大人女性コーデのジーンズは太めタイプで上手な着こなしを!

大人女性のジーンズは、スリムも良いのですが断然太めのストレートタイプをおすすめします。

脚のラインをお洒落見えさせるのはもちろんですが、お洒落にカバーもしてくれる優秀アイテムなのです。

しかも、穿いていてもきつい締め付けがないので楽ちんと良いこと尽くし!

今回は、太めのストレートジーンズを着こなしたお洒落なレディースコーデをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ストールで素敵な春コーデ!華やかなレディースの装いに

春の足音が聞こえてくると軽やかな装いで街へお出かけしたくなりますね。 そんな時には、ふわりとし...

デニム選びのポイント!レディースブランドのおすすめ4選

レーディスコーデのマストアイテムのひとつに、「デニム」が挙げられることでしょう。 多くの種類の...

ジャケットを羽織るならこのコーデで!春は軽めに着こなそう

厳しい冬が過ぎ去った春は、心も身体も浮き立つ季節です。 そして、春は軽めのコーデが似合います。...

ライダース選びに悩む方必見!メンズのおすすめ商品もご紹介

メンズライダースは価格が幅広く、どれを選んだら良いのか分からないという声も多いです。 また、メ...

パーカーを買うならまずはグレー、無地を!着こなしをご紹介

パーカーは、おそらく多くの方が一着は持っているアイテムではないでしょうか。 カジュアルウェアと...

鮮やかパーカーのオレンジを着こなしたい!トレンドコーデ!

今トレンドになっているパーカーの中でも、オレンジ色のパーカーが話題になっています。 鮮やかな色...

可愛いスカートのチュール!大人イメージの付け方はあるの?

フワフワのチュールスカートはいくつになっても女性の憧れですね。 一方では、チュールスカートは子...

ボリューム袖ニットに適したコート!着用がきつい悩みを解消

寒い季節になると欠かせないアイテムがニットですよね。 可愛い洋服が大好きなオシャレ女子の間で、...

ジーンズのダメージ加工って実際にはどんな種類があるの?

飽きが来て履かなくなってしまったジーンズもほんの少しダメージ加工を施せば、お洒落なアイテムへと変...

このアウターがおすすめ!秋のメンズ向けファッション

過ごしやすい秋は、ファッションの面でも楽しめる季節です。 着用するファッションアイテム...

Vネックセーターを着こなす!レディース向けおすすめコーデ

春や秋の少し肌寒い時期や、本格的に冷え込む冬には、ニットのセーターが手放せませんよね。 その中...

おしゃれなトップスもボトムスも手に入る人気メンズブランド

おしゃれでかっこいい男性を見かけると、「どこで洋服を買いそろえているのだろう」と思うことがありま...

アウターにトップスの組み合わせ!同じ色にトレンドを入れて

アウターとは、コートやジャケット、ジャンパーなど服の一番外側に着るもののことをさします。 トッ...

ダサくはない!スカートにパンプスと靴下を合わせてみよう!

女性の場合には、靴下を合わせるコーデが意外と難しいと思われているようです。 特にスカートの場合...

キーワードは【トラッド】大人のメンズファッション講座!

近年人気の「トラッドファッション」をご存知ですか? 英国紳士のような気品あふれるスタイルで、2...

スポンサーリンク

お洒落な着こなしとなる太めのジーンズ!

