すぐに試したい!肌がツルツルになるクリームの上手な使い方

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

セーターに毛玉ができる理由!毛玉ができやすい素材がある?

ニットセーターは暖かいうえにおしゃれな着こなしも叶うアイテムで、毎日のように着ているという方も多...

履かないデニムは簡単なハンドメイドでおしゃれな小物に!

古くてもう履かないデニムや、サイズが合わずタンスにしまったままのデニムはありませんか?履くこ...

購入したデニムが臭い!新品・中古それぞれの対処法を伝授!

まだ一度も着用していないのに、デニム特有のニオイが気になることってありますよね?また、古着屋...

冬に活躍するニット!袖が伸びてしまう原因と直し方をご紹介

ニットは冬の必需品ともいえます。トレーナーよりも暖かく、コートのインナーとして活躍するアイテ...

パーカーを自分流にアレンジしよう!特にワッペンがおすすめ

パーカーは、年代や男女を問わず人気の高いアウターです。世界的な有名ブランドも含め、製造・販売...

スカートのプリーツをキレイに復活させるにはアイロンを活用

ふんわりと軽いシルエットと上品な印象を与えてくれるプリーツが、女性らしい魅力を最大限に引き出して...

スカートに裏地や糸ループが付いているのはなぜ?役割は?

最近、スカートに裏地が付いていないものが増えています。スーツや制服のスカートに裏地がついてい...

ライダースをお洒落に着こなしたい!本革のお手入れ方法とは

ライダースは男性的なイメージが強いですが、女性に人気の高いファッションアイテムでもあります。...

オシャレなストールの編み方!簡単で世界にひとつのストール

さらりと羽織ったり、クシュっと巻いたりするだけで、オシャレ度がグンと上がるストール。寒い冬に...

スカートの裾がほつれた!まつり縫いを覚えて自分で直そう

スカートの裾がほつれて困ったことはありませんか。こんな時、皆さんはどうしますか。スカート...

着なくなったデニムをリメイク!オリジナルスカートを作ろう

デニム素材のパンツはたくさん販売されていますが、スカートの種類はそれほど多くはないようです。...

インナーで快適さが左右!?冬スポーツにおすすめのインナー

目次 1 冬スポーツのインナーは機能性の高さが重要2 冬スポーツで着用するインナーに欠かせない「保温...

スカートを作りたい!子供サイズの簡単な作り方をご紹介!

スカートなどの子供服を、「ハンドメイドで作りたい」と考えている方も多いのではないでしょうか。...

ニットにできたシミは落とせる?簡単にできるシミの取り方!

寒い冬の季節になると、冬の定番アイテムであるおしゃれなニットは欠かせませんよね。しかし、着る...

イベント時は華やかに!スカートだけでも衣装を手作りしたい

ピアノの発表会や、保育園・幼稚園の発表会・ダンスの発表会・ハロウィン・クリスマスいつもと違う時に...

