ジャケット色々!結婚式に相応しいレディースコーディネート

結婚式に呼ばれた時、男性は黒のスーツに白ネクタイというのが定番になります。

一方、女性はワンピースやスーツ、ドレス、着物と人それぞれでとても華やかです。

しかし、ベアトップやノースリーブのワンピース・ドレスでは、空調や移動で少し肌寒いことがあります。

その時、上に何かを羽織りたいと考えますね。

こんな時に羽織るジャケットにはどんなものが良いでしょうか。

それでは、結婚式にピッタリのレディースジャケットについてご紹介しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

デニムの「サルエルパンツ」大人のメンズの穿きこなし方

股上が深く、股下がゆったりしていることから、「脚が短く見える」と言われている「サルエルパンツ」で...

トップスはレディースコーデの要!40代向けトップスご紹介

毎日のコーデに欠かせない主役級アイテムといえば、トップスではないでしょうか。 顔の近く...

パーカーに合う上着は?女性におすすめのコーディネート!

パーカーは、カジュアルアイテムとして男女問わず人気なアイテムです。 キレイめスカートにも、ボー...

デニムのコーデ!秋冬は非常にお洒落な着こなしに仕上がる!

デニムのパンツは季節を問わずオールシーズン活躍してくれる優秀なアイテムです。 しかし、デニムの...

ダウンコーデのポイント!バッグはダウンの特徴に合うものを

冬の防寒やおしゃれに大活躍するダウンジャケットは、デザインによってモコモコとしたボリュームやすべ...

ジーンズを染め直してリメイク!黒ジーンズの活用術!

現在、黒いジーンズに人気が集まっています。 黒いジーンズはどんな服装でもコーディネートしやすい...

ストールのピンの使い方!留め方を工夫してよりおしゃれに!

まだ肌寒い春先にサッと羽織って首周りを冷えから守ってくれるストール。 機能面だけでなく、ファッ...

スカートの色味はボルドーがお洒落!おすすめのコーデは?

スカートで人気となるカラーに、ボルドーがあります。 艶やかですがシックな印象が強く、人を引き付...

アウターでオシャレが変わる!レディースコーデの楽しみ方!

秋冬のオシャレ、レディースコーデの楽しみは何といっても、アウターとなるコートが使えることでしょう。 ...

スカートにリボンが今人気!アレンジ次第でさらにお洒落に!

可愛らしいリボンがお洒落な「ウエストリボンスカート」が女性に人気です。 可愛らしくもあり、大人...

ジャケット風ボレロでフォーマルな場にふさわしい着こなしを

結婚式などのフォーマルな場には、それに合った服装が求められます。 定番の結婚式のお呼ばれファッ...

スカート選びは人気ブランドで!上品アイテムで大人女子に

スカートは、レディースならではのお洒落なファッションアイテムです。 合わせるスカートによっ...

「トラッドファッション」のレディースコーデをご紹介!

流行に左右されない「トラッドファッション」は、男女ともに人気のあるテイストです。 しかし、なか...

コートの裏地にはどんな生地が使われる?その種類や目的とは

コートやジャケット、スカートなどの衣服には裏地のついたものがありますよね。 裏地があることの目...

パーカーはアディダスで決まり!メンズに人気の秘密とは?

アディダスは世界的に有名なスポーツメーカーで、好きな方も多いのではないでしょうか。 特にスポー...

スポンサーリンク

結婚式に相応しいレディースジャケット

友人の結婚式や親族の結婚式に呼ばれた時、皆さんはどんな服装をしますか。

女性であれば着物姿を見ることもありますが、ワンピース・ドレスを着る人も大勢います。

しかし、式場は空調が入っているため、ベアトップやノースリーブのワンピース・ドレスでは肌寒く感じることがあります。

式場によっては野外のものも増えているため、気軽に羽織ることができるジャケットがあると良いですね。

気軽に羽織ることができるジャケットには、襟付きのものとノーカラーがあります。

襟付きなら、ラペルカラー・ショールカラー・クローバーリーフカラー・フリルカラーと色々な襟があり、ノーカラーのジャケットには、ボートネック・スクエアネック・ラウンドネックといったものがあります。

