スカートがゆるい時の直し方!体型が変わっても怖くない!?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

シャツの袖丈の直し方を知って自分でジャストサイズに直そう

人の体型は千差万別です。既製品のシャツを購入した時、「首回りや胸回りなどに合わせると袖丈が長...

ありがとうをストールで!プレゼントに合う素敵な色は?

いつもお世話になっている人達へ、特別な日には感謝を込めてプレゼントしたいものです。寒い時期に...

大切なコートに毛玉が!最適な取り方でコートを長持ちに!

冬になると欠かせないのがコート。何気なくふとコートを見ると、「毛玉だらけ…」なんて経験ありま...

ニットの洗濯頻度ってどの程度?目安や身につけたい習慣とは

寒い時期に活躍するニットは、ときに毎日のように着ることもありますね。そんな便利アイテムのニッ...

セーターの収納に困ったら圧縮袋でコンパクトにしよう!

セーターは冬の間に活躍する衣類ですが、オフシーズンに収納しようと思ってもかさ張るため、場所に困っ...

黒く染めた服で新しいオシャレ!お気に入りの服をリメイク!

お気に入りの服も、何度も着れば飽きてしまいます。まだまだ着ていたい服も、シミ汚れで着られなく...

スカートの裾がほつれた!まつり縫いを覚えて自分で直そう

スカートの裾がほつれて困ったことはありませんか。こんな時、皆さんはどうしますか。スカート...

地味なパーカーでもワッペンでアレンジすればお洒落に変身!

普段着に部屋着にと様々な活用方法で便利なパーカーですが、いかんせん地味目なものになりがちです。...

ニットに毛玉ができるのはなぜ?原因・予防法・対処法とは

ニットは暖かく、秋冬のコーディネートには必須のアイテムですね。しかし、ニットは毛玉ができやす...

履けなくなったスカートのリメイクに挑戦して簡単エコ活動

古くなったものを、違うものに作り直すことをリメイクと言います。最近は、環境問題を考慮し、ゴミ...

履かないデニムは簡単なハンドメイドでおしゃれな小物に!

古くてもう履かないデニムや、サイズが合わずタンスにしまったままのデニムはありませんか?履くこ...

コートに虫食い!直し方を知っていれば虫食いも怖くない!?

季節も変わり、寒くなってきたらコートを着てお出掛けしたくなりますよね。来年も着ようと大事に収...

ジーンズのボタンが取れた!大丈夫、修理できるんです!

ジーンズのボタンが取れたという経験をお持ちの方も少なくないでしょう。ボタンが取れたジーンズは...

困った!お気に入りのニットが虫食い?!修繕方法のご紹介!

お気に入りのニットに見慣れない「穴」を発見したらショックですよね。その穴の原因は「虫...

シャツの基本のたたみ方は半袖から!たたむことは奥が深い!

普段、シャツをどのようにたたんでいるでしょうか?たたみ方にこだわりを持っている方も、そう...

スポンサーリンク

スカートがゆるい!直し方によっては注意を!

スカートがゆるいときの直し方は、スカートのウエストによっても変わります。

ウエストにゴムを使ってあるスカート、ゴムがないスカートだったり、デザインによって色々なのがありますよね。

スカートによっては直し方が簡単にできるのもあります。

しかし、簡単に直せることができるものでもウエストのゆるさによっては、ウエストを直したらスカートのデザインが変わってしまうことがあります。

同じデザインのスカートでもウエストが違うと見た目が変わりますから、直し方によってデザインが変わってしまうのは仕方がないことでしょう。

また、スカートの生地も直し方によっては、違いが目立ってしまうことがあります。

したがって、自分で直したりお店で直すこともできますが、スカートのデザインが変わってしまうのが嫌な方は、それでも直すか考えてから対応するほうが良いのではないでしょうか。

スカートがゆるい!ゴムのスカートなら簡単に直せる!

スカートのウエストが、ゴムでゆるいときの直し方です。

ウエストにゴムの通し口があるスカートなら簡単にできるでしょう。

直し方は、通し口に新しいゴムを通して、ゆるくなったゴムと新しいゴムを取り変えれば良いだけです。

必要なのは、新しいゴムとゴム通しです。

ゴムの幅は色々とありますが、ウエストに入っていたのと同じくらいの幅のゴムが良いでしょう。

直し方は、ゴム通しを使って、ゆるくなったゴムを新しいゴムに変えるだけです。

しかし、ゴム通しを持っていないから新しいゴムに変えられないというときもあるのではないでしょうか。

そんなときは、安全ピンやヘアピンでも代用することができます。

安全ピンは、新しいゴムに刺して抜けないようにしてください。

ヘアピンは、ゴムが抜けないように結んだほうが良いでしょう。

そして、ゴム通しと同じように新しいゴムに変えるだけです。

安全ピンもヘアピンもなかったり、道具を使わないでゴムを取り換えたいことがあるのではないでしょうか。

そんなときは、ゆるんだゴムと新しいゴムを結んで、古いゴムを引っ張りながら新しいゴムを通すこともできます。

ウエストがゴムのスカートなら簡単にゆるいのを直すことができますね。

ゆるいのを手縫いで直す!ミシン要らずの直し方!

