コート×ストールのコーディネート方法!巻き方がポイント

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ジーンズのおすすめブランド!メンズが知っておくべき5選!

男性の皆様は、ジーンズを選ぶ時には何を基準にしていますか?メンズジーンズの選び方の一つに、メ...

自分たちらしくデニムで結婚式!お呼ばれ側のコーデは?

結婚式に「ドレスコード」を取り入れて、自分たちらしい演出を考えているカップルが増えています。...

トレンチコートでかっこよく!定番レディース防寒コーデは?

かっこいい女性の定番と聞いて思い浮かぶコートと言えば、トレンチコートですよね。しかし、そのイ...

人気のストールブランド一挙公開!おすすめはカシミア素材

肌寒くなってくると活躍するのがストール。ストールは防寒のみならず、ファッションアイテムとして...

カーディガンは高校生のマストアイテム!人気のブランドは?

高校生の学校生活は、ほぼ一日制服で過ごしますね。高校によって制服のルールはさまざまですが、高...

ライダースジャケットは冬寒い?!あたたかく着るための方法

男らしさを求める男性や、メンズライクを好む女性から人気のアウターがあります。それは、ライダー...

トップスが「ピンク色」のコーディネート!そのポイントは?

女子らしさたっぷりのピンク色ですが、「洋服のコーディネートには取り入れにくい…」という声をよく耳...

ジーンズペイントは塗料次第で色々なおしゃれ加工が楽しめる!

「今履いているジーンズも飽きてきたし、そろそろ潮時かな?」そんなことを考える前に、今までお世...

コートは白で決まり!大人可愛いくかつエレガントに行こう!

秋冬はお洒落度をアップさせてくれる嬉しい季節です。この時期にテッパンのお洒落アイテムといえば...

デニム選びのポイント!レディースブランドのおすすめ4選

レーディスコーデのマストアイテムのひとつに、「デニム」が挙げられることでしょう。多くの種類の...

ジーンズの股下がすぐに破れてしまうのは何とかできるのか?

ベストジーニスト賞とまではいかなくても、お洒落にジーンズを履きこなしていたいですよね。「...

セーターにマルチボーダーを合わせて旬な着こなしコーデに!

「ボーダー柄のセーターを着た女子はモテないしダサい!」そのような言葉がささやかれることがあり...

コートの新しい着こなし方!トレンチでも真冬を乗り切れる!

「真冬にはダウンジャケットやダッフルコート、ピーコートなどの厚手のアウター!」と思われている方が...

ボリューム袖ニットに適したコート!着用がきつい悩みを解消

寒い季節になると欠かせないアイテムがニットですよね。可愛い洋服が大好きなオシャレ女子の間で、...

メンズアウターはダウンジャケットが人気!おすすめブランド

男性の皆さんは、今年の冬はどのようなアウターを着るかもうお決まりですか。今回おすすめするダウ...

スポンサーリンク

コートとストールでコーディネートする場合バランスが重要!

12月あたりになると一気に気温も冷え込み、コートとともにストールも出番を迎えます。

「とりあえず首に巻きつけよう」とぐるぐるにストールを巻いてしまうと、全体のコーディネートを鏡でチェックしたときに、野暮ったい印象になっていることもあるでしょう。

そんなときに「どのようにストールを巻けば、スマートでおしゃれなコーディネートになるのだろう」と疑問に感じる方もいるのではないでしょうか。

コートとストールでうまくコーディネートするには、バランスが重要です。

また、ストールの巻き方には種類があり、それぞれをコートとどう合わせるかで、最終的なコーディネートの仕上がりも違ってきます。

ここではチェスターコート、トレンチコート、ノーカラーコートそれぞれにおすすめのストールの巻き方とコーディネートをご紹介していきます。

チェスターコートにぴったりのストールの巻き方は?