ジャケットの丈も、短いものから長いものまで様々です。

形だけでなく、色も白や黒・シルバー・ゴールドといったものもあり、様々なワンピースやドレスに合わせることができますね。

また、素材もウールやポリエステル、生地の織りも綾織り・朱子織・レースとあり、その時の雰囲気や季節に合わせてジャケットを変えることができます。

結婚式に呼ばれた時は、その場所に相応しいレディースジャケットを選んでみましょう。

ドレスをより上品に!一枚あると便利なボレロジャケット

結婚式のワンピース・ドレスの上に羽織るレディースジャケットに、丈が短いボレロと呼ばれるジャケットがあります。

ボレロジャケットは襟付きとノーカラーがありますが、こちらでは襟のないノーカラーのボレロジャケットについてご紹介しましょう。

ノーカラーのボレロジャケットには、チュールレースやオーガンジーレースといった薄手のものがあります。

メンズジャケットというと、しっかりとしたウール素材のものがほとんどです。

しかし、レディースジャケットにはこういった薄手で手軽なものがたくさんあり、場所や季節によって手軽に活用できます。

真夏の結婚式で屋外を移動する時にも、薄手素材のジャケットであればそれほど暑さを感じることがありません。

さらに、柔らかくて半透明の素材は中に着るワンピース・ドレスの色や形を邪魔することもありません。

アイボリーやホワイト、ペールピンクのジャケットなら、紺や黒、ワインカラーといった濃い色のドレスにもピッタリです。

ワンピース・ドレスの中には、肩がむき出しになってしまうキャミソールドレスや、ベアトップのドレスもあります。

こういったドレスはそのままでも素敵ですが、結婚式のタイプによっては肩を隠すものが必要になることもあります。

そんな時に、ボレロタイプの薄手のジャケットが一枚あると便利です。

ドレスの上に羽織るだけで肩が隠れ、より上品なイメージに変えてくれます。

また、花嫁のドレスでも季節や場所によって、ベアトップのドレスにボレロタイプのジャケットを着ることがあります。

こちらではチュールレースやオーガンジーレースではなく、ドレスの素材と同じ普通の生地が使われているようです。

ボレロタイプのジャケットは、一番手軽に使うことができるジャケットです。

結婚式以外にも使えますので、一枚用意しておくと活躍の場が多くなるでしょう。

結婚式に呼ばれたら?年齢を選ばない襟付きレディースジャケット

ボレロジャケットも、ノーカラーばかりではありません。

レディースのボレロジャケットには、ショールカラーやラペルカラーもあり、他にも襟がフリルになっていて女性らしいデザインのものもあります。

ガーデン披露宴などの結婚式では、どうしてもノースリーブやベアトップのドレスは寒くなってしまいますよね。

そんな時に、花嫁が寒くないように、上に羽織るボレロにもデザイン製を持たせることがあります。

中には、前から見るとショールカラーがついているのに、背中側はノーカラーといったデザインのボレロジャケットもあります。

年齢によっては、チュールレースやオーガンジーレースのボレロでは、ちょっと気恥ずかしいと思う人もいるのではないでしょうか。

そんな時、襟の付いたボレロはどうでしょう。

襟付きのボレロジャケットは、レース素材のものばかりではありません。

しっかりとした綾織りや朱子織の生地で作られたものが多くあります。

中が透けて見えることもないので、若い人だけでなく年配の女性にもピッタリです。

ポリエステル素材のボレロジャケットは、中に着るドレスが同じ織り素材のものでも、レースのものでも合わせることができます。

ウール素材のしっかりとしたボレロジャケットは保温性があり、真冬の結婚式でも羽織ることができるでしょう。

丈の短いボレロジャケットは素材や襟の形で着る人の年齢を問わないものもありますので、一枚持っていると便利です。

レディースのジャケットは素材もデザインも多種多様で、年齢や体型を考えて自分にピッタリのものを見つけることができます。

結婚式にも最適!式典用レディースジャケットスーツ

皆さんは、フォーマルな服をどれくらいの頻度で利用しますか。

20代、30代のうちは結婚式に出ることも多いかもしれませんが、40代に入ったら急に利用することがなくなった、ということはありませんか。

友人の結婚式というのはある程度年齢層が決まってしまい、コンスタントに着続けるわけではありません。

もちろん、仕事によっては結婚式以外にパーティーがあったり、式典のため常にフォーマルな服が必要という人もいます。

しかし、近年では家族と本当に親しい友人しか招かない結婚式という形式も増えています。

そんな時、突然結婚式に招待されたらどうしますか。

わざわざ、新しいドレスを新調しますか。

たった一度のためにとなると、少々もったいないと感じますよね。

そんな時は、子供の入学式や卒業式の時に着た、フォーマルウェアを利用しましょう。

レディースフォーマルでは白のジャケットにワンピース、黒のジャケットにワンピース、そしてスカートやパンツといった組み合わせで用意されているものがあります。

こういったジャケットは、結婚式にも利用できます。

このままでも良いですし、中を変えることで一工夫することもできます。

中のブラウスやワンピースをフリルやレースの少し華やかなものに変え、チョーカータイプのネックレスを使うなど、アクセサリーを変えてもイメージが違ってきます。

レディースフォーマルのコーナーでは、数通りの組み合わせができるようなものを用意しているため、親族では少しラフになりますが、会社の同僚や普通の知人の結婚式なら充分です。

