スカートをより楽しむために!素材は季節によって工夫する!

女性にとって、スカートはおしゃれを楽しむための最重要アイテムですよね。スカートを穿くだけで、ウキウキとした気持ちになれるはずです。できるなら季節を問わず、快適にスカートを穿きたくありませんか?そこで、ここでは季節ごとにおすすめするスカートの素材についてご紹介します。スカートの基礎知識や合わせたいアイテムについてもご紹介するので、そちらもチェックしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

レギンスコーデは非常に便利!ワンピースとの合わせで完成!

毎日のコーデはお洒落女子にとっては楽しい一時ですが、時として悩みの種になることもあります。忙...

カーディガンやボレロで仕上げるおすすめキッズフォーマル

入園式・卒園式・入学式・卒業式・発表会など、子供でもフォーマルな服装が求められるシーンがあります...

ジーンズのダメージを裾に施すカットオフスタイルが今人気!

ジーンズのお洒落として、ひざやももの部分が破けるなどのダメージ(加工)がありますよね。これら...

ダウンとフェザーは何が違う?量の割合で暖かさが変わる!?

ダウンジャケットを冬の防寒のために着用している方も多いのではないでしょうか。では、そのダウン...

コート選びは色味も大切!男受けの良い色ってどんな色?

秋から冬のお洒落シーズンに欠かせないのがコートです。次のコートの購入を考えている方もいら...

スカートに合わせるベルトはリングベルトでお洒落度アップ!

ハイウエストのボトムスの流行と共に、ベルトの注目も高まっています。サッシュベルトやベルトマー...

デニムは夏に履くと暑い!暑くない夏向きデニムについて解説

デニムというと、ジーンズとほぼ同じ意味合いで使われている、非常にポピュラーな言葉です。...

シーズン問わず大活躍のコート!レディースの人気色はこれ!

女性のオシャレに必須アイテムのコート。色とりどりの、おしゃれなレディースコートが溢れてい...

デニムを上下セットアップで着るのはダサい?ダサくない?

デニムのセットアップはダサいという評価をよく耳にします。しかし、デニムのセットアップが雑誌で...

デニムにはハイヒールが合う!ストッキングは必要?不必要?

普段、デニムにハイヒールを合わせてコーディネートを楽しむ女性は多いですよね。タイトなデニムに...

コート選びのポイントは「着丈」身長とのバランスが大切

寒い季節になると活躍するコートですが、きれいに着こなすにはどのくらいの着丈が良いのでしょうか。...

ボトムスは何色に?大人っぽいレディースコーデには断然黒!

コーデのボトムスに合わせる色味によって、コーデ全体の印象は随分と変わってしまいます。落ち...

ジーンズに合わせるローファーがレディースコーデでも活躍!

ジーンズはオールシーズン活躍してくれる優秀なアイテムになりますが、足元に合わせる靴はどうされてい...

秋冬の定番コート、おすすめの種類!【メンズバージョン】

秋冬の定番アイテムといえばコートですね。男性の場合には、お洒落を楽しめる女性とは少々事情が異...

ニットネクタイを上手に使ったお洒落なメンズの着こなし術!

ニットネクタイはカジュアル使いなのか、それともビジネス使いなのか、頭を悩ませているお洒落メンズも...

スポンサーリンク

スカートは女性を美しく見せる!

女性だけが楽しめるおしゃれとして、スカートは特別な存在です。

不思議なことに、スカートを穿くだけで立ち居振る舞いまで変わってしまいます。

スカートを穿いているときに、足を広げて座ったり、大股で歩いたり走ったりすることは少ないのではないでしょうか。

つまり、無意識のうちに女性らしさがアップしていくのです。

女性の中には、スカートに抵抗がある人もいるかもしれません。

普段パンツスタイルが多い人にとっては、スカートを取り入れたコーディネートを考えるのが難しいというケースもあるでしょう。

しかし、一言でスカートといっても、その種類は様々です。

丈の長さを変えたり、季節によって素材を変えることでも、印象は大きく変わります。

新たな自分を見つける、または今まで以上にスカートでのコーディネートを楽しむためにも、スカートファッションの世界をのぞいてみましょう。

スカートの丈で変わる印象

まずはスカート丈の種類についてのお話です。

スカートの丈の種類は、主に「ミニ」「ミディアム」「ロング」の三つに分けられます。

それぞれの種類ごとに詳しくご紹介していきます。

●ミニスカート

ひざ上10センチ以上ならば、ミニスカートになります。

若々しい印象を与えるスカート丈ですね。

脚全体が見えてしまうので、脚に自信がない人は抵抗があるかもしれません。

しかし、自分の太ももの形に合った丈の長さを選ぶことで、実際よりも脚を細く長く見せることができますよ。

●ミディアムスカート

ミニ丈とは違い、落ち着いた女性らしい印象のスカートがミディアム丈です。

丈の長さは、ひざが隠れる程度です。

着る人や場所を選ばないスカート丈なので、コーディネートに取り入れやすいでしょう。

●ロングスカート

ひざよりももっと長いスカート丈が、ロングスカートです。

一般的には、ふくらはぎが隠れる程度の長さがあるスカートのことを指します。

デザインによってフェミニン・カジュアル、どちらのコーディネートでも楽しめます。

脚に自信がない人でも選びやすい丈の長さです。

このように、スカートの丈だけでも大分印象が変わることが分かったところで、次は季節ごとにおすすめするスカートの素材についてお話ししていきましょう。

春夏の季節は軽やかで透け感のあるスカート素材がおすすめ!

