春の装い!スカートに花柄を取り入れるなら冬のうちから!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ニット素材もノースリーブアイテムなら夏のお洒落にも活用!

ニットといえば、秋冬のイメージが強いアイテムです。しかも着回しも良く可愛らしいのでコーデには...

シャツに緑色を選ぶ!レディースコーデのアクセントに!

「あまり派手なスタイリングは望まないけど、程よいアクセントをレディースコーデに施したい!」といっ...

セーターのレディースコーデはシャツとの合わせがおすすめ!

秋冬になると役に立つアイテムと言えば、セーターですよね。しかし、セーターを使ったコーデ、なか...

ニットのインナーはタートルネックでOK?失敗しないコツとは

ニットの下にタートルネックを着ると、暖かくてホッとすることも多いと思います。しかし、タートル...

コートは何着持つ?おしゃれ大好きな女性必見の衣類整理術

肌寒い季節にはコートが欠かせません。おしゃれが大好きな女性はコートを何着も持っていて、コーデ...

黒のトップスで夏のレディースコーデをクールビューティに!

着回し力が抜群に良いのが黒のトップスです。一方、熱を吸収する特性が災いし、夏のトップスとして...

長年愛用できるコートが欲しい!人気ブランドのおすすめ商品

寒い季節のマストアイテムであるコート。毎シーズン各ブランドからおしゃれなコートが展開されるの...

デニムに合わせたいパンプス!ここに靴下合わせはダサイ?

お洒落デニムのコーディネイトとして合わせて履きたいのがパンプスです。季節にもよりますが、ここ...

パーカーを買うならまずはグレー、無地を!着こなしをご紹介

パーカーは、おそらく多くの方が一着は持っているアイテムではないでしょうか。カジュアルウェアと...

シャツを爽やかに着こなす鉄則!メンズのおしゃれに必見

メンズのカジュアルなシャツは、四季それぞれのデザインでバリエーション豊かに揃っています。お手...

ジャケット選びに苦労!レディース用の大きいサイズは少数?

食生活や運動、遺伝など様々な理由で、普通サイズの服よりも大きいサイズの服を必要とする人がいます。...

ジャケットの生地にこだわる!お洒落に季節感を表現しよう!

ジャケットは、ワンピースやスーツ、デニムなどに合わせると上品でお洒落な雰囲気にグレードアップして...

デニムガウチョは優秀!夏におすすめの着こなしをご紹介

デニムは春夏秋冬問わず、一年中で活躍する素材です。なかでも夏はレジャーを楽しむ機会が...

セーターをおしゃれに着こなしたい!大人女子におすすめは?

寒い時期になってくると、店頭におしゃれなセーターがたくさん並びます。いろいろな色や形があるの...

ライダースが着られる時期はいつまで?おすすめコーデは?

男性はもちろんのこと、近年は女性のファッションアイテムのひとつともいえるライダースジャケット...

スポンサーリンク

冬こそ花柄スカートを大人っぽく!

春を待ちわびる冬の時期こそ、花柄スカートを大人っぽく着こなしたいですね。

実は花柄は誰もが華やかに、そして上品に見せることができるお洒落アイテムです。

しかし、この選択を誤るとガーリー過ぎてしまい大人の魅力が失われてしまいます。

そうならない為には、大人の選び方をする必要があります。

まずは、大人の花柄アイテムとコーデから見ていきましょう。

【スカートのカラーで大人っぽさをキープ】

基本となるスカート生地の色をおさえておけば、大人っぽさを外すことはありません。

ここでは落ち着いた色味のスカートに花柄という組み合わせがポイントになります。

例えば黒のスカートに花柄プリントであれば、女性らしさとクールさを与えてくれます。

ロングスカートであれば、それだけで洗練された大人の上品さを出してくれますね。

そこにホワイト系のブラウスにカーディガンをさらりと羽織ればこなれたコーデが完成です。

この場合、スカートではなくスカートに見えるワイドパンツでも良いかもしれません。

この大人感は、黒というグッと渋いカラーの持つ強みによって演出することができます。

人気色「白」と「茶」でも冬の花柄スカートは楽しめる!

