スカートのウエストがきつい!簡単な出し方で鍵ホックを調節

最近はウエストがゴムのものや、伸びる生地を使ったものもたくさんあります。

ゴムのスカートはウエストが多少きつくても履くことができます。

しかし、中にはウエストの部分にベルト芯があり、きっちりと締め付けるタイプのスカートもあります。

ウエストにベルト芯が入っているスカートは、きつくなっても伸びることはありません。

お気に入りのスカートがきつくなったら、あるいはどうしても欲しいスカートがほんの少しきつかったら、どうしますか。

ほんの少しだけウエストを出すことができれば、履けるのにと思ったことありませんか。

今回は、ウエストの出し方についてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

お気に入りのTシャツが色あせで台無しに…復活はできる?

お気に入りだったTシャツがいつの間にか色あせてしまっていた。 実はこれ、意外とよくあるお悩みの...

ゆるいスカートを詰めるには?ウエストの直し方とリサイクル

お気に入りのスカートのウエストがゆるくなってしまったとき、皆さんはどうしていますか? 諦めて処...

シャツの袖丈の直し方を知って自分でジャストサイズに直そう

人の体型は千差万別です。 既製品のシャツを購入した時、「首回りや胸回りなどに合わせると袖丈が長...

流行に合わせたジャケット!1980年代の肩パットを薄く調整

皆さんは肩パットというものをご存知でしょうか。 ジャケットやコートの肩に、形良く着るためにつけ...

履けなくなったスカートのリメイクに挑戦して簡単エコ活動

古くなったものを、違うものに作り直すことをリメイクと言います。 最近は、環境問題を考慮し、ゴミ...

ダウンの適切な収納方法や圧縮のしわの取り方を知っておこう

ダウンジャケットなどのダウン製品はかさ張るものなので、衣替え保管しておく時や、旅行時の持ち運びな...

スカート作りはハンドメイドの基本!生地を選んで楽しく製作

皆さんはスカートを自分で縫ったことがありますか? ハンドメイドのスカートは、ほかの誰も持ってい...

お気に入りのスウェットの色褪せを自分で直すための方法!

肌触りがよく、着心地がいいスウェットは、同じものを長年愛用する人も多いのではないでしょうか。 ...

ニット小物に囲まれて心も豊かに!簡単な編み方をご紹介!

手編みのニット小物は作った人のぬくもりが感じられて、心がほかほかと温かくなります。 手編みのコ...

スカートを可愛く演出!ギャザースカートを手縫いしよう

自分の服を作ったことはありますか? 小学生や中学生の時に、ナップザックを作ったりハーフパンツを...

もう縮ませない!簡単にできる大切なニットの手洗い方法とは

寒い時期になると重宝するのが「ニット」ですよね。 温かいだけではなく、おしゃれにもなるので、誰...

ニットを手洗いしたい!洗う水の温度や洗い方・干し方を解説

皆さんはお気に入りのニットを、ご自宅で手洗いなどで洗濯したことがあるでしょうか。 場合によって...

大切なセーターやコートに虫食いが!保管・修復方法をご紹介

冬になってお気に入りだったセーターやコートを着るときにその服に穴が開いていたら、おしゃれを楽しみ...

ニットの収納によるしわを防ぎたい!しわが寄らないたたみ方

ニットは冬の間にお世話になる暖かアイテムですが、シーズンが過ぎれば、かさ張って邪魔ですよね。 ...

大人シャツを手軽な作り方で子供服にリメイク!簡単例ご紹介

子供の成長は、本当に早いものですね。 成長に伴って、子供の衣類はすぐに小さくなってしまいます。...