スポンサーリンク

ツルツル肌になるために実践したことは何?裏目になったことも

化粧品や肌のケアに使うのは、なにもクリームだけではありません。

他にもさまざまなケア方法で、日々努力している女性たちは、年代問わず数多くいます。

ではツルツル肌になるために彼女たちは、クリーム以外にどんなケアをしたことがあるのでしょうか。

主に特定の化粧品や方法を試した人たちや、生活を変えたという人たちなどの2通りです。

生活を変えた人では、食事を自分で作る回数を増やした人や、お風呂後のケアがほとんどでした。

問題はツルツル肌になるために使った、化粧品そのものや化粧品の使い方です。

肌をツルツルにするクリームというものは人によって変わるため、使い方も異なってきます。

同じ化粧品でも、最適な使用法ができるかできないかでも、効果が大きく変わってくるのです。

適した使い方ができず、かえって肌の調子が悪くなってしまった人もいます。

慎重に、クリームやローションなどの使い方を知ることで、この失敗をなくすことができます。

クリームはどんなものを使えばいい?ツルツル肌へのお手入れ

肌をツルツルにするためには、まず保湿が何よりも必要です。

クリームとは、この保湿効果を肌に与え、水分を逃さないようにしてくれるためのケア用品なのです。

クリームはケアの最後に使い、水を含んだ肌に脂分を足して、水分を逃さないようにするものです。

自身の肌の保湿力がまだ十分にある場合は、クリームを使わず、乳液1つでも十分なことも。

ニキビができやすく、肌の脂分が多い場合はさっぱりとしたクリームを使います。

肌の脂分が水分を逃がしにくくしているため、あくまで補助として使うくらいに調整しましょう。

よけいな脂分が調整される分、さっぱりとした使用感に変わります。

肌が乾燥しがちで、ザラザラとしたり、肌の感触が気になったりする場合は、濃厚タイプのクリームを使います。

こちらは水分をたっぷりと含んでおり、外側から保湿効果を与えてくれるクリームです。

クリーム成分が濃いため、手に載せたときにテカリなどが出るのではないかと不安になります。

しかし実際は手元で少し体温に近づけてから塗るため、通常のクリームと同じの触感に変わります。

心配する必要はありませんので、しっかりと顔に載せていきましょう。

ツルツルもちもちとした肌に変わるのが時間と共に実感できますよ。

肌をツルツルにするための愛用中のクリームを上手に使う方法

肌をツルツルにするクリーム、という謳い文句のケア用品は世の中にたくさんあふれています。

だからこそ、今自分の手元にあるクリームを効果的に使いたい、と考える人も多いのです。

先程のお手入れに加えて、クリームによる保湿は絶対に必要となる条件でもあります。

乳液とクリームを併用している人もいますが、どちらか片方だけでも問題はありません。

2つ併用する場合は、保湿がきちんとできない肌だと感じる場合のみでも構いません。

市販されているクリームには、フェイスケア用のクリームと、ボディケア専用のクリームがあります。

どちらも効果的に使う方法は同じタイミングで、お風呂上がりにすぐ使用するということです。

顔や体が濡れているときが最も、クリームの力を発揮することができるタイミングとなっています。

顔で言えば、美容液でたっぷりと肌を潤わせた時も、力を発揮できるタイミングです。

クリームを使うときは手に取った後、手で少し温めて肌になじませてから塗るようにしましょう。

円を描くようにゆっくりと染み込ませるイメージでお手入れをしていきます。

この時肌を擦らず、あくまで塗るという意識で使います。

この2点を守るだけで、現在使っているクリームの効果を最大限に引き出すことができますよ。

クリームの使い方を覚えれば、効率的にツルツル肌になれる!

クリームの使い方は特別なものではありません。

特別ではないからこそ、ツルツル肌を作るために、クリームの使い方は最低限知っておきましょう。

クリームそのものが、使っている本人に合わないことも少なくはありません。

しかしよほど体や肌に合わなかったということでなければ、クリームを上手に扱えるようになります。

それだけクリームの使い方を覚えておくことは、ツルツル肌を目指す人にとっては大切な部分です。

フェイスクリームやボディークリーム問わず、大きな効果を発揮させることができるのです。

クリームの使い方だけではありません。

ローションや美容液も、使い方は基本的に同じです。

クリームの使い方をしっかりと覚えておくということは、さまざまなケア用品の使い方につながります。

ツルツル肌を目指す人にとっては、ケア用品の使い方を覚えておくことは、ほぼ必須と言えます。

使うタイミングと合わせて覚えることで、より効率よくツルツル肌になることも難しくありません。

自分の肌にあった方法にもつなげることができるため、肌に触れる時間が多くなっていきます。

自身の肌のコンディションと、使うケア方法それぞれと向き合うことは大事な時間と言えるでしょう。

クリームで顔をお手入れしよう!まずは基本のお手入れ方法!

顔をツルツル肌にするためのお手入れ方法は、まずは洗顔から始まります。

たっぷり泡を立ててから、泡で顔を洗うようにしましょう。

クリームを使う前に、必ず化粧水や美容液で保湿します。

肌の中に入れることができる水分量は限られているため、化粧水は500円玉ほどの量で十分です。

あまり多く水分を入れようとしても中に浸透せず、健康的な肌から遠のいてしまいます。

美容液は現在抱えている肌の悩みを、修復するために使うものです。

乾燥肌の場合はセラミドが配合されている美容液で、肌を修復しましょう。

最後にここでクリームを使用します。

クリームは肌の水分が外に出ていかないようにする脂分となります。

脂と言われると美容の敵と思ってしまいますが、脂分がなければ肌はガサガサになります。

適度な脂分は、肌に良いものとして積極的にクリームとして使っていきたい成分です。

全身のお肌をツルツルに!ボディクリームの使い方を知ろう!

クリームでケアできるのは顔だけではなく、全身もまた、クリームでケアできる部分です。

ボディクリームを使うときは、お風呂上りでまだ肌がしっとり濡れているときが、適したタイミングです。

肌をタオルでゴシゴシ拭いてしまうと、そこから一気に肌に含まれる水分が抜けてしまいます。

お風呂から出たときの水分は軽く払って落としておき、肌面積を細かく区切っていくと塗り忘れしづらいです。

ボディクリームは片腕、首、太ももから足先といった乾燥しやすいパーツを忘れずに、ムラなく塗っていきます。

手に取る大きさは100円ほどの円の大きさが目安で、パーツごとに足していってください。

塗っていくときは擦るのではなく、できるだけ押すようにして肌に浸透させていきます。

肌に刺激を与えないように、優しく塗るのがツルツル肌へと導くポイントです。

クリームでお肌をツルツルに!タイミングと方法がポイント!

ツルツル肌を作るためには、クリームの使い方やタイミングを覚えることが効率的です。

使う時は、手のひらにとったクリームを体温になじませることから始めましょう。

そのまま塗ってしまうとベタベタとした感触が残り、ムラの原因になります。

ある程度人肌になじませたら、後は優しく押すようにして肌に浸透させていけば完了です。

お風呂から出た後や洗顔とケアの後に、できるだけ早くクリームを使うと効果が高くなりますよ。