ジーンズのダメージを裾に施すカットオフスタイルが今人気!

ジーンズのお洒落として、ひざやももの部分が破けるなどのダメージ(加工)がありますよね。

これらは、もう既に定番として定着しており、ジーンズを楽しむ上での一つの王道スタイルになります。

そんなジーンズのダメージシーンに新しい波が訪れています。

それが今回ご紹介いたします「カットオフデニム」「フレイドヘム」などと呼ばれるジーンズの裾を切りっぱなしにするものなのです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

セーターにネックレスを付ける場合、どんな合わせ方が良い?

秋冬の季節に欠かせなくなるのが暖かいセーターですね。 その暖かさからついついセーター頼りになっ...

パーカーは色や形も豊富!オンオフともにおすすめアイテム!

ファッションシーンで注目を集めるものの一つにパーカーがあります。 これまでパーカーというと...

ブルゾンの可愛い着こなしとは?お洒落なレディースコーデ!

最近ではMA-1などの流行も手伝って、ブルゾンを上手に着こなしているお洒落女子も増えてきています...

パーカーでお揃い!仲良しカップルにおすすめなブランド

仲良しカップにおすすめしたいのは、お揃いの洋服です。 お揃いの洋服を着ているだけで、なんだか楽...

コート選びは色味も大切!男受けの良い色ってどんな色?

秋から冬のお洒落シーズンに欠かせないのがコートです。 次のコートの購入を考えている方もいら...

コート選びに迷っちゃう!素材から見るおすすめポイント

コートは春、秋、冬とお世話になる必須アイテムです。 頻繁に買い替えをしないアイテムのため、コー...

セーターを着こなそう!グレー・ブラックのセーターコーデ!

冬の定番ファッションアイテムといえば、セーターを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。 ...

ジレとスーツの色違いコーデ!おしゃれな着こなしのコツは?

スーツとジレは、同じ色でも色違いでも合わせて活用できるコーデです。 少し改まった印象になるため...

アウターとインナーの色合わせのコツとは!同色はNG?OK?

アウターとインナーの色のバランス、なかなか難しいものですよね。 アウターは常時着ているわけでは...

自分らしいコートを選ぼう!高校生のファッションの楽しみ方

高校生のコート選びは校則があるため、自分好みのファッションを楽しめないと思っていませんか? ...

ニット素材の特徴を知ろう!もうセーター選びで失敗しない!

寒い冬に心地よい暖かさで包んでくれるのが、ニット素材で作られたモフモフのセーターですよね。 同...

デニムはストレッチ性が高いと劣化する?素材のお話

ストレッチデニムは、ヴィンテージとしての価値が低いと言われることがあります。 「劣化しやすい」...

さまざまな種類から選ぶ!コートのおすすめの色はどんな色?

秋冬に欠かせないコート、着まわしのしやすさから複数着買い揃えているという方も多いでしょう。 だ...

ジャケット色々!結婚式に相応しいレディースコーディネート

結婚式に呼ばれた時、男性は黒のスーツに白ネクタイというのが定番になります。 一方、女性はワ...

デニムとワッペンは相性抜群!その付け方から活用方法まで!

何となく着用しなくなってしまったデニムが、タンスで眠っていませんか? そんな時は、デニムと相性...

スポンサーリンク

ダメージジーンズの最新版が裾のカットオフスタイル!