それでは、まず春夏の季節におすすめしたいスカートの素材についてお話ししていきます。

春夏は気温も暖かくなるので、スカートも涼し気な感じのものを選びたいですね。

●シフォン素材

ふわっとしたシフォン素材は、とても軽く涼やかで春にピッタリです。

レーヨンやナイロンで作られているものが多く、スカートそのものがとても薄い生地でできています。

黒いロングスカートでも、シフォン素材ならば重たい印象になりません。

●レース素材

エレガントなイメージを与えてくれるのが、レース素材です。

女性らしく、フェミニンな装いにしたいときにはとても役立つでしょう。

●サテン素材

滑らかで光沢を感じる質感です。

体のラインが出るので、大人の女性を感じさせます。

●コットン素材

吸水性抜群のコットン素材ならば、夏の暑さも乗り切れます。

肌触りもよく、見た目にも軽やかなので、カジュアルな装いに合わせてみましょう。

温かみのあるスカート素材で秋冬の季節を乗り切ろう!

次に、秋冬の季節におすすめしたいスカートの素材です。

寒くなってくる季節なので、温かく厚みのあるものを選びましょう。

●コーデュロイ素材

細い縦うねが連続している、パイル織の一つです。

スカートの形やデザインによっては、カジュアルでもフェミニンでも使えます。

保温効果も高く、立体感がありしっかりとした素材です。

●ベロア素材

手触りがよくつややかな質感で、秋冬にピッタリなのがベロア素材です。

高級感のある光沢が特徴です。

表情が豊かなので、動きとともに変わる陰影を楽しんでください。

●ニット素材

冬といえばニット素材ですよね。

ニット素材は動物性のものが定番で、ウールをはじめカシミヤやアンゴラなどもよく使われています。

保温性もとても高いので、寒い季節でもスカートが苦になりません。

●ツイード素材

太く粗い毛を織って作った素材がツイードです。

かしこまった場面でも、上品に着こなすことができる優秀なスカート素材です。

他にもある!スカートに使われている素材

スカートに使われている素材はまだまだたくさんあります。

季節を問わず使える素材もありますので、ご紹介していきましょう。

●デニム素材

カジュアルな装いにピッタリなのがデニム素材です。

デザインも様々なものがあり、シンプルなトップスに合わせるだけでも自然に着こなせます。

●チノ素材

チノパンに使われているチノ素材は、デニム素材と同じく、カジュアルな着こなしに合わせやすいです。

チノ素材で作られたタイトスカートならば、ラフになりすぎずカジュアルミックスコーデを楽しめます。

●チュール素材

透け感のあるチュール素材は、ふわふわした軽い見た目が魅力です。

デニムの上に重ねて穿くのがトレンドになっています。

●サーマル素材

サーマル素材は、表面が凸凹しているため、暖かい空気の層で熱を保ってくれます。

表面の編み目のようなデザインが、よりカジュアルに仕上げてくれるでしょう。

寒い季節はスカートの下にタイツを穿こう!

ここまでスカートの素材についていくつかご紹介してきましたが、スカートを穿いていて気になるのは「冷え」ではないでしょうか。

脚全体が覆われているパンツと違って、スカートは脚から寒さを感じやすいです。

特に寒い季節になると、スカートを穿く気持ちが無くなってしまいますよね。

そんな時に役立つのがタイツです。

タイツにも素材ごとに特徴がありますので、スカートとのコーディネートを考えながらそれぞれ見ていきましょう。

●ナイロンポリウレタン素材

化学繊維でできたタイツならば、スカートにボリュームの出る素材が使われていても、野暮ったさを感じさせません。

●リブ編みウール素材

シンプルなデザインのスカートに、凹凸のあるリブ編みウールを組み合わせることで、コーディネートにメリハリがつきます。

●コットンナイロン素材

もしスカートに光沢がある場合は、マットな質感のコットンナイロン素材で大人っぽさをプラスしましょう。

●ウールナイロン素材

ウールだけのタイツではカジュアルすぎてしまいますが、ウールナイロンならば適度な抜け感により、レーススカートとの組み合わせもばっちり決まります。

季節によってスカートの素材を使い分けよう!

スカートにはたくさんのデザインがあり、使われている素材もそれぞれ違います。

素材によっては、スカートを楽しめる季節も変わってきますので、色々と組み合わせてコーディネートを楽しみましょう。

スカートとタイツを組み合わせることでも、さらにコーディネートの幅が広がりますよ。

お気に入りのスカートを見つけて、楽しい毎日を過ごしていきましょう。