まずは、チェスターコートにおすすめなストールの巻き方についてお話をしていきます。

チェスターコートとは、見た目はスーツのジャケットのようなデザインで、だいたい膝くらいまでの丈のコートのことをいいます。

スーツの上から着てもスマートに決まりますし、カジュアルな着こなしにもぴったりのコートです。

襟もとがぐっと開いているのが特徴的ですので、寒い冬にはストールを巻くことで寒さをしのげます。

そんなチェスターコートにぴったりのストールの巻き方は、襟もとを隠すように巻くフロントノットという方法です。

フロントノットの巻き方をご説明します。

①ストールの片方が長くなるように、首にかけましょう。

②長い方のストールを、首回りを一周させるように巻きつけます。

③垂れているストールの両端を結んだら完成です。

胸元が華やかになり、小顔効果にも期待できる巻き方です。

チェスターコートとフロントノットのコーディネート例を、次の項でご紹介します。

チェスターコート×フロントノットのコーディネート例

チェスターコートにぴったりのストールの巻き方についてお話をしたところで、コーディネート例のご紹介もしていきましょう。

【グレーチェスターコート×テーパードパンツ×ローファー】

メンズ風がおしゃれなコーディネートです。

靴下をアーガイルやギンガムチェックなどの柄物にすると、靴とパンツの間からちらっと見えるのがおしゃれです。

髪型はシニヨンなどのまとめ髪にしておくと、女性らしさも感じるコーディネートになるでしょう。

【グレーチェスターコート×黒スキニー×スニーカー】

スタイルアップ効果も期待できる縦のラインを強調したコーディネートです。

コート、トップス、ボトムス、スニーカーをモノトーンでまとめ、ストールをチェックなどの柄物にしフロントノットで巻くと、ストールの存在感がおしゃれなコーディネートにもなりますよ。

トレンチコートに合うストールの巻き方もご紹介!

チェスターコートの次は、トレンチコートにおすすめの巻き方をご説明していきましょう。

トレンチコートがどのようなものかをご説明すると、元々は軍人用に作られたといわれています。

また、防寒を目的としているコートともいわれ、トレンチコートの特徴としては、

・肩のボタン留めのショルダーストラップ
・襟もとや手首のストラップ
・ウエスト位置のベルト

などが挙げられます。

こちらもチェスターコート同様、襟もとが開いています。

そのため、フロントノットでも合いますが、ここでおすすめするのは1周巻きとワンループ巻きです。

どちらもストールの定番の巻き方でもありますので、覚えておくと良いかもしれません。

●1周巻き

首回りにストールをぐるっと1周させ、左右の長さをそろえたら完成です。

●ワンループ巻き

①ストールを2つ折りにし、首からかけます。

②ストールの端を、ループ側の輪っかに通したら完成です。

どちらも簡単に巻くことができますね。

トレンチコートと各ストールの巻き方のコーディネート例を、次の項でご紹介していきます。

トレンチコート×ストールのコーディネート例

トレンチコートに合うストールの巻き方についてご紹介しましたので、コーディネート例もお話ししていきます。

【トレンチコート×1周巻き×ロングスカート】

トレンチコートには同じくらいの丈のスカートで合わせると、こなれ感のある大人可愛いコーディネートに仕上がります。

ただし、ロングスカートとトレンチコートを合わせることで、下半身にボリュームが出やすくなります。

横に広く見せてしまうことも考えられるので、これを防ぐためにはストールの巻き方が重要です。

ストールで1周巻きすることで、縦のラインが強調されるので、スタイルアップ効果につながります。

【トレンチコート×ワンループ巻き×ジーンズ】

トレンチコートにワンループ巻きのストールを合わせると、バランスの良いコーディネートになるでしょう。

特に、ジーンズでも少し細身のものを選ぶことで脚長効果につなげられ、着ぶくれ防止も期待ができます。

ここまで、チェスターコートとトレンチコートに合うストールの巻き方と、コーディネート例を見てきました。

次の項では、ストール初心者におすすめのコートと、コーディネート例を見ていきます。

ストール初心者はノーカラーコートでコーディネートするのがおすすめ

中には、ストール自体巻くのが初めてという方もいるかと思います。

そのような方は、ノーカラーコートで合わせてみるのがおすすめです。

ノーカラーコートとは、襟がついていないコートのことをいいます。

襟がないことでストールを巻いてももたつきにくいため、フロントノットやワンループ巻きをはじめ、どんな巻き方でもスマートに決まります。

また、ストールにもさまざまな素材・デザインのものがあり、ノーカラーコートであれば、ボリュームのあるファーのストールなどを合わせても可愛くコーディネートができるでしょう。

例えば、グレーでウール素材のノーカラーコートに、ダークグレーのフェイクファーのストールを合わせます。

これだけでも少し品のあるコーディネートに仕上がりますが、女性らしさをアップさせるならコートの中はワンピースがおすすめです。

靴は黒のブーティやショートブーツを合わせると良いでしょう。

ほかにもさまざまなストールがノーカラーコートに良く合いますから、ストール初心者の方はぜひノーカラーコートに合わせることから始めてみてはいかがでしょう。

ここまでお話ししてきたコートとストールのコーディネートは、寒い冬であるからこそできるファッションです。

1年の間でも短い期間しか着用しないので、バランスを意識して、コートとストールのファッションを楽しんでみてください。

寒い冬だからこそ!コートとストールでおしゃれを楽しもう!

気温が低くなり、コートとストールで合わせようとすると、もたついた印象になることもあるでしょう。

もっさりとしにくいコーディネートにするには、コートとストールの巻き方のバランスが重要です。

ここではチェスターコート、トレンチコート、ノーカラーコートにおすすめのストールの巻き方やコーディネート例などをご紹介してきました。

この記事などを参考に、寒い冬であるからこそできるファッションを楽しんでくださいね。