数多くあるクラッシュジーンズ、ダメージジーンズにおいては、もはや出尽くした感も否めませんでした。

しかし、そんなダメージジーンズシーンにおいて新たなスタイルが登場し今注目を集めています。

それが今回ご紹介する裾をカットオフしたスタイルで、「カットオフデニム」「フレイドヘム」などとも呼ばれています。

しかも、非常に簡単に自分で施すことができるので、今若い世代から大人世代まで幅広い世代で人気を集めているのです。

このカットオフスタイルはジーンズに限定されておらず、様々なパンツスタイルにも導入されつつあるようです。

カットオフスタイルとは、あえて裾の部分を切り落とした印象を与え、それがお洒落とされるスタイルのことになります。

カットオフ「CUT OFF」つまり「切り落とす」ことで、その後意図的に縫い付け処理を行わず無造作に切りっぱなしにしたスタイルです。

わざわざ、その部分を毛羽立たせてダメージ感を印象付けることもありますね。

この処理を総称してカットオフ処理やカットオフ加工などと言いあらわし、新しいダメージ(ジーンズ)アイテムとして非常に人気が高いのです。

好みによって仕上がりの丈の長さもそれぞれで、様々なスタイルが混在しております。

今所有しているジーンズに施す場合には必然的に丈感は短くなるため、七分丈が主流になっているようです。

また、新しいジーンズを購入する際に裾上げをお店に頼まず自分で施すことで、フルレングスのカットオフも可能になります。

ジーンズの裾へのダメージ「カットオフ加工」のやり方!

それでは、ご自宅で簡単にできるジーンズの裾へ施すダメージ加工「カットオフスタイル」のやり方をご紹介いたします。

用意するのは「裁ちバサミ」と「サンドペーパー」になります。

【カットオフ加工の施し方】

1 カットする長さを確認します。

必ずジーンズを穿いた状態で鏡などでチェックしてから決めましょう。

カットしてしまうため、失敗するとやり直しができませんのでご注意ください。

2 チャコペンなどでジーンズにカットする位置のしるしを付けます。

3 しるし通りにハサミでカットします。

この場合に使うのは、裁ちバサミが理想的です。

4 カットした部分の横糸を抜いて自然なほつれ感を出します。

これを長めにフリンジ感を出すのもありですが、それは後述で詳しくご紹介いたします。

5 この時点で一度水洗いをします。

水洗いをすることで裾のほつれ具合が程よい感じになります。

6 ジーンズを乾かしたら、裾のほつれを確認し、不要な部分のカットを行うなど微調整をします。

ここにダメージ加工を施したい場合には、サンドペーパーで擦り上げたり手で揉み上げるなどで味わいある仕上げをすることができます。

以上がカットオフ加工の手順になります。

非常に簡単に行うことができますので、ご興味があれば是非チャレンジしてみてください。

ジーンズの裾に与えるダメージ「カットオフ加工」は女性向き?

さて、ここまでご紹介してまいりましたジーンズの裾に与えるダメージ「カットオフ加工」は好みにもよりますが、女性のほうがアイテムとしては楽しめることが多いかもしれません。

例えば、スキニージーンズに施す場合にも七分丈程度にすると、非常にお洒落でスタイルアップ効果が期待できます。

男性ですと、丈が短くなる場合には着こなしに工夫が必要になってしまいますね。

また、ジーンズをショートパンツにしてしまうこともお洒落です。

この際にも切断部分にこのカットオフ加工をくわえると非常にお洒落な仕上がりになります。

これも女性のほうが違和感なく穿きこなせるので有利かもしれません。

また、カットの仕方も様々なアレンジがあります。

例えば、裾のフロント部分とバック部分を段にするとスタイリッシュになります。

足の甲部分には裾が届きませんが、後はかかと部分まで覆うようになります。

靴などを履いた時のシルエットは非常にお洒落になりますが、これもヒールなどかかとが高い靴を履く機会が多い女性のほうがよりスタイリッシュに着こなしができるでしょう。

このように、アレンジの工夫を女性のほうが多く楽しめるのもカットオフ加工の特徴かもしれません。

ジーンズ裾のダメージ「カットオフ加工」に躊躇がある大人女性へ!

