流行のブルゾンでメンズの春コーデをお洒落&アクティブに!

スポーティかつ軽快、アクティブな着こなしが魅力的なブルゾンは、春に活躍してくれる優秀アイテムです。

メンズライクなカジュアルアイテムの代表格として人気も高いですね。

ブルゾンの機能性が高いのは、もともとは作業着として重宝されていた背景があるためです。

今回は、ブルゾンを合わせる春のメンズコーデをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

春を色で楽しむ!スカートと春コートのお勧めコーディネート

私たちが着るコートには、秋・冬・春、そして梅雨時のコートがあります。 秋には秋の、冬には冬の、...

シャツの裾をスカートにインするコーデがお洒落でおすすめ!

シャツの裾をスカートに入れるか、入れないか。 人によっては些細なことかもしれませんが、お洒落の...

シャツの第一ボタンはネクタイを締める時は留める?外す?

就職活動をしている男性は、スーツを着る機会が多いですよね。 その際に多くの方が悩むのが、「シャ...

スカートは季節によって素材を選ぼう!冬に合うものとは?

「寒い冬でも、スカートをはいておしゃれを楽しみたい」という女性は多いのではないでしょうか。 ...

ダウンジャケットの高級ブランド!レディースの人気はどこ?

本格的な冬の到来! お洒落レディースたちは、アウター準備に余念がありませんね。 そのような中...

おしゃれはトップスで決まる?!可愛いブランド6選をご紹介

フェミニンやガーリーといった可愛いファッションの決め手は、「トップス」です。 第一印象でパッと...

おすすめのカラーはグレー!グラデーションコーデに注目!

コーデで頭を悩まされるものの一つに、色使いがあります。 そんな中、女子の間で人気となるのが...

スウェットの部屋着でレディースにおすすめのブランドは?

スウェットというと部屋着というイメージがありますね。 スウェットの部屋着はもちろんですが、レデ...

ジーンズに合わせるローファーがレディースコーデでも活躍!

ジーンズはオールシーズン活躍してくれる優秀なアイテムになりますが、足元に合わせる靴はどうされてい...

デニムスカートで春をお出迎え!種類別の着こなし一覧

暖かな春の季節がやってくれば、穏やかな青空の下、お散歩やピクニック、ショッピングと、どこへ出かけ...

テーラードジャケットとパーカーのメンズコーデはダサい?

代表的なジャケットの一つに、テーラードジャケットがあります。 そのシルエットの美しさから人気と...

ライダースを着た時のサイズ感とは?レディースのご紹介!

ライダースジャケットは「かっこよく見えすぎそうで挑戦しにくい」と思っている女性の方もいるのではな...

トップスインが苦手でもOK!メリハリコーデに役立つアイテム

トレンドは風のように素早く通り過ぎ、常識だと思っていたことが非常識になり、置いてきぼりをくらった...

【メンズアメカジ特集】チェックシャツコーデのポイントとは

アメカジのマストアイテムの1つには、チェックシャツが挙げられます。 1年中着まわすことができる...

大人女性コーデのジーンズは太めタイプで上手な着こなしを!

大人女性のジーンズは、スリムも良いのですが断然太めのストレートタイプをおすすめします。 脚のラ...

スポンサーリンク

春のメンズコーデに合わせたい「ブルゾン」とは?

本記事では、ブルゾンを合わせる春のメンズコーデをご紹介します。

まずは、その主役のブルゾンについておさらいをしておきましょう。

【ブルゾンとは】

ブルゾンとは、裾部分がベルトやタックで絞られた形状のウエスト丈(腰丈)ほどのアウターです。

ジップやボタンでフロントを開閉し、身頃に膨らみを持たせているシルエットのものが多いですね。

素材的には特に定義があるわけではなく、レザーやナイロン、コットンなど様々な種類があります。

もともとは作業着として使われていたアイテムということもあり、ラフな雰囲気やワイルドな雰囲気を表現するにはぴったりのアイテムです。

似たものにジャンパーが思い浮かぶかと思いますが、違いはあるのでしょうか。

【ブルゾンとジャンパーの違い】

「ブルゾン」と「ジャンパー」の二つは、広義の意味では同じものを指して使われています。

ブルゾンはフランス語、ジャンパーは英語という違いです。

しかし、日本で使われている場合には、若干ニュアンスが異なるように感じます。

ブルゾンの方がファッション性が高く、ジャンパーの方が機能性が高いものを指して使われる場合が多いようです。

ブルゾンの代表的な種類とは?