スカートがゆるいときの直し方では、スカートのウエストを留める金具、ホックの位置を変える方法があります。

ウエストが少しだけゆるいときは、ホックの位置を変えるだけでスカートのゆるさが解消するでしょう。

少しだけ位置を変えたぐらいならホックは内側にありますのでスカートの見た目も変わることはありません。

しかし、ホックの位置を縫い直しをするだけのゆるさなら良いのですが、ホックの位置を変えただけでもゆるいときもあるでしょう。

そんなときは、ウエストの一部をつまんでゆるさを縫い直します。

縫い方は、ゆるい部分をウエストの内側に折り、折った部分を糸で縫い合わせれば良いだけです。

ミシンも使わずに手縫いで直せますので、簡単にできるでしょう。

ホックを縫い直すこともウエストのゆるい部分を折って縫うことも必要な道具などは、針と糸だけです。

縫うときに折った部分がずれるのが気になるのでしたら、待ち針を使いましょう。

ウエストのゆるさを直すのに必要な道具が少ないので、簡単に直すことができます。

自分で直すことに不安!?そんなときはお店を頼った直し方で!

スカートのウエストのゆるさを直したいけど自分で直すことに不安がある人は、リフォームのお店に頼むこともできます。

お店での直し方では、料金が掛かってしまいます。

しかし、技術を持っている人が直すので、きれいに直してくれることでしょう。

お店は、大きなショッピングセンターなどにあります。

そのため、お買い物のついでにでもスカートを直してもらいに行くことができるでしょう。

また、お店に頼むことで良いこともあります。

スカートによっては、自分でスカートのゆるさを直すことが難しいこともあるでしょう。

しかし、お店の人と相談することで納得がいく直し方ができます。

ウエストのゆるさを直してデザインが変わってしまう場合でも、相談をしていれば先にどんな風に直してくれるか分かるからです。

またスカートのゆるいのを直すだけではなく、気になっていることがあれば直してもらったりすることができるのも良いですね。

ゆるいことも気にしない!ゴムベルトなどを使ってオシャレに!

自分でウエストを縫い直したり、お店で頼むこと以外の直し方では、グッズを使った方法があります。

スカートにベルト通しがあるのなら、ベルトを使えばウエストがゆるいときでもスカートを穿けるでしょう。

また、スカートにベルト通しがないときは、自分でベルト通しを作ることもできます。

ベルト通しを作ったらベルトを通すこともできますね。

しかし、ベルト通しを作りたくないなど自分で作ることに不安があるときもあるでしょう。

そんなときは、ゴムベルトやサスペンダーなどを使う方法があります。

この方法でしたらスカートを穿いても落ちにくくなるでしょう。

ウエストのサイズを直すことではありませんが、縫い直したり、お店に頼まずに済む方法ではないでしょうか。

また、ゴムベルトやサスペンダーも色々なデザインがありますから、オシャレの幅が広がるのも良いですね。

スカートがゆるいけど簡単に直したい!家にある物で代用!

ゆるいスカートの直し方では、自分で縫ったり、お店に頼んだり、ゴムベルトなどを使う方法以外に簡単に直したい人もいるのではないでしょうか。

直したりするのに時間が無かったり、ゴムベルトなどのグッズを持っていないという方もいるでしょう。

そんなときは、家にある物で代用することができます。

しかし、見た目やゆるいことの解決にはなっていませんので、あくまでも代用として使うことをおすすめします。

その方法は、クリップや安全ピンを使うことです。

クリップや安全ピンなら各家庭にも置いてあるのではないでしょうか。

使い方は、ウエストのゆるさを調整しながらクリップや安全ピンで留めるだけです。

しかし、直し方としては簡単でも、留め方によってはクリップなどが取れてしまう可能性があります。

クリップや安全ピンを使う以外に、ウエストの上から何かを巻いたり穿いたりしてウエストを太くする方法もあります。

この方法でしたらスカートがゆるくて落ちることもないでしょう。

しかし、季節によっては暑くて困ることもありますよね。

あくまでも一時的なスカートのゆるさを直す方法だと考えた方が良いでしょう。

スカートがゆるいときでも直し方次第で長く穿ける様になる!

スカートがゆるいと穿きたいときに穿けませんよね。

スカートによもよりますが、簡単な直し方でまた穿ける場合のものもあります。

しかし、直す時間が無いときもありますから、必要に応じてゴムベルトなどを使うのも良いでしょう。

穿く機会が多いスカートなら代用ではなく、手縫いやお店で直したりしてオシャレを楽しんでください。