コートにかける値段は?お金を無駄にできない40代の選択

皆さんは、コートを何着くらい持ち、そしてコートにどれくらいの値段をかけますか。

また、季節や用途によってコートを使い分けているでしょうか。

若い時は、カジュアルコートで通勤しても恥ずかしくないかもしれません。

しかし、年齢が上がるとそうはいかない、という人もいらっしゃることでしょう。

今回は、40代の年齢の人に必要なコートの値段と、購入の方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スカートをより楽しむために!素材は季節によって工夫する!

女性にとって、スカートはおしゃれを楽しむための最重要アイテムですよね。 スカートを穿くだけで、...

種類豊富なシャツ!女性らしい着こなしができるシャツはどれ

シャツと一口にいっても、その種類は豊富です。 ベーシックなデザインのものからデザイン性...

ダウンジャケットの高級ブランド!レディースの人気はどこ?

本格的な冬の到来! お洒落レディースたちは、アウター準備に余念がありませんね。 そのような中...

国産デニム発祥の地といえば岡山!おすすめブランドをご紹介

デニム好きの方なら耳にしたことがあるであろう「岡山デニム」。 国産デニム発祥の地ともいわれ、そ...

ニットのインナーはタートルネックでOK?失敗しないコツとは

ニットの下にタートルネックを着ると、暖かくてホッとすることも多いと思います。 しかし、タートル...

トラッドスタイルの靴!本格的なレディースファッションに

レディースのトラッドスタイルには、どんな靴をはくといいでしょうか? まずは、「トラッド」がどう...

好きなニットの柄で視線を集めるメンズの着こなし

ニットは素材を選べば、四季を通じて楽しめる実用的なおしゃれアイテムの一つです。 気候に合わせた...

ジャケットを合わせるレディースコーデでお洒落な秋の装い!

秋になるとレディースの皆さんは、うずうずとするのではないでしょうか。 何といっても、秋はお洒落...

ダウンを合わせたおしゃれレディースコーデをご紹介!

冬に手放したくないアイテムとなるのがダウン(ジャケット・コート)です。 保温性に防寒性と暖か対...

デニムは日本の岡山が熱い!レディースも注目の岡山デニム!

「デニムの聖地」と呼ばれる日本の岡山県は、世界中のジーニストから熱い視線が注がれている場所です。...

コートやスカートは長さにバランスを!低身長女性おしゃれ術

低身長女性の場合、「コートにスカートを合わせるとなんとなくおしゃれに見えない」という声があります...

ダウンの中綿のフェザーの割合!どれくらいが良いの?

ダウンジャケットの購入のときに気になるのは、中綿に含まれるダウンとフェザーの割合。 「フェザー...

シャツのきれいな収納とは?方法やおすすめ収納ケースを紹介

ビジネスパーソンにとって、ワイシャツ、ドレスシャツは必須アイテムですよね。 洗濯する機会も収納...

レギンスorタイツ?おすすめのキッズレッグアイテムをご紹介

肌寒くなってくると、子供にはレギンスやタイツなどのレッグアイテムをはかせるという親御さんも多いこ...

パーカーはペアルックで冬を楽しむのにぴったりなアウター!

「ペアルックに挑戦したい!」 そう考えている人も多いことでしょう。 ペアルックは...

