国産デニムの人気が熱い今、メンズにおすすめのブランドは?

世代や性別を問わず、定番のカジュアルアイテムとなるのがデニムです。

ほとんどの方がお持ちのファッションアイテムではないでしょうか。

そのデニムですが、国産デニムの人気が高くなっています。

もともと国産デニムがもつクオリティの高さは有名で、各方面から熱い視線が送られているのです。

今回は、国産デニムとメンズにおすすめのブランドをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

レギンスを穿いてメンズも「防寒+おしゃれ」に決めよう!

レギンスと聞くと、レディースのファッションアイテムだと思う方も多いでしょう。 しかし、今ではレ...

デニムのもうひとつの顔「バックポケットステッチ」の魅力

デニムにはいくつかのポケットが付いています。 バックポケットがふたつ、フロントポケットもふたつ...

セーターにネックレスを付ける場合、どんな合わせ方が良い?

秋冬の季節に欠かせなくなるのが暖かいセーターですね。 その暖かさからついついセーター頼りになっ...

カーディガンは高校生のマストアイテム!人気のブランドは?

高校生の学校生活は、ほぼ一日制服で過ごしますね。 高校によって制服のルールはさまざまですが、高...

パーカーはアディダスで決まり!メンズに人気の秘密とは?

アディダスは世界的に有名なスポーツメーカーで、好きな方も多いのではないでしょうか。 特にスポー...

アメカジのオーバーオールコーデはメンズにも人気!

アメカジは世代を問わず、メンズからの支持の高いコーデです。 手に入れやすいファッションアイテム...

デニム素材でポーチをハンドメイド!個性を活かして作ろう!

使い古したデニムは、リペアすることで蘇らせることが可能です。 リペアしたデニムには独特な風合い...

シャツとトレーナーを重ね着するメンズコーデに熱い視線が!

メンズ・レディース問わず、トレーナーを愛用する方は多いのではないでしょうか。 トレーナーと言え...

ライダースジャケットは冬寒い?!あたたかく着るための方法

男らしさを求める男性や、メンズライクを好む女性から人気のアウターがあります。 それは、ライダー...

春の装い!スカートに花柄を取り入れるなら冬のうちから!

女性の定番ともいえる花柄のスカート。 これを取り入れるのであれば、もうすぐ春を迎える冬のうちか...

コートとバッグの組合せ!TPOや季節に合わせて同じ色に!

服装にはTPOというものがあります。 時と、場所と、目的ですね。 それによって、私たちは服装...

ジャケット生地にこだわろう!夏ジャケットの着こなし術

夏のクールビズでも爽やかさの中に礼儀正しさを失わない夏のジャケット。 暑さのせいにしてだらしな...

「ジレ」のレディースコーディネート特集!~秋の着こなし~

今回は、レディースコーディネートのポイントとなる「ジレ」についてお話ししていきます。 オールシ...

パーカーは素材選びが重要!季節ごとのおすすめ商品もご紹介

一口にパーカーと言っても、素材により特徴が大きく違います。 適当に素材を選んでしまったことで、...

スカートを魅力的に履きたい方へ!しわを防ぐ座り方や対処法

スカートは、身につけるだけで女性らしさが演出でき、魅力的なアイテムですよね。 その一方で、座り...

スポンサーリンク

メンズレディース問わず人気の高い国産デニム!

本記事では、国産デニムについて、そしてメンズにおすすめの国産ブランドをご紹介します。

以前より国産デニムのクオリティの高さは、海外のメジャーブランドやジーニストの間でも評判でした。

今では、海外のメジャーブランドにおいても、日本のデニム生地を輸入してデニム生産を行うところもあります。

また、わざわざ日本に来て、国産デニムを買い求める海外ジーニストもいるほどに人気なのです。

今や国産デニムは、「リー」や「リーバイス」など不動のデニムブランドと並び、堂々とその存在感を示すほどになっているのです。

自動車や電化製品で、ジャパンクオリティとして高い評価を受けるのと同じ現象が、デニムシーンにおいても起こっているのです。

なぜ、国産デニムがこれほどまでに有名になっているのでしょうか。

それには、次のことが大きくかかわっています。

・美しく上質な生地を作り上げる日本の織物産業という下地があること
・日本人が、勤勉でありかつ手先が器用であること

この2つが大きな要因となり、高品質な国産デニムが生み出されました。

そして、行政に企業、官民が一体となって国産デニムを後押ししたことで、国産デニムがメジャー化することに成功したのです。

デニム作りに必要な要素を育んでいた日本の織物産業!