しかし、フォーマルウェアを利用すると言っても着回しがきかないものや、あまり相応しくないものもあります。

春先になると百貨店や大型スーパー、レディースファッションのお店に並び始めますが、どんなものを選択するとよいのしょう。

フォーマルな服にも流行があり、黒や白のジャケットが多い時もあれば、カラーフォーマルが多い時もあります。

中にはチェックや千鳥格子のジャケットが主流の時もありますが、どちらかというと普段使いになりますので、式典によっては相応しくないと見られることもあるため注意しましょう。

春用のパステルカラーのフォーマルは、コーディネートが難しいものもあります。

そこでおすすめするジャケットは、一番着回しに便利な白の無地です。

レディースのフォーマル売り場には、白の無地といっても遠目にはほとんど分からないほどのラメや織り柄が入っているものもあります。

ただのウールの白ジャケットよりも、おめでたい席に相応しくなります。

黒は合わせるインナーによって暗いイメージになり、おめでたい席ではあまり喜ばれない素材であることからコーディネートが難しいです。

しかし、白のジャケットなら中に黒・赤・ピンク・グリーンといった無地のワンピースにも、花柄などの柄付きのワンピースでも合わせることができます。

ほとんど、流行にも左右されません。

ワンピースを合わせる時は、絹かポリエステル素材にしてください。

どんなに高級なものでも、綿のワンピースは普段使いになりますので注意しましょう。

子供がいる女性なら、入園・入学式、卒園・卒業式用に一着は必要なので用意しておくと便利です。

わざわざ新しいスーツやドレスを用意する必要はありませんね。

結婚式もコーディネートしだい!テーラードのレディースジャケット

ワンピース・ドレスに合わせるというと、つい丈の短いボレロタイプのジャケットを想像してしまいます。

しかし、中には長めのジャケットをおしゃれに着こなす人もたくさんいらっしゃいますよね。

長めといっても、ヒップライン上までのジャケットは、色々な場面で利用することができます。

仕事を持つ女性は、色々な場面でテーラードのジャケットを利用していますね。

こういったジャケットを結婚式でも着こなしてみましょう。

レディースのものでも、男性のスーツと同じ扱いのテーラードジャケットにはウール素材のものが多く、冬のフォーマルウェアにピッタリです。

テーラードジャケットには、白と黒の他にもグレーや紺と色々ありますが、式典なら白か黒のジャケットが良いですね。

黒のジャケットの中にワインカラーやブルー、グリーンのサテンのワンピース・ドレスに合わせてみましょう。

サテン生地のワンピースを合わせることで、ウールの黒ジャケットが華やいだものに変わります。

この時、ウールのワンピースでも良いのですがせっかくのおめでたい席です。

できるだけ華やかに見せるなら、サテンの方がおすすめです。

もちろん、サテン生地の上にチュールレースが乗っているとさらに華やかになります。

シルクサテンなどの高級素材ではなく、ポリエステルサテンで大丈夫です。

普段、ちょっとした会議や会社に式典で利用している黒スーツのジャケットでも、コーディネート次第で華やかな場所に相応しいものになります。

白ジャケットをおすすめしましたが、白黒どちらのジャケットも持っているなら、こういった使い分けもできますよ。

体型カバーにおすすめ!結婚式にピッタリのロングジャケット

ジャケットの中で、好みがわかれるのがロングのジャケットです。

結婚式のフォーマルウェアで、ロングジャケットを着る人もいます。

ノーカラーのロングジャケットは、ストレートのワンピースを合わせると体型をカバーすることができます。

黒のロングジャケットは礼服によく使われていますが、中に華やかなアクセサリーを合わせれば、結婚式で着ても大丈夫です。

腰の下まであるジャケット丈は、ポッコリお腹やお尻を隠すことができ、体型カバーにもなります。

また、シルバーやラメの入ったロングジャケットは、そのままで充分なフォーマルジャケットです。

シルバーのジャケットに色々な服をコーディネートしてみましょう。

特に、ロングのシルバージャケットは年配の人をよりおしゃれに演出することができます。

シルバーという色は、コーディネートによって若い人から年配の人まで利用できるジャケットです。

しかし、ロングのジャケットは中に着るワンピースの形や、着る人の体型で難しいこともあります。

その中で、背が高くて細身の女性はロングジャケットをかっこよく着こなすことができます。

サテンの黒ジャケットを、細身のパンツに合わせてみませんか。

レディースの普通のスーツは似合わない、ワンピースは気恥ずかしいという人もいますね。

そんな人は、ロングのジャケットを利用してみましょう。

さっそうとしたロングのジャケットを合わせたフォーマルは、スレンダーな女性にピッタリです。

結婚式で華やかに!レディースジャケット

結婚式で利用できるレディースジャケットをご紹介しました。

一枚あると便利なものから、インナーに合わせてコーディネートできるものまで、ジャケットの種類も様々です。

結婚式は、おめでたいもの、華やかなものです。

ご自身が持っているジャケットを上手に利用して、華やかなムードをより素敵なものに演出しましょう。