ダッフルコートを大学生男子が大人っぽく着る秘訣とは!?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

シャツで清潔感をプラス!レディースのオフィスカジュアル

今回は、レディースの「オフィスカジュアル」についてお話ししていきます。オフィスカジュアルの定...

シャツとニットのドッキングトップスでおしゃれな秋コーデ!

1枚でぐっとこなれた印象のコーデにすることができる、ドッキングトップス。ほかのトップスとレイ...

お洒落なスカートは生地で決まる!夏を楽しく過ごしましょう

女性なら誰もが憧れるスカートは、女性らしさを最大限に表現できる特別な存在です。特に夏のスカー...

パーカーのチャックがよれよれに…長く着るためのコツ

肌寒い時期やちょっとした外出の時に気楽に着られる服といえばパーカーですよね。普段着として愛用...

メンズ向けシャツとセーターをお洒落に組み合わせたコーデ!

何となくシャツだけだと心持たない。どうも、セーターだけだと今一つパッとしない。それぞれを...

ストールでお洒落美人!おすすめの色や柄を知っておこう!

ストールには魅力がいっぱいつまっています。首に巻きつけるだけで、ファッションのイメージをガラ...

デニムコーデの結婚式が話題!メンズ向けのデニムコーデとは

ドレスコードを、デニムとする結婚式が話題です。結婚式といえば厳かなものなので、参加者...

シャツのきれいな収納とは?方法やおすすめ収納ケースを紹介

ビジネスパーソンにとって、ワイシャツ、ドレスシャツは必須アイテムですよね。洗濯する機会も収納...

デニムでデートは勿論アリ!冬のデートは特におすすめ!

お洒落な雰囲気が漂う秋冬のデートにおいて、女性の場合にはファッションのコーディネートに頭を悩ませ...

黒のトップスで夏のレディースコーデをクールビューティに!

着回し力が抜群に良いのが黒のトップスです。一方、熱を吸収する特性が災いし、夏のトップスとして...

パーカー×ジーンズは男の子っぽい?女性らしく着こなすには

パーカーは、カジュアルコーデにおける定番のアイテムと言えます。また、ジーンズも同じく、カジュ...

トップスはレディースコーデの要!40代向けトップスご紹介

毎日のコーデに欠かせない主役級アイテムといえば、トップスではないでしょうか。顔の近く...

ボトムス一つで印象大違い!おすすめメンズおしゃれボトムス

ファッションではどうしてもトップスに目が行きがちですが、ボトムスを変えるだけで印象はがらりと変わ...

コートの定番をおさえると、秋冬のメンズコーデも心配なし!

秋冬になるとコーデの主役となるのがコートですね。メンズコーデの場合には、このコートの定番をお...

おすすめニットコーデ!ノースリーブニットは冬も活用できる

ほど良い肌見せで上品かつフェミニンに見せてくれるノースリーブニットは、近年とても人気の高いアイテ...