今回、メンズにおすすめの人気国産デニムブランドをご紹介するにあたり、前項で国産デニムについてお話をしました。

そして、上質なデニムを作るのに、日本の織物産業という下地が非常に役立っている旨をお伝えしました。

本項で、その部分をもう少し詳しくご紹介しておきます。

日本におけるデニム生産は、そのほとんどが岡山県の倉敷市、井原市、そして広島県の福山市で行われています。

お気づきの方も多いかもしれませんが、江戸時代にはそれぞれ「備前」「備中」「備後」と呼ばれた三備地域です。

この三備地域では、以前より綿花栽培に藍染、織物産業が盛んに行われていました。

つまり、デニム作りに必要な要素を昔から育んでいたのです。

染色に紡績、縫製としっかりとした下地があることから、上質な国産デニムを生み出すことができるのです。

例えば、広島県福山市に拠点を構える「カイハラ株式会社」は、世界から認められるデニム生地メーカーです。

国内シェアーでも50パーセントと非常に高い数値を示しますが、海外でもその評価は高いものになります。

リーバイスにエドウィンといった老舗ブランドを筆頭に、多くのメジャーデニムブランドがカイハラ製のデニム生地を使っているのです。

一方、岡山には、ジーンズの製造工場やブランドなどデニム関連の企業が多く集まります。

また、高品質かつ低価格のデニムアイテムを世に送り出すファクトリーブランドが、次々に誕生しています。

この岡山から生み出されるデニムアイテムは世界的にも注目されていて、岡山は「デニムの聖地」と称されるほどに人気なのです。

国産デニムの人気をメジャー化させた官民一体の取り組み!

前項でも少々触れましたが、国産デニムの主要地域となるのが、広島県の福山市に岡山県の倉敷市と井原市です。

広島の場合には、デニム生地が有名ですね。

岡山の場合には、その生地を使って作るジーンズなどのデニム製品が有名です。

特に岡山の場合には、デニムの聖地岡山と称されるように、国内はもちろん海外でも注目され人気となっているのです。

これは、デニム関連企業が岡山に続々と集結し、デニム生産の一大エリアと化した民間のパワーがその源にあります。

また、行政も黙って見ているわけではありません。

この民間力を、行政も積極的に後押します。

聖地ともされるデニム人気を、観光資源として国内外に積極的にアピールし、観光スポット化することに成功したのです。

その最たる例が、倉敷市児島地区に設けられた「児島ジーンズストリート」です。

デニムブランドの本店や直営店などが軒を連ねるショッピングエリアで、岡山を代表する観光スポットになっています。

週末になると、国内はもちろん海外からも続々と観光客が押し寄せるほどの人気で、岡山を代表する観光スポットでもあります。

次項より、この児島ジーンズストリートに軒を並べるブランドを中心に、メンズに人気のデニムブランドをご紹介します。

メンズに人気!本物のデニムを岡山から世界へ「ジャパンブルージーンズ」!

最初にご紹介する、メンズに人気の国産デニムブランドは、「ジャパンブルージーンズ(JAPAN BLUE JEANS)」です。

ジャパンブルージーンズは、本物のデニムを岡山から世界へと発信し続けているデニムブランドです。

本物志向のメンズに人気があります。

ジャパンブルージーンズは、もともとはデニム生地のメーカーでした。

フランスの展示会出展へのプレゼン時に、生地サンプルとして作ったジーンズが好評だったことから、デニムブランドへと移行することになります。

ブランドスタートは2010年ですが、当時から「デニムは生地作りが命」と、綿の選定から糸紡ぎ、そして染めるに織るまでの全工程で、最良の方法を考え実践しています。

こうして世界基準ともなるほどの上質なデニム生地が誕生するのです。

もちろん、素晴らしいのは生地だけではありません。

ジーンズの秀でたデザイン性にお洒落シルエットも、高い評価を得ているのです。

特徴的なのは細身のシルエットで、国産生地の上質さをそのまま存分に堪能することができます。

シャープな形状ではありますが、股上が深いことが穿き心地をよくしてくれるのです。

特に、ストレッチの効いたテーパードパンツは人気で、多くのジーニストがコーデに取り入れています。

本物のジーンズをお探しのメンズには、ぜひ覚えていただきたいブランドです。

日本最古の人気デニムブランド「ビッグジョン」もメンズにおすすめ!

