ジーンズのメーカーが多い岡山は日本を代表するデニムの産地

ジーンズは、世界的に人気のあるファッションアイテムです。

ジーンズを扱うメーカーも多く、日本にも多数のジーンズメーカーが存在します。

日本が誇るジーンズの産地は、岡山県です。

岡山県には、日本を代表する有名なメーカーから、個性的なジーンズを作るメーカーまで、数多くのジーンズメーカーがひしめき合っています。

では、岡山県はなぜジーンズの聖地と呼ばれるようになったのでしょうか。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スカートのお洒落コーデ!柄物を使って冬コーデも華やかに!

冬はお洒落の季節、お洒落女性がより一層輝く季節でもありますね。 そんな冬コーデにおいて、より華...

お洒落なスカートは生地で決まる!夏を楽しく過ごしましょう

女性なら誰もが憧れるスカートは、女性らしさを最大限に表現できる特別な存在です。 特に夏のスカー...

レギンスを穿いてメンズも「防寒+おしゃれ」に決めよう!

レギンスと聞くと、レディースのファッションアイテムだと思う方も多いでしょう。 しかし、今ではレ...

「パーカー」はゆったりサイズがおすすめ!〈レディース編〉

着回ししやすい「パーカー」は、コーディネートの定番アイテムですよね。 近年レディースファッショ...

スカートがブルーの場合のおしゃれな全身コーディネート!

スカートを穿きたいけど、いつもパンツばかり穿いているのでどんなスカートを選んでコーディネートした...

レギンスなどを合わせるレディースコーデは柄スキニー時代!

柄の入ったレギンスや細身のパンツをボトムスに合わせる柄スキニーが、レディースコーデで注目を集めて...

ワイシャツについている後ろタックの種類と必要性をご紹介

皆さんは、ワイシャツやシャツブラウスの後ろにタックがあることをご存知ですか? タックには、背中...

愛着のあるジーンズが破れた?直し方を知っていれば大丈夫!

ジーンズは、ほとんどの方がお持ちのポピュラーなファッションアイテムです。 ベストジーニスト...

スーツに合うメンズコート!失敗しないサイズの選び方とは?

寒い季節には、コートの着用は欠かせません。 コートは一度購入すると、何年か着ることにな...

このアウターで決まり!外で輝くメンズ服冬のおすすめ5選!

男のファッションは、冬でこそ差が付くものです。 なぜなら、重ね着をする機会が多いので、コーディ...

レギンスだって夏は涼しい!涼しく夏コーデが楽しめる!

レギンスは夏にどうしても蒸れてしまいがちという問題点があります。 春秋冬はスタイルアップに一役...

シャツのアイロンがけを簡単にする!洗濯や干し方のポイント

アイロンがけしたシャツはパリッとして気持ちが引き締まる方も多いと思いますが、アイロンがけはできれ...

可愛いコートを着たい!ピンクも年齢関係なく着こなしたい!

冬は毎日のようにコートを着るという方が多いでしょう。 どんなコーディネートにも合うように、無難...

デニムのコーデ!秋冬は非常にお洒落な着こなしに仕上がる!

デニムのパンツは季節を問わずオールシーズン活躍してくれる優秀なアイテムです。 しかし、デニムの...

おしゃれなアウターが欲しい!赤いアウターのコーデとは?

赤いアウターは「ハードルが高い」と感じる方も多いでしょう。 ただ、ポイントを押さえると大変おし...

