ジャケットを羽織るならこのコーデで!春は軽めに着こなそう

厳しい冬が過ぎ去った春は、心も身体も浮き立つ季節です。

そして、春は軽めのコーデが似合います。

とはいっても、春は朝晩の気温の変化が激しく、1枚上に羽織るものが必要になるものです。

そのため、メンズの春用アウターを選ぶなら、薄いジャケットがおすすめとなります。

では、春にはどのようなジャケットを選ぶのが良いのでしょうか。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スカート選びは人気ブランドで!上品アイテムで大人女子に

スカートは、レディースならではのお洒落なファッションアイテムです。 合わせるスカートによっ...

ワイシャツについている後ろタックの種類と必要性をご紹介

皆さんは、ワイシャツやシャツブラウスの後ろにタックがあることをご存知ですか? タックには、背中...

ジーンズにスニーカー、靴下でお洒落なレディースコーデを!

ジーンズにスニーカーそして靴下、レディースコーデにおいてはそれぞれが重要な役割を担うアイテムです...

春夏レディースコーデ!トップスはシースルーの黒で決まり!

お洒落女子であればシースルートップスを一枚はお持ちかもしれませんね。 この春夏に断然おすすめし...

デニムにボアがついたジャケットのおしゃれコーデをご紹介!

デニムジャケットの内側にボアがついた「ボアデニムジャケット」をご存知でしょうか。 見た目にも暖...

パーカーでキッズファッションは決まり!おしゃれを楽しもう

パーカーは首元にフードがあり、子どもが着るとかわいらしくておしゃれですよね。 動きやす...

ストールとショールの違いはある?おすすめの巻き方をご紹介

防寒対策として、そしてファッションの一つのアイテムとして、ストールやショールを取り入れている人も...

ジーンズをブーツに合わせてロールアップ!着こなし術を伝授

ジーンズは誰もが持っている万能アイテムといえます。 その定番アイテムのジーンズをおしゃれにロー...

ウェーブ×スプリングのコーディネート!似合うアイテムは?

自分らしさを引き出し、似合う洋服選びのヒントを得られることで人気の骨格診断やパーソナル診断。 ...

【おしゃれなストールの巻き方】簡単アレンジ方法をご紹介

ストールはおしゃれで防寒にもなる、便利なおしゃれアイテムです。 しかし、シンプルな巻き...

秋冬コートは赤で決める!上手に着こなしてモテコーデに!

ファッションに取り入れるカラーで、群を抜いて目立つカラーと言えばやはり「赤」でしょう。 しかし...

ジーンズはステッチも色も様々!オリジナルジーンズも可能

買い物や部屋着、山登りやハイキングなど、色々な場面で気軽に履けるのがジーンズです。 ジーンズに...

ジーンズのオンスを知ろう!おすすめなのはどのくらい?

手持ちの衣類に、ジーンズをお持ちの方は多くいることでしょう。 多くの人々に親しまれているジーン...

スカートの丈によって細く見える?細見えのスカート丈とは?

女性の皆さんはスカートを履いていますか? 最近では形がおしゃれで細く見えるパンツが多い...

コートの長さ、気にしていますか?身長別ベストな長さご紹介

肌寒くなってくると欠かせないアイテムといえば、コートですね。 衣類のもっとも外側に着るコートは...

スポンサーリンク

春のコーデはライトアウターがおすすめ!