スポンサーリンク

スカートのウエストの出し方

スカートのウエストは、ウエストベルトの長さで普通3~5cmくらい余裕をもって作られています。

脇線も、縫い代が2~3cmくらい取ってあります。

昔ながらのスカートを縫っているお店なら、縫い代1か所で3cmの縫い代を取っています。

しかし、最近のスカートは縫い代をたくさん取っていないものも多く、1cmくらいのものもあります。

ウエストの出し方は、ウエスト部分だけでなく脇線の部分も出すことが必要です。

しかし、縫い代が少ないとウエストを出しても脇線を出すことができません。

そのため、ウエストを充分に出すことができません。

縫い代が2cmあると、一つの縫い代で1cm出せば、前スカートの右、左、後ろスカートの右、左の全4か所で4cm出すことができます。

さらに、ウエスト位置で鍵ホックをずらすと、スカートのウエストは4cm出すことができるのです。

縫い代が3cmあると、最大8cmまで出せるという人もいましたが、ウエストベルトの長さがそこまでないため、最長4~5cmになります。

この場合は、次のような方法でウエストを出すことができます。

【ウエストの出し方】

①一度ウエストベルトとスカート部分を外して、鍵ホックを外します。

②脇の縫い目をほどきます。

脇線を全体に出します。

数センチきついようなら、縫い代1つで0.5~1cm出しましょう。

③はじめに縫ってあったミシンの縫い目が消えないうちに、ミシンの後と並行に、裾からウエストにかけて線を引きます。

④アイロンで、元のミシン目を消しておきましょう。

チャコペンの印を縫います。

⑤出した脇線の分だけウエストベルトもずらします。

そのあと、ウエストベルトをスカート部分と再度合わせて縫い直します。

⑦鍵ホックを付け直します。

こうした方法でスカートのウエストを出すことができます。

スカートのウエストの出し方は、一度ウエストベルトとスカートを外すという手間がかかりますので、時間をかけて丁寧に直してください。

出先できつくなったスカート!簡単なウエストの出し方

友だちと食べ放題のお店、ビュッフェに行ったときにウエストがきつくなってしまうことがありますよね。

宴会の最中に、飲みすぎ食べすぎでウエストがきつくなることもあります。

前もってウエストが伸びるスカートやワンピースなど、ウエストを気にしない服を着て行けばいいですが、普通のスカートの場合は、きつくなることがあります。

食べすぎてウエストがきつくて辛い、という経験をしたことがある人はどうしていましたか。

友人や会社の同僚と話をしている最中に、鍵ホックが突然外れてしまった、という恥ずかしい経験をしたことがある人もいることでしょう

中には、鍵ホックを外してファスナーだけでスカートを留めてごまかしたという人もいますね。

こんな時、スカートのウエストの簡単な出し方を知っていると便利です。

便利にウエストを出す時の必須アイテムが、安全ピンです。

できれば、小さいものではなくしっかりとしたものを用意しましょう。

安全ピンは、取れてしまったボタンを裏側から留めたり、外れてしまった鍵ホックの代わりにスカートが落ちないようにもできます。

しかし、ただ留めてしまうと、トイレに行く度に安全ピンを外さなければなりません。

非常に面倒です。

そこで、簡単なウエストの出し方では、安全ピンを簡易前カンにしましょう。

まずは前カンと並行に、安全ピンを留めます。

この時、ベルト芯の裏側から、安全ピンのピン部分が前カンの代わりになるように留めるのがポイントです。

1~2cmくらい外側に安全ピンを留めて、そこに鍵ホックの鍵部分をはめます。

外側から見ても、鍵ホックがずれていることは分かりません。

この数センチのずれで、スカートをかなり楽に履くことができます。

簡単なスカートのウエストの出し方

ウエストは少しきついけれど、全体にはまだ履くことができる場合は、簡易的にウエストだけを出しましょう。

簡単なスカートのウエストの出し方では、鍵ホックをずらすということができます。

鍵ホックをずらすだけなら、簡単にウエストの幅を出すことができますが、たくさん出すことはできません。

ほんの0.5~2cm程度です。

そのため、スカートがきつくて履けないほどの場合は、あまり期待できません。

ほんの少しウエストがきつい程度の場合にしましょう。

鍵ホックでずらすのは、留め付けるホックではなくて前カンの部分です。

前カンを元々の位置よりも、外側にずらします。

一度前カンを外し、1cmほど外側にずらして前カンを付け替えます。

ずらせるのは、ベルト芯の長さ分までです。

脇線を出すわけではないため、ヒップ部分の幅はそのままになります。

しかし、前カンをずらしすぎると、ファスナーの上がどうしても開いてしまいます。

ファスナーが開きすぎると、履いている間にファスナーが下がってしまいかねません。

ずらしても、ファスナーには影響しない1cmくらいにしましょう。

