になるのです。

この理由があることからも、ヘアカラー初心者の人気も高く、多くの男性に支持されています。

ブラウンやレッドは難しい?理由は服の色のバリエーション

先程も触れましたが、メンズに寒色が人気である理由の1つに、日常のコーデがあります。

元からメンズはレディースよりも、服の色や服そのものの種類が少ない、という点が挙げられます。

そのためヘアカラーに関しても、服に合わせる場合は髪の色が限られてくるのです。

メンズヘアカラーにもブラウンやレッドがありますが、使う人の多くはヘアカラー上級者です。

黒寄りのヘアカラーでブラウンやレッドを取り入れても、どうしても髪の色が強く浮きます。

そのため、服のデザインや色に寒色系が多い男性ほど、コーデに影響してきてしまうのです。

どうしても鮮やかなヘアカラーにしたい場合は、持っている服装から変える必要があります。

ヘアカラーに慣れているという場合であればいいのですが、初心者は避けたほうが賢明です。

更にメンズの場合は、極端に肌の色との相性も響いてきます。

スポーツでの日焼けで肌が黒っぽい人は、寒色系のヘアカラーとの相性が更に良くなります。

逆に色白であれば、暖色系が混ざった色との相性が良くなるとも言われているのです。

色の主張が激しいものほど、メンズヘアカラーには向かないのには、こういった理由があります。

しかし肌の色やファッションの感覚で、似合うものは変わってくることも、大事なポイントです。

ブルーブラックよりもネイビー?黒系は高難度カラーなの?

元の髪が黒ならば、ブルーブラックがおしゃれでいいのでは、という男性は少なくありません。

しかし寒色のヘアカラーで人気が高いブルーブラック、非常に色がつきにくくわかりにくい色です。

メンズでは黒系に合わせたヘアカラーは人気なのですが、意外と活かせている人は少ないのです。

でも元が黒だし、と考えがちですが、髪の毛の黒はメラニンという色素から作られている色です。

このメラニンは同じ黒でも、黒褐色や赤に近い黒を作り出す成分の色素です。

シミやそばかすを肌に作っている色素、といえばイメージしやすくなります。

そのため、人間の黒髪に青色を足しても、ブルーブラックにはなりません。

色素の中でも、人間が本来持っている黒とは全く違う、別の色として分類されるのです。

そのため髪を染めるためにも難易度が高く、専門の美容室で染めても、色がつくとは限りません。

あらかじめ色素を抜いてから、ネイビーなどの発色がいい暗めの色にしたほうが確実と言えます。

どうしてもブルーブラックにする場合は、あらかじめ少し脱色をした後で、青を使います。

言うまでもなく、髪の色を脱色してしまうため、ケア方法によってはすぐに色落ちしてしまいます。

難易度が高いため、ブルーブラックを使う場合はある程度、ケアの知識が必要です。

ブリーチという冒険をしよう!ヘアカラーを白から美しく

寒色でヘアカラーをする前に、最初にブリーチを使うという方法があります。

特に濃い色が多いメンズでは、少し地毛の色をブリーチしてから染めると、キレイに発色します。

ブリーチとは地毛の色素を抜いて脱色する方法です。

通常ヘアカラーはカラー剤を使い、髪にそのまま色を付けていく、という方法が使われます。

しかしブリーチしてからカラー剤を使うと、より色が髪に染み渡りやすくなり、発色が良くなるのです。

真っ白にはならず、一度金髪に近い色に変わるのが、ブリーチの特徴の1つです。

デメリットとして髪が非常に傷むことが挙げられますが、ヘアカラーの幅も広がります。

どうしてもこの色にしたいという、決まった色がある場合には、ブリーチ後のほうが良いでしょう。

黒色が混じりにくいため、非常に発色がよくなりますよ。

一部だけ色を抜いて、そこだけヘアカラーをするという髪型も、人気が高い染め方です。

メンズヘアカラーは寒色で楽しもう

メンズに人気が高く、使い勝手も良いヘアカラーが寒色のものです。

寒色のヘアカラーには男性にとっての大きなメリットと利便性があります。

明るい色でも青や緑といったヘアカラーが用意されているため、楽しむ方法も広くあります。

色によってはブリーチをしたほうがキレイに色が出ることもありますが、寒色では心配もいりません。

楽しみ方を知っておくことで、将来の服装やヘアカラーとの組み合わせにも備えることができます。

何年経ってもヘアカラー剤と共に過ごすことができるようになります。

白髪が増えてきたからとストレスを抱えず、ヘアカラーに慣れることができる利点がありますよ。

特にアッシュは黒髪との相性も良いので、何歳になっても使い勝手がいいヘアカラーです。

メンズヘアカラーと言えば寒色、には理由がある

メンズのヘアカラーで寒色が人気な理由は、全身コーデが少ないという理由があります。

種類が少ないのはもちろん、色の面でも寒色系の色合いが多くなっているのです。

そこで実用性を考えた場合も含めて、寒色系のヘアカラーが愛されています。

オススメの色はグレーやアッシュなどで、無彩色ほど肌色やコーデに合わせやすくなります。

将来的にヘアカラーにお世話になる人も多いので、今から楽しくお付き合いしたいですね。