コートは安いものでも重宝する!おしゃれなメンズの活用術

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

不器用でもかわいく!ワンピースについているリボンの結び方

最近、ワンピースのウエストにリボンが付けられているデザインをよく見かけます。このウエスト...

アウターを選ぶならこのブランド!レディースにおすすめ6選

冬のファッションに欠かせないアイテムといえば、アウターです。冬の外出では、暖かいアウ...

ZARAのカーディガンをコーデに取り入れておしゃれを楽しもう

目次 1 ZARAってどんなブランド?2 ZARAのカーディガンの特徴とは?3 ZARAのカーディガ...

カーディガンのインナーにレースでもババシャツに見せない!

ナチュラルコーデやガーリーコーデが好きな方は、カーディガンやセーターのインナーとして、レーストッ...

ダウンを活用したメンズコーディネート!色合わせがポイント

最近の流行りとして、身軽で動きやすいダウンコートがメンズに好まれています。色も明るいものから...

コート×スニーカー×スカートに挑戦!おすすめのコーデは?

コート×スカートのコーディネートは、普段からしている方が多いかもしれませんね。そこにあえ...

ダウンコーデのポイント!バッグはダウンの特徴に合うものを

冬の防寒やおしゃれに大活躍するダウンジャケットは、デザインによってモコモコとしたボリュームやすべ...

ジャケットボタンは留めないのがおしゃれ?マナー面はどうか

ジャケットを着る時、なんとなくおしゃれに見えず、違和感を感じることがありませんか?もしかする...

ストールを使ったコーデ!春らしい装いを楽しもう!

温かい陽気に気持ちもついワクワクしてしまう春は、ファッションを色々と楽しめる季節です。冬のフ...

レギンスやタイツと靴下はダサい?合わせ方次第でお洒落に!

一時の一大ブームを経て見事に復活を果たした感のあるレギンスですが、まだそのコーデには手探り状態で...

ライダースを着た時のサイズ感とは?レディースのご紹介!

ライダースジャケットは「かっこよく見えすぎそうで挑戦しにくい」と思っている女性の方もいるので...

お洒落なスカートは生地で決まる!夏を楽しく過ごしましょう

女性なら誰もが憧れるスカートは、女性らしさを最大限に表現できる特別な存在です。特に夏のスカー...

オシャレ上級者編!コートと靴を同じ色で合わせてみよう

寒い冬は暖かさを求めて身に着けるアイテムが増えるので、オシャレを楽しむには最適な季節。鏡...

ジーンズペイントは塗料次第で色々なおしゃれ加工が楽しめる!

「今履いているジーンズも飽きてきたし、そろそろ潮時かな?」そんなことを考える前に、今までお世...

シャツの第一ボタンはネクタイを締める時は留める?外す?

就職活動をしている男性は、スーツを着る機会が多いですよね。その際に多くの方が悩むのが、「シャ...

スポンサーリンク

安いメンズ向けコートを選ぶメリット

コートの代表的な存在と言えばトレンチコートだと言われるほど、トレンチコートはおしゃれで魅力的なコートです。

フランス映画などの影響もあり、トレンチコートには洗練された大人のイメージがあります。

有名ブランドの高額なトレンチコートに、あこがれを抱いているメンズも多いことでしょう。

トレンチコートに限らず、良質なコートには値段の高いものが多いのは確かですが、安いコートには安いコートなりのメリットもあることをご存じでしょうか。

たとえば予算が10万円ある時に、10万円のコートと3万円のコートがあった場合、安い方を選べば余った予算で7万円分の他のファッションアイテムを購入することが可能です。