スポンサーリンク

日本におけるジーンズの歴史

日本でもジーンズは、なくてはならないファッションアイテムとなっています。

ジーンズは男性にも女性にも人気で、しかも着用するのに年齢を問いません。

誰でも気軽に楽しめるのが、ジーンズの魅力です。

ジーンズは第2次世界大戦敗戦後に、GHQの放出品というかたちで日本に入ってきました。

アメリカ映画なども、普及のきっかけになったとされています。

最初の輸入は1956年で、アメ横などに中古を扱うお店が出現しました。

国産のジーンズは、1958年に岡山県倉敷市のメーカー(後のビッグジョン)が受託生産したのが始まりです。

さらにこのメーカーは、1960年に国産のジーンズを生産・販売しています。

このように国産ジーンズの発祥の地は、岡山県倉敷市だったのです。

また、1956年にこのメーカーは「キャントン」というジーンズをヒットさせましたが、ゴワゴワして日本人には不評だったジーンズを、一度洗うことで身体に馴染ませる方法を考案しました。

これこそが、現代のジーンズにとって欠かせない「ワンウォッシュ」の始まりであり、世界で最初にワンウォッシュを取り入れたのは岡山県のメーカーだったのです。

そして岡山県は現在でも、国内のジーンズ生産量第1位を誇っています。

岡山が日本一のジーンズの産地になった理由

岡山県は日本で最初にジーンズを生産・販売し、今でも生産量第1位の県ですが、岡山県がジーンズのメッカになったのには理由があります。

岡山県倉敷市の児島地区は、もともと島だったのですが、江戸時代の干拓事業により陸続きになりました。

ところが海を干拓した場所は塩分が多く、稲田には適さなかったのです。

やむなく稲の代わりに植えたのが、塩分に強い綿花でした。

これにより児島地区は、織物の生地の一大産地となり、後にデニム生地の生産地として世界に知られるようになりました。

また、岡山県井原市は藍の栽培と藍染めを江戸時代から行っていて、その技術がデニムの染色にも活かされています。

岡山県は学生服の生産でも全国のトップクラスで、耐久性のある服地の加工・縫製がもともと得意な県でもあります。

このように岡山県は、デニム生地の生産から染色、縫製までを一貫して行える県なのです。

日本で最初のジーンズメーカー「マルオ被服」が岡山で誕生したことは、決して偶然ではありません。

綿花の栽培と、織物・縫製の両方で抜きんでていたからこそ、岡山はジーンズの名産地となったというわけです。

岡山にあるジーンズメーカーとは

岡山県には、とても多くのジーンズメーカーが存在しています。

岡山のジーンズは岡山デニムとも呼ばれ、大きく次の2つに分けることができます。

・児島デニム
・井原デニム

この2地区は同じ県内ですが、場所が少し離れています。

とはいえお互いに協力関係にあるので、まとめて岡山デニムと呼ばれているのです。

児島地区には30以上のジーンズメーカーがありますが、主なジーンズメーカーとしては次の5つが挙げられます。

・ビッグジョン
・桃太郎ジーンズ
・児島ジーンズ
・カミカゼ・アタック
・ストライクゴールド

この他にも、「ピュアブルー・ジャパン」や「ジョンブル」、「グラフゼロ」や「ドミンゴ」など、日本を代表するジーンズメーカーが目白押しです。

井原デニムに分類されるジーンズメーカーは、児島デニムほどは多くありません。

井原デニムの主なジーンズメーカーは、次の5つです。

・ブルートリック
・コモンプレイス
・ペーハーセヴン
・デイーシャープ
・ファガッセン

これらのジーンズメーカーはそれぞれ直営店を設けていたり、通信販売を手掛けていたりしています。

各店のHPをチェックし、好みのジーンズを見つけましょう。

岡山のこのメーカーが特におすすめ!