今回、太めのストレートジーンズを着こなしたレディースコーデをご紹介しますが、その主役となる太めのジーンズについて少し触れておきましょう。

太めのジーンズとは、「ワイドジーンズ」「デニムワイドパンツ」などとも称されていますのでご存知の方も多いことでしょう。

ジーンズの持つ特徴はそのまま、太めのシルエットでリラックスした穿き心地を楽しむことができます。

「着ぶくれ感があるのでは?」

このような疑問も湧いてくるかもしれません。

もちろん、そのように見える失敗コーデにしてしまえばそうなってしまいます。

しかし、上手な着こなしにすれば、ウエストは細見えで太腿から太くなるシルエットは美脚ラインに脚長効果を与えてくれる魅力的なアイテムなのです。

もちろん、脚の太さが気になる方でも上手にそれをカバーしてくれます。

いつものジーンズスタイルを太めのワイドジーンズにするだけで、美しく見えるスタイリングに体形カバーを手にすることができるのです。

様々な種類があるワイドジーンズですが、特にお洒落見えするのはストレートタイプのものになります。

今回はこのストレートタイプのワイドジーンズを中心に、レディースコーデをご紹介します。

太めのジーンズをお洒落な着こなしに仕上げるコツとは

続いて、太めのジーンズをお洒落な着こなしに仕上げるための、おさえるべきポイント・コツをご紹介します。

前項でも少し触れましたが、太いシルエットでお洒落に魅せるのが太めのジーンズの魅力です。

そのまま、太って見えるようでは失敗コーデになってしまいます。

コツをしっかりとおさえておきましょう。

【裾の丈感】

まず最初に一番大切な裾の丈感です。

長過ぎず短過ぎず絶妙な丈感をおさえましょう。

もっともおすすめする丈感は「ギリギリ足元にクッションを作らない長さ」と心得てください。

足元にクッションを作ってしまうと野暮ったさを感じてしまいます。

クッションを上手に着こなす方もいますが、それはかなりの上級者です。

しかし、だからといって短い丈にしてしまうと、上品なシルエットが作りにくくなります。

太めのジーンズを穿く場合には、「Aライン」「Iライン」「Xライン」を美しく作ることができます。

しかし、この丈感が短くなると中途半端となり、上手に美しいラインを作ることができなくなるのです。

寸足らずの印象となり、これまたダサく見えてしまう可能性があります。

【女性ならでは色香も必要】

カジュアル色の強いジーンズで太めのアイテムを選定するのですから、レディースコーデとしては程よい女性らしさも強調したいところです。

この女性らしさを強調する場合にコーデにおいては「首、手首、足首の3つの首」「胸」を意識させるのが基本になります。

足首はジーンジの裾で隠してしまうわけですから、合わせるトップスでこの部分を強調させるのがお洒落見えのコツになります。

太めジーンズでしっかり系を作る春の着こなし

それでは、太めのストレートジーンズのコーデをご紹介します。

今回は、春夏秋冬四季別におすすめの着こなしです。

最初にご紹介するのは、春コーデになります。

心浮かれる春は、太めのジーンズを合わせてしっかり系のコーデに挑戦してみましょう。

【春のしっかり系コーデ】

・トップス 白と水色のストライプブラウス
・ボトムス ブルーのストレートワイドジーンズ
・アイテム ベージュのストール
・足元 ベージュのヒールパンプス

トップスには、きっちり感と春らしい爽やかさが感じられる白と水色のストライプブラウスを上品に合わせます。

ブラウスの袖は2回のロールアップでこなれ感を与えます。

また、ボトムスとなるブルーのストレートワイドジーンズには、前だけインして動きを付けスタイリッシュに仕上げましょう。

前だけインすればウエストマークが施されるので脚長効果に、またIラインが作り上げるシルエットで細見え効果もバッチリです。

ラフなワイドジーンズを合わせても、これだけスタイリッシュな綺麗めコーデがつくれるのです。

アイテムとなるベージュのストールは手に持ってこなれ感をプラス!

足元は、ストールと同じベージュのハイヒールパンプスでコーデを上品に締めます。

これで、春の綺麗めしっかり系コーデが完成します。

夏の太めのジーンズコーデは王道カジュアルの着こなしで!