同じコートの色違いや、全然別のアウターを手に入れることもできますし、アイテム数が増えるのでコーディネートの幅はその分広がります。

また、安いコートなら毎年新しいものを買い足すこともできるでしょう。

その年のトレンドを追えるので、あえて安いコートを毎年選ぶというメンズも存在します。

このように、安いコートでもおしゃれを楽しめるので、予算が足りないと諦めないようにしましょう。

安いものでも活用しやすいメンズ向けコート

メンズ向けコートは種類が豊富です。

フォーマルな場面でも使えるものから、カジュアルコーデに適したものまで、いろいろなコートが揃っています。

どのコートもおしゃれですし、目を引くアウターです。

そういったコートの中で、安いものでも活用しやすいコートは次の3つです。

・ダウンコート
・ダッフルコート
・モッズコート

これらは安くても保温性能や機能性の面で、他のコートに引けを取りません。

それぞれのコートの特性を理解し、安いコートをおしゃれに着こなしましょう。

ただしこの3つのコートを選ぶ場合、何でも良いというわけではないので注意が必要です。

それぞれの特徴については、次項からご説明します。

安いダウンコートは丁寧に扱おう

ダウンコートとは、ダウンジャケットよりも着丈の長いダウンのことです。

ダウンジャケットは腰丈のものが多く、それよりも長いもののうち、膝下くらいまであるものがダウンコートです。

ただし、この呼び方は決まったものではなく、ブランドによってはダウンコートとは呼ばないので注意しましょう。

また、ふくらはぎ近くまで隠れるサイズのものを、ベンチコートと呼ぶこともあります。

これは冬の競技場のベンチで選手たちが、よく使用していることから名づけられたものです。

ダウンなので、中には羽毛が使われています。

羽毛はグレードによって暖かさや軽さが違い、よいグレードのものほど高額になる傾向があります。

とはいえ羽毛であることには違いがないので、安いダウンであっても他のコートよりも防寒性で劣らない場合が多いのです。

高級ブランドのメンズ向けダウンコートはとても高価ですが、安いものでも十分暖かく過ごせます。

デメリットがあるとすれば、安いものは羽毛が抜けやすいという点でしょうか。

それを考慮し、丁寧に使用してきちんと保管すれば、安いダウンコートでも長く愛用することが可能です。

ダッフルコートは安いものほど軽い?

ダッフルコートは、冬の定番アウターのひとつです。

起毛したウールを素材としており、保温性能に定評があります。

見た目にも暖かく、一度着用すると手放せなくなるほど快適です。

ダッフルコートというと学生が通学で使用するイメージがありますが、ビジネスシーンで愛用するメンズも増えています。

なぜなら、ダッフルコートは上品ですし、フォーマルな場面にも適しているからです。

このように良い点が多いダッフルコートですが、唯一気になるのがその重さです。

ウールはとても暖かい素材なのですが、他の素材と比較すると少々重たいのは否定できません。

そして高級なダッフルコートほどウールの比率が上がるので、その分重く感じられてしまうのです。

とはいえ、その重さが逆に安心感になるという声もあるので、一概に重いから悪いとは言えません。

もしダッフルコートの重さが負担に感じられるようなら、少し安いダッフルコートにしてみましょう。

ウール30%くらいのダッフルコートであれば、あまり重く感じられないでしょう。

これぐらいの比率でも保温性能は十分ですが、実際に着て確かめた方が良いでしょう。

ダッフルコートを販売している量販店は多いので、店舗へ行って試着してみることをおすすめします。

安いモッズコートでも長く愛用できる

メンズに人気のモッズコートは、米軍の野戦用パーカーであるM-51がもとになっています。

厳冬期に使用する軍用パーカーなので、保温性能と機能性は折り紙つきです。

M-51は、軍服の上から羽織るタイプのアウターです。

そのためサイズが大きめに作られていて、スーツの上に羽織るのにも適しています。

実際1960年代にロンドンで、モッズたちがスーツの上に好んで着ていたことからモッズコートと呼ばれるようになりました。

軍用パーカーですがスーツとの相性が良く、とてもスタイリッシュに見えます。

モッズコートは人気があり、高級ブランドのものが数多く発売されています。

それらは良く生地を使用しており、長く愛用することが可能です。

もともと軍の実戦用だったものなので、着用すればするほど真価を発揮するアウターでもあるのです。

メンズ向けコートの相場を知っておこう

安いコートでも十分におしゃれに使えるものですが、あまりにも安いものは避けるのが賢明です。

安物買いの銭失い、となっては元も子もありません。

そこで、最後にメンズ向けコートの価格相場をご紹介しますので、コート選びの参考にしてみてくださいね。

ダウンの価格は、使用している羽毛のグレードに大きく左右されます。

最高級ホワイトグースを使ったダウンは、20万円以上することが珍しくありません。

そこまで高額ではないものだと5万円~8万円ぐらいが相場ですが、より安くてリーズナブルなダウンも増えてきています。

予算を抑えるなら1万円くらいを目途に探してみましょう。

ダッフルコートも、高級ブランドのものは高額です。

一般的な価格相場としては2万円から3万円ぐらいが目安ですが、ウール30%のダッフルコートの中には7,000円台のものもあります。

さらに安いものもありますが、試着してから買うかどうか判断するとよいでしょう。

モッズコートの高級ブランドには10万円以上するものもありますが、相場は1万円~2万円です。

近年はさらに安い1万円弱のものもあるので、掘り出し物を探してみましょう。

安いコートを上手に活用しよう

高額な有名ブランドのコートは、とても素晴らしいものです。

値段が高くなるだけの理由はありますし、高いものは大事に扱うことが多いので、結果的にお金の節約になったりもします。

とはいえ安いコートは避けるべき、というわけではありません。

リーズナブルな価格でとても良いものも多く存在します。

今回の記事を参考に安いコートを上手に活用して、冬のおしゃれを楽しみましょう。