前項で、春のメンズコーデでお洒落に活躍してくれるブルゾンについてご紹介しました。

本項では、そのブルゾンの代表的な種類について考えていきます。

ウエスト丈の身頃に余裕があり、裾が絞られた形状のジャケットがブルゾンの大まかな定義としました。

そのブルゾンには、次のような様々な種類が存在します。

■ジップアップブルゾン

ブルゾンというとほとんどがこのジップアップブルゾンを指して使われます。

フロント部分にジップが施されたシンプルな形状のアウターです。

■M-65、MA-1

M-65とMA-1は、ミリタリー系を代表するブルゾンアイテムです。

よく見るカーキ色のM-65やMA-1は、メンズライクでクールな印象が漂います。

■ライダースジャケット

バイカー用のアウター、ライダースジャケットもブルゾンに含まれます。

スマートな印象のシングルライダース、無骨な印象のダブルライダースと与える印象は異なりますが、ワイルドな雰囲気を表現させるには抜群のアイテムです。

■コーチジャケット

ストリートファッションを意識するファッショニスタに根強い人気を持つコーチジャケットも、ブルゾンに含まれます。

キャップなどのアイテムと合わせると、よりストリート感が増しファッション性が高くなります。

■その他

上記のもの以外に、以下も広義ではブルゾンに含まれます。

・マウンテンパーカー
・スタジャン、スタジャン
・デニムジャケット
・ノーカラージャケット
・スウィングトップ

春のメンズコーデを紹介!爽やかさとこなれ感がアップするジップアップブルゾン

それでは、ブルゾンを合わせた春のメンズコーデをご紹介しましょう。

最初にご紹介するのは、ジップアップブルゾンを合わせたコーデです。

まずは、ジップアップブルゾンを使って春らしい爽やかさとこなれ感を表現してみましょう。

【合わせるアイテム】

・アウター グレーのグレンチェック柄ジップアップブルゾン
・トップス 白のロングTシャツ
・ボトムス 黒のスラックスパンツ
・足元 グレーの靴下に黒の革靴

ここで合わせるブルゾンは、渋めなグレーのグレンチェック柄ジップアップブルゾンです。

グレンチェック柄が、正統派の雰囲気とトレンドをおさえた大人感を巧みに表現してくれます。

また、ブルゾンというカジュアルアイテムに、上品さを与えてくれます。

トップスの白のロングTシャツは、ボトムスの黒のスラックスパンツにタックアウトで合わせましょう。

白のロングTシャツの爽やかさが、ラフな合わせ方を上手に丸めてくれます。

Tシャツの裾をブルゾンから覗かせることで、上品な印象のコーデに抜け感を与えることができるのです。

足元は、グレーの靴下と黒の革靴で、しっかり感を加えます。

ジップアップブルゾンを合わせた、爽やかさとこなれ感が印象的な春のメンズコーデが完成します。

ジップアップブルゾンで、春らしいすっきりメンズコーデを表現!