前カンを変えて簡単にスカートのウエストを出す

スカートのウエストを前もって出すことができるような、前カンにしておくことができます。

普段はピッタリなウエストサイズにしますが、ビュッフェや飲み会の時、ウエストがきつくなった時にその場ですぐに余裕を出すことができます。

スカートには普通の1本の前カンがよく使われています。

しかし、前カンには3段前カンといって、前カンが3段回に変えられるものがあるのです。

ほかにも、アジャスター付きの前カンもあります。

アジャスター付きは、中高年向きのビジネスズボンでも良く使われていますね。

スカートを購入した後、あらかじめ3段前カンやアジャスター付きにしておくと、ウエストがきつくなっても対応できます。

3段前カンは普通のスカートよりも、中学生・高校生の子どもの制服など、成長期の子どものスカートによく利用されています。

アジャスター付きは中高年向きですが、3段前カンは成長に応じて自分で場所を変えることができます。

お年頃の女の子なら、ウエストがきつくなって前カンの位置が変われば、気を付けようという気持ちにもなりますね。

特に中学生・高校生の制服は成長期の3年間同じものを履きます。

丈は長めに作りますが、ウエストは緩めに作るとその分太くなります。

初めからきっちりとしたウエストでも、後でウエストを出すことができる3段前カンなら、成長に合わせることができるのです。

成長期の子どもたちのスカートのウエストの出し方は、3段前カンが便利です。

もちろん、食事の付き合いが多い成人の方にとっても便利なアイテムです。

短時間だけお勧め!スカートウエストの出し方

安全ピンと同じくらい簡単で、さらにもっとウエストを緩くしたいときの出し方があります。

ただし、この出し方は使い方によってはだらしなくなりますし、そのまま放置しておくとウエストが太くなります。

ほんの短時間だけ、と覚えておいてください。

それは、輪ゴムや白いゴムを使う方法です。

ゴムを使うと、かなりウエストの幅を出すことができます。

前カンに輪ゴムを通したり、髪ゴムや白いゴムを通して、そこに鍵ホックのホック部分を通します。

この時、ゴムはあまり緩めにしないようにします。

ゴムはとても楽で、長めのものを使うといくらでも伸びます。

できれば、ギリギリウエストを出す程度にしましょう。

しかし、ウエストだけを出しても、だんだんとファスナーが開いてしまいみっともなくなります。

そのまま放置しておくと、どんどんとゴムが伸びて、気が付くとウエストが太くなります。

ゴムが伸びると、履いているときのスカートの形も崩れるため、あまり格好のついた着こなしとは言えません。

ゴムでのウエストの出し方は、安全ピンと同じように簡易的な方法と覚えておきましょう。

お気に入りのスカートがきつくて履けない!?そんな時は専門家の手を借りる!

スカートのウエストが完全にきつい、でも数cm出せば履けるという場合は、専門家に出してもらうのが一番です。

洋服のお直し専門店で、最も多いのがウエストのお直しです。

年齢とともに基礎代謝量が減少し、重力に逆らえない身体は下半身に向かって太くなります。

筋肉が衰えると、ますますウエストは太くなります。

服を選ぶときに、夏物、冬物を変えますが、季節の変わり目でウエストが太くなってしまうのはよくあることです。

しかし、お気に入りのスカートをそのまま捨ててしまうのはもったいないですよね。

そこで、洋服のお直し専門店でウエストを出してもらいます。

プロの人がスカートのウエストを出すときも、ウエストベルトを外して脇線を外し、1~1.5cm縫い代を出して、その分ウエストベルトも伸ばします。

はじめに説明した「ウエストの出し方」の方法とほぼ同じです。

裁縫が得意なら手順さえ知れば、プロと同じ方法でウエストを出すことができます。

しかし、忙しい人や裁縫が苦手な人は、プロの人にお願いしましょう。

スカート生地に裏地が付いている時も、手間がかかりますのでプロにお願いする方が良いかもしれません。

お直し専門店では、一枚仕立てのスカートのウエストの出し方で、3,000円からになります。

スカートの形が複雑で、裏地が付いていると少し高めになるかもしれません。

本当にお気に入りで、1枚1万円以上するスカートならプロにお願いするのも良いですが、安いスカートなら前カンをずらすくらいで、頑張って履いてみたほう経済的でしょう。

簡単にスカートのウエストを出して履きたい

スカートは、良いものほどウエストベルトがあり、ウエストサイズがしっかりと決まっています。

簡単に鍵ホックの前カンをずらすだけという方法もありますが、しっかりと直すのは手間です。

同じくらい手間をかけてウエストを直すなら、ダイエットをした方が早いと思った人もいるかもしれませんね。

しかし、ほんの一時だけウエストを出すなら、簡単な出し方が色々あります。

鍵ホックや前カンがきつくて外れてしまう前に、簡易的な留め方でウエストを出しておきましょう。