スポンサーリンク

コートの購入に値段がかけられない40代の男性

高校や大学を卒業し、社会人になると色々な用途のコートが必要になります。

学生の時は、ジャンパーやダウンジャケット一枚で過ごしていた冬も、ビジネス用のコートが必要になるのです。

ビジネスコートにも、裏付きの暖かいもの、薄手の春秋用があります。

新入社員のころは、まだ現役の親が就職活動用や就職祝いに、それなりの値段がするものを購入してくれるかもしれません。

しかし、40代にもなれば、コートはもちろん衣服全般を自分で購入することになります。

40代、50代と年齢が上がると社会的な立場も変わりますよね。

管理者や会社で高い職に就くと、ビジネスコートにもそれなりの値段がするコートを着ないと恥ずかしいと思うこともあります。

一方、結婚をして家庭を持つと、自分だけにお金を使うわけにいきません。

子供がいれば養育費や教育費と、年齢が上がるにつれてかかる金額も高くなります。

40代、50代になると子供の高校や大学の資金もかかり、自分の衣服どころではありませんよね。

男性にとっても女性にとっても、一番お金が必要な年齢は40代からになります。

昭和の頃は、年功序列で年齢が上がると、必然的に給与も上がるものでした。

しかし最近は、管理者だからといって給与が急激にアップするところばかりではないようです。

管理者のため、残業をしてもほとんど手当てが出ないという企業も珍しくなく、年齢が上がっても役職に就いても、必ずしも給与が上がるわけではありません。

40代はお金を無駄にできない人も多く、欲しいものも色々と選択する必要があります。

そんな40代がコートの購入にかけられる値段は、一体どれくらいになるのでしょうか。

40代のお小遣いとコートの値段

2016年から2017年、男性サラリーマンの平均年収は40代前半で560万円台、40代後半で630万円台でした。

2018年も、同じくらいと考えられます。

女性の場合は、平均年収が40代全般で、およそ300万円程です。

女性は、扶養範囲内でパートを持つ主婦と、男性と同じように仕事を持ち収入を得ている人によって、年収に大きな違いがあります。

そのため、平均値が山なりで最も多いというより、100万円未満から1,000万円以上に散らばるのではないでしょうか。

近年の、40代男性の平均的なお小遣いは月35,000円です。

その中で、身だしなみにかけるのはわずか1割で月3,500円になります。

月3,500円となると、理容室代で終わってしまいますよね。

男性は、お小遣いの大半が食事代とお付き合いで消えてしまうようです。

女性は、仕事を持っている人と専業主婦では違いがあります。

女性の場合、40代の平均的お小遣いは月20,000円です。

しかし、女性は男性以上に個人差があり、専業主婦でも月に10万円以上お小遣いを使う人もいれば、限りなく0円に近い人もいます。

その中で、女性の場合はお小遣いの内訳が、身だしなみが4割でファッションが2割になります。

合わせて6割、平均すると12,000円になる計算です。

それでも、年間にかけられるコートの値段は、せいぜい10,000円くらいかもしれません。

コート代は別であると、家計から男性用コートを購入する場合も10,000円くらいです。

40代男性のコートは家計費から

40代の女性は、衣服を自分のお小遣いから購入しますが、男性の場合はほとんどが家計費になります。

衣服が家計費なので、お小遣いが35,000円、身だしなみが3,500円でも気にならないようです。

コートを購入する場合、皆さんは大型スーパーや紳士服の専門店に行きますか?

それとも、百貨店に行きますか?