前項でもご紹介いたしましたように、ジーンズの裾に施すダメージ「カットオフ加工」は特に女性にとっては非常に楽しめる加工手段になります。

しかし、定着するにはまだまだこれからのダメージ加工ですので、大人女性には一歩踏み出す勇気が必要かもしれませんね。

「カットオフ加工はお洒落だからやってみたいけど…。」

興味がありつつも、若い子のイメージに躊躇してしまう大人女性の方には、次のようなポイントをおさえるとカットオフ加工のハードルが随分と低くなります。

・裾のカット部分のほつれは少なく短めにおさえる。

・七分丈などの短めではなく長め丈で施す。

・イメージ的にまだ馴染みがなく斬新な印象が出てしまう場合もあるので、合わせるトップスをブラウスなど女性のイメージが強いものにする。

・同様に足元もパンプスやヒールなどを合わせる。

・カットオフした裾を一度折り返す。

以上のことを注意しておくと、大人女性でも違和感なく「カットオフ加工」のジーンズコーデを楽しむことができます。

このカットオフ加工ですが、きっとやってみれば思っていた以上にご自身にもはまることに驚かれると思います。

袖のほつれを束ねる進化系「フリンジ」!

これまでご紹介したジーンズの裾に施すダメージ「カットオフ加工」の進化系と言っても良いかもしれないものに、「フリンジ」というものがあります。

実はカットオフ加工自体をフリンジ加工として使われる場合もあるようですが、ここではカットオフ加工で作られたほつれをお洒落にアレンジしたものとして使います。

そもそもフリンジ(fringe)というのは、ひもや毛糸などを束ねてつくる房状の飾りを指して使われます。

ジーンズで使う場合には、カットオフ加工でできるほつれを少し長めにして遊び感覚を取り入れたものです。

前述した「カットオフ加工の施し方」でご紹介した際の工程4「カットした部分の横糸を抜いて自然なほつれ感を出します」を広い範囲で施すことで仕上げることができます。

この際には、工程1「サイズを確認」の時に、このフリンジの長さをくわえて算出しなくてはいけません。

ショートパンツを作る際や、丈の短めの場合には非常にお洒落に作ることができます。

自然に作られる束感が非常にお洒落に映えますが、これは挑戦するにはなかなか勇気が必要かもしれませんね。

カットオフ加工ジーンズを用いたお洒落コーデ!

それでは最後に「カットオフ加工」を裾に施したダメージジーンズのおすすめコーデをご紹介しておきましょう。

【女性的な雰囲気に合わせる】

ピンクの緩めタートルニットをトップスに、アウターにベージュのコート、ボトムスには七分丈のカットオフ加工スキニージーンズを合わせてみましょう。

足元はカットオフ加工ジーンズに合わせてパイソンパンプスでハードな感じで締めてみましょう。

上半身のガーリーな雰囲気と絶妙なバランスで見事にマッチしますね。

トップスをグレーのVネックニットに差し替えて、アウターを外してみると、ガーリーな雰囲気は一変して大人女性感があらわれます。

足元はシンプルな黒のパンプスに変えないと少しハード過ぎるかもしれません。

こうすることで、カジュアルな大人女性コーデに早変わりします。

【メンズライクに合わせる】

トップスに白の緩いパーカー、アウターにはスカジャン、ボトムスにはカットオフ加工されたスキニージーンズを合わせてみましょう。

メンズライクなコーデとの相性は非常に良いので、ナチュラルな仕上がりになります。

足元はお洒落スニーカーでアクセントを付けると尚良いです。

こちらもスカジャンを外して、スニーカーを明るめのパンプスに変えるだけでフェミニン感がくわえられていかしたコーデに変身しますよ。

カットオフ加工ジーンズで新たなお洒落楽しみましょう!

今回ジーンズのカットオフ加工について色々とご紹介をしてまいりました。

ジーンズのクラッシュ加工・ダメージ加工は、もう底が尽きたとも思われていましたが、なかなか奥が深いものですね。

簡単に施すことができる加工なので、これからさらに流行っていくと思われます。

特に女性の場合には、これにより楽しめるアレンジが増えそうですね。

愛着あるジーンズとの新たなお洒落を楽しみましょう!