春は、ライトアウターを中心にコーデしてみましょう。

ライトアウターとは文字通り軽めのアウターのことで、気軽に羽織れるという特徴があります。

薄いので荷物にもなりにくく、手に持つにも便利です。

ライトアウターには様々な種類がありますが、今回はその中から特に次の5つをピックアップしてご紹介しましょう。

・MA-1ジャケット
・テーラードジャケット
・コーチジャケット
・デニムジャケット
・黒ジャケット

MA-1ジャケットは、ミリタリージャケットの中でも1番人気とされるフライトジャケットです。

防風性に優れているので、突然の強風にも負けません。

テーラードジャケットは、ジャケットの基本ともいうべき存在です。

どんな場面でも似合いますし、とても重宝するアウターの1つです。

コーチジャケットは、春にぴったりのアウターだと言えるでしょう。

というのも気軽に羽織れるアウターなので、春を待っていた活動的なメンズにはぴったりだからです。

デニムジャケットとはデニム生地のジャケットのことで、Gジャンとも呼ばれています。

デニム生地なので丈夫ですし、少々の雨や風なら防ぐことができます。

黒いジャケットは、1枚は持っていたい定番的なジャケットです。

MA-1ジャケットが春には最適

MA-1ジャケットは米軍のフライトジャケットの1つで、日本では根強い人気を誇っています。

MA-1ジャケットは年代ごとに違いがあり、現代ではシンプルなものが主流です。

このシンプルなMA-1ジャケットが、春にとてもマッチしたアウターとしておすすめとなります。

MA-1ジャケットの春コーデは、ラフでありながらも爽やかさを感じさせられる組み合わせがポイントです。

色は、ネイビーブルーかカーキを選んでみましょう。

ネイビーブルーは春らしい清潔感がありますし、カーキはワイルドで男っぽい印象があります。

ネイビーブルーのMA-1ジャケットには、白いインナーが似合います。

黒っぽいボトムスと合わせれば、爽やかで精悍なメンズを表現することが可能です。

カーキ色のMA-1ジャケットならば、無地のインナーがマッチします。

シンプルなコーデが男らしさを引き立たせるからです。

ボトムスはスキニータイプがおすすめです。

どちらにしても、MA-1はミリタリージャケットの1種なので、武骨さをどこかに残しておくコーデがマッチします。

テーラードジャケットの春のコーデ

テーラードジャケットは、スーツのようなシルエットを持つジャケットです。

カジュアルというよりは、フォーマルよりのアウターだと言えるでしょう。

大人のイメージで決めたいメンズなら、テーラードジャケットは必需品とも呼べるものです。

テーラードジャケットの素材は、少し厚めのものが多い傾向にあります。

秋や冬にはその少し厚めの生地がちょうど良いのですが、春用アウターには薄めの生地を選ぶようにしましょう。

さて、薄めの生地のテーラードジャケットは、着方に注意をする必要があります。

テーラードジャケットは、しっかりと着ることで真価を発揮するアウターです。

そのため着崩してしまうと、とてもだらしなく見えてしまいます。

少し薄い生地のテーラードジャケットは、気をつけないとシルエットが崩れてしまい、清潔感が失われるのです。

春だからこそ、きちんとしたシルエットになるよう着こなしましょう。

春用のコーデとしては、グレー系のテーラードジャケットに、ベージュのチノパンがぴったりです。

整った印象の中に、カジュアルな要素を盛り込むのがポイントとなります。

インナーにTシャツを合わせ、軽さを表現するのもおすすめです。

コーチジャケットはこのコーデで

コーチジャケットは、1980年代ころから流行しだしたナイロン製のジャケットです。

主にアメリカンフットボールのコーチが着用していましたが、カジュアル好きの若者たちの注目を集め、ファッションアイテムとして広まりました。

コーチジャケットがブームになった要因の1つには、ヒップホップアーティストが好んで着用していたことが挙げられます。

それにより、ストリートファッションの代表的存在と呼ばれるまでになりました。

コーチジャケットは薄く、携帯にも便利です。

防風性能にも優れており、フロントはスナップボタンのことが多く、簡単に着脱することができます。

朝晩の気温の変化が激しい春には、ピッタリのアウターというわけです。

コーチジャケットの春コーデとしては、インナーにニットを合わせるのがおすすめとなります。

コーチジャケットはナイロン製なので、少し冷たい印象を持たれることがあります。

ニットには柔らかなイメージがあるので、コーチジャケットの冷たさを中和できるのです。

春にふさわしい色調のニットを着用し、その上にシャープなコーチジャケットを羽織るのが、春向けのストリートファッションだと言えるでしょう。

春にはデニムジャケットも似合うもの

デニムジャケットはタフなイメージのあるアウターですが、コーデ次第で爽やかさを演出することも可能です。

春用コーデとしては、明るめのデニムジャケットが基本となります。

白やブリーチしたブルーなどが候補に挙げられます。

デニムジャケットにGパンを合わせるのはコーデの王道ですが、明るめのデニムジャケットには黒いスキニーが似合います。

インナーは白系のニット、あるいはカットソーがおすすめです。

また、暖かい春の日には、デニムのハーフパンツで出かけてみましょう。

インナーを丈の長いTシャツにすると、上下のバランスがとれて好印象です。

また、ハーフパンツの場合には普段以上に足元が気になるものです。

靴をデニムジャケットかインナーと同系色にすると、ファッションに統一感が出てきます。

なんとなく肌寒い日には、デニム生地のシャツを合わせ、帽子をかぶるとよいでしょう。

デニムジャケットにはベースボールキャップが似合いますが、ニット帽も悪くありません。

冬には白いニット帽が似合いますが、春はカラフルなものがぴったりです。

デニム生地のシャツの代わりにネルシャツを選ぶと、落ち着いた印象を与えることができます。

定番の黒ジャケットを着こなそう!

ダンディさを強調したいなら、定番の黒ジャケットの出番です。

春には明るいアウターが似合いますが、黒ジャケットの活用方法を知っておくと、バリエーションを増やせるのでおすすめです。

黒ジャケットの基本はテーラードジャケットですが、ダウンジャケットやライダースジャケット、ナポレオンジャケットなど、どのような黒ジャケットでも大人のイメージを引き立ててくれます。

春のファッションに黒を取り入れると、コーデが引き締まります。

白いボトムスに白いTシャツを合わせ、黒ジャケットを羽織るとメリハリの効いたモノトーンファッションのできあがりです。

また、黒いミリタリージャケットにカーキのボトムスを着用し、中に薄手のシャツを合わせると、活動的な大人のメンズを演出することができます。

黒いテーラードジャケットにボーダー柄のTシャツ、ハーフパンツにデッキシューズという春用コーデは、着こなしの難しさもありますが1度は挑戦したいものです。

さらに上級編としては、黒のテーラードジャケットに薄手のカットソーを合わせ、裾をロールアップしたコットン素材のボトムスを履くというコーデもあります。

シックでありながら軽やかでもあるという、大人の余裕を感じさせてくれるコーデです。

春はライトな装いできめよう

花が咲き、あたたかな光が満ちてくる春には、アウターは軽めのものが1番です。

素材もそうですが、色合いもライトなものを選びましょう。

とはいえ全身明るい色では、メリハリに欠けてしまいます。

アウターやインナー、ボトムスの色のバランスを考え、締めることも大事です。

春用ライトアウターのおすすめはジャケットなので、今回の記事を参考として、春にぴったりのコーデで出かけてみましょう。