白セーターコーデ攻略法!お洒落レディースはこう合わせる!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

パーカーとネルシャツでラフに!レディースのおしゃれコーデ

パーカーは、カジュアルファッションの定番アイテムとして、レディースファッションでも人気ですよね。...

パーカーでキッズファッションは決まり!おしゃれを楽しもう

パーカーは首元にフードがあり、子どもが着るとかわいらしくておしゃれですよね。動きやす...

このアウターがおすすめ!冬に人気のメンズ向けジャケット!

冬は重ね着をすることが多く、アウターがコーディネートの中心となります。メンズ向けの冬用アウタ...

ウェーブタイプをもっとかわいく!おすすめサマーコーデ

みなさんは「骨格診断」をご存知ですか?骨格診断とは、個人の骨格や肉付きのタイプを3つに分け、...

Tシャツをおしゃれに着こなす選び方!~40代レディース編~

目次 1 40代レディースが選んではいけないTシャツとは?2 40代レディースのTシャツはこう選ぶ!...

流行のブルゾンでメンズの春コーデをお洒落&アクティブに!

スポーティかつ軽快、アクティブな着こなしが魅力的なブルゾンは、春に活躍してくれる優秀アイテムです...

ストールはアレンジ次第でボレロにも!アレンジ術をご紹介!

一般的には肩かけや襟巻きとして使用されるストールは、アレンジ次第で別のものとして活用すること...

ストールでコーデを華やかに!夏のストール活用法をご紹介!

ストールは、ファッションアイテムとしてお手元にお持ちの方がおそらく多いでしょう。スト...

スカートに裏地がない!透けて見えないためにペチコートを

スカートには裏地がついたものとないものがあることをご存知ですか?最近は、制服のスカートは...

ダウンの高級品はここが違う!メンズ向けアウターの基礎知識

ダウンジャケットは、男性にも女性にも人気の冬用アウターです。特に活動的なメンズにとって、ダウ...

シャツとニットのドッキングトップスでおしゃれな秋コーデ!

1枚でぐっとこなれた印象のコーデにすることができる、ドッキングトップス。ほかのトップスとレイ...

大人気デニム着物を着こなす!街歩きが楽しくなるコーデ術!

近頃話題にあがっているおしゃれに、デニム着物があります。近年では着物を愛用する若い人も、少し...

増えてしまったTシャツを使って半袖の重ね着テクニック!

単独で着てしまうと頼りなくて、なにか物足りない半袖のTシャツ。あまり着れてもいないのに、手頃...

ボトムスには何を合わせると良い?メンズの夏コーデ問題!

暑い夏の季節になると、メンズコーデにおいてはボトムスに何を合わせればよいのか悩んでしまいますよね...

上手に簡単に!スカートに合わせたベルトとリボンの結び方

皆さんは、いつもどんなスカートを履いていますか。シンプルなセミタイトスカートですか。...

スポンサーリンク

白セーターをレディースコーデに取り入れる際の不安点!

本記事では、白セーターを合わせたレディースコーデをご紹介します。

身も心も温めてくれるふわふわのセーター、中でも白の色味であれば「清潔感」に「上品さ」そして「男性ウケ抜群」となる優秀アイテムです。

優秀アイテムではありますが、白セーターをコーデに取り入れることに、二の足を踏む方も多くいるようです。

次のような理由から、白セーターがレディースを悩ませるのです。

■膨張色の白セーターなので、着ぶくれ感が怖い

確かに白の色味は膨張色で、少々大きく見えてしまいます。

もこもこの感じが多いセーターの場合に、それがより一層強まって着ぶくれ感が大きくなる可能性はあります。

■スタイルに自信が無いと合わせられない

これは、上述の着ぶくれ感とリンクしますが、ただでさえ膨張色となる白です。

スタイルに自信がない方は、躊躇されてしまうかもしれません。

■子供っぽく見られそう

白セーターの場合に、垢抜けない雰囲気がしてしまうこともあるようですね。

これを、大人のコーデとして合わせる自信を持てない方もいるようです。

■インナー選びが難しそう

白セーターの場合に、インナーが透けてしまうことが多々あります。

合わせるインナー選びが、難しいと感じる方もいるようです。

白セーターを合わせる不安は、お洒落レディースコーデで解決!