続いてご紹介するのは、前項同様にジップアップブルゾンを合わせたコーデです。

春らしいすっきりとしたシルエットのメンズコーデを表現してみましょう。

【合わせるアイテム】

・アウター ネイビーのジップアップブルゾン
・トップス 白地にライトグレーボーダーのカットソー
・ボトムス インディゴブルーのスキニーデニムパンツ
・足元 白地にライトグレーグレーのボーダー靴下にネイビーのキャンパスシューズ

ここで合わせるブルゾンは、爽やかな印象となるネイビーのジップアップブルゾンです。

カジュアル感の強いブルゾンも、ネイビーのアイテムにすることで爽やかさと上品さを与えてくれます。

トップスは白地にライトグレーのボーダー柄カットソーで、ボトムスのスキニーデニムパンツにはタックアウトで合わせましょう。

スキニーデニムパンツとブルゾンのIラインシルエットがお洒落見えします。

さらにカットソーのボーダー柄がポイントとなって、無難コーデに陥るのを防いでくれます。

足元は、カットソーと合わせたボーダー柄靴下でアクセントを付けます。

さらに、ブルゾンと合わせたネイビーのキャンパスシューズでコーデを軽やかに締めましょう。

これにより、春らしいすっきりシルエットのメンズコーデが完成します。

春のメンズカジュアルを極めるならMA-1!

続いてご紹介するのは、MA-1を合わせたコーデです。

定番のカジュアルコーデと合わせて、春らしいメンズコーデを表現してみましょう。

【合わせるアイテム】

・アウター ネイビーのMA-1
・トップス ライトグレーのプルオーバーパーカー
・インナー 白Tシャツ
・ボトムス 黒のスキニーデニムパンツ
・足元 グレーの靴下に黒の革靴

MA-1はミリタリー調の印象が強いブルゾンですが、上品な雰囲気となるネイビーを合わせることで、ワイルド感よりしっかりとした印象が強くなります。

中に合わせるのは、パーカーとデニムの定番のカジュアルコーデです。

トップスはライトグレーのプルオーバーパーカーで、インナーの白Tシャツを裾から覗かせます。

ボトムスの黒のスキニーデニムパンツとタックアウトで合わせることで、白Tシャツの裾が差し色となるモノトーンコーデに仕上がります。

モノトーンスタイルに仕上がった定番カジュアルコーデを、ネイビーのMA-1がしっかりと縁取ってくれるのです。

足元はグレーの靴下に黒の革靴で、しっかりした印象と脚長効果を加えましょう。

MA-1を合わせた、春のカジュアルメンズコーデが完成します。

コーチジャケットで大人ストリートな春のメンズコーデに!

最後にご紹介するのは、ブルゾンの中からコーチジャケットをチョイスしたコーデです。

コーチジャケットで、春のメンズコートを綺麗めな大人ストリートスタイルに仕上げてみましょう。

【合わせるアイテム】

・アウター 黒のコーチジャケット
・トップス くすみピンクのハイゲージニット
・インナー 白のボタンシャツ
・ボトムス グレースラックスパンツ
・足元 グレーの靴下に黒のタッセルローファー

ここで合わせるブルゾンは、黒のコーチジャケットです。

シックな黒の色味を合わせると、コーチジャケットも大人見えします。

中に合わせるコーデも、大人な雰囲気にしてみます。

トップスは、くすみピンクのハイゲージニットセーターと、白のボタンシャツのレイヤードスタイルです。

セーターの首と裾から白シャツを覗かせて、こなれたカジュアル感を強めておきます。

ボトムスは、しっかりした印象になるグレーのスラックスパンツです。

タックアウトで合わせて、こなれたカジュアル感をそのまま活かします。

これによりしっかりした中にも大人のストリート感を感じさせる、上品カジュアルに仕上がります。

くすみピンクのセーターが、モノトーンコーデの差し色として存在感をアピールするのも、このコーデのポイントです。

足元は、グレーの靴下に黒のタッセルローファーでしっかり感を強めてコーデを締めましょう。

大人のストリートカジュアル感漂うメンズコーデが完成します。

ブルゾンで大人カジュアルを楽しもう!

今回は、ブルゾンを合わせる春のメンズコーデをご紹介しました。

まだ少し肌寒い春先、ブルゾンはアウターとして非常に役立ってくれます。

また、そのシルエットからお洒落なカジュアル感を表現するにはうってつけのアイテムですね。

春はブルゾンを上手に合わせて、様々な表情の大人カジュアルコーデを楽しんでみてはいかがでしょうか。