年収が高い人の中には、百貨店で1着の値段が10万円以上のコートを購入することもあります。

しかし、平均的家庭の場合は、紳士服の専門店や大型スーパーの紳士服売り場で、購入しているのではないでしょうか。

休日に、ショッピングモールで、買い物をする家族連れをよく見かけます。

ショッピングモールや大型スーパーの紳士服売り場では、5,000円くらいから19,800円くらいのコートを扱っていますよね。

中でも良く見かける値段が、税込10,800円です。

スーツ1着10,800円、革靴10,800円、ビジネスコート10,800円といった値段表示を見かけたことはありませんか。

1着10,000円、税込10,800円という値段は、紳士服だけでなく女性服や家電などでも見かけます。

家計を預かる主婦にとって、1万円札を何枚使うかが一番迷うところです。

10,800円なら、1万円札1枚と小銭、という意識が購入する消費者の気持ちを軽くします。

少し良いコートになると、税込19,800円になってきます。

これでも、1万円札2枚でおつりがくる、という感覚が購入しやすい値段をイメージさせます。

40代の男性のコートは家計費から出ることが多いため、主婦が購入しやすい値段になっているのかもしれません。

一工夫!コートの値段をより安く

40代は、子供や家族にお金がかかります。

女性の月平均のお小遣いは20,000円でも、多い層は10,000円未満の人になります。

しかし、子供が幼稚園や学校に上がると、ママ友のお付き合いもはじまりますよね。

お小遣いが少ないからと、いつも同じ服というわけにはいきません。

服だけでなく、おしゃれな女性は、秋・冬・春と季節によってコートを変えます。

用途によっても変えるため、ウールや綿、ダウンといった色々なコートを持っているのではないでしょうか。

現代女性の多くは、学校を卒業後仕事を持っていることが多いため、その時に購入したコートかもしれません。

結婚前にしっかりお金を貯めていて、おしゃれをしている可能性もありますが、夫の収入が高いためにおしゃれができる人もいます。

しかし毎年、新しいコートを着ている人の中には、色々な工夫で値段を抑えてコートを購入している人もいらっしゃるのです。

例えば、前年のシーズンの終わりは値段が下がるチャンスなので、真冬なら10,000円するコートも、5,000円くらいで購入することができます。

また、福袋であれば10,000円でカットソーやシャツ・小物類の他、ほとんどの福袋にコートが入るため、お得ですね。

そして、新品のコートではなく、リサイクルショップを上手に利用している人もいます。

一工夫して、高いコートを安い値段で手に入れてみましょう。

通販サイトを利用した40代のコートの値段

忙しい世帯の中には、買い物へ行く時間がないという人もいます。

平日は共稼ぎで仕事、休日は子供の習い事やスポーツチームのお手伝いに追われてしまうというのも40代の特徴です。

ゆっくり買い物に行く時間が取れない人の中では、通販サイトが当たり前のように浸透しています。

大手通販サイトから、紳士服や婦人服の専門店のサイト、ファッションブランドのサイトと様々です。

以前、同じブランドを使ったことがあればサイズもそれほど変わらないため、スラックスやスカート、靴と違い大きさで痛くなったり履けないということは避けられます。

コートなら通販でも大き過ぎる、小さ過ぎる、といった心配は不要です。

大手通販サイトでは、値段が10万円を超えるブランドコートから10,000円以下のビジネスコートまであります。
また、40代~50代世代をターゲットにしたファッション専門店も増えています。

多忙な40代は、店舗よりも通販サイトの方が購入しやすいため、ほとんどのお店が通販での対応を進めているのです。

「先日、仕事の帰りにお店の前で見かけたけれど、迷って購入しなかった」「欲しいけれど、もう一度お店に行く時間が取れない」ということはありませんか。

そんな時は、お店のサイトにアクセスしてみましょう。

長く着られるいい物が必要!40代からのコートの値段

40代になったら、毎年1つだけ良い物を購入してみませんか。

特に仕事と家事を両立している女性なら、年に1度くらいは自分にご褒美をあげましょう。

バッグや靴、服も良いです。

忙しい中で頑張っている自分への褒美です。

思い切って、高級ブランドバッグを買うのも良いかもしれません。

どうしても迷ったら、順番を決めるのも良いですね。

去年はバッグを購入したから、今年はコートを購入しよう、と決めてみましょう。

そして、40代だからこそ飽きの来ないコートを購入してください。

流行や年齢を選ぶコートは長く着ることができませんが、オーソドックスな良いコートは生地も小物の付け方もしっかりしているため、毎年丁寧にクリーニングに出せばずっと着ることができます。

たとえ50,000円のコートでも、10年着れば年5,000円です。

流行に左右されて、毎年購入していたという人もいるのではないでしょうか。

自分の収入があると、8,000円くらいのコートはTシャツくらいの気持ちで購入してしまう人もいます。

しかし40代になったら、先のことも考えて良いコートを購入してみましょう。

20代、30代の時のように、流行を取りいれた安い値段のコートは卒業の時期を迎えているのかもしれません。

40代のコートの買い方

多忙で時間もお金も無駄にできない40代です。

さらに子供にもお金が一番かかる時期とかさなると、価格の高いものにはなかなか手が出ませんよね。

しかし、中には色々な工夫をして、良いコートを手頃な値段で購入している人もいます。

少しでも余裕があるなら、先のことを考えて、良いコートを購入しておくと良いですね。