前項で、白セーターをレディースコーデに合わせる際の、多くの方がお持ちの不安点をご紹介しました。

大きく分けると、「着ぶくれ感」「体型の不安」という合わせた際のシルエットの問題と、「幼見え」「インナー」というコーデの仕方の問題になります。

もちろん、これらの解決策はありますのでご安心ください。

まずは、シルエットの問題から見てみましょう。

【着ぶくれ感を防ぐ】

着ぶくれ感を防ぐにはアイテム選定で解決することができます。

■リブニットセーターを選ぶ

縦のラインを表現できるリブ編みニットセーターを選ぶと、着ぶくれ感を軽減することができます。

■緩めのセーターやもこもこのものを選ぶ

合わせるセーターを少し大きめのサイズや、もこもこする感じの素材感のものを合わせます。

これに加えて、ボトムスをスリム系にすることで、お洒落見えにスタイルアップ効果が期待できます。

【体型カバー】

こちらも同様に、アイテム選定で解決することができます。

■ぽっちゃりタイプやがっしりタイプの場合

体型的にぽっちゃりタイプやがっしりタイプの方の場合には、タートルなど首にボリュームを感じさせるアイテムは避けましょう。

余計に強調されてしまいます。

Vネックなどで鎖骨見せとともに上手に面積を減らすと、体型カバーをすることができます。

また、前述のようにあえて緩めのアイテム選びも、体型カバーにはおすすめです。

■ほっそりタイプの場合

反対に痩せている方には、タートルネックやハイネックなど首回りにボリュームのあるアイテムがおすすめです。

可愛らしくボリュームアップしてくれます。

Vネックなどによる鎖骨見せは、華奢過ぎる場合にはあまりおすすめはいたしません。

首元さえ上手に表現できれば、あとは緩めアイテムに細身アイテムいずれでもお洒落コーデに仕上げることが可能です。

レディースコーデに合わせる白セーターの幼見えやインナー問題も解決!

前項に引き続き、レディースコーデに合わせる白セーター、その不安点の攻略方法をご紹介します。

本項では、「幼見え」「インナー」というコーデの仕方の問題解決です。

【幼見え回避】

白セーターで幼見え回避、つまり大人っぽく仕上げるには、「Vネック」などの鎖骨見せで適度な色香を表現するとグッと大人感が得られます。

また、アウターやボトムス、帽子、靴、バッグなど合わせるアイテムで大人の女性感を表現してしまえば問題ありません。

例えば、もこもこ系白のタートルネックニットセーターを合わせるとします。

ボトムスに黒のタイトスカートを合わせれば、可愛らしさを活かしながらも大人のレディースコーデに変身します。

このように、白セーターのデザインやコーデの仕方で、幼見え回避は可能です。

【合わせるインナー問題】

白のセーターの場合に、インナーが透けてしまうこともあります。

これを解決するには、インナーの色味で対応する方法とコーデで対応する方法があります。

■インナー色味で対応

白のインナーなら大丈夫そうだと誰しも考えるかもしれませんが、実際には透けてしまうのです。

ズバリ透けない色味は「ベージュ」です。

ベージュであれば、気にならなくなります。

続いて「グレー」の色味も、ベージュほどではありませんが対応可能です。

この透け問題は肌との境界線が影響するようで、肌に近い色味だと透けるリスクが低くなるのです。

■コーデで回避

キャミソールやチューブトップなど見えても問題ないインナーを合わせて、コーデとして楽しんでしまうのも一つです。

大人女子ならではのお洒落を表現してみるのはどうでしょう。

また、白セーターの下にシャツなどをレイヤードスタイルで合わせてしまうのも、お洒落な解決方法です。

白セーターで作る大人の甘辛レディースコーデ!

