スカートを子供服にリメイクしよう!手順やアイディアご紹介

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ジーンズのタックボタンを外して自分好みに付け替えてみよう

ジーンズのファスナーの上のボタンは、ウェストを留めてファスナーへのテンションを一定に保つ大切なボ...

ニットに付いたシミが取れない!お家でできる対処法とは?

ニットはおしゃれなファッションの定番アイテムですね。夏にはサマーニット、寒にはセーターなどを...

ニットのお手入れには洋服ブラシが最適!使い方とおすすめ!

ニットアイテムを長持ちさせるには日頃のケアが大切です。簡単にケアといってもいったい何をどうす...

なぜスウェットに毛玉はできるの?毛玉の取り方を教えて!

スウェットは、部屋着に普段着にスポーツにパジャマ代わりにと大活躍をしてくれるウェアーですよね。...

セーターに毛玉ができるのはなぜ?洗濯や日常の予防法を伝授

買ったばかりのセーターに毛玉ができてしまっては、せっかくの楽しい気持ちが台無しですよね。セー...

セーターがチクチクする!そんな悩みは酢で解消しよう!

秋冬のファッションアイテムの定番と言えば、セーターですよね。しかし、セーターはチクチクするか...

冬に活躍するニット!袖が伸びてしまう原因と直し方をご紹介

ニットは冬の必需品ともいえます。トレーナーよりも暖かく、コートのインナーとして活躍するアイテ...

スカートのホックが取れた!お気に入りを復活させる直し方!

スカートのホックが取れてしまったとき、皆さんはどうしていますか?「お気に入りだったのに!」と...

ニットに毛玉ができるのはなぜ?原因・予防法・対処法とは

ニットは暖かく、秋冬のコーディネートには必須のアイテムですね。しかし、ニットは毛玉ができやす...

ジーンズにカビが!はえてしまった白カビ黒カビの落とし方

ジーンズをこよなく愛する方からすると、色落ちや風合いを楽しむために洗濯をしないという方も多いです...

大切なセーターがほつれてしまったら!簡単な縫い方とは?

お気に入りのセーターが、気付かないうちにほつれてしまっていることはありませんか。せっ...

セーターの収納に困ったら圧縮袋でコンパクトにしよう!

セーターは冬の間に活躍する衣類ですが、オフシーズンに収納しようと思ってもかさ張るため、場所に困っ...

コートのポケットは必要か?縫い付けてあるポケットのお話

コートにポケットが付いているのは当たり前、ですが時々ポケットがないコートもあります。デザイン...

ジーンズの破れは自分で補修できる!リペアのやり方を知ろう

ジーンズは使い勝手がよいので、普段から愛用する人の多いファッションアイテムのひとつです。本来...

ストールをプレゼントしたい!女性に喜ばれる選び方

様々な素材や柄があるストール。冬は防寒用、夏は日差しよけやひざ掛けなど、季節を問わずに使えま...

スポンサーリンク

リメイクにおすすめのスカートとは?

