今はコートの色だってかわいい!水色コートを着こなしたい!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ポンチョはメンズも着ていい?おすすめアウトドアブランド!

みなさんは、普段どのようなレイングッズを使っていますか?傘やカッパなど、定番のものがいくつか...

増えてしまったTシャツを使って半袖の重ね着テクニック!

単独で着てしまうと頼りなくて、なにか物足りない半袖のTシャツ。あまり着れてもいないのに、手頃...

ストールは色の選び方次第で魅力アップ!色選びのコツ紹介

首元のおしゃれに欠かせないストールですが、実にさまざまな色や柄が揃っています。ストールは、そ...

ジーンズの色落ちを復活!様々な方法でプラスにして楽しむ!

ジーンズが好きで穿いている方は、ジーンズが色落ちしたことがあるのではないでしょうか。ジーンズ...

ジーンズの人気ブランドは?日本のブランドもあわせてご紹介

ジーンズは、今や持っていない人を探すのが難しいといえるほど、人々の生活に浸透しているアイテム...

シャツの第一ボタンはネクタイを締める時は留める?外す?

就職活動をしている男性は、スーツを着る機会が多いですよね。その際に多くの方が悩むのが、「シャ...

ジャケットは秋コーデの主役!メンズにおすすめトップス5選

暑い夏が終わると、一年の中でも過ごしやすい秋がやってきます。秋はスポーツや、行楽にとても適し...

悩むパーカーのサイズ!大きめなら使い勝手がよくおすすめ!

パーカーのサイズは、誰しも悩むものの1つです。多くの場合は、基本のサイズが最適なコーデの第一...

おしゃれはトップスで決まる?!可愛いブランド6選をご紹介

フェミニンやガーリーといった可愛いファッションの決め手は、「トップス」です。第一印象でパッと...

パーカーをぶかぶかに着る女子にキュン!かわいさアピの方法

ぶかぶかな袖のアイテムを使っている女子は、男子の目にとまるものです。特にパーカーは、使い勝手...

コートにかける値段は?お金を無駄にできない40代の選択

皆さんは、コートを何着くらい持ち、そしてコートにどれくらいの値段をかけますか。また、季節や用...

スカートがゆるい…そんな時の対処法はベルト以外にもある?

「スカートのウエストがゆるい!」試着時は丁度良いと思って買ったのに、自宅でしっかり着用してみ...

スカートを魅力的に履きたい方へ!しわを防ぐ座り方や対処法

スカートは、身につけるだけで女性らしさが演出でき、魅力的なアイテムですよね。その一方で、座り...

一歩上級のおしゃれ!スカートの生地素材で季節感を出そう!

日本には四季がありますので、季節によって着る服を変えたり、アウターを増やしたりしますよね。季...

コートとスカートが同じ色ってあり?それともなし?

何となく好きな色が決まっていて、インナーにアウター、スカートにパンツのボトムスまで、気が付くと「...

スポンサーリンク

かわいいもクールも!水色コートは着こなしで印象が変わる!

今まで主流だったパステルカラーは、どちらかと言えば暖色系が多いという特徴があります。

これは幅広い顔色やメイクでも合わせやすく、なおかつ顔色がキレイに映えるためでした。

しかし現在はメイクの方法やコスメの進化、寒色を好む女性の増加で、事情が変わりつつあります。

そのような世相の中で生まれたのが、水色のパステルカラーを使ったコートやシャツです。

水色のコートは、着こなし方でかわいらしさや、クールさといった印象に変えることができます。

他にも10代から40代まで幅広い年代、更には女性だけでなく男性も愛用することができます。

このように、コートの下に合わせる洋服の色や雰囲気を変えることで、水色のコートを着こなせます。

上品なかわいさがあるため、男ウケもいい組み合わせなのです。

水色は近年になって、ファッション界でもよく使われる色合いになりました。

水色コートの着こなし方や、コーディネートの組み合わせは、後々にも使える機会が増えてきます。

現在はコートを中心に特集を組まれていますが、ニットやバッグなども増えていますね。

パステルカラーになっていることで、洋服の組み合わせもしやすく工夫されています。

同じ水色コートでも種類は色々!色の濃淡で印象が変化!

同じ水色でも、薄いものから濃いものまで、さまざまな水色があります。

全体的に水色は落ち着いた印象があり、かわいさよりもクールさに落ち着きます。

では水色の濃さや着こなし方で、どのような印象を受けやすくなるのか、詳しく見ていきます。

一番薄いのはアイスブルーと言われる色で、青みが薄く、白に近いのが特徴です。

アイスブルーそのものは比較的新しい流行色とされており、パステルブルーよりやや暗めなのです。

やわらかい印象が出てくるため、女性らしいコーデで力を発揮します。

着こなし方では、強く濃い色か、くすんだパステルカラーと相性がいい色です。

一方、濃い水色に属するのがスモーキーブルーという色です。

こちらはやや青みが強く、くすんだ水色を指しています。

青より薄いですが、水色としては強めの色で、大人の装いとして人気上昇中の水色です。

白と積極的に合わせると、清楚で静かな印象の着こなしに変わります。

このように色の濃淡で、コートの印象やコーデが大きく変わることがよくわかりますね。

短いのも長いのもある!着こなしが大事になるコートの型!