前項では冬の花柄スカートを大人っぽく楽しむには落ち着いたカラーが大切として、黒の場合をご紹介いたしました。

勿論、黒以外でも大人っぽく花柄スカートを楽しむことはできます。

【人気の白で大人の洗練されたスタイリッシュさを】

スタイリッシュな白地のスカートに花柄をあしらったものであれば、洗練された大人スタイルになります。

この白地に花柄のワンピースなどはその最たるアイテムと言っても良いでしょう。

黒ブーツと合わせると、より格好よく大人ならでは味わいが出せます。

【ブラウン系も負けてはいない】

白に次ぐ人気のブラウン系も花柄スカートを大人っぽく見せてくれます。

例えば、ベージュであればエレガントに仕上がりますね。

肌色とマッチするので、ヌーディな雰囲気にしてくれるベージュは大人ならでは着こなしかもしれません。

こちらもワンピースだとよりエレガントさが膨らみます。

これがブラウンになると、暖かさがプラスされます。

秋冬の寒い季節にはこの暖かみがより優しい大人の女性感を演出してくれますね。

同系色コーデやこちらもワンピースで、一気に季節感を出していきましょう。

ニットのカーディガンをさらりと羽織り、黒の小物アクセントを加えるとさらに良くなります。

花柄スカートの定番フレアスカートを冬こそ大人っぽく!

カラー以外にもスカートの種類で花柄スカートをより大人っぽくスタイリッシュに見せることができます。

その中でも定番となるのは、やはり「フレアスカート」でしょう。

フレアスカートの軽やかさが花柄とよく合って爽やかなイメージを作り上げてくれます。

クールに格好良くやカジュアルにフェミニン感まで、冬こそこのフレアスカートで花柄を大人格好良く着こなしましょう。

シックな花柄が華やかに変わります。

【綺麗さを出すなら、ミディ・ミモレ丈】

綺麗な大人女性を演出するなら、ミディ・ミモレ丈がおすすめです。

この丈感の花柄フレアスカートの足元をヒールにすれば、自然な美脚が演出されます。

また、トップスにコンパクトなアイテムを合わせると細く見えるのも嬉しいですね。

例えば、鮮やかなイエロー地のフレアスカートを使ってみましょう。

この場合には、そのままフレアスカートが主役になります。

トップスにタイトな黒ニット、足元を黒のショートブーツでまとめてみましょう。

洗練された鮮やかさが強調され大人の女性感が際立ちますね。

また、華やかさをおさえて白に近いベージュのフレアスカートにすると、清楚感溢れる大人女性に変身します。

続いて、ネイビー系の花柄フレアースカートを中心に同色系コーデでまとめてみるのはどうでしょう。

薄紫のニットをインナーに取り入れて、ネイビーのパンプスに白のコートでグラデーションをかけていきます。

こうすることで上品な大人のお洒落感が漂います。

清楚感溢れる花柄ロングのフレアスカートで冬のお洒落を遊ぶ!

花柄の定番フレアスカートですが、ロング丈であれば清楚で大人お洒落を演出できます。

ここにヒールではなくスニーカーやヒールのない靴を合わせてカジュアルにしてみると、遊び心が加わりさらに冬のお洒落を楽しむこともできます。

例えば、地味目の生地にカラフルでポップな花柄プリントのロング丈フレアスカートをチョイスしたとしましょう。

トップスはスカートと同色系にワンポイントが光るトレーナー、白のキャップに白のスニーカーを合わせてみます。

ボーイッシュとは異なる大人スポーティなカジュアルコーデが完成します。

続いて、こちらも地味目な生地におとなしめの花柄があしらわれたロング丈のギャザーフレアスカートをチョイスします。

トップスに赤が映えるニット、インナーに黒のタートルネック、足元は黒のローヒールブーツで合わせてみましょう。

鮮やかな赤がポイントとなるうえに、ゆったりとしたシルエットがエレガントに映えます。

こちらもトップスを白のタートルニットに変えると清楚感が加わりますね。

また、ブラウン地に落ち着いたピンクの花柄ロング丈のフレアスカートをチョイスすれば、渋めピンクのトップスに足元には黒のレースアップでピンクが大人シンプルに映えます。

勿論、王道のヒールを合わせて大人清楚に強調するのもおすすめですが、このように意外性を楽しむのもアリなのではないでしょうか。

冬に花柄スカートを楽しむポイント!

