スカートがゆるい…そんな時の対処法はベルト以外にもある?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

Tシャツのたたみ方が問題?シワにならないたたみ方と収納法

暑い季節には、Tシャツを着る機会が増えますよね。人によっては何枚も持っているということもある...

人気のダウンジャケットでキッズもおしゃれコーデを楽しもう

おしゃれに敏感な方が多い現代、自分の子供におしゃれコーデをさせてSNSにアップすることも多くなっ...

レギンスを格好良くはきこなしたい!海外のコーデに学ぼう!

レギンスは、はきやすく、どんなスタイルにも取り入れやすいファッションアイテムのひとつです。し...

スカートコーデの基準は色?男ウケ?どっちもアリ!

コーディネートで意外と重要な役割を占めるのはスカートかもしれません。折角なら男性に可愛く...

ニット帽のおしゃれなかぶり方!前髪や耳は出した方が良い?

昨今、ニット帽は1年中使用できるファッションアイテムになってきました。秋冬にもなると街でかぶ...

人気のデニムスカートを活用!秋冬注目のおしゃれコーデ!

オールシーズン便利に役立つデニムスカート!合わせるアイテムを選ばない着回しの良さに加えて...

コートとパーカーの組み合わせ!ダサいと思われる理由は何?

アウターの代表のコートですが、目的ごとに取り替えられるほど多くは持てないことから、結局仕事用とオ...

ジャケットボタンは留めないのがおしゃれ?マナー面はどうか

ジャケットを着る時、なんとなくおしゃれに見えず、違和感を感じることがありませんか?もしかする...

Vネックセーターを着こなす!レディース向けおすすめコーデ

春や秋の少し肌寒い時期や、本格的に冷え込む冬には、ニットのセーターが手放せませんよね。その中...

セーターを着こなそう!グレー・ブラックのセーターコーデ!

冬の定番ファッションアイテムといえば、セーターを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。...

「パーカー」はゆったりサイズがおすすめ!〈レディース編〉

着回ししやすい「パーカー」は、コーディネートの定番アイテムですよね。近年レディースファッショ...

オシャレ上級者編!コートと靴を同じ色で合わせてみよう

寒い冬は暖かさを求めて身に着けるアイテムが増えるので、オシャレを楽しむには最適な季節。鏡...

カーディガンを70サイズのベビーに!おしゃれに着こなそう!

ロンパースのベビー服をセパレートにと考える親御さんは、初めての育児だとタイミングがよく分からない...

スカートを合わせるお洒落コーデ!夏はどうするのが正解?

暑い季節には、やはり涼しげな印象となるスカートコーデがおすすめです。せっかくスカートコーデを...

スカートにリボンが今人気!アレンジ次第でさらにお洒落に!

可愛らしいリボンがお洒落な「ウエストリボンスカート」が女性に人気です。可愛らしくもあり、大人...

スポンサーリンク

ゆるいスカート、ベルトループがあればお洒落なベルトでアレンジ!

スカートがゆるい場合にもしベルトループがあるのなら、一層のことベルトでお洒落コーデを楽しんでしまいましょう。

【細ベルトで洗練されたお洒落を!】

ハイセンスなお洒落を楽しむには、細ベルトが活用できます。

ゆるいスカートをしっかりと支える本来のベルト機能は勿論ですが、カジュアルでもフォーマルでもしっかりとファッションのアクセントとして輝いてくれます。

スカートに細ベルトを差し込むだけで、様々な場面でスタイリッシュな印象を与えてくれますね。

スカートに合わせた色の工夫で綺麗な差し色アクセントとして輝きますし、エナメルなどであれば上品さもアップしてくれます。

ウエスト部分から放たれる洗練された自己主張が、貴女をフォーマル、カジュアル問わずに洗練された女性へと導いてくれます。

これを機に、当たり前のスカートベルトを輝くウエストマークへと進化させてしまいましょう。

ゆるいスカートでベルトループもない?でも大丈夫!

前項でスカートがゆるい場合に、ベルトループがあるのであれば、ベルトをしてお洒落と一緒にスカートのズレ落ちを防ぐことをご紹介いたしました。

ベルトループにベルトを通して使用するのですから、これはごく自然で当たり前のことではありますね。

しかし、もしゆるいスカートにベルトループが無かった場合でも、対処法はいくつかあります。

ゆるいスカートにベルトループがない場合には、その都度応急的な処置を施し着用する場合と、スカートのウエストを詰めるなど本格的に修繕を行う方法とがあります。

前者の場合には、様々なアイテムを駆使してスカートを着用可能な状態にするもので4つの方法があります。

また、後者の本格的な修繕を施す場合には、プロである業者さんにお願いする場合と、ご自分でなんとかやってみる場合とがありますね。

次項からは、前者の場合のそれぞれの活用アイテムやその施し方法など、順を追ってご紹介してまいります。

ゆるいスカートにお洒落アイテム「サッシュベルト」!

お洒落女子の皆さまであれば、既にチェック済みもしくはもうお持ちかもしれませんが、最近のお洒落トレンドとして「サッシュベルト」があります。

こちらは、実用的なベルトというよりもウエストマーク・お洒落アイテムとして使われることが多いようですね。

逆転の発想で、これをそのままゆるいスカートのズレ落ち対策用ベルトとして使ってしまうのはいかがでしょう?