続いてご紹介する「太めのストレートジーンズを着こなしたお洒落なレディースコーデ」は、夏コーデになります。

太めジーンズを使った夏コーデは、暑さ厳しい中涼しげな装いで王道となるお洒落カジュアルコーデに挑戦してみましょう。

【夏のお洒落カジュアル系コーデ】

・トップス 白のキャミソール
・ボトムス ブルーのストレートワイドジーンズ
・アウター ベージュのロングガウン
・足元 ベージュのヒールサンダル

トップスの白のキャミソールは、ボトムのブルーのストレートワイドジーンズにタックインして合わせます。

面積の小さいトップスと面積の大きいボトムスとの対比が脚長効果を存分に発揮してくれますよ。

また、ストレートワイドジーンズなので、AラインというよりはIラインのシルエットがお洒落見えします。

白のキャミソールにジーンズという王道のカジュアルコーデも、ワイドジーンズにすることで異なるお洒落感が生まれます。

ここにアウターとしてベージュのロングガウンを合わせましょう。

重たさはもちろん感じませんし、Iラインを壊すことなく上手に縁取りをしてくるように感じます。

足元は、ガウンと同系色となるベージュのヒールサンダルで夏らしくコーデを締めます。

これで、太めのジーンズを使った夏のカジュアル系コーデが完成します。

太めのジーンズコーデに1アイテムプラスで鮮やかな秋の装い!

続いてご紹介する太めのストレートジーンズを着こなしたお洒落なレディースコーデは、秋コーデになります。

太めジーンズを使った秋コーデは、夏にも通用する爽やか系コーデに1アイテムをプラスして鮮やかな秋の大人カジュアルコーデに挑戦してみましょう。

【秋の鮮やか大人カジュアルコーデ】

・トップス 白地に赤ボーダーのボートネックニットセーター
・ボトムス ブルーのストレートワイドジーンズ
・アウター ゆったりめブラウンのカーディガン
・足元 エンジのパンプス

トップスには白地に赤のボーダーが走るボートネックニットセーターを合わせます。

ボトムスとなるブルーのストレートワイドジーンズにはタックインして、脚長効果を印象付けましょう。

マリンテイストの装いは、夏でも通用するような鮮やかさです。

なお、ここにアウターとなるゆったりめブラウンのカーディガンを肩を抜く感じでラフに合わせれば、ブラウンのカーディガンが鮮やかコーデを一気に秋の装いに変えてくれます。

ここでのポイントは、カーディガンの裾をジーンズのウエストに合わせること!

ラフな感じの中に計算されたスタイリッシュさを感じることができます。

足元はボーダーに合わせたエンジのパンプスでコーデをお洒落に締めます。

これで、太めのジーンズを使った秋の鮮やか大人カジュアルコーデの完成です。

冬は太めのジーンズを使ってお洒落上品な着こなしとなるコーデに!

最後ご紹介する「太めのストレートジーンズを着こなしたお洒落なレディースコーデ」は、冬コーデになります。

太めジーンズを使った冬コーデは、お洒落上品な印象となるコーデに挑戦してみましょう。

【冬の上品系コーデ】

・トップス 緩め白のローゲージケーブル編みタートルネックニットセーター
・ボトムス ブルーのストレートワイドジーンズ
・アウター ライトブラウンのファーコート
・足元 キャメルのハイヒールパンプス

トップスには、緩め白のローゲージケーブル編みタートルネックニットセーターを上品に合わせます。

ボトムスとなるブルーのストレートワイドジーンズには前だけインでスタイリッシュな動きを与え、優雅さを加えましょう。

ニットとジーンズもカジュアルのテッパンコーデですが、ニットをこのように合わせることで綺麗めコーデに傾きます。

カジュアルダウンではなく綺麗めアップというところでしょうか。

ここにアウターとして、ライトブラウンのファーコートを袖を通さずにこなれた感じで羽織りましょう。

ファーコート自体に清楚さと上品さを感じられるので、コーデの上品さが引き締まります。

足元はキャメルのハイヒールパンプスでコーデをお洒落に締めます。

これで、太めのジーンズを使った冬の上品系コーデの完成です。

太めのストレートジーンズで美脚コーデに挑戦!

今回、太めのストレートジーンズを使ったレディースコーデをご紹介しました。

スリムジーンズの人気も高いですが、実は太めのワイドジーンズもお洒落見えでは負けていないのです。

何といっても脚を美しく魅せてくれるのは、ワイドジーンズの強みでしょう。

そうと分かれば、ワイドジーンズを使って美脚コーデに挑戦してみませんか。