これまでに冬に花柄スカートを大人っぽく楽しむ場合のカラーやフレアスカートを使ったおすすめコーデをご紹介してまいりました。

これまでのことをご参考にしつつ、これら以外にもご自身にぴったりのコーデを追求していただきたいと思います。

ここでは花柄スカートを大人っぽく着こなす際のポイントをご紹介しておきますね。

【ミニ丈は回避】

ミニ丈のスカートはセクシーで場合によっては大人感も満載なのですが、アイテムが花柄スカートの場合には異なってまいります。

花柄スカートでミニ丈ですと子供っぽさが強調されてしまう場合が多いのです。

花柄スカートで大人コーデをする際には、この丈感には注意をしましょう。

【可愛らしいアイテムを駆使】

ただ単に花柄スカートコーデでも充分可愛らしいのですが、より引き立たせるにはその他のアイテムも活用するとより効果的になります。

例えば、花柄と同系統のリボンなどです。

これはスカートやワンピースは勿論、帽子やシューズなどでもワンポイントとなり非常に効果的ですね。

特にワンピースであれば、花柄と共にウエストリボンやボータイなどさりげなくアイテムが付いているものもあります。

【大人感は大胆な花柄の方が出やすい】

花柄の場合に、小さめの花柄ですとどうしても子供っぽさやガーリーなイメージが強くなります。

大人っぽさを強調するのであれば、小柄より大柄な花柄アイテムをチョイスしましょう。

【セクシーさは透け感で】

前述のように、ミニ丈の花柄スカートは大人っぽさが出しくいです。

セクシーさを出したい場合には、丈の長さではなく透け感を使いましょう。

透け感のある素材であれば、上品な花柄スカートからちらりとのぞく足元が大人の色香を醸し出してくれます。

冬に楽しむ花柄スカート!実はワンピースもおすすめ!

ここまでにもご紹介した中で何度か登場してまいりましたのでお気付きの方も多いかと思いますが、冬に限らず大人っぽく花柄スカートを楽しむ場合に、ワンピースも非常に便利なアイテムになります。

上下のコーデが不要であることや朝の時間短縮など物理的なメリットは勿論ですが、花柄の領域がスカート単体の時よりも大きく取れるので見栄えが非常に鮮やかになります。

また、上下がカチッと決まっているので、その他のコーデも非常に合わせやすくなりますね。

ただ、細かいコーデを楽しみたい方にとっては少し不満が残るかもしれません。

前述では基本的な花柄ワンピースコーデを既にご紹介しておりますので、最後に花柄ワンピースの変わった使い方をご紹介しておきます。

【あえての後ろ前】

花柄ワンピースをあえて後ろ前反対に着て、その上に控え目カラーのシャツワンピを羽織って重ね着してみるのはいかがでしょう。

隙間から花柄をお洒落に覗かせて、ウエストマークにサッシュベルトを使うとスタイリッシュに仕上がります。

【ワンピースではなくガウンとして活用】

通常コーデの上に花柄ワンピースをガウンの様に羽織ってみましょう。

これだけで見栄えの良いお洒落な花柄コーデの完成です。

お洒落アクセントとして付け足す使い方は斬新かもしれません。

冬から花柄コーデで春の準備しておきましょう

今回は花柄スカートの魅力やコーデについてご紹介してまいりました。

女性らしさの象徴である花柄ですが、その使い方は非常に奥が深いのですね。

一歩間違えれば子供っぽくガーリーに仕上がってしまいます。

大人女子としては、それは避けなければなりません。

きちんと使いこなせれば清楚、セクシーなど様々な魅力を引き出してくれます。

大人女子の魅力をきっちりと花柄コーデで表現して、春を待ちましょう!