ある程度幅のあるサッシュベルトをチョイスして、ウエストというよりは腰に付けるイメージで、ゆるいスカートをがっちりとガードしてしまうのです。

見た感じでは、お洒落なサッシュベルトを施したトレンドファッションとしか映りません。

スカートに合わせて、質感やカラーに形状など様々なチョイスが可能ですので、きっとぴったりのサッシュベルトが見つかるはずです。

しかし、いかにもウエストマーク用のサッシュベルトを使ってしまう危惧もあります。

今回の使用方法では、スカートによってはサッシュベルトを通常のウエストマークよりも低い位置で使うことになりますので、足長効果が裏目に出てしまいます。

あまりお洒落度の高いサッシュベルトではなく、今回はむしろウエストマークとしては目立ちにくいものを使う必要がありますね。

ゴムベルトでゆるいスカートしっかりガード!

前項でご紹介したサッシュベルトと並んで人気となっているものに「ゴムベルト」があります。

サッシュベルトがウエストマーク用にとやや装飾感が強いのですが、こちらのゴムベルトは装飾感も勿論ありながら実用性も兼ね備えています。

もともとは機能性重視で登場したのですが、そこは衣服関係になるとお洒落なアレンジというものが必ずくわわってくるのです。

ゴムベルトというネーミングがいかにもと感じてしまいますが、レディース用のものはシンプルで可愛いものが多いのです。

今では、ゴムベルトのお洒落コーデの特集も組まれるほどにお洒落アイテムとしても注目されています。

スカートに合わせて様々な材質、形状、カラーからお好みのものを選べますので、きっと貴女ご自身と対象となるスカートにぴったりのものが見つかりますよ。

ゆるいスカートも、スカートの上からゴムベルトを腰回りで一周させ、前部分で金具を留めるだけ!

たったこれだけで、ゆるいスカートのガード機能と簡単お洒落コーデを施すことができるのです。

折角ですから、「大人女子としてエレガントに」、「可愛らしさを存分なガーリーに」スカートに合わせてお洒落なコーデにしてしまいましょう!

ゆるいスカートもお洒落なサスペンダーでファッショナブルに!

続いてご紹介するベルトループのない、ゆるいスカートの対処アイテムは「サスペンダー」です。

サスペンダーは男性アイテム・子供アイテムとして認識されていること多いようですが、しっかりとお洒落女子用のものも存在します。

何といってもサスペンダーは視覚効果抜群でスタイルをよく見せてくれますから、お洒落女子としては見逃せませんね。

絶妙のワンポイントとなるサスペンダーを取り入れることで、ゆるいスカートのガードは勿論なのですが、それ以上にファッション効果が期待できます。

カジュアルからフォーマルまで様々な用途に合わせられるお洒落な種類が幅広くありますので、貴女にぴったりのそしてTPOに合わせた使い分けができるものが見つかるはずです。

このアイテムのチョイス次第で、可愛いガーリーなイメージや大人感満載のデキる女性のイメージなど、様々な雰囲気に仕上げてくれます。

オフィスではでデキる女性として株が上がり、プライベートではお洒落な女性として株が上がりそうです。

そうなるとゆるいスカートにも感謝かも知れませんね。

クリップや安全ピンでゆるいスカートを応急処置!

ここまでに、ベルトループのないゆるいスカートを着用する際の対処法として、お洒落アイテム(ファッション用ベルトなど)を使った方法をご紹介しました。

最後にご紹介するのは、お洒落度という点では欠けてしまいますが、ご家庭にあるクリップや安全ピンを使って至極簡単に行える対処方法です。

1 スカート穿いた状態でスカートウエスト部分(内側)をつまみサイズ調整を行います。

2 つまんだところを安全ピンまたはダブルクリップで固定します。

安全ピンの場合には、ケガをしないようにスカートは一度脱いでから行いましょう。

また、サイズ調整は小さければ一か所で問題ありませんが、大きく修正が必要な場合には腰の後ろ部分で二か所に分けましょう。

そうしないとシワが目立つなどの問題が生じる恐れがあります。

ちなみに、しっかりと縫い付ける場合には、この2ヶ所方式で行います。

3 サイズを確認して問題がなければ完了です。

至ってシンプルな方法ですが、応急処置としては充分です。

しかしこの場合には、上着は脱がないことが大前提になります。

仮に上着を着用しないのであれば、トップスをインしないで修正箇所を隠す必要があります。

もしくは安全ピンで、ブラウスにスカートをくっつけてしまうのも良いかもしれません。

スカートのシワはできませんし、強固にガードができます。

ただし、ブラウスに穴を空けるというリスクは覚悟のうえですね。

これらの施しの上に、更なるガードとお洒落感を持たせるために、前述のサッシュベルトやゴムベルトを併用するのも良いかもしれません。

ゆるいスカートもお洒落コーデで解決しましょう!

今回は、スカートがゆるい場合の対処法をご紹介してまいりました。

お気に入りのスカートであれば、ゆるくても着用したいですね。

どうせなら、機能面にくわえてお洒落面も重要視しましょう!

今回ご紹介したアイテム、もしお持ちでなければこれを機に試してみてはいかがでしょう。

怪我の功名ではありませんが、ゆるいスカートがお洒落の新境地を切り拓いてくれるかもしれませんよ。