ジャケットを羽織るならこのコーデで!春は軽めに着こなそう

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

意外と迷いがち?シャツの重ね着コーデの基本テクを知ろう!

シャツの重ね着やコーデは、日常よく使うものですが、だからこそ迷いがちです。手元にあるシャ...

シャツをデニムにインするコーデ!これってあり?なし?

以前は身だしなみとして当たり前だったシャツをボトムスにインするコーデは、何時しかダサイというイメ...

再びレギンスファッションが人気!秋冬お洒落に要チェック!

最近のファッションシーンにおいて、再びのレギンスブームが来ています。以前にレギンスが大ブーム...

就活でトラブル!スカート(タイト)の黒い汚れやしわを解消

女性の皆さんは仕事でスーツを着ることはありますか。スーツといっても、学生が就職活動で使うよう...

シャツで清潔感をプラス!レディースのオフィスカジュアル

今回は、レディースの「オフィスカジュアル」についてお話ししていきます。オフィスカジュアルの定...

レギンスは夏コーデの味方!夏におすすめの柄や素材をご紹介

暑い夏、少しでも涼しく過ごしたいものですね。冷房を使ったり冷たいものを飲食するなど、涼を取る...

ジーンズだと夏は密着ぴちぴち!暑い季節のおすすめボトムス

じりじりと湿度の高い暑い日が続く夏。いくら暑くてもやっぱりおしゃれはしたいですよね。...

コートの新しい着こなし方!トレンチでも真冬を乗り切れる!

「真冬にはダウンジャケットやダッフルコート、ピーコートなどの厚手のアウター!」と思われている方が...

おしゃれはトップスで決まる?!可愛いブランド6選をご紹介

フェミニンやガーリーといった可愛いファッションの決め手は、「トップス」です。第一印象でパッと...

コートは何色?人気のコートの色とは?色の印象もチェック!

あなたがお持ちのコートは何色でしょうか。コートは面積が大きな衣類であるうえに、洋服のいち...

パーカーとネルシャツでラフに!レディースのおしゃれコーデ

パーカーは、カジュアルファッションの定番アイテムとして、レディースファッションでも人気ですよね。...

ダサくはない!スカートにパンプスと靴下を合わせてみよう!

女性の場合には、靴下を合わせるコーデが意外と難しいと思われているようです。特にスカートの場合...

コート選びの基準!おしゃれさに加えて暖かいことにも注目!

冬のコート選びは何を基準にされていますか?それには、やはりおしゃれであること、そして暖かいこ...

メンズ向けアウターにはコートとダウンのどっちがおすすめ?

寒い冬には、暖かいアウターが必要です。冬のメンズ向けアウターは種類が豊富なので、選ぶのに困る...

「ジレ」って何?着こなし方は?メンズの疑問にお答えします

メンズファッション雑誌などで、「ジレ」という単語を目にする機会が増えてきました。果たして、こ...

スポンサーリンク

春のコーデはライトアウターがおすすめ!