続いてご紹介する人気ブランドは、「ビッグジョン(BIG JOHN)」です。

ビッグジョンのネームバリューは高いので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

ネームバリュー以上に価値のあるジーンズは、目の肥えたメンズジーニストにおすすめです。

日本最古のデニムブランドとして知られるビッグジョンは、もともとは作業着やユニフォーム、学生服を扱う会社でした。

戦後のアメリカ製中古衣類などの販売からデニムとも関係が深くなります。

当時は、サイズが大きいアメリカ製アイテムを日本人向けにリメイクをしていました。

1963年に国産第一号となるジーンズを生み出したのが、このビッグジョンです。

ビッグジョンは、1940年の創業以来、国産デニムとともに成長し続けてきた国産デニムの先駆け的存在なのです。

国内はもちろんですが、世界からも高い評価を受けています。

この評価は、ビッグジョンが生み出した数々の名作ジーンズに与えられるものです。

ビッグジョン・レアジーンズなどは、ビッグジョンを代表する名作ジーンズの一つです。

「10年穿き続けることができるデニム」という触れ込みは伊達ではありません。

職人の英知を注ぎ込み作り上げられるジーンズは、大量生産では味わえない独創的な傑作アイテムです。

これ以外にも、様々な表情を持つジーンズが、豊富なラインナップとして揃うのもビッグジョンジーンズの魅力になります。

国産デニムをお探しであれば、先駆けであるビッグジョンも一見の価値ありです。

メンズ向け人気デニムブランド「桃太郎ジーンズ」!

最後にご紹介する人気のデニムブランドは、「桃太郎ジーンズ」です。

レディース用ジーンズの販売もしておりますが、多くのアイテムがメンズ向けでこだわりの強いジーニストからの人気は非常に高いです。

この人気は国内のみならず、世界中から注目されているブランドで、海外にも多くのファンが存在します。

桃太郎ジーンズが愛される理由は、生地に染め、縫製に洗いという工程への強いこだわりによる、世界最高峰のジーンズ作りにあります。

週末になると、このジーンズを求めて岡山の本店には国内および海外から、大勢のジーニストが訪れ行列ができるほどです。

実は、本店でのみ入手可能なアイテムがあることも、この行列作りの理由になります。

桃太郎ジーンズといえば、後ろポケットに入るホワイトラインが特徴ですが、本店ではこれがブルーラインとなるレアものがあります。

小物類なども含め、本店のみ入手可能なデニムアイテムは非常に人気です。

ちなみにレディース用ジーンズは、後ろポケットのラインがピンクとなり抜群のお洒落見えで高い人気を誇ります。

これら以外にも、桃太郎ジーンズには魅力的なデニムアイテムがたくさんあります。

例えば、生産性を考えずに手間暇かけて作られる「セルビッチシリーズ」です。

マニア受け抜群のヴィンテージ感が漂うジーンズは、目の肥えたジーニストを虜にしているのです。

また、「世界で最も濃い色味のインディゴ染め」とも称される「1005SPシリーズ」の魅力も忘れてはなりません。

抜群の穿き心地と、穿くたびに自分色に変化する色落ちが人気です。

メンズに向けた桃太郎ジーンズ、こちらもメンズにおすすめの国産デニムブランドとしては外すことはできません。

人気の国産ブランドでお洒落に!

今回、メンズにおすすめの国産デニムブランドをご紹介しました。

日本のデニムは世界で注目されています。

次にデニムを選ぶのであれば、国産デニムで一つ上行くお洒落を楽しむのはいかがでしょうか。