スポンサーリンク

定番こそおしゃれ?大学生男子に人気のコート

ここでは、大学生男子に人気のあるコートの種類を以下にまとめました。

・ダッフルコート

大学生のみならず、小中高校生の男子にも人気なのがダッフルコートです。

他のコートに比べカジュアルさがあり、どの年代の学生が着ていても様になるでしょう。

まだ学生とは呼ばれないような、未就学児がダッフルコートを着ていてもかわいいですよね。

寒い時にはフードをかぶることができ、機能性も高いコートです。

・トレンチコート

少し大人びた印象になりやすいトレンチコートは、大学生男子がきちんとした場に出る時にもおすすめです。

薄地のものが多いため、秋や春など肌寒い時に活躍することが多いでしょう。

ウエストのベルトの使い方によって、印象が大きく変わるのも特徴です。

・Pコート

丈が短く、コートの中でも特にコーディネートがしやすいです。

コートが占める範囲が狭いので、ボトムにインパクトのあるものを合わせやすいのも特徴です。

大学生男子であれば、ネイビーを選ぶとよりトラッドな雰囲気になり、おしゃれでしょう。

大学生男子に人気のダッフルコートは幼さが気になる?その原因は

ここからは、コートの中でも特に大学生男子に人気のある、ダッフルコートについてご説明していきます。

ダッフルコートというと、皆さんはどのようなイメージを持っているでしょうか。

例えば、良いイメージであれば「爽やか」などというものが挙げられるでしょう。

一方で、あまり良くないイメージとしては、冒頭で述べたような「幼く見える」というものがあります。

それには、ダッフルコートのデザインが関係していると言われています。

まず、ダッフルコートにはフードがついていますよね。

述べた通り、ダッフルコートのフードは寒い時にかぶれて便利という面がある一方、カジュアルさを強調させてしまうものでもあるのです。

おしゃれの観点から見れば、カジュアルさは決して悪いことではありません。

しかし、カジュアルさは大人っぽさとは反対の位置にあるとも言えるため、幼く見えてしまうのは致し方ないでしょう。

また、ダッフルコートについているボタンの「トグル」も幼さを強調させるものの1つです。

一般的に、「服は装飾が少ないほうが大人っぽい印象になる」と言われています。

ダッフルコートのトグルは複数ついていることが多く、正面から見た時にそれが思ったよりも目立ちます。

そのため、「ダッフルコートは装飾が多い=幼い」というイメージができてしまうのです。

「幼さ」を覆す?大学生男子向けダッフルコートの選び方

前項で述べた、「ダッフルコートは幼く見える」というイメージですが、大学生男子がそれを防ぐには、どのようなものを選べば良いのでしょうか。

ここでは、幼く見えないダッフルコートの選び方を以下でまとめました。

・生地とトグルの色が同じようなものを選ぶ

こうすることで、正面から見た時にトグルが目立たなくなります。

・長めの丈を選ぶ

ダッフルコートは丈の長さも幅広いですが、中でもロングを選ぶとよりと大人っぽい印象になります。

・艶のある素材を選ぶ

例えば、スウェット素材のダッフルコートは活動的な印象がありますよね。

艶もないため、大人っぽいというよりは幼く見えがちです。

ダッフルコートは、艶のある素材を選ぶと落ち着いた印象になりおすすめです。

高身長の大学生男子におすすめ!黒のロングダッフルコート

ここからは、大学生男子におすすめの、大人っぽいロングダッフルコートコーディネートをご紹介します。

まず、ダッフルコートを大人っぽくコーディネートするなら、落ち着いた雰囲気になる黒を選びましょう。

大学生男子がダッフルコートを選ぶ時、ロングの場合は重たくなるのを避けるため黒を避けがちです。

しかし、特に高身長の大学生男子であればバランスよく着こなせる可能性があるため、ぜひチャレンジしてみてください。

トグルの色も黒であれば、より締まった印象になります。

ロングのダッフルコートであれば、細身のボトムを合わせるとバランスが良くなります。

ボトムの丈は足首が見えるか見えないかくらいにし、足元に軽さを出してすっきりとさせてください。

ボリュームを上に出すために、バッグには黒いリュックを選びましょう。

帽子にも黒を選ぶことで、統一感が出ます。

これだけだと重たい印象になりがちなので、白い靴で外すようにしてください。

スニーカーを選んで、遊び心を取り入れましょう。

ブラウンのロングダッフルコートでやわらかな大学生男子の雰囲気

大人っぽさの中にやわらかさをプラスしたい大学生男子には、ブラウンのロングダッフルコートコーディネートがおすすめです。

ブラウンと一口に言っても様々ありますが、大人っぽく仕上げるにはこっくりとしたカーキに近いものを選ぶようにしてください。

ツイード素材を選べば、トラッドな雰囲気にもなるでしょう。

また、ブラウンのロングダッフルコートからはタートルネックをのぞかせてください。

タートルネックで首元を締めると、大人っぽい印象になります。

タートルネックには、ブラウンと馴染みの良いオフホワイトを選ぶのがおすすめです。

ボトムは、ゆったりとしたデザインのグレーを合わせます。

靴は、ロングダッフルコートと同じブラウンで統一すると良いです。

柵が尖っているものより、丸みがあるもののほうがやわらかさが出ます。

スエードなど、なめらかな質感のものを選ぶと、大学生男子の中でもおしゃれ上級者と言われるでしょう。

大学生男子の若さも引き立つ?ベージュのロングダッフルコート

ロングダッフルコートは、シャツと合わせてもおしゃれです。

大学生男子であれば、グレーのシャツと薄手の白いニットを合わせると、より大人っぽくなります。

ニットからシャツの裾をのぞかせれば、おしゃれさも増すでしょう。

靴は白いスニーカーを選ぶと、ニットとの縦ラインが強調され、スタイルが良く見える効果も期待できます。

また、このコーディネートであれば、ロングダッフルコートはベージュを選んで軽さを出すのがおすすめです。

例えば、このコーディネートに黒いロングダッフルコートを合わせると、かっちりとしすぎてしまいます。

社会人であればそれも良いですが、若々しさも魅力の大学生男子であれば、もう少しくだけた雰囲気にしたいですよね。

それから、ベージュのロングダッフルコートは、生地とトグルの色が同じものを選ぶと、あか抜けない雰囲気になってしまうことがあります。

そこで、あえてトグルと生地の色を統一せず、ベージュのロングダッフルコートは黒のトグルがついているものを選びましょう。

そうすることで、ボトムの黒とも相性が良くなり、都会的な雰囲気になります。

制約が少ない大学生男子はおしゃれを存分に楽しんで

大学生男子は、社会人に比べ様々な制約がないことから、おしゃれの幅も広いと言えます。

そのため、ダッフルコートをうまくコーディネートして、大学生男子ならではのおしゃれを楽しみましょう。

また、ダッフルコートは固すぎないイメージにより、女子からの受けも良いアイテムです。

サークルはもちろん、女子と関わる機会がある時は、ぜひダッフルコートでおしゃれに決めてください。