それでは、おすすめとなる白セーターを合わせたレディースコーデをご紹介しましょう。

最初にご紹介するのは、白セーターで作る大人女子の甘辛ミックスコーデになります。

スタイリッシュさと大人の色香、これらを上手に表現してみましょう。

【合わせるアイテム】

・トップス 白のケーブル編みニットセーター
・インナー 白のボタンシャツ
・ボトムス グレーの膝上丈タイトスカート
・足元 ベージュのストッキングに黒のヒールパンプス

まずトップスにおいて、白のボタンシャツと白のケーブル編みニットセーターで、上品な印象となる白のレイヤードスタイルを作ります。

セーターの首元と裾から白シャツを覗かせて、こなれた雰囲気を与えます。

ボトムスに合わせるのが、グレーの膝上丈となるタイトスカートです。

レイヤードスタイルを壊さないようにタックアウトで合わせてください。

スカートの膝上丈とタイトさが、大人女子ならでは色香を表現してくれます。

白トップスの上品な印象とグレースカートの色香、対照的なコーデもレイヤードスタイルのこなれ感が、上手にミックスしてくれます。

足元はベージュのストッキングに黒のヒールパンプスで、上品さとスタイリッシュさを加えましょう。

きちっとした大人の色香が漂う、上品な甘辛ミックスとなるレディースコーデが完成します。

黒アウターで白セーターの着ぶくれ感をシャットアウト!

続いてご紹介するのは、白セーターに黒のアウターを合わせたレディースコーデです。

気になる着ぶくれ感を、黒アウターで一刀両断してしまいましょう。

【合わせるアイテム】

・トップス 白のハイネックリブニットセーター
・ボトムス グレー地白黒チェックの膝上丈スカート(ウエストベルト付き)
・アウター 黒の膝丈ラウンドネックノーカラーコート
・足元 黒のストッキングに黒のショートブーツ

ここでトップスに合わせるのは、リブ編みの白のハイネックニットセーターです。

ボトムスのグレー地白黒チェックの膝上丈スカートには、タックインして上品に合わせます。

タックインさらにウエストベルトがあるので、ハイウエスト効果が抜群でスタイリッシュにお洒落映えします。

白とグレーチェックの上品な大人女性コーデになります。

ここにアウターとして、黒の膝丈ラウンドネックノーカラーコートを合わせます。

ラウンドネックなので、胸元から2本の縦ラインが美しく走ります。

これにより、さらにスタイリッシュな印象と細見え効果が加わるのです。

これでもう、白セーターの着ぶくれの心配は皆無ですね。

足元は、黒のストッキングに黒のショートブーツでスタイリッシュさを加えてコーデを締めます。

着ぶくれ感をシャットアウト、上品さとスタイリッシュさを兼ね備えたレディースコーデが完成します。

白セーターを巧みに支える柄スカートの存在感!

最後にご紹介するのは、白セーターに存在感抜群の柄スカートを合わせたレディースコーデです。

柄スカートによるメリハリ付けも、白セーターコーデを上手にお洒落見えさせてくれます。

この場合に、色が濃く大柄であればその効果はさらに大きくなります。

ここでは、大胆にレオパード柄で挑戦してみます。

【合わせるアイテム】

・トップス 緩め白のリブニットセーター
・ボトムス ダークブラウンのレオパード柄ロング丈フレアースカート
・足元 ブラウンのローカットスニーカー

ここでトップスに合わせるのは、少し緩めとなる白のリブ編みニットセーターです。

ボトムスとなる、ダークブラウンのレオパード柄ロング丈フレアースカートには、前だけインして動きを付けて合わせましょう。

ダークブラウンのレオパード柄は、その大胆さからお洒落見えはもちろんですが、白のニットセーターコーデをとてもすっきり見えさせてくれます。

また、前だけインのセーター裾の流れる動きと、フレアースカート裾のウェーブ感がお洒落にマッチするのも、このコーデを上級にしてくれています。

足元は、同系色のブラウンのローカットスニーカーで、お洒落にカジュアルダウンさせてコーデを締めます。

レオパード柄の抜群の存在感、白のニットセーターを合わせたお洒落なレディースコーデが完成します。

白セーターを上手に使って大人可愛いコーデを!

今回は、白セーターを使ったレディースコーデをご紹介しました。

着ぶくれ感や体型カカバーにインナー問題など、二の足を踏む方も多い白セーターコーデですが、上手に克服すればお洒落見え抜群の優秀コーデとなります。

もちろん、男性ウケも抜群です。

白セーターを上手に合わせたコーデで、貴女の大人可愛い魅力を最大限に引き出しましょう。