子供服にリメイクするのに適したスカートとは、どのようなものでしょうか。

結論を言ってしまえば、切って縫うことのできる素材であれば、どのようなスカートでもリメイクすることは可能です。

ただ、革製のもの、けがをする恐れのある装飾のついたものなどは、着心地や安全面を考えると避けた方がよさそうです。

細かなプリーツやレースを施したスカートは可愛らしいですが、リメイクの際に扱いにくいことは事実でしょう。

なるべくシンプルなスタイルのスカートのほうが扱いやすいです。

子供はたくさん動き回りますし、汗もたくさんかきます。

子供の動きを妨げない伸縮性に富む素材、かいた汗を速やかに吸い取る素材がよいでしょう。

また、子供の肌はデリケートですので、肌触りが柔らかであることにもこだわりたいところです。

素材としては、綿や麻、またポリエステルと綿や麻の混紡などがおすすめです。

綿や麻などの天然素材は繰り返し洗濯をしても傷みにくく、摩擦などの刺激にも比較的強い特徴を持ちます。

吸水性や通気性にもすぐれ、肌を健康な状態に保ってくれる素材です。

大人が着て心地よいと感じるスカートなら、子供服にリメイクしても問題ないでしょう。

切って縫うだけ!計測要らずのスカートリメイク

インターネットで調べてみると、さまざまなリメイク術に出会うことができます。

家庭で不要になったスカートなどの大人服を子供服としてリメイクし、有効活用する人が多いことがよくわかります。

しかし、その工程が複雑だったり、準備する道具が多かったりすると、せっかくのやる気がそがれてしまいます。

面倒な手順や道具ができるだけ少なくて済むということが、手作りする際の理想ではないでしょうか。

子供服は、ざっくりとした作り方でもなんとか形になるものです。

大人服と違い細かな計測をする必要はありません。

例えば子供のスカートを作るとしましょう。

子供が今着ている服の大きさを参考にして、必要な布をざっと切り取ることから始めてみましょう。

広げた大人用スカートの上に子供のスカートを置き、長方形に布を切りとります。

長方形の中に子供のスカートがすっぽり入るくらいの大きさが目安です。

前身ごろ、後ろ身ごろ二枚の布が切り取れたら、それらを中表にして縫い合わせましょう。

ウエストは子供の胴の太さに合わせてゴムで調整すれば十分です。

裾は折り返して、きれいに始末しましょう。

裁縫に自信のない人でも、あまり気負わずに取り掛かってみてください。

大切なのは、リメイクしようという気持ちを維持すること、そして実際にやってみることです。

スカートを子供服に!簡単リメイク法

大人用のロングスカートは、さまざまな色や柄が揃っていて、選ぶのも履くのも楽しいですね。

ウエストゴムのタイプは着ていて楽なこともあり、お持ちの方はきっと多いでしょう。

このタイプのスカートは、リメイクにはもってこいのアイテムです。

非常にシンプルな方法で、子供用のスカートやワンピースにリメイクすることができるのです。

まず、最も簡単なスカートの作り方をご紹介します。

スカート丈をどのくらいにするかを、まず決めます。

そして、裾から必要な長さを測り、思い切って切ってしまいましょう。

切った部分を折り返して縫い、ゴムが通るようにします。

最後に、子供のウエストに合わせてゴムを調節すれば出来上がりです。

先ほどご紹介したスカートの作り方と比べると、布をたっぷり使った豪華なスカートが出来上がります。

スカートの裾の方の布を使っているため布がたっぷりとれるのです。

ワンピースも簡単に作れます。

今度はウエストゴムの部分を活用します。

ウエストゴムの部分を子供の胸のあたりに置き、そこから子供に必要な長さを測り、布を切ります。

肩ひもをウエストゴム部分に縫い付け、裾を始末すれば、あっという間にワンピースの出来上がりです。

スカートで子供用ズボンを作ってみよう!

子供は、よく服を汚しますよね。

遊んでいる時、絵を描いている時、食事している時、トイレがうまくいかなかった時など、汚れてしまう原因はさまざまです。

汚れても、成長の過程だと割り切っておおらかに過ごしたいものです。

履かなくなったスカートをリメイクし、たくさんの着替えを用意しておくことは、おおらかに過ごすために役立ちます。

特に、季節や性別を問わずに使えるズボンは、いくつあっても重宝します。

大人のロングスカートを使えば、子供のズボンを手軽に、しかも複数作ることができます。

まず、ウエストゴム部分を切り落とします。

履く子供の足の長さに合わせて、布を切ります。

ウエスト部分は折り返して縫い、ゴムが通るようにします。

このままスカートとして使うこともできます。

ズボンにするには、布を切って股にあたる部分を作り、中表にして縫います。

最後に、裾を始末したら完成です。

スカートの柄を生かして、いろんな小物を作ろう!

スカートは、思った以上にたくさんの布を使って作られています。

柄や色が気に入っているけれど履けなくなってしまったというスカートがあれば、その色や柄を生かして、色々な小物にリメイクしてみましょう。

たくさん作って楽しむのにおすすめなのは、ヘアアクセサリーです。

スカートの柄を生かしたヘアターバンやシュシュ、端切れをリボンにしてゴムに付けたヘアゴムなどは、比較的少ない布で手軽に作れます。

スカートの色柄を生かした巾着袋もおすすめです。

長方形に布を切り、中表にして両端を縫います。

口になる部分は、三つ折りにして縫い、ひもを通します。

多少大きさがばらついても、縫い方が斜めになっても、ひもできゅっと絞ってしまえば気になりません。

小さな子供でも、巾着ならば開け閉めが楽にできます。

お弁当を入れたり、こまごましたおもちゃを入れたりと、何かと役立ちます。

デニムスカートの生地を生かして!子供用バッグにリメイク

履かなくなったデニムスカートがあったら、その丈夫な生地を生かして子供用バッグにリメイクしましょう。

デニム生地は厚くて丈夫なので、多少の重みにも耐える丈夫なバッグになります。

レッスンバッグ、図書館用バッグなど、いろいろな用途で使えます。

A4サイズの本が入るトートバッグスタイルにすると、使い勝手がよいでしょう。

作り方をご紹介しましょう。

まず、デニムスカートを広げて置きます。

ウエスト部分がバッグの口になるよう、布を切ります。

このとき、横向きにしたA4サイズの本などを置いて布を切ると、ちょうどよいサイズ感のバッグになります。

切ったスカートを裏返し、裾部分を縫って袋状にします。

スカートの余りの生地を使って作った、持ち手を縫い付けて完成です。

持ち手とバッグの内側に、裏地としてほかの布を縫い付けると、バッグを開け閉めしたときに綺麗です。

スカートの魅力はアイディア次第でよみがえる!

サイズが合わなくなったりして履かなくなったスカートを、子供服などにリメイクする方法やアイディアをご紹介しました。

布面積の大きいスカートは、さまざまなアイテムにリメイクするのに適しているのですね。

簡単にできるものばかりですので、ぜひチャレンジしてみましょう。

アイディアを駆使して、お気に入りのスカートをいろいろな形でよみがえらせてあげてください。