レディースコートがおしゃれとして普及する中、水色コートもさまざまなタイプが出てきています。

同じ色のコートでも、着こなし方で印象が変わるため、最初に選ぶコートも大きく左右します。

長いコートの代表格には、トレンチコートがあります。

水色トレンチコートは、明るい色であれば女性らしさを、暗い色であれば大人らしさに。

女性らしさを強くしたい場合は、チェスターコートを組み合わせると印象がよりやわらかくなりますよ。

トレンチコートよりデザインがスッキリしており、トレンチコートより柔らかめです。

カジュアルな印象を強めたい場合は、やや丈が短い、ダッフルコートがおすすめです。

より女性らしさよりボーイッシュなカジュアルさを演出したいときは、モッズコートもあります。

モッズコートはフードやベルトもしっかりとしたものが付いており、アウトドアでも便利なコートです。

かわいらしさ重視の着こなしがしたい、そんなときはダウンコートやファー付きのものにしましょう。

水色の濃淡も、全体の印象に強く関わってきます。

下に合わせるスカートやパンツ、レギンスと合わせて、コートの型を選ぶといいですよ。

水色コートは万能?着こなしは組み合わせの色が左右する!?

水色のコートは、今まで見てきたように、着こなし方で万能さを発揮します。

最初に選ぶ色の濃淡やコートの形によって、着こなし方も変わってくるということです。

更に言えば、水色のコートと組み合わせる色合いによっても、印象を大きく変えることができます。

白を合わせるか黒を合わせるかはそれを証明する、最もシンプルな組み合わせです。

選ぶ組み合わせが黒であればより大人のクールさ、白であればより清楚な女性らしさが出てきます。

組み合わせとして選びたいのは、やはり水色と同様の、寒色系を中心とした色です。

白黒だけでなく、暗めのダークグリーンやグレー、ネイビーなどの青系とも合います。

他にも、温かみのある上品さを出したいときに使いたいのがベージュです。

ベージュは暖色系ですが、薄い水色と合わせれば、白よりも温かみがでてくる組み合わせです。

ベージュの他にも、やや明るめの茶色も相性がいい色ですよ。

どの色も水色を中心とした、差し色としての色ですので、コートを開いて着る場合も使えます。

パンツ類と相性がよく、スカートを着用する場合はレギンスがあると、色にメリハリがつきますよ。

30代40代も十分楽しめる!水色はレディース界の救世主!

水色の華やかさを見ていると、これは10代から20代の女の子が着る服だ、と思っていませんか?

実際それは間違いで、30代40代の女性でも、水色コートは上品に着こなしができるのです。

若いときとは違い、どちらかと言えば女性的な面を大きく引き出すコーデが中心になります。

合わせる色はシンプルにカーキやベージュ、ネイビーや黒といった濃い色を使います。

白も比較的バランスが良くなりますね。

水色のロングコートは、通勤時も着やすく、スーツの色とも非常に相性がいい組み合わせです。

オンオフともに使えるため、異なる雰囲気で組み合わせが楽しめるという特徴があります。

ブランドなどで一定の年齢層の女性に合わせて、水色コートを販売しだすところも増えてきました。

そういったブランドの水色コートを購入し、組み合わせを楽しみながら開拓していくのも一つの方法です。

水色のコートはメンズでも!メンズコートは暗めの水色に注目

女性のコートが大きく話題になりますが、メンズのコートにも水色が登場しています。

ただし、薄いものはどうしても抵抗が強いため、濃く暗めの水色のコートが主流です。

レディースよりも短めのコートが多く、どちらかと言えばジャケットとしてはおるイメージです。

まだ普及と呼ぶには程遠いのが現状と言えるでしょう。

女性向けの水色コートが、販売店で当たり前に販売されるようになる日も遠くはありません。

同じように、メンズの水色コートも着こなしが研究され、普及していく可能性はあります。

暗めの水色には白や黒、ネイビーと相性が良いという特徴があります。

スーツ類と相性がいいので、普段もジャケットを愛用している人におすすめの組み合わせです。

水色コートは着こなし次第で大人っぽさもかわいいも自由自在!

水色のコートは一見、着こなしが難しく感じますが、実際は合う色を覚えておけば簡単です。

濃い色に行くほど大人の雰囲気を、薄い色に行くほどかわいらしい雰囲気を強く出します。

実際に手元にある服装と、より具体的に合わせることができる色があれば、怖いものはありません。

思わぬ色で、求めていた雰囲気を出すこともできます。

手元にある服と水色コートを積極的に合わせて、さまざまな雰囲気を着こなしましょう。