春は、ライトアウターを中心にコーデしてみましょう。

ライトアウターとは文字通り軽めのアウターのことで、気軽に羽織れるという特徴があります。

薄いので荷物にもなりにくく、手に持つにも便利です。

ライトアウターには様々な種類がありますが、今回はその中から特に次の5つをピックアップしてご紹介しましょう。

・MA-1ジャケット
・テーラードジャケット
・コーチジャケット
・デニムジャケット
・黒ジャケット

MA-1ジャケットは、ミリタリージャケットの中でも1番人気とされるフライトジャケットです。

防風性に優れているので、突然の強風にも負けません。

テーラードジャケットは、ジャケットの基本ともいうべき存在です。

どんな場面でも似合いますし、とても重宝するアウターの1つです。

コーチジャケットは、春にぴったりのアウターだと言えるでしょう。

というのも気軽に羽織れるアウターなので、春を待っていた活動的なメンズにはぴったりだからです。

デニムジャケットとはデニム生地のジャケットのことで、Gジャンとも呼ばれています。

デニム生地なので丈夫ですし、少々の雨や風なら防ぐことができます。

黒いジャケットは、1枚は持っていたい定番的なジャケットです。

MA-1ジャケットが春には最適

MA-1ジャケットは米軍のフライトジャケットの1つで、日本では根強い人気を誇っています。

MA-1ジャケットは年代ごとに違いがあり、現代ではシンプルなものが主流です。

このシンプルなMA-1ジャケットが、春にとてもマッチしたアウターとしておすすめとなります。

MA-1ジャケットの春コーデは、ラフでありながらも爽やかさを感じさせられる組み合わせがポイントです。

色は、ネイビーブルーかカーキを選んでみましょう。

ネイビーブルーは春らしい清潔感がありますし、カーキはワイルドで男っぽい印象があります。

ネイビーブルーのMA-1ジャケットには、白いインナーが似合います。

黒っぽいボトムスと合わせれば、爽やかで精悍なメンズを表現することが可能です。

カーキ色のMA-1ジャケットならば、無地のインナーがマッチします。

シンプルなコーデが男らしさを引き立たせるからです。

ボトムスはスキニータイプがおすすめです。

どちらにしても、MA-1はミリタリージャケットの1種なので、武骨さをどこかに残しておくコーデがマッチします。

テーラードジャケットの春のコーデ

テーラードジャケットは、スーツのようなシルエットを持つジャケットです。

カジュアルというよりは、フォーマルよりのアウターだと言えるでしょう。

大人のイメージで決めたいメンズなら、テーラードジャケットは必需品とも呼べるものです。

テーラードジャケットの素材は、少し厚めのものが多い傾向にあります。

秋や冬にはその少し厚めの生地がちょうど良いのですが、春用アウターには薄めの生地を選ぶようにしましょう。

さて、薄めの生地のテーラードジャケットは、着方に注意をする必要があります。

テーラードジャケットは、しっかりと着ることで真価を発揮するアウターです。

そのため着崩してしまうと、とてもだらしなく見えてしまいます。

少し薄い生地のテーラードジャケットは、気をつけないとシルエットが崩れてしまい、清潔感が失われるのです。

春だからこそ、きちんとしたシルエットになるよう着こなしましょう。

春用のコーデとしては、グレー系のテーラードジャケットに、ベージュのチノパンがぴったりです。

整った印象の中に、カジュアルな要素を盛り込むのがポイントとなります。

インナーにTシャツを合わせ、軽さを表現するのもおすすめです。

コーチジャケットはこのコーデで

コーチジャケットは、1980年代ころから流行しだしたナイロン製のジャケットです。

主にアメリカンフットボールのコーチが着用していましたが、カジュアル好きの若者たちの注目を集め、ファッションアイテムとして広まりました。

コーチジャケットがブームになった要因の1つには、ヒップホップアーティストが好んで着用していたことが挙げられます。

それにより、ストリートファッションの代表的存在と呼ばれるまでになりました。

コーチジャケットは薄く、携帯にも便利です。

防風性能にも優れており、フロントはスナップボタンのことが多く、簡単に着脱することができます。

朝晩の気温の変化が激しい春には、ピッタリのアウターというわけです。

コーチジャケットの春コーデとしては、インナーにニットを合わせるのがおすすめとなります。

コーチジャケットはナイロン製なので、少し冷たい印象を持たれることがあります。

ニットには柔らかなイメージがあるので、コーチジャケットの冷たさを中和できるのです。

春にふさわしい色調のニットを着用し、その上にシャープなコーチジャケットを羽織るのが、春向けのストリートファッションだと言えるでしょう。

春にはデニムジャケットも似合うもの

デニムジャケットはタフなイメージのあるアウターですが、コーデ次第で爽やかさを演出することも可能です。

春用コーデとしては、明るめのデニムジャケットが基本となります。

白やブリーチしたブルーなどが候補に挙げられます。

デニムジャケットにGパンを合わせるのはコーデの王道ですが、明るめのデニムジャケットには黒いスキニーが似合います。

インナーは白系のニット、あるいはカットソーがおすすめです。

また、暖かい春の日には、デニムのハーフパンツで出かけてみましょう。

インナーを丈の長いTシャツにすると、上下のバランスがとれて好印象です。

また、ハーフパンツの場合には普段以上に足元が気になるものです。

靴をデニムジャケットかインナーと同系色にすると、ファッションに統一感が出てきます。

なんとなく肌寒い日には、デニム生地のシャツを合わせ、帽子をかぶるとよいでしょう。

デニムジャケットにはベースボールキャップが似合いますが、ニット帽も悪くありません。

冬には白いニット帽が似合いますが、春はカラフルなものがぴったりです。

デニム生地のシャツの代わりにネルシャツを選ぶと、落ち着いた印象を与えることができます。

定番の黒ジャケットを着こなそう!

ダンディさを強調したいなら、定番の黒ジャケットの出番です。

春には明るいアウターが似合いますが、黒ジャケットの活用方法を知っておくと、バリエーションを増やせるのでおすすめです。

黒ジャケットの基本はテーラードジャケットですが、ダウンジャケットやライダースジャケット、ナポレオンジャケットなど、どのような黒ジャケットでも大人のイメージを引き立ててくれます。

春のファッションに黒を取り入れると、コーデが引き締まります。

白いボトムスに白いTシャツを合わせ、黒ジャケットを羽織るとメリハリの効いたモノトーンファッションのできあがりです。

また、黒いミリタリージャケットにカーキのボトムスを着用し、中に薄手のシャツを合わせると、活動的な大人のメンズを演出することができます。

黒いテーラードジャケットにボーダー柄のTシャツ、ハーフパンツにデッキシューズという春用コーデは、着こなしの難しさもありますが1度は挑戦したいものです。

さらに上級編としては、黒のテーラードジャケットに薄手のカットソーを合わせ、裾をロールアップしたコットン素材のボトムスを履くというコーデもあります。

シックでありながら軽やかでもあるという、大人の余裕を感じさせてくれるコーデです。

春はライトな装いできめよう

花が咲き、あたたかな光が満ちてくる春には、アウターは軽めのものが1番です。

素材もそうですが、色合いもライトなものを選びましょう。

とはいえ全身明るい色では、メリハリに欠けてしまいます。

アウターやインナー、ボトムスの色のバランスを考え、締めることも大事です。

春用ライトアウターのおすすめはジャケットなので、今回の記事を参考として、春にぴったりのコーデで出かけてみましょう。