岡山県のジーンズメーカーの代表的存在といえば、「ビッグジョン」を挙げないわけにはいきません。

というのは、ビッグジョンは岡山だけではなく日本のジーンズの歴史において、エポックメーキングな存在だからです。

前述したように、日本で最初に国産ジーンズを販売したのはビッグジョンの前身であるマルオ被服でした。

それ以来ビッグジョンは、日本を代表するジーンズメーカーとしてジーンズ市場をけん引してきたのです。

ビッグジョンは創業75周年を迎え、こらからも注目に値するジーンズメーカーとなることでしょう。

次にスポットを当てたい岡山のジーンズメーカーは、児島デニムの「桃太郎ジーンズ」です。

桃太郎ジーンズでは、世界で最も濃いインディゴブルーだといわれるジーンズも製造・販売しています。

とても色が濃いので、色落ちした際の風合いが際立ちます。

また、美しい曲線のステッチ(桃ステッチ)が入ったポケットも特徴の1つです。

桃太郎ジーンズは、独自色の強いジーンズメーカーなので、個性を発揮したい場合に重宝します。

「児島ジーンズ」は、ボトムスだけではなくトップスにも力を入れているジーンズメーカーで、ワークシャツやワークベストなど、普段使いできる商品が人気です。

岡山に行ってジーンズの聖地を回ろう

アニメや映画に関する聖地を巡り、写真に撮ってSNSに投稿するのが静かなブームになっています。

好きな分野に関わりのある場所は、訪れるだけでも楽しいものです。

ジーンズやデニムに興味があるのなら、日本のジーンズの聖地である岡山県を訪ねてみることをおすすめします。

岡山県の児島地区は、倉敷市の海沿いに位置しています。

児島地区でぜひ訪れたいのが、「児島ジーンズストリート」です。

古い町並みの中に、ジーンズメーカーの直営店が点在しており、デニムフェスなども開催しています。

ビッグジョンや桃太郎ジーンズ、カミカゼアタックや児島ジーンズのお店もあり、児島デニムを体感することが可能です。

井原市は広島県との県境にあり、井原駅の構内には「井原デニムストア」が存在しています。

ストアではデニム地のスーツや着物、バッグや小物類を販売しているほか、デニム加工を体験することも可能です。

また、同じく井原駅の構内にある「D# THE STORE」も、ジーンズ好きにはたまらないスポットです。

店内にある手織り機で手織りを体験できますし、リベット打ちの機械を試してみることもできます。

デニム生地のオリジナル雑貨は、お土産にもってこいな商品です。

井原市に隣接する広島県福山市も、インディゴデニムの生産地なので寄ってみるのもよいでしょう。

岡山以外の日本のジーンズメーカー

岡山県はデニムの本場ですが、日本には岡山県以外にも沢山のジーンズメーカーがあります。

たとえばカモメのマークが印象的な「エヴィス(EVISU)」は、滋賀県の大津市にあるメーカーです。

エヴィスといえば後ろポケットのカモメマークですが、ジーンズそのものも高い評価を得ています。

特に防縮加工されている定番ジーンズは、本来のシルエットを保持できるのでおすすめです。

ビッグジョンと並び称される「EDWIN」は、日暮里で中古の輸入ジーンズを洗ったり、補修したりして販売店に供給していたのが原点となっています。

EDWINは1980年代にストーンウォッシュを開発し、ジーンズ加工の先駆け的な存在として有名です。

1983年には国内での販売で第1位となり、1987年にはリー・ジャパンを買収しています。

リーやラングラー、サムシングやカーハートといったジーンズは、実はEDWINが生産しているブランドです。

「BILLVAN(ビルバン)」は、大阪に拠点を置くジーンズメーカーです。

ビルバンのジーンズの特徴は、アタリやヒゲなどといったヴィンテージ加工にあります。

自然な経年変化をジーンズに再現しているので、最初からユーズド感を味わえます。

そのうえコスパもよく、特に若者に人気のあるジーンズメーカーです。

ジーンズを愛好するなら岡山に注目しよう!

日本産のジーンズは、世界的にも有名なファッションアイテムです。

なぜ日本のジーンズが愛されているのかというと、デニム生地が良質で、縫製がしっかりとしているからだとされています。

質の良いデニム生地と、縫製の技術を育んだのは岡山県です。

国産ジーンズの聖地である岡山に注目し、岡山のジーンズに触れることは、ジーンズに対する新たな興味